お尻ニキビを跡にならないように綺麗に治す方法、薬について!

お尻のにきびって案外自分で見えないから、出来ていても気づきにくいものです。

ふとした瞬間、椅子に座った時などに、潰れて痛みを感じるようになってからでは、なおさら治りづらいものになります。

お風呂あがりに、鏡の前でよくお尻をチェックしてみると良いですよ。

温泉や銭湯などで、顔はとても美人なのにお尻がブツブツしている女性をよくみますが、背中もそうですけど自分で見えない場所は、とてもおろそかになりがちだといえます。

ここでは、そんなお尻ニキビの出来る原因や、出来ないようにするための秘訣、出来てしまったニキビ跡の改善方法などなど、詳しく解説していきたいと思います。

綺麗なお尻でいることは健康にもつながりますし、女性として自信にもなりますので、是非お尻ケアをしましょうね!

お尻ニキビができる原因や対策とは?

「アクネ菌を撃退して、つるつるのお肌に!」こんなキャッチコピーを目にしたり耳にしたりする機会が多いですね。

このような宣伝文句でご紹介されている製品やサービスといえば、ニキビ対策。

ニキビの原因として思い出されるアクネ菌ですが、実は肌のバランス状態を制御して、通常の状態にキープするために絶対必要な常在菌の一つ。

常在菌が体に存在することで、お肌のトラブルや病原体となる微生物を撃退してくれるのですが、何らかの原因でバランスが崩れることによって、トラブルの一つとなってしまうことがあるのです。

アクネ菌の特徴は皮脂を好み酸素を嫌うということ。

なので皮脂の分泌が活発なパーツにはアクネ菌が集まりやすくなり、その結果ニキビができてしまうのです。

ニキビといえば顔にできてしまうものと思われがちですが、実は体のあらゆる部分にできてしまうものなのです。

意外なところでお尻にもできてしまうこともあります。

お尻は体の中でも皮脂の分泌が活発なパーツの一つです。座っているときは腰やお尻に体重がかかってしまいます。

入浴中以外はほぼ、衣服におおわれています。

ですのでお肌への刺激が強くなることで角質化してしまい、毛穴が非常に詰まりやすい状態なのです。

この二つが、お尻にニキビができやすくなる要因といえます。

粉瘤とはいったい何?

普段のお手入れの際にもなかなか手に届きにくいお尻。気づいたら吹き出物ができていた、なんてことありませんか?

お尻にできてしまう吹き出物には、ニキビの他に「粉瘤」と呼ばれるものもあります。

粉瘤とは、皮膚の下に何らかの原因でできた袋状の構造物の中に、垢や皮脂がはがれおちずに溜まることでできてしまった腫瘍のことです。

粉瘤はしこりになっていてとても固いです。このしこりの中央部分に黒い「へそ」と呼ばれる部分があります。

このへそがニキビとの違いを判別する一つといわれています。

ニキビはスキンケアやニキビ治療薬で治すことが可能ですが、粉瘤はできてしまうと日常生活に支障をきたしてしまうことがあるので、治療としては皮膚科を受診して除去手術を行うという手段を講じないといけません。

ニキビにせよ粉瘤にせよ、お尻周りのケアは手が行き届きにくく容易にチェックできるパーツでもありません。

ですので入浴中の時間 を有効に活用して出来る限りこまめにお手入れを施すことが最適な対策の一つだといえます。

お尻ニキビ予防や対策について

お尻にも出来てしまうニキビ!夏本番ももうすぐ。薄着の季節が近づくと気になってくるのはボディケア。

夏らしいファッションを楽しみたくても体にできてしまった吹き出物が気になって・・・、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

汗ばむ季節には皮脂の分泌も活発化し、ニキビができやすいお肌になってしまいます。

ニキビといえば顔にできるものというイメージが強いですが、体にもニキビは出てくるものなのです。

デコルテ、背中、意外だと思われるかもしれませんが、お尻にもニキビはできてしまいます。

お尻は常に衣類で覆われているので、他の体の部分に 比べて湿度が高い状態のもとにあります。

座っているときには、体重の負担がかかってしまい圧迫されている状態なので、皮膚の角質層がほかの体の部分に比べて厚くなっています。

お尻では、皮脂の分泌が活発に行われているので、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖しやすいです。

これらのことから、お尻にもニキビはできてしまいます。

お尻にニキビが出ると、座るたびに痛みが気になります。そして座っていることが多いとニキビの治りも遅くなってしまいます。

お尻にきびを防ぐには日頃からお尻にきび対策をすることが大事!

もし、ニキビができてしまった場合はお顔にできた時と同様に絶対に潰してはいけません。

すぐに皮膚科を受診して、治療を受けることをお勧めします。

お尻にニキビができてしまうことを防ぐためには、日常から対策を講じておくことももちろん大切です。

お風呂で体を洗う際には、しっかりとすすぐようにしましょう。

すすぎ残りが毛穴に詰まってしまうと、ニキビができる原因になってしまいます。

お風呂で体を洗う時に、お風呂椅子に座った状態で洗う方もいらっしゃるかとおもいます。

体に付着したシャンプーやボディソープが流れる際に、お尻の下に溜まってしまい炎症や吹き出物、もちろんニキビができる原因となりますので、体を洗う際には立った状態で洗った方がいいかもしれません。

ボディーソープを刺激の少ない固形石鹸に、洗剤を石鹸系や植物由来の製品に、下着の素材を通気性の良いものに、なるだけお尻を締め付けないようなデザインの衣服を着るようにするなど、日常生活でのちょっとした心がけもお尻ニキビの予防へとつなが ります。

お顔のニキビ同様、食生活も脂っこいものや刺激の強いものはなるだけ避けてビタミン類、ミネラル、コラーゲン、食物繊維が豊富な食材を摂取することも大切です。

お尻にきび跡をタイプ別に綺麗に治す

お尻にできてしまったニキビがせっかく治ったのに跡が残ってしまった・・なんて経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

ニキビができてしまうと、ついつい気になって触りすぎてしまったり、早く治したくてつぶしてしまったり・・そんなことは絶対にしてはいけません。

跡が残ってしまうと、なかなか治ら ず苦労します。

では、できてしまったニキビ跡をなくすにはどうしたらいいのでしょうか。

ニキビ跡のタイプ別に改善方法をご紹介していきます。

色素沈着タイプ
茶色っぽくシミに似た状態のニキビ跡です。これは、炎症を起こしたニキビが紫外線を浴びすぎたりすると「肌を守ろう!」と思い、大量のメラニン色素が発生します。

その時に肌のターンオーバーが不十分であると、色素が排出されずに肌に残ってしまい沈着してしまったものがニキビ跡として残ってしまったものです。

このタイプのニキビ跡には、美白効果のあるコスメなどを使い、肌のターンオーバーを整えてあげることが大切です。

炎症タイプ
赤みが残っている状態のニキビ跡です。このタイプのニキビ跡は、きち んとケアしてあげれば比較的治りやすいです。このタイプのニキビ跡には、ビタミンCの摂取を心がけるようにするとよいでしょう。ビタミンCには、肌のターンオーバーを整える働きがあります。

また、皮脂の分泌を抑制する働きがあります。炎症の原因となるアクネ菌は、油分をエサとして働きを活発化させるため、皮脂を抑制することは、炎症を抑えるために大変効果的です。

しこりタイプ
炎症が繰り返しおこった時にできてしまう、もりあがりしこりのようになってしまったニキビ跡です。

クレータータイプ
肌の表面がでこぼこになってしまったニキビ跡です。これは、肌の奥深くの部分までダメージが及んでしまったことが原因です。アクネ菌などの死骸が肌に残り、肌がそれを急 いで修復しようとした結果、肌の表面がでこぼこになってしまったものです。

炎症タイプと色素沈着タイプのニキビ跡は、自宅でのケアで治していくこともできますが、クレータータイプとしこりタイプのニキビ跡は、自宅では治りません。病院での治療が必要となります。

ニキビができても、跡が残らないよう、日頃から肌のターンオーバーを整えることを心がけていきましょう。

お尻にきびのブツブツに効果的な治療薬とは?

 

気付いたらお尻にブツブツ・・。すぐに治るかと放っておいたらなかなか治らず、なんだか増えてきた・・・。

そんな嫌なブツブツ、お尻ニキビについてお話しします。

お尻ニキビができる原因には、長時間座っていることによるリンパの流れで悪化します。

下着により常にしめつけられていること、シャンプーやトリートメントなどの洗い残しなど、日常の生活の中で、毛穴がつまり、お尻の皮膚が角質肥大してしまうことが原因と考えられます。

また、常に衣服に接していたり、長時間座っていることにより、圧迫されていたりすることから、1度できるとなかなか治りずらく厄介です。

自宅でできるケアとしては、

・下着の素材を変える・・・肌に良い天然素材のものなどを選ぶとよいでしょう。
・しっかり保湿をする・・・普段、なかなかお手入れが行き届きずらい場所であると思いますが、乾燥すると。肌の角質がどんどん肥大し、ニキビを悪化させてしまうことになります。お風呂上がりなど、しっかり保湿をしてあげましょう。
・生活改善をし、肌のターンオーバーの乱れを整える・・・肌のターンオーバーを整えてあげることで、肌の回復がはやくなり、ニキビが治りやすくなります。などがあります。

お尻ニキビを治す薬について!

お尻ニキビをきれいに治すには症状にあったケアグッズや外用薬を使っていくことも必要です。

お尻専用のピーリングジェルを使い、お尻の古い角質や毛穴のつまりを取り除いてあげましょう。

そして、皮膚科などで処方してもらった薬をつけていくと治りが早いと思います。

お尻にできたブツブツがニキビではなく、おできや粉瘤と呼ばれるものである可能性もあります。

おできは、毛穴の奥の毛包という部分に最近が入り込んで化膿したものです。

粉瘤とは、何かのきっかけで垢や脂が内側に溜まってできる良性の腫瘍です。

粉瘤を完治させるには、手術が必要になります。

お尻のブツブツがいつもと違う様子であれば、早めに病院で医師に相談しましょう。

ニキビ関連のおすすめ記事

背中ニキビ跡の治し方とは?色素沈着?ピーリング石鹸の効果は?

2018.02.09

ニキビを年代別(思春期から更年期まで)に合った対策法で早く治す!

2018.02.08

鼻ニキビの原因や治し方とは?赤みや跡にならないか心配!

2018.02.07