ニキビの種類(黒、白、赤、黄色)の見分け方や治し方とは?

ニキビのちゃんとした知識って意外とわかっていないものです。

ちゃんとした面皰についての基礎的な専門的な知識を理解していないと、間違ったスキンケアをおこなってしまい、逆ににきびを悪化しかねません😖

にきびの種類ひとつにしても、黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ(膿ニキビ)など多数存在します。

ニキビの種類によって、予防や対策方法なども違うため、ニキビの症状を悪化させてしまったり、ニキビ跡をつくってしまいにきびで悩んでいる人たちがあとをたちません。

ここでは、簡単なにきびの基礎知識やメカニズムを解説していきたいと思います🤚

面皰の知識を得る事で、クリニックや病院には行かずに自分でもちゃんとしたスキンケアがおこなえます。

わたしも少し前まではニキビで悩んでいました。経験をもとに的確な提案がちゃんと出来たらいいなと考えています😎

ニキビとはいったいどういったもの?

ニキビとは別の呼び名では、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)といわれていて、思春期の時に顔や胸、背中に目に晒される皮膚の炎症性疾患のことになります。

毛穴に皮脂が詰まり、面皰(めんぽう)といった白ニキビや黒ニキビ、紅色丘疹(こうしょくきゅうしん)といった赤ニキビが素肌にできるのがニキビと公表されている皮膚病です。

さらに悪化したり膿がでたりする膿疱(のうほう)といった黄ニキビ(膿ニキビ)があります‼

面皰が思春期にできる理由として、男性女性問わず、男性ホルモンのアンドロゲンの作用が活発に行われることによって、皮脂の分泌が大変多くなります。

こうした皮脂を放出していくのですが、皮脂の分泌量が多すぎると毛穴の奥に溜まっていきます。

そして、詰まった毛穴に白い塊のようなものができるのが、にきびのはじまりです。

大人になってからのニキビについては、思春期にできるにきびとはちょっと理由が違います。

基本的な構造やメカニズムについては一緒なのですが、理由が違いますのでにきび対処方法も変えていかないといけませんね。

主な大人ニキビのできる原因は、女性ですと生理前からのホルモンバランスの乱れや、睡眠不足、食生活、会社や交友関係のストレスなどが挙げられます。

ニキビの種類によって、予防や対処法が違いますので注意が必要になります。

白ニキビとはどんなニキビ?

ニキビの種類によって対策法も変わってきます。

初期の症状でできるにきびは、うまく皮脂をきれいに取れればにきび跡も残らないで綺麗になると思います。

しかし、炎症を起こしているニキビに同じような面皰対策をしても、更に悪化をしてしまいますし、ニキビ跡だってできてしまう恐れがあります。

まず、初期段階で最初にできてしまう白ニキビについてお話ししたいと思います。

白にきびは、肌のターンオーバーの乱れによって古い角質やちりやホコリ、そして、シャンプーや洗顔料の洗い残し、ファンデーションなどによって、毛穴に皮脂が詰まってポツっと白くできる肌状態(コメド)のことを指します。

白ニキビが出来る原因について

白面皰の主な原因として、皮脂の過剰分泌により毛穴を詰まらせることです。

思春期のときには、皮脂の過剰分泌が激しくおこなわれるために、より面皰が出来やすいのです。

大人になってからの皮脂の過剰分泌の原因は、ストレスや生理前によるホルモンバランスの乱れから、男性ホルモンの増加により皮脂量が高くなります。

白ニキビを悪化させると、黒ニキビへと変化させてしまいます。

さらに黒にきびから赤ニキビや黄ニキビ(化膿した膿ニキビ)へと変化していくと、すぐに治るものも治りづらくなってしまいます。

予防と対策としては、ちゃんとした食生活やちゃんとしたスキンケアが一番です。

当たり前の方法かもしれませんが、ちゃんと基本にそったニキビ対策をすることが一番の近道だといえます。

白ニキビを治す方法について

過剰な皮脂分泌やターンオーバーの乱れであったりで角質肥厚がスタート、そういったことを活かして毛穴が塞がれてアクネ菌が増殖し、毛穴の浅い部位で炎症を招いてしまったものが白ニキビです。

赤く炎症されたニキビや化膿したニキビには、一般的に毛穴の濃厚なエリアで炎症が発動しますが、白にきびは毛穴の深くない地点で腫れを作ることになります。

炎症のスピードはニキビのコア(皮脂の汚れ)のスケールにもとづき十人十色で、ニキビの芯がコンパクトなパターンは軽微の腫れ、ニキビの芯が高いというようなケースでは激しく腫れるところがあるものです🤚

小さな白ニキビは、夜更かしや深い眠りが不足している状況などで瞬間的にターンオーバーが正常に働かなくなり、それを活用して角質で毛穴がふさがれるできごとで出現することが殆どです😅

また、メイクが目づまりを起こすことでも、小さなニキビがチラホラとできちゃうこともあるのです。

ちなみに、この初めの段階の白ニキビがさらに炎症を発症させ、赤ニキビに作られていき、その内に毛穴に角栓が詰まってしまうことになれば、黒ニキビとチェンジしていく事になってしまいます。

白ニキビの事態は、毛穴にコメドが生まれて、滞留した皮脂が鮮やかに想定される段階を表します。

基準までに、このコメドという点は、角栓が毛穴に埋め尽くされて、皮脂の逃げ道がふさがれてしまいましたものを意味するのです。

毛穴の辺りで角質層が肉厚に決まって(角化)、毛穴に角質が詰まってしまい、この部分が皮脂と混合されて脂のかたまりに相当する栓に陥ってしまいます。

よく口の近辺だったりにポツポツと発疹と一緒のようなもので出るニキビと考えて良さそうです。

出来る範囲で早いうちにニキビケアを実施していくことが大切ではないでしょうか。

白ニキビの治し方は、何はともあれ、白ニキビのケアでも洗顔をお薦めしようと思います。

賢明な洗顔を行って思い切りと保湿することを一押しします。ニキビローションなどで肌をメンテナンスしておくといいと思います。

ニキビ跡が残るになる可能性もありますと、怖れの実態は白ニキビも潰さずニキビ専用の石鹸やローションで、我慢づよくケアして行くことが大事です👍

また、よく月経の前に肌荒れが出没する方といわれるものは、体質のようなホルモンの兼ね合いがくずれやすい為に、白ニキビの原因になるでしょう。

でしょうけれど、生理前のホルモンバランスのアンバランスは仕方ありませんものですから、どこよりも早く身体を休められるということをおススメしているのです。

安眠もポジティブに取ってもらいたいですね。ブレイクする時もケアの1つと感じます。

もう一度、白ニキビケアでのメニューで意識してほしいのは、油分をいっぱいに摂り込んでいる食事内容、揚げ物・ナッツ類・チョコレートといったものは、限りなく遠慮しましょう⚡⚡

栄養配分を望んだ和食主体の料理が推奨と感じます。

黒ニキビとはどのくらいのニキビ?

黒ニキビとは、白ニキビや毛穴の中の皮脂や角栓が酸化して黒くなっているニキビになります。

白ニキビと同じ初期症状で、炎症を起こしていないにきびなので、比較的治しやすいですが、放っておくと白にきびと違って黒にきびは色素沈着もしやすく、シミやにきび跡にもなりやすいので注意が必要です⚠

黒ニキビをよくみてみると、芯のようなものがあります。これをふたつの指でしぼってニョキっと角質を出したい気持ちは分かりますが、自己流は絶対にやってはいけない行為です。

爪で肌を傷つけてしまう恐れもありますし、皮脂の塊がとれた後にポッコリ開いた毛穴は無防備状態になってしまいます。

その毛穴に塵や埃といった汚れが入り込んでしまえば、リスクを背負ってやった行為が逆戻りになります。

黒にきびは鼻の上のポツポツや顔のいたるところにも出来ます。

けっこう目立ちますし、不潔に見られたりもするので、出来るのであれば早急に治したいですよね。

しかし、ここはグッとこらえて、確実でちゃんとしたスキンケアをおこなってゆっくり治す方が得策です。

野菜不足やジャンクフードなどの食生活や睡眠時間があまりとれてなかったり、ストレスや生理不順によるホルモンバランスの乱れからも、黒面皰の原因になりますので、当てはまる方がいらしたら、改善が必要になります👊

黒にきびが出来る原因やキレイに治すにはどうしたら良い?

黒いニキビに効果的な治し方があるんです❗ニキビは女性だけでなく、男性にとっても大敵。いつでも悩み種ですよね。

特に思春期には顔中がニキビだらけの時もありました。

今でも鼻にポツっとできたり、口周りやホホ、おでこなど、一度に大量にできることはなくなりましたが、気が付いたらポツポツというのは日常茶飯事のことです。

でもそんなニキビの種類にもいろんな種類があるというにはご存じですか❓

今日は、数あるニキビの中でも黒いニキビについて調べてみました。ほくろのような黒いニキビができた経験はありますか?

黒いニキビに悩む女性はたくさんいます。黒いニキビは、医学的には非炎症性皮診と呼ばれる症状で、赤いニキビとは全然違う種類だそうです。

治らない症状ではなくて、正しいケアをしてあげれば美しい肌を取り戻すことができるものです。

黒いニキビは、白いニキビと同じ治療法をとることが多いようです。一番効果的なケアは、毛穴のつまりを除去してあげることです。

黒ニキビは毛穴が開いている状態と言われています。そもそもどうして黒ニキビができるのでしょうか⁉

黒ニキビができる原因は、白ニキビができる原因と基本的には同じです。

間違った洗顔方法や洗いすぎでの肌の乾燥、スキンケア不足などが一般的は原因に挙げられます。

一番大切なのは、正しい洗顔を心がけていると、ニキビはできなくなります。

黒ニキビの対処法の注意点について!

黒ニキビは白ニキビが変化したものなので、白ニキビができない状態にできれば、黒ニキビもできることはありません。

黒ニキビは芯出しをしてもいいニキビとは言われているものの、芯出しの行為はかなり危険です⛔

雑菌が入ると、とても大変なことにもなりかねません。あまり頻繁に触ったりすることのないようにしたほうが無難です。

この黒ニキビを治すのに大切なのは、基本洗顔とスキンケアです。

黒いニキビを取り除こうと、必死でゴシゴシ洗顔するのではなく、洗顔料の泡を使って優しく洗顔することが大切です😊

また洗顔のあとは化粧水を使ってたっぷりと肌を保湿してあげることが大事です。

そうすれば毛穴が引き締まって開いてくることもありませんので、雑菌が入りにくくなります。

まずはこの2点を心がけて 実践してみてください‼

赤ニキビってどんなニキビ?

白ニキビや黒ニキビが炎症を起こして悪化しますと赤ニキビになります。

白ニキビや黒ニキビでは主に毛穴の皮脂などに汚れが溜まっていくのですが、この汚れにアクネ桿菌やニキビ桿菌などの細菌が繁殖して赤にきびになります。

アクネ細菌などの雑菌は脂質を好みますので、皮脂などの汚れが詰まった毛穴の中で盛んに増殖をしていきます。

このような細菌が、毛穴の内側で炎症をもたらして、毛穴のポイントが赤く膨らみます。

この時に痛みを感じたりしますと、皮膚の深い部分にまで炎症が広がっていると考えても良いでしょう。

赤ニキビができる原因や特徴を教えて?

赤ニキビの特徴として、普通のスキンケアでは治りにくいことです。

顔の毛穴をゆっくりとお湯の湯気やスチームなどでしっかりと毛穴を開いてから、汚れを落として皮脂腺を取り除くことが大事になります。

予防法として日頃から、肌を綺麗に保ちターンオーバーを正常化し、皮脂の分泌量を増やさない食事、睡眠をちゃんととるなどして、ホルモンバランスを崩さないことが大切です。

白にきびや黒にきびの段階で治ると皮膚へのダメージはそんなに残らないのですが、赤ニキビまで悪化をしますと、毛穴の中の皮フを組織する細胞の細胞壁を損傷させて、あばた面、夏みかん、月面クレーターなど、あまり嬉しくないネーミングで呼ばれているデコボコのニキビ痕をつくってしまう危険性が強まります。

赤ニキビを爪や指で潰すとさらに炎症がひどくなったりニキビ跡が残りやすくもなりますので、なるべく早く治療をすることをお勧めします。

赤ニキビを悪化させないように治す方法とは?

みなさんは顔に赤いニキビができたことはありますか?私は鼻にしょっちゅう赤いニキビができるのですが、この赤ニキビ、かなり厄介ですよね⚡⚡

最初は小さくてあまり目立たないのに、どんどん大きくなります。

そして大きくなってくると、つい触ってしまって、触ると痛いことも多々あります。

そんな女性のお肌の大敵、赤ニキビを徹底的にケアできる方法はないのでしょうか❓

白いニキビは比較的ケアを徹底すれば、すぐに治ることも珍しくありません。でも赤ニキビはなかなかなおりませんよね😨

赤ニキビは慢性化することがほとんどで、やっと治ったと思っても再発することが多々あります。

そういえば私も毎回赤ニキビ は同じ場所にできるような・・・。

赤ニキビはアクネ菌が繁殖して炎症を起こしている状態で、白ニキビや黒ニキビよりさらにひどい状態が赤ニキビです。

赤ニキビができてしまう原因は、毛穴のつまりです。これは白ニキビや黒ニキビができる状態と同じです。

赤ニキビを治す方法とは?

この赤ニキビを治す方法は、白ニキビや黒ニキビと同じように、洗顔や保湿などのスキンケアの徹底にあります。

赤ニキビはもちろん、スキンケアを徹底すればすぐに治るというものでもありません。

赤ニキビは、アクネ菌の繁殖で炎症を起こして腫れている状態なので、あまり刺激を与えすぎるとよくありません。

あくまで、アクネ菌をこれ以上増加させないようにすることが大切です。

赤ニキビができてしまうと、思わず触ってしまいませんか❓私も気になっていつも触ってしまいます。

触ってしまうことは菌の繁殖につながるので危険です。

つぶして中の膿を出そうとする行為も、さらに炎症を悪化させてしまうことになりかねませんので、絶対にやめましょう‼

ニキビ専用の洗顔料などいろいろ販売されていますが、どの洗顔料を使ってもゴシゴシこすってしまうと、逆に肌を傷つけてしまって乾燥してしまいます😅

ニキビの原因は、乾燥肌にもあります。柔らかい泡でふんわり優しく洗顔をしてください。

ゴシゴシこすらなくても泡できちんと汚れや雑菌は落とせます。

洗顔後はお手持ちの化粧水でたっぷりと保湿をして、肌を乾燥させないようにしてください。

毎日がこの繰り返しですが、それでもなかなか治らないときは、皮膚科治療もおススメします💕

黄ニキビってどんな症状のニキビ?

黄ニキビとは、赤ニキビの炎症がひどくなって、膿が出て大きく腫れている状態を赤にきびと分けて呼ばれることがあります。

膿ニキビと呼ぶこともあり化膿していますので、痛みもかなりあります。

黄ニキビはアクネ桿菌などといった雑菌が誘発させる炎症が肌の真皮層にまで深く進行しているので、かなり重症化している状態です。

黄面皰は赤面皰よりさらに症状が悪化している状態ですので、皮膚を組織する細胞の細胞壁を損傷させて、凸凹肌のクレーターなどのニキビ跡を作ってしまう危険性が一層高くなります😱

また、デコボコが残らない場合でも、皮膚がケロイド状のようになってしまうこともありますので、注意が必要になります⚠

ここで、間違った方法として、絶対に黄にきびを潰してはいけません。

潰して膿を出したら、一瞬綺麗になったような気がするかもしれませんが、爪などで傷をつけやすいですし、ポコっと開いた毛穴に雑菌も入りやすくなります。絶対にやってはいけない行為ですね。

雑菌や細菌が入り込んでしまうと、またそこから炎症や化膿を引き起こしてしまい、結果、ニキビ跡が残ってしまいます。

こうした症状になる前に治療をするのが望ましいのですが、黄にきびになってしまったらなるべくはやく治療を受ける事を考えた方が良いと思います。

日々のスキンケアが一番大事になりますので、ちゃんとした洗顔で常日頃よりから衛生的にきれいにキープするようにしましょう🎵

黄にきびを出来るだけ早く治す方法や原因について!

黄色ニキビ、早く治したい❗治療法を教えて‼顔に黄色っぽいニキビができてしまった・・・。こんな経験ありませんか⁉

鼻のしたや口周りなどに、膿がたまったような黄色いニキビができることがありますよね❓

このニキビは一般的に黄色ニキビと言われていて、ニキビの中で一番重症の症状です。

この黄色ニキビができると痛がゆいですよね。黄色ニキビは赤ニキビがさらに炎症した状態です。

そんな黄色ニキビ、重症な症状ですができるだけ早く治したいですよね。

黄色ニキビがどうしたら治るのか、いろいろ調べてみましたので、ご紹介しますね🤚

黄色ニキビは、化膿ニキビとも呼ばれています。漢字の通り「膿」がたまった状態のニキビです。

この黄色ニキビ、私もよく顔にできますが、とにかく痛がゆくありませんか❓

痛がゆいからついつい触ってしまうことも頻繁です。

この痛がゆい状態は、毛穴の組織を破壊してさらに炎症を広げたり、ダメージを与えられると痛がゆい状態が起こります。

黄色にきびはにきびの種類の中でレッドカードの状態!

黄色ニキビはニキビの種類の中でもレッドカードのニキビです。

膿を出してつぶしてしまったりすると、ニキビ跡が残ってしまったり、お肌がでこぼこになってしまったり、色素沈着を起こしてしまったりと、黄色ニキビが消えたあとも障害を残すのが、この黄色ニキビの怖いところです。

この黄色ニキビ、炎症を起こして白血球の死骸がたまった状態だそうです。

これを聞くだけでとても怖いですよね。黄色ニキビは正直、特別な対処法はないと言われています。

常に洗顔と保湿のスキンケアを行いながら治るまで待つしかありません。薬を塗ってもあまり効果がないとも言われています。

少なくとも、早く治したいからとつぶしたり、触ったり、肌にダメージを与えたりしないこと。

治るために何かをしようとするより、治すために何もしないという方法です。

正直 、がっかりくるかもしれませんが、この方法が一番肌に炎症を与えず、これ以上悪化させない最前の方法と言えます。

アトピーってどんな病気なの?

今、アトピー性皮膚炎を発症する人たちが増えてきています。みなさんはアトピーをご存じですか❓

私の友達や知り合いの子供たちにも、アトピー性皮膚炎を発症している人がいますが、とても辛そうです。

そもそもアトピーってどんな症状なのでしょうか⁉

アトピー性皮膚炎は完治することはなく、良くなったり悪くなったりを繰り返すと言われています。特にかゆみがひどいと言われていますよね。

もともとアレルギー体質の人や、皮膚機能が弱い方の中に、アトピー性皮膚炎を発症する人が多いと言われています。

アトピーの症状について!

アトピーの代表的な症状は湿疹やかゆみです。これはなかなか治らず、良くなってきたかなぁと思えばまた悪くなって きたりを繰り返す病気です。

アレルギー体質の方というのは、喘息や花粉症、鼻炎や食物アレルギーなどの人が家族にいる場合に、体質を遺伝してアレルギーを発症するケースが多くあります。

また、皮膚機能の弱い方というのは、外からの遺物が皮膚の中に入っていきやすい状態の皮膚のことで、汗や石鹸、化粧品や紫外線からでも機能の低下がみられるような症状です。

そもそも皮膚の炎症は、外部からやってきた悪い敵と戦って退治する免疫反応によって起こるもので、細菌やウイルスから身を守るために必ず必要なものです。

でもアトピー性皮膚炎だと、この免疫が弱く退治する必要のないものに対しても、炎症を起こしてしまうこともしばしばあります。

また、刺激やストレス、疲労などが原因で、免疫が低 下しアトピー性皮膚炎を発症してしまうこともあります。

皮膚の炎症が続くと、かゆみも起きてきます。かゆみを防ごうと皮膚をひっかいてしまうと、炎症がさらに悪化してしまうことになります。

できるだけ症状を緩和させるには、うるおいのあるスキンケアで肌を守ることや、刺激から身を守ることなどがあげられます。

いずれにしても、昨今、アトピー性皮膚炎に悩まされる人も増えているため、とても重要な課題と言えますよね‼

ニキビ関連のおすすめ記事

ニキビを年代別(思春期から更年期まで)に合った対策法で早く治す!

2018.02.08

鼻ニキビの原因や治し方とは?赤みや跡にならないか心配!

2018.02.07

ニキビ予防の部位別(頭皮、鼻、頬、顎、首、お尻)原因や対策とは?

2018.02.07