背中ニキビ跡の治し方とは?色素沈着?ピーリング石鹸の効果は?

背中ニキビの原因には、日焼けによる色素沈着や、寝ている間に掻いたりしたりするなど、様々な原因がありますが、背中のにきびのことを普段あまり気にすることってないと思います。

自分で見る機会がないですし、生活している中で洋服を着ているわけですから、見られることもないですし、背中ニキビ跡って油断しがちになります。

しかし、夏が近づいてきて、プールや海、それから温泉に行くことがあったり、ちょっとしたイベントで見られることもあるから厄介です。

でも、仮にその場その場を、汚い背中のニキビ跡を隠しつつ生活をしていても、好きな男性に裸を見られた場合、がっかりされたり幻滅されてしまいます。

背中がポツポツしていますと、どんなに綺麗な顔をしていても、清潔感がない人って思われますよね。

更に、一人暮らしで掃除をしないで、だらしない生活を送っている・・・などなどの妄想までされそうです。

がっかりされたくないですし、女子力を上げて綺麗な背中にしたいですよね。

そこで、ここではちゃんとした背中ニキビ跡の治す方法や克服方法について、詳しく解説していきたいと思います。

背中ニキビ跡には色素沈着で黒ずんでいたり、赤いポツポツができていたり、クレーターのように凸凹していたりと様々です。

ピーリング石鹸や背中ニキビ対策ジェルなど、いろいろありますが、使用方法をちゃんとしないと逆効果になる恐れもあります。

正しい使い方なども紹介していきますので、参考にしてくれたら良いと思います。

背中ニキビ跡にピーリング石鹸の効果とは?

顔の次に皮脂腺が多い背中は、にきびができやすい場所で、悩んでいる人も多いと思います。

背中ニキビ 原因は様々ですが、主に角質が溜まっていることや、ストレスによるホルモンバランスの乱れ、シャンプーのすすぎ残しが考えられます。

皮膚科やエステサロンに通うのは大変という方には、ピーリング石鹸がおすすめです。

ピーリング石鹸とは、エステなどで行われるケミカルピーリングの効果を、自宅で体感できる石鹸です。

ニキビ予防や、ニキビ跡の改善、さらにシミやくすみ、毛穴の黒ずみ対策などの美白効果があります。

通常の洗顔石鹸と比べると高価なものですが、エステに通うことを考えると、かなり安く 手軽にできる背中ニキビ 対策と言えますよね。

AHAという酸の強さにより効果が異なり、肌が強いひとはAHA濃度が高いタイプを選ぶ必要があります。

ピーリング石鹸の正しい使用方法!

とても魅力的なピーリング石鹸ですが、間違った使い方をするとにきびを悪化させてしまいます。

正しい使用方法をマスターしましょう。

まず、背中をぬるま湯で十分に濡らします。

次に、ピーリング石鹸を泡立てネットでしっかりと泡立て、ごしごしこすらず、優しく泡に触れるように洗います

そして、泡がついた状態で3分ほど待ち、ピリピリしてきたら泡を優しく洗い流します。これで完了です。

ピリピリするのは、酸の力で余分な角質を剥がしているためです。

ピーリング石鹸の注意点について

肌の強さにより、酸が与える影響の強さは変わるので、自分に合ったものを見つけることも大切です。

この石鹸を使った後は肌が敏感になり、とても乾燥することがあります。必ず十分に保湿をして下さい。

ピーリング石鹸は効果が大きい反面、強すぎると肌を痛めてしまう可能性があります。

初めて使う人は週に1度くらいから始め、徐々に慣らしていきましょう。

ニキビができてしまう場合は、5日、3日に1回、毎日など、回数を調整しながら使用して下さい。

背中ニキビがあると、水着になるのもためらいがちになってしまいます。

ピーリング石鹸で綺麗な背中を手に入れて、これからの夏を満喫しましょう。

色素沈着した背中のニキビ跡を消す方法

大人ニキビとして多くの人を悩ませている背中ニキビですが、正しい方法で背中ニキビ跡 治し方をすれば、ニキビ跡を消すこともできるようです。

ニキビ跡と言っても人により状態は様々で、大きく分けて3つのタイプがあります。今回はそのうちの1つ、色素沈着した跡について紹介します。

色素沈着したニキビ跡とは、黒や茶色、または赤紫色のシミができている状態のことを指します。

皮膚にあるメラニン色素がニキビ跡に溜まり、シミやくすみを作っている状態です。

原因は、肌のこすり過ぎやかぶれなどの炎症、紫外線によるダメージ、ホルモンバランスの崩れ、また肌に合わない化粧水の継続使用などです。

この色素沈着を治すには、新陳代謝を高めて、ターンオーバーを促進させることが大切と言われています。

ターンオーバーとは、皮膚の内側から順番に細胞が分裂して押し上げられ、最後に肌表面に到達して、垢としてはがれ落ちることを指します。

肌の生まれ変わりの流れです。

2つのにきび跡の治療方法を詳しく紹介!

治療方法はまず2つに分類されます。1つは皮膚科や美容クリニックに行く方法、もう1つは自宅でケアする方法です。

皮膚科や美容クリニックでは、主にケミカルピーリングやレーザー治療を行います。

ケミカルピーリングとは、角質をはがす作用がある成分を使用して古い角質を除去することで、ターンオーバーを促す方法です。

レーザー治療の場合、ニキビ跡にレーザーを当て、その熱でシミやくすみを改善します。

どちらもメラニンの排出を促すので、効果が早く期待できるのですが、副作用で黒ずみが残ることもあるようです。

また、保険適用外になるので、通うことになると結構高額な治療費になります。

高額なお金はかけられない、忙しくて治療に通えないという人は自宅ケアを行いましょう。

まず大事なのは、美白成分を取り込むこと、そしてしっかりと保湿をすることです。

また、紫外線によるダメージを受けると悪化してしまうので、紫外線対策も重要です。

背中ニキビケア用の化粧品も売っています。人によってニキビ跡の程度や範囲、そのタイプは様々です。

この記事を参考にして、是非自分に合った治療を始めてみて下さいね。

背中ニキビを克服するには、まず自分の状態を知ること

ニキビといえば、思春期に顔にできるイメージが強いですが、大人になってからは背中ニキビに悩まされているという人も多いのではないでしょうか。

顔と比べてすぐに気が付きにくく、いつの間にかひどくなってしまいがちです。

最初は小さいニキビ1つでも、放っておくと繋がって大きくなり、炎症が広がってしまうこともあります。

そして治ったとしても、跡が消えないと悩む人も多いですよね。背中は顔に比べて皮膚が平らなので、跡が残りやすいのです。

そこで、まずは自分の背中の状態を把握してみましょう。背中ニキビの跡には、3つの種類があります。

まず1つは、赤紫や黒、茶色に色素沈着している跡です。

これは、ニキビの炎症により毛細血管が破壊され、血液中のヘモグロビンが黒く変色したことが原因です。

次に、皮膚が赤くなった跡があります。これは、肌の表面 では治ったニキビの炎症が、内部では治まっていない状態です。

基本的には時間の経過と共に消えますが、紫外線を浴びると色素沈着が起こる可能性があるので注意が必要です。

また、1年以上経過しても改善されない場合は、角層を越えて真皮までダメージを受けているひどい状態です。

そして、3つ目が1番ひどいクレーター状のニキビ跡です。

ニキビが化膿して真皮に達し、その傷が均等に修復されないと、このような跡が残ります。

この状態になると、もう自然に完治はしないので、何か治す努力をしなければいけません。

ニキビ跡の治療法やお手入れ方法について

治療方法には数多くの種類がありますが、とりあえずは簡単に化粧水を使った手入れをするのがいいでしょう。

まず洗い方ですが、ニキビ跡に炎症を起こしているニキビが混在し ている場合は、ぬるま湯で優しく流すだけにします。

水を拭く時も、こすらずに上から優しく押さえるようにし、刺激を与えないように気を付けて下さい。

炎症が治まったら保湿効果の高い化粧水を塗るのですが、治ったばかりの肌はごわついていて、化粧水や乳液がうまく浸透しません。

そこで、まずは導入化粧水を使い、肌を柔らかくします。それにより、化粧水や美容液の栄養が肌に受け入れられるようになり、保湿力が高まります

背中は自分ではなかなか見ることがありません。まだ軽いニキビだからと油断しているとどんどんひどくなってしまいます。

日頃から自分の背中の状態を知っておくことで、キレイな背中を目指してみて下さい。

赤くなったブツブツ背中ニキビは、お風呂で治す!

大人ニキビとして、様々な世代の人を悩ませている背中ニキビですが、せっかく治っても 跡が残り困っている人も多いようです。

顔と比べて皮膚が平らな為、跡が残りやすいのです。跡が残る前に、しっかりと正しく治しておきたいですよね。

ここでは、その中でも特に赤みのあるニキビを治す方法を紹介します。

背中ニキビにも、いろいろな段階があります。

あまりにも酷く化膿している状態や、クレーター状の跡になってしまっている時は、それに合った治療が必要です。

しかし、まだ赤いブツブツができている段階なら、お風呂の入り方次第で短期間で治せるのです。

まず洗い方ですが、ごしごしと擦るのは絶対にやめて下さい。

強く擦った方が、汚れを落としているような気がしてしまうものですが、角質にはバリア機能があり、水分が蒸発しすぎないよう守っているので無くなると困ります。

また、皮脂には肌を乾燥から守る役割があります。つまり、皮脂を落とし過ぎると、逆にニキビの原因になってしまいます。

ニキビを傷つけてしまうのでてでやさしく洗うのがコツ!

ナイロンタオルやブラシなどを使うことはやめて、手で優しく洗いましょう。

泡立てネットを使って洗顔と同じように洗うのが効果的です。

さらに、洗う順番も重要です。必ず髪の毛、顔、体の順番で上から洗いましょう。

髪を洗い流すときにシャンプーやトリートメントが背中に残ると、菌が増えてニキビの栄養源になってしまいます。

湯船に浸かっただけでは、流し残しは落ちないのです。

入浴後は清潔なバスタオルで体を拭きます。前日に使ったバスタオルには既に菌が付いているので、毎回洗って清潔なものを使いましょう。

そして、お風呂上がりは一番乾燥しているので、保湿クリームでしっかりと保湿をします。

せっかく毛穴の汚れや不要な皮脂が落ちても、肌が乾燥するとまた皮脂が大量に分泌されてしまうので意味がありません。

石鹸や保湿クリームは人それぞれ肌に合うものや好みのものがあると思いますが、肌に優しい無添加のものを使うのがおすすめです。

背中ニキビが跡になってしまう前に、正しい入浴方法で予防し、綺麗な背中を手に入れてくださいね。

諦めないで!背中ニキビの凸凹したクレーターを治す方法

背中にできたニキビは顔よりも跡が残りやすいものです。せっかくニキビの炎症が治っても、跡が消えずに悩んでいる人は多いですよね。

特にクレーターのように凸凹した状態になってしまうと、自然に消えていくということはありません。

しかし、諦めてはいけないのです。正しい治療をすれば、綺麗な背中を取り戻すことも可能です。

ニキビ跡には3つのタイプがあります。色素沈着した跡、赤みを帯びている跡、そして今回紹介するクレーターのように凸凹した跡です。

クレーター状のへこみは、ニキビの激しい炎症の広がりを抑えようと白血球が皮膚組織を破壊し、その際に真皮部分が傷つけられたことによってできます。

真皮には皮膚を作る役割があり、これが傷ついたことで新しい皮膚を作り出すことができなくなっているのです。

さらに、真皮組織の破壊が複雑だと皮膚の修復にムラが生じ、凸凹した跡になってしまいます。

このクレーター状態のニキビ跡は、ダメージの広さや深さによって3つのタイプに分けられます。

まず、幅2mm程度の円錐状のへこみがあるアイスピックタイプ、次に幅4mm以上で平らな部分が少なく緩やかに陥没したローリングタイプがあります。

そして箱型に陥没し、へこみの底が平坦になっている円形から楕円形の跡は、ボックスカータイプと呼ばれます。

ピーリング石鹸がセルフケアでは有効!

クレーターのようなデコボコは、セルフケアで治すことは難しい、皮膚科や美容クリニックに行くのが良いでしょう。

炭酸ガスレーザーや赤外線レーザーなどでピーリング効果を得たり、凸凹を目立たなくしたりする治療が行われています。

しかし、凸凹はほとんどないという方や、まだ浅い状態という方は自宅でのケアから始めてみることも可能です。

その場合、ピーリング効果のある石鹸を使います。

これは古い角質を取り除いて、新たな角質に創られ変わらせることが出来る石鹸となります。

デコボコした跡を消すことは難しいのですが、目立たなくすることができます。

また、保湿も大事なので、導入化粧水を使って肌を柔らかくし、その後に栄養のある化粧水や乳液を使うと良いでしょう。

治らないと思って放置していると、どんどん悪化してしまいます。まずは自宅ケアからでも良いので、治療への一歩を踏み出してみて下さいね。

ニキビ関連のおすすめ記事

ニキビを年代別(思春期から更年期まで)に合った対策法で早く治す!

2018.02.08

鼻ニキビの原因や治し方とは?赤みや跡にならないか心配!

2018.02.07

ニキビの種類(黒、白、赤、黄色)の見分け方や治し方とは?

2018.02.07