口周りのニキビ、吹き出物の原因や治し方とは?

顔のニキビの中でも口周りのにきびは、とにかく痛いですよね。

その理由に関していえば、食事をしたり、喋ったりした時に、口周りニキビが連動して動くからです。

口の中から出る唾液によって、消毒されるのか、通常のニキビに比べて治りは早いようにも思いますが、シミたりもしますので痛いのが厄介だと思います。

それと口周りは、ストレスや食生活によって、ボツボツしたものが出来たりもしますので、ニキビと判断しづらいのも特徴になります。

ヘルペスと呼ばれるウィルスによる感染症や、大人になってからの吹き出物と、生活習慣によって様々なものが口周りに出来たりしますので、見極めて対処することが重要です。

ここでは、口周りニキビの原因やヘルペス、吹き出物について、詳しく解説していきます。

ちゃんと正しいケアをすることで、口周りのニキビから解放されるように頑張りましょうね(^^♪

口周りニキビの原因は主に3つある!

思春期は皮脂の過剰分泌が原因でできるニキビが多く、場所はTゾーンに集中します。

それに対し、大人になると口の周りや顎などのUゾーンにできることが多くなります。

また、原因は単純な皮脂の過剰分泌に限らず、複数あるのが特徴です。

今回はその大人ニキビの中でも口周りにできるニキビに注目し、その原因を紹介していきます。

口周りに出来るニキビの原因とは?

口周りにできるニキビには主な原因が3つあります。

・1つ目はストレスによるホルモンバランスの乱れです
ストレスが溜まると男性ホルモンが多くなり、皮脂の分泌が増え、これによりニキビができやすくなります。

あと女性はストレスではなく、生理前に月経の影響でホルモンバランスが乱れることが原因の場合もあります。

ストレスが原因の場合の対処法は、肌に対する直接なケアの前にストレスの発散が大事です。

早寝早起きなどの生活習慣にも目を向けることも大切です。

しかし、無理をすると逆にそれがストレスになることもあるので、適度な範囲で行うといいでしょう。

・2つ目の原因は、胃腸の働きの低下です
アルコール類の摂取過多や偏食、不規則な食事時間などにより胃腸に負担がかかり、ニキビができてしまいます。

対策は脂っこい食事や偏った食生活をやめ、バランスの良い食事を心がけることが1番です。

ビタミンB群の摂取はニキビ予防に必要です。また、就寝直前や真夜中にご飯を食べることも消化に良くないので注意しましょう。

3つ目の原因は、男性だと 髭剃り、女性だとメイクです
まず男性ですが、顎や口周りの髭は毎日剃る人が多いですよね。

毎日行っているとカミソリの刃が傷んでいたり、急いでいたりして誤って肌を切ってしまうことがあります。

それによりできた傷や、不衛生な刃から毛穴に入った雑菌によりニキビができてしまうのです。

また、元々できていたニキビが炎症を起こして悪化してしまうこともあるので気をつけましょう。

そして女性の場合は、ファンデーションや油分の多い化粧品をつけすぎると毛穴を塞いでしまい、それがニキビの原因になります。

メイクをしたまま寝たり、長い時間したままにしたりしておくことも避けましょう。

ニキビの原因は1つではありません。その原因により対策も変わるので、肌の直接ケア以外 にも目を向けてみて下さいね。

口の周りの吹き出物は2つの刺激が原因!

顔に吹き出物ができると人の目が気になってしまい、辛いですよね。

その中でも口周りの吹き出物は話すたびに違和感があり、とても不快です。

今回は、そんな口周りの吹き出物対策方法を紹介します。

口周りの吹き出物ができる原因は、外的な刺激内面的な刺激の2つが考えられます。

まず、外的な刺激とは主に化粧品やひげ剃りによるものです。

女性の場合は合わない化粧品の使用や、日常で使っている口紅などが刺激になっていることが考えられます。

化粧品は多種多様ですが、その多くには油脂系の成分が配合されており、その油分と皮脂が混ざって毛穴につまると吹き出物の原因になります。

化粧品は日々使うので、どうしても吹き出物はできてしまいがちです。それを予防するには、保湿対策が大切です。

口の周りは頬や額よりも化粧水をつける量が少なくなりがちな上に、よく動かす部分なので乾燥が進みやすいのです。

肌が乾燥すると角質の厚みが増し、毛穴が狭くなり吹き出物ができやすくなります。

しっかりと化粧水や美容液でケアしてあげましょう。

疲れやストレスによっても口の周りにニキビが出来てしまいます!

もう1つ、内面的な刺激とは、疲れやストレスなどが溜まって悪影響が出るということです。

口の周りは体調の影響を受けやすく、風邪や生理によるストレスで吹き出物が増えるという経験がある人は多いと思います。

ストレスが溜まると自律神経の働きがおかしくなり、ホルモンバランスが乱れます。

皮脂の分泌をコントロールしているのは ホルモンなので、このバランスが乱れると過剰分泌になり、それが吹き出物の原因になるのです。

内面的な問題を解決するには、適度な運動でストレスを発散し、それが無理ならホルモンバランスを整えるサプリメントを飲みましょう。

また、偏った食生活や過度なアルコール摂取は胃腸に負担をかけるので注意が必要です。

脂っこい食事や糖類の多い菓子などは皮脂の分泌を増やすので、特に気を付けましょう。

同じ吹き出物でも、原因は1つではありません。

つい外的なケアばかりに目を向けがちですが、内面にも気を配りましょう。

口周りのニキビ。それってヘルペスかも?

口周りに出来るデキモノ…口周りって目立つし食事やお化粧の時に邪魔になって困ってしまいますよね。

でも口周りのデキモノってニキビだけではないの です。もしかしたらヘルペスの可能性があります。

ここではヘルペスの事について解説していきます。

ニキビとヘルペス違いとは?

ニキビの主な原因はストレスや生活習慣の乱れなどからくる体調不良やアクネ菌の活動などです

アクネ菌は人の皮膚にある細菌でニキビがない人の肌にもあります。

一方ペルペスは口唇ヘルペスとも呼ばれますが、ウイルス感染が原因です。

しかも口唇ヘルペスは一度感染すると治らないとても厄介なものなのです。

ニキビとヘルペスの見分け方

どちらも口周りに出来るのでニキビかヘルペスか見分けがつかない時は以下の違いを確認してみましょう。ここではヘルペスの治療や予防などを紹介していきます。

ヘルペスは、主に唇にできるのが特徴です。初期の頃は皮膚にピリピリ、チクチクとした違和感を感じるようになり、次第にほてりや痒みを感じるようになります。

ほてりや痒みを感じるようになると皮膚が赤く腫れ、小さな水ぶくれができてきます。

触ると痛く口を動かすと痛みを感じます。

ニキビは唇やその周辺にできます。ポツッと一部分だけ炎症します。よく見ると白い芯があるのがニキビの特徴です。

それでもヘルペスかニキビか判断がつかない時は迷わず皮膚科を受診しましょう。

ヘルペスは病気なので病院で診断してもらい、治療してもらうのが大切です。

ヘルペスの治療

病院が行う治療法は薬での治療が一般的です。抗ヘルペスウイルス薬を投与してウイルスの増殖を抑えます。

また、痛み止めやビタミン剤、抗生 物質などを投与する事もあります。ヘルペスは早い段階で治療すれば、短期間で治すことができます。

薬局でもヘルペスの治療薬が売られており薬剤師さんに相談の上購入することができますが、主なヘルペス治療薬は再発した場合の治療薬なので、初めてヘルペスになった人は病院で治療を受けましょう。

ヘルペスの予防

ヘルペスは一度感染すると神経節に残るので再発する恐れがあります。ヘルペスになってしまったら再発しないように予防する事と他人に感染しないように注意しましょう。

体に潜んでいるヘルペスウイルスは風邪やストレス、疲労など体力や免疫力が低下した時に動き出し再発しやすくなります。

なので食事に気をつけたり睡眠をとり、ストレスを発散するなどして体調を整 えることが一番の予防策です。

また、口唇ヘルペスはウイルスに感染している人と接触した際に感染するケースが多いです。

ヘルペスの症状があるなら、家族間で食器類を使い回さない、タオルは自分専用に使う。恋人とのキスも控えましょう。

ヘルペスは一度症状が出てしまうと、一生ウイルスが残るのでまた症状が出てしまう恐れがありますが、早い段階で治療すれば直せる病気です。

口周りは目立つ場所だし見栄えも悪いので、まずは体調管理をする事。

そして症状が出てしまったら早めに治療する事が大切です。

口周りニキビの原因は他のニキビと違う?

口周りにできるデキモノにはニキビ、ヘルペスがあります。

一見違いが分かりませんがヘルペスはウイルス感染による病気。

対してニキビは生活習慣の乱れやアクネ菌の活性化によるものです。

口周りにできてしまうとメイクも出来ないし食事するにも大変…。

ここでは口周りにできるニキビの原因を追究してみます。

口周りに出来るニキビの原因

一般的なニキビの原因は皮脂の過剰分泌が原因の事が多いですが、唇周辺は皮脂腺が少ないので皮脂分泌が原因ではなく体の不調やトラブルが原因なのが特徴です。口周りニキビは、20代以降に出来る事が多く、よく大人ニキビと言われますが、口周りニキビの主な原因に次 のようなものが挙げられます。

胃腸障害 食べ過ぎや飲み過ぎ、偏食、栄養不足などの胃や腸などの内臓のトラブルです。胃は食道を通じて口とつながっているので、体調不良や内臓のSOSなどの体内の不調が現れやすく、そのサインが口周りニキビとして出来やすい場所と言われています。

ストレス 過度なストレスを受けると胃の働きが低下し消化不良を起こして栄養を吸収しにくくなってしまい、体の新陳代謝や免疫力が低下して、肌のターンオーバーやバリア機能に大きな影響を及ぼします。

カミソリ 男女共通の原因ですが、カミソリによる外的刺激によって肌がダメージを受け、傷から菌が入ってしまい繁殖してしまいます。

メイクやクレンジング剤 濃いメイクや 洗い残したクレンジング剤が残ってしまうと皮脂が毛穴を塞ぎ、結果としてニキビが出来やすくなってしまいます。

口周りニキビの対処法

口周りニキビは内臓の不調が主な原因なので内臓の不調を整えてあげましょう。暴飲暴食は避ける、食欲がないときは無理に食べないなど胃に負担をかけないようにしましょう。ニキビにはビタミンB2とビタミンB6が効果的と言われています。食事で摂る事を心掛けたいですが、サプリメントを摂取する事もニキビ対策の一つです。

ストレスは胃に負担を掛けるだけでなくホルモンバランスの乱れも招くので、ストレスを発散するように心がけましょう。

運動やお風呂にゆっくり浸かったりなどリラックスできる時間を作るといいでしょう。

カミソリを使う際は 専用のシェービングクリームを使い、剃ったら化粧水などで保湿します。口周りは乾燥しやすい場所なので保湿は欠かせません。

また、女性はクレンジングの洗い残しがないように唇の溝の間のメイクを落とすようにしましょう。ニキビが酷いときはメイクを控える事も大切です。

口周りニキビは体の内側の不調が現れやすいのが特徴で、他の部位にできるニキビと大きく違いますね。

内臓はお肌を写す鏡と言われているので、きれいなお肌を保つには体の不調を整える事が大切です。

ニキビ関連のおすすめ記事

背中ニキビのおすすめ治療法とは!料金は安い?期間や口コミは?

2018.02.13

おでこにきびの原因や治し方とは?思春期と大人の違いとは?

2018.02.13

思春期ニキビ、化粧水、洗顔料、乳液どれが大事!跡を残さない為に!

2018.02.13