頭皮ニキビの治療方法とは?

この記事は約 4 分で読めます。

普段はあんまり気づかない頭皮ニキビですが、やっぱり気づくのは頭を洗う時ですよね。

ポツっと出来てしまいますと、結構痛いものです。頭皮ニキビの治す方法もよくわからないですし・・・。

シャンプーで洗っている時に、爪で引っ掻いたりしますと余計に治りも悪くなりますし、痛いですし厄介なニキビ。

そんな頭皮ニキビが出来る原因や、防ぐ方法などを詳しく解説していきます。

そして、自分の頭皮の状態に適したシャンプーの選び方についても紹介したいと思います。

是非、参考にしていただいて頭皮ニキビを治してくださいね。

頭皮ニキビを悪化させないシャンプーとは?

シャンプーには・アルコール系(石油系)シャンプー・石鹸系シャンプー・アミノ酸系シャンプーの3種類があります。

大手メーカーが販売している多くの商品は、アルコール系シャンプーで、これらはお手軽な価格で購入することができます。

アルコール系シャンプーの特徴!

アルコール系シャンプーの特徴は、その洗浄力の高さです。

石油系の界面活性剤(洗浄成分)が配合されているので、強い洗浄力を持ち頭皮のべたつき汚れもきれいに洗浄してくれます。

ですので洗い上がりがとてもさっぱりとして、使いごごちがとても良いです。

ただ、強い洗浄成分が原因で、時に強い刺激を与えてしまうこともあります。

頭皮の皮脂は、頭の乾燥や外部の刺激から、頭皮を守る役割を担っています。

もちろん頭を洗わないと皮脂は汚れとなってしまいますが、洗いすぎると皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまい、抜け毛やかぶれの原因となってしまいます。

石鹸系シャンプーとは?

石鹸系シャンプーは、洗浄成分が石鹸でできているシャンプーのことです。石油系シャンプーに次いで、多く市場に出回っています。

石鹸系シャンプーは、動物や植物の油が原料となっているものが多いので、お肌への刺激はアルコール系シャンプーよりは少ないです。

しかし、刺激が全くないというわけではないので、皮膚が弱い方が使用すると、かゆみや炎症が起きてしまうことがあります。

石鹸は、アルカリ性の成分でできています。それに対し、頭皮や髪は弱酸性に保たれています。

ですので、洗い上がりに髪がきしんでしまうことから、石鹸系シャンプーを使用する際には、酸性成分のリンスの使用を勧められます。

頭皮ニキビ対策にはアミノ酸系シャンプー!

アミノ酸系シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸を使用したシャンプーのことです。

人間の体内におけるタンパク質の割合は、約二割といわれています。タンパク質を構成する物質はアミノ酸。

つまり、広くとらえると髪も頭皮も、アミノ酸が構成に関わっているということが言えます。

アミノ系シャンプーの特徴は、何といっても低刺激であるということ。

その分、洗浄能力はアルコール系や石鹸系のシャンプーに比べて弱まってしまいますが、とにかく頭皮に優しいので、かゆみに悩んでいらっしゃる方にとっては最適な商品です。

頭皮にできてしまった頭皮ニキビへの対策として、使用を勧められているのが、アミノ酸系シャンプーです。

価格帯は石油系、石鹸系のシャンプーに比べると高価な商品が多いです。

しかし、頭皮ニキビやかゆみ、炎症など頭皮の悩みに適したシャンプー選びも、改善策の一つなのかもしれません。

痛みを伴う頭皮ニキビを防ぐ方法

シャンプーをしているときに「チクッ!」と感じる頭の痛み。鏡で確かめてみたら地肌に吹き出物ができていた、ということありませんか?

頭皮にできてしまう吹き出物には、かさぶた、かぶれ、そして頭皮ニキビの三種類がありいずれもできてしまうと厄介なものです。

中でも、頭皮ニキビは触れるたびに痛みを伴い、さらに日常においてもついニキビを触ってしまったりと、気になってしまいがちです。

頭皮とはいっても皮膚の一部なので、お肌にできるニキビと同様に、皮脂や毛穴が詰まることで頭皮ニキビはできてしまいます。

頭皮は体の他の部分に比べて、皮脂分泌が活発に行われています。

さらに、お肌に比べて紫外線のダメージを一年中受けていることや、ドライヤーのかけ過ぎによる乾燥、さらに溜まったストレス等が重なった結果、頭皮ニキビができてしまいます。

頭皮ニキビの初期段階は、髪に覆われていることから、なかなか気が付きにくいものです。

症状が進んで、炎症を起こし痛みを感じた時に、初めて気が付いてしまうということがあります。

頭部は体の他の部分に比べて、脂肪分が少ないです。

脂肪分が多いほど、体に痛みを感じにくいのです。この2点から、頭皮ニキビが痛みを伴うものだということが言えます。

頭皮ニキビ対策について!

このように症状が進んでしまう前に、対策を講じることが大切です。前にも述べたとおり、頭皮は紫外線のダメージを受けやすい部分です。

ですので、日傘や帽子を着用して、紫外線を徹底的にガードしましょう。

帽子も通気性の良い素材のものを選ぶと、頭皮ニキビの原因の一つでもある、頭の蒸れを防ぐことができます。

洗髪の際は刺激の少ないシャンプーで、やさしく丁寧に洗いましょう。

シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸が使用されているアミノ酸系シャンプーが、地肌への刺激が少ないです。

リンスやスタイリング剤には油分が含まれています。油分が地肌に残ってしまうと、毛穴が詰まってしまいます。

すすぎ残しも、頭皮ニキビの原因となります。シャンプーやリンスの後には、とにかく丁寧にすすぎましょう。

日常の、生活習慣を規則正しくすることも、症状の軽減につながります。

十分な睡眠、脂っこいものや刺激の強い食べ物をできるだけ控えて、ビタミン類を多く摂取することを心掛けましょう。

また、ストレスを溜めないことも大切です。

ストレスがたまると、ホルモンバランスが崩れてしまい、皮脂の分泌が活発になってしまいます。

リラックスできるときにはリラックスして過ごすことも、頭皮ニキビの発生を抑える一つの手段です。

頭皮ニキビができる原因とは?

髪のブラッシングやスタイリングの際、ブラシやスタイリング剤が頭に触れると、なんだかチクッとする痛みが走ってしまう。

鏡でよく確かめてみると、頭皮に吹き出物があるのを発見してしまった。こんな経験ありませんか?

実は頭皮にできてしまった吹き出物の正体は、頭皮ニキビかもしれません。

ニキビができる原因は、皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりです。もちろんこれは頭皮にも同じことが言えます。

髪の生え際を境に、その性質と構造は多少異なってきます。

顔は、交感神経に支配されている状態で皮脂を分泌します。交感神経は、日中活動しているときに活発に働く神経のことです。

しかし、頭皮は交感神経に支配されていないので、無意識のうちに皮脂は分泌されています。

顔の皮脂は、リパーゼという酵素によってグリセリンと脂肪酸に分解されますが、頭皮にはリパーゼは介入しないので、皮脂が分解されることはなく、酸化しやすい状態となります。

ですので、頭皮の皮脂は過酸化脂質となって、毛穴に残りやすくなってしまいます。

頭皮に皮脂が詰まりやすくなる原因とは!

頭皮に、皮脂が詰まりやすくなる原因の一つには、シャンプーのすすぎ残しも挙げられます。

洗髪した際、シャンプーやスタイリング剤の成分を、きちんと洗い流しておかないと、頭皮の表面の汚れが残ってしまい、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

髪の乾燥を防ぐために、髪が生乾きの状態や、バスタオルなどで頭を包んだまま、就寝する方もいらっしゃるかと思います。

これは、頭皮の蒸れを起こしてしまい、代謝を悪くしてしまいます。

代謝の悪化も毛穴の詰まりに繋がり、頭皮ニキビができやすくなってしまいます。

お肌にニキビができる原因には、睡眠不足や生活習慣のリズムの乱れも挙げられます。これは、頭皮ニキビにも同じことが言えます。

睡眠不足が続くと、炎症を起こしてしまったニキビの修復に影響を及ぼすだけではなく、皮脂の分泌が過剰になりがちです。

ストレスがたまると、男性ホルモンの分泌が過剰となり、ホルモンバランスの乱れが生じます。

ヒトの体内には性別を問わず、男性ホルモンと女性ホルモンの二つが存在しています。

男性ホルモンの分泌が増加すると、皮脂腺が刺激されて、必要以上に皮脂が分泌されてしまいます。

また、男性ホルモンが増えると、角質が厚くなり毛穴が狭くなるので、毛穴がふさがってしまいます。

ストレスがたまることも、頭皮ニキビができる原因の一つだということが言えます。

ニキビ関連のおすすめ記事

肌のタイプ別にきちんとしたニキビケア方法を!

2018.02.11

ニキビの種類について

2018.02.07

パーツ別ニキビ予防について

2018.02.07