おでこにきびの原因や治し方とは?思春期と大人の違いとは?

体が大人へと変化する思春期は、ホルモンバランスをうまく安定させることができない時期。

そんな時に顔にできてしまうのがニキビです。ホルモンバランスの乱れから皮脂の分泌が活発になってしまいます。

皮脂量が増えてしまうと毛穴が詰まりやすくなります。毛穴が詰まることでニキビの原因とも言われているアクネ菌が増えてしまい、ニキビができてしまいます。

ニキビができやすい部分は、頬とTゾーン。特におでこのニキビはおでこが前髪で覆われていることが多いので、できてしまうと治りが遅いのでとても厄介です。

ニキビは思春期の頃だけできるものではありません。思春期を過ぎた大人になってもニキビはできるものなのです。

おでこにニキビができる原因と対策

冒頭にも挙げましたが、思春期にできるニキビの原因はホルモンバランスの乱れです。

しかし、大人になってできるニキビの原因は思春期にできるニキビとはメカニズムは似ていても少々違ってきます。

大人ニキビができる原因は、不規則な生活習慣とストレスがたまることでできる場合が多いです。

これらのことが原因でホルモンバランスの乱れは起きてしまいます。

脂性肌に悩んでいる大人の方も多いですが、大人の脂性肌は思春期の脂性肌とは根本的に違います。

思春期の頃に比べて、大人はターンオーバーの時期が遅く水分保持力も低いです。

この違いを認識せずに、年代に合わない脂性肌向けのスキンケア商品を使い続けることで、脂性肌が悪化してしまうことがあります。

さらに、大人ニキビがおでこにできてしまうとしまうと治るのが遅いのも特徴です。

おでこにニキビができないようにするための対策として、お肌を清潔に保つことは言うまでもありません。

きちんとした洗顔を心掛け、ニキビができる原因となるすすぎ残しを出さないように髪の生え際までしっかりと洗い流すことが大切です。

洗い流した後は、保湿を欠かさないようにしましょう。

それぞれの世代に応じたニキビ肌向けのスキンケア商品は、店頭やインターネットで簡単に探すことが可能です。

最近では購入前のお試しサイズが用意されている商品も数多くそろっているので、気になった商品はまず試してから購入を決めるという事も可能です。

大人であっても思春期であっても、規則正しい生活とストレスを溜 めないこと、十分に睡眠をとって脂っこい食品を控えることはニキビ肌対策としてとても大切です。

おでこニキビが治りにくい理由

ニキビの中でも特に治りにくいといわれている「おでこニキビ」おでこは体の他の部分に比べて皮膚が薄いので、痛みを伴ってしまいます。

ニキビには思春期の頃に出る「思春期ニキビ」と大人になってから出る「大人ニキビ」の二つが あります。

思春期ニキビは、思春期に起こるホルモンバランスの乱れから、男性ホルモンの分泌の増加によって増えてしまった、皮脂が原因でできるニキビのことです。

大人ニキビは生活習慣の乱れ、ストレスから皮脂の分泌量が活発になってしまってできたニキビのことを言います。

どちらかといえばおでこニキビは思春期に出やすいものといわれています。

帽子や髪の毛で隠すのもニキビをひどくする?

「恥ずかしい」という理由でできてしまったニキビをヘアスタイルで隠してしまいがちにもなりますが、このこともおでこにニキビができてしまう原因の一つになります。

ファッションの小物として、あるいは日差しが強い場所で過ごす際、帽子をご愛用されている方も多いのではないでしょうか?

実は帽子もおでこニキビができる原因になるのです 。

帽子をかぶることで、頭全体の通気性が悪くなり蒸れてしまいます。蒸れた状態は雑菌が繁殖しやすいのです。

帽子をかぶると帽子とおでこに摩擦が起きてしまうことで、おでこの部分に刺激を与えてしまいます。

また、帽子の汚れが頭やおでこに付着することで毛穴が詰まってしまいます。

思春期の頃に出やすいおでこニキビですが、大人になっても出てしまうことがあります。

大人の場合は、乾燥肌の方でもおでこニキビが出やすくなるのです。

大人ニキビの原因は、ストレスや食生活の偏りに加え喫煙による血行不良、メイク後にきちんとしたクレンジングを施さない等の理由があります。

また、若いころに比べてターンオーバーの周期が遅くなり角質層が厚くなりがちであるということも挙げられます。

日中に溜まってしまった汚れを洗い流すために洗髪するととても爽快な気持ちになりますね。

しかし、肌質に合わないシャンプーやリンスを使用してしまうとおでこにニキビができてしまいます。

また、シャンプーやリンス後に丁寧にすすいでおかないとすすぎ残しもおでこにニキビができてしまう原因となるのです。

おでこのニキビ跡対策には化粧水を使ったお手入れが必要

一度できてしまうと、治るのに時間がかかってしまうのがおでこニキビです。おでこを含むTゾーンは皮脂の分泌が活発に行われている場所です。

そしておでこは体の他の部分の皮膚に比べて薄いので、おでこにニキビができてしまうと炎症が起こりやすく痛みを伴う場合もあります。

出来てしまったおでこニキビが気になってしまい、つい触れてしまうということもよくある話です。

だけどそれは、ニキビ跡が残りやすくなってしまう一因なのです。ニキビ跡は、肌にダメージを受けた結果できてしまうものです。

少々の肌ダメージですと、お肌で起きているターンオーバーを繰り返すことでニキビ跡は残りにくくなります。

しかし同じ場所にニキビが繰り返してできてしまったり、ニキビを触る、あるいは潰すことを繰り返し行っていると、皮膚組織自体が破壊されてしまって、順調にお肌のターンオーバーは行われていても、ニキビの部分のターンオーバーによる修復は不可能となってしまいます。

ニキビ跡には5種類あります。

・赤みとして残るもの
・メラニンが溜まってしまうことで色素沈着を起こした結果 、シミやくすみとして残るもの
・皮膚の表面が凸凹状のクレーターのような状態になってお肌に残るもの
・しこりとして残るもの
・やけど跡のようにケロイド状に残るもの

に分類されます。

ニキビ跡の種類によってお手入れは違う?

しこり状のニキビ跡やケロイド状のニキビ跡は、皮膚科での診察と医師からの処置や処方された薬の2点でしか施すことが難しいものもあります。

クレーター状のニキビ跡は、ピーリングなど皮膚科医による治療を施すことと合わせて、お肌の新陳代謝を保つためのセルフケアが必要です。

紫外線対策をしっかりと行い、お肌を清潔に保つことが大切です。

赤みが残るニキビ跡や色素沈着によるシミやくすみとして残ったニキビ跡、クレーター状のニキビ跡にはニキビ肌用化粧品を使ったスキンケアをしっかり欠かさず行 いましょう。

市販のニキビ肌対策の化粧品には「グリチルリチン酸配合」と明記されている商品が多くそろっています。

グリチルリチン酸は、漢方薬に使われることが多い甘草の根に含まれている成分です。抗炎症作用に非常に優れた効果があるとされています。

グリチルリチン酸の作用はステロイドにとてもよく似ているので、希にステロイドと同様の副作用が起こるかもしれないというネックを持ち合わせています。

適切な用法、用量を守って根気強くお手入れを続けることがニキビとニキビ跡対策に大きな効果をもたらしてくれます。

おでこのニキビを治す方法

一旦できてしまうと完治するまでには時間がかかってしまう、治まったと思っていても繰り返しできてしまうもの、それがニキビ。

「毎日きちんと顔を洗っているはずなのに、どうしてニキビができてしまうんだろう」とお悩みの方も多いことでしょう。

ニキビの出ない肌を手に入れるためには正しい洗顔方法を行いましょう。

ニキビができるメカニズムは、顔の皮脂量が増えてしまうことで毛穴がつまり、アクネ菌が増えるというもの。

アクネ菌の増殖を防ぐには毛穴に詰まった老廃物を排出させることです。

洗顔料はよく泡立てて使いましょう。洗顔料を泡立てることで、出来てしまったニキビを傷つけることなくお肌の細かい部分までしっかりと汚れを落とすことができます。

手で泡立てるのが難しいという方は泡立てネットを使用するとキメの細かい泡を簡単に作ることができます。

顔を洗う時にどうしてもやりがちなのは頬から洗い始めること。

洗顔のコツや洗顔後のお手入れについて

確かに頬も皮脂量は多いですが、皮脂の分泌が活発なのはTゾーン。なのでまずはTゾーンから洗い始めましょう。

特におでこの部分は日中前髪で隠れていることが多く、他の部分に比べてニキビが出てしまうと治るのに相当時間がかかってしまうので髪の生え際部分まできちんと洗いましょう。

やさしく洗った後はしっかりとすすぎましょう。

冷水ですすぐと毛穴がふさがり後に使う化粧品等の浸透が悪くなり、お湯を使うとお肌に必要な潤いまでも洗い流し乾燥肌の原因となってしまいます。

すすぎの際はぬるま湯を使うのがベストです。すすぎ残しはニキビができる原因になってしまいます。

おでこにニキビが出やすい人は生え際まで、フェイスラインにニキビが出やすい大人ニキビに悩んでいる人は顎下まできちんとすすぎましょう。

ただ洗っただけでは、お肌に必要な油分まで取り去ってしまい乾燥肌の原因になります。なので洗顔は朝と夜の2回行いましょう。

そして、洗顔後は年齢と肌タイプに応じた化粧水と乳液での保湿も欠かさないように心掛けましょう。

思春期にできるニキビは時期がたてば治まるものですが、大人ニキビは一旦出てしまうと治りにくいです。

また、年齢にかかわらず症状が落ち着いたから といってお手入れを怠るとニキビは再発してしまうので、根気強く続けてください。

ニキビ対策として挙げられる栄養素はビタミン類、特にビタミンCです。

脂っこい食事はできるだけ控えて野菜や果物を中心としたメニューを食べましょう。

ビタミンCは水溶性で体に蓄えておくことができない栄養素なので、毎日欠かさず摂取しましょう。

食事の他に、サプリメント等で補うというのも一つの有効な手段です。

ニキビ関連のおすすめ記事

顎ニキビはストレスから?薬や漢方で跡を残さず治せれるの?

2018.02.12

お尻ニキビを跡にならないように綺麗に治す方法、薬について!

2018.02.10

背中ニキビ跡の治し方とは?色素沈着?ピーリング石鹸の効果は?

2018.02.09