豊胸手術バッグプロテーゼ挿入法(人工乳腺法)は危険?

この記事は約 4 分で読めます。

美容整形外科の、多くのクリニックで行われている手術方法が、この豊胸バッグを挿入する豊胸術です。

プロテーゼ挿入法、シリコン挿入法、豊胸バック挿入法、人工乳腺法などとも呼ばれるバストアップ手術です。

今では多くの種類の豊胸バッグがあり、シリコンや生理食塩水、またそれらを入れる外側の被膜も多くの種類があります。

個人個人のカラダや希望に合った豊胸バッグを選ぶことが可能となっています。

大きさや形など、また体質から自分に合った種類のバッグを選ぶことができます。

豊胸手術のバッグプロテーゼ挿入法のメリットについて

豊胸術(バッグ挿入法)とは、一体どのような豊胸手術なのか?

豊胸術 バッグ挿入法とは、豊胸バッグをバストに挿入することすることにより、望んでいた通りの胸にする治療法です。

たくさんある豊胸術のなか、バッグ挿入法のメリットについてここでは話したいと思います。

豊胸手術はいくつもの種類があるので、手術によるバストアップを考慮中のにあたってはそれぞれの手術のメリットやデメリットをとことん調査し検討したほうが良いです。

バッグプロテーゼ挿入法にあたっては、想像した通りのバストアップになると考えられますし、シルエットも自分の思うがままに変える事が可能となります。

その上、この手術は乳がん等によって大切になる乳房再建にも利用されますし、持続効果が半永久のものになりますので安心です。

バッグプロテーゼ挿入は豊胸手術の中で、比較的メジャーな手術ですが、バッグプロテーゼ挿入にはメリットだけでなく、デメリットとなる所もありますのでどちらの方もよく確認した上で手術をおこなわないといけません。

その上バッグプロテーゼ挿入の施術は、高いケースになると100万円くらいのお値段がかかりますので、それぞれのクリニックの費用と同一のバッグプロテーゼでも内容を検証し慎重にチェックしなければいけません。

バッグ挿入法による豊胸は、苦労しない分費用が高め設定になります。

間違いは許されませんし効果の持続度も重要なポイントですので、たくさんのクリニックについての情報もよくピックアップして検討しなければいけません。

豊胸手術のバッグ挿入 デメリットについて

バッグプロテーゼ挿入法のデメリットですが、豊胸手術においてはバッグ挿入法以外にも脂肪注入法やヒアルロン酸注入などがあります。

そしてバッグプロテーゼ挿入法で豊胸をするにあたっても、最小限の知識、バッグプロテーゼ挿入のメリット、デメリットをしっかりとに理解した上で考慮しないといけないと思います。

バッグプロテーゼ挿入法に限らないで、たくさんある豊胸手術には魅力や素晴らしさだけでなく、欠点やマイナス面もあるというところを注意しなければいけません。

その他費用も高額にかかったりする場合は、別のバストアップ方法よりも入念に悩まなくてはいけません。

バッグプロテーゼ挿入のケースでは、麻酔を利用し手術するネックがある上に、施術に影響する痛みが1~2週間程度続き、崩れや硬直を阻止しなくてはいけませんので、加えてマッサージをする必然性があるというわけです。

さらにそのマッサージにも痛みが関係しているのが、これらのバッグプロテーゼ挿入法なので豊胸バッグ挿入法により豊胸手術を行うにあたっては、痛さを決心し手術を心配しなくてはいけないと考えられます。

バッグが損傷ってことがあるの?

バッグ挿入法による豊胸のデメリットは、まず第一にバッグが損傷する危険性がゼロではないということだと言えます。

とは言えども、もしもの時も漏れたりしない作りになっているバッグや、中身が大丈夫な生理食塩水を活用しているバッグをセレクトすることで、いくらかは事故を避けたりできます。

しかし、バッグの周辺に出来てしまう皮膜、カプセル部分が、個人の体質によって硬くなりすぎてしまうことと、カプセル凝固のリスクがあります。

こちらもバッグの改善によって、従来よりは危険度が軽減されましたが、どうしても一人一人の体質によって違いますのでカプセル拘縮が発生して、手触りが良くなかったりゆがみができてしまったりするといった場合があるということです。

シリコンバッグ除去手術について

シリコンバッグの施術を知っていますか?バストアップを希望している方なら聞いたことがあるかもしれませんね。

このシリコンバッグで豊胸手術を受けた方の中には、バッグが体に合わず、違和感があるという女性も多いそうです。

そうした悩みを解決できるのが、池田ゆう子クリニックです。

池田ゆう子クリニックは、脂肪注入法の豊胸手術を専門としており、これまで失敗をしたこともなくとっても人気のクリニックです。

この池田ゆう子クリニックでは、脂肪注入法で豊胸手術をする人限定で、シリコンバッグの除去手術を無料でしてくれるというのです。無料なんてすごいですよね。

通常、除去手術をしようと思えば何十万もしますよね。

それに、池田ゆう子クリニックで脂肪注入の豊胸手術を受けると、胸に違和感を感じない自然な胸を取り戻すことができます。

そもそもシリコンバッグ挿入の豊胸手術は、療法の脇のしたの、目立たない部分を数センチ切開する手術です。

ただ手術後、胸に違和感を感じたり、中でバッグが破裂したりということもあります。その点は注意が必要です。

池田ゆう子クリニックではバッグを取り除いて脂肪注入が可能?

池田ゆう子クリニックの脂肪注入法では、自分の体の余分な脂肪を吸引し、胸に注入するという方法です。

この方法なら自分の脂肪を使うので、拒否反応を起こす心配もありません。

バッグ を取り除いた後に、小さなバストで過ごさないといけない期間と言われるダウンタイムは、池田ゆう子クリニックではゼロなんです。うれしいですよね。

バッグが入ったままクリニックに行って、帰るときは脂肪注入で自然体の胸でクリニックを出ることができるんです。こんなにうれしいことはありません。

もしこれまでシリコンバッグの手術を受けて、何らかの違和感や不安を感じていらっしゃる方は、ぜひ池田ゆう子クリニックに行ってみてはいかがですか?

池田ゆう子クリニックは、カウンセリングから手術まですべて院長の、池田ゆう子先生が対応してくれます。

これだけでも安心感は倍増です。相談してみるだけでも価値ありですよ!

まとめ

比較的、希望の大きさのバストを、実現しやすい豊胸手術と言えますが、安心できるクリニックで安全性を優先したバッグ を選ぶことを最優先しましょう。

また体質によっては、特に元々胸がすごく小さかった方に多いのですが、異物感など違和感がある仕上がりになってしまう場合もあります。

脂肪注入法による豊胸術と比べると、仕上がりが不自然でバッグの形が、分かってしまう様な場合もあります。

※より自然な仕上がりにする為、豊胸バッグを挿入した上から、脂肪注入を行う治療法などもあります。

またバッグの破損、異物挿入のため体が拒絶反応を起こす場合もあります。

豊胸手術後に、バッグを入れた場合は、アフターケアとして、マッサージが非常に必要であったり、レントゲンに映ることもありますので、医師によく相談することが、とても重要です。

豊胸手術の価格も、高いものから安い方法までありますが手術料金の高い、安いだけで選ぶのは非常に危険です。

バッグ 挿入による豊胸手術は切開が必要になるため、傷跡が目立ってしまう場合があります。

これも安全性を第一に考え、安心できる医師、美容整形外科で豊胸手術を受けることが必要な理由です。

口コミや評判が良いクリニック、豊胸手術の治療、実績がある院長や医師がいるクリニック、またカウンセリングから手術までを、一貫して行ってくれる美容整形外科の方が安心感があります。

疑問点や不安な点、要望などを相談していた先生と、豊胸手術を担当してくれる先生が違うのでは不安ですよね。

安いクリニックでは、そのようなこともあるそうです。

美容整形全般に言えることですが、診察も丁寧にしてくれる美容外科であること。クリニック選びは慎重に行ってください。

豊胸関連のおすすめ記事

胸の悩みを池田ゆう子クリニックが豊胸、バストアップで全て解決!

2018.02.07

豊胸手術の脂肪注入法とは?リスクや失敗は?口コミはどうなの?

2018.02.06

豊胸手術を受ける際に失敗しないクリニック選びのポイント

2018.02.06