豊胸手術のヒアルロン酸注入法(プチ豊胸)は安心で安全?

豊胸手術を受けてバストアップしたいのだけれど、体にメスを入れるのは心配、仕事が忙しくて休みが取れない、手軽に現在より1カップくらいで良いからバストアップしたい・・。

という方に人気の豊胸術が、ヒアルロン酸注入豊胸術です。美容外科によりますが、施術時間は30分ほどで施術が完了します。

ヒアルロン酸注入法の魅力は、私たちの身体の体内にある成分ですので、体が拒絶したり、アレルギー反応が起こったりすることは、ほとんどありません。

またメスを使用せず、注射で注入していく治療法なので、傷跡の心配もありません。

気軽に受けることができる豊胸術として人気のプチ整形豊胸手術です。

SUB-Qという粒子の大きなヒアルロン酸を注入したり、低吸収ヒアルロン酸などを使った豊胸術を受けれるクリニックも増えています。

ヒアルロン酸注入 ダウンタイムについて

最高に素肌の印象に近く、ソフトなヒアルロン酸を注入することによって、ますますナチュラルなバストに出来上がります。

トータルの身体のプロポーションを視野に入れつつ、お望みのサイズ、シルエット、左右のバランスを素晴らしく綺麗にします。

キャリア豊富なスキルとセンスを有する医師によるヒアルロン酸注入で、あなたの願っている胸に仕上げてくれます。

メスを利用することなく、注射器だけでバストのボリューム、フォルムをアップする豊胸術の一つだと言えます。

分子の高いヒアルロン酸を入れるため、持続継続時間が長くなります。

持続期間はそれぞれ差が見られますが、1年半から2年位だとされています。

こちらでは、プチ豊胸のダウンタイムについて解説したいと思います。

ダウンタイムって何?って人に簡単に説明しますね。美容の専門用語ですし、わからないですよね。わたしも最初はわからなかったです。

施術が終わってからリカバリーするまでの日にちのことをいう。

美容整形のケアでは、麻酔による腫れや手術に関与する腫れ、むくみ、アザといったものができやすく、日頃より行動が規制されるということがあります。

変わらないくらいの後遺症についても、ルーチンワークや自身の心構えによって回復期間にはバラバラになってはいますが、手術前の日常生活を取り戻せるまでの日数のことを指します。

押し付けや既存、術後のマッサージも必要とされることがなく、何にも増して手軽でダウンタイムが長くかからない豊胸手術法だと言えます。

施術を行ったその日はワイヤー入りブラジャーの装着や入浴はタブーですが、次の日からは普通通りの生活が送れます。

痛みや腫れ、内出血が全然見られない訳ではありませんが、毎日の通常通りの生活が送れない程ひどくはなりません。

他の豊胸術と検証しても、痛みは少ない方だと思います。

個人差はあると思いますが、ライフスタイルに支障が出るほど激しい痛みが出ることはあまりなく、痛さの程度も2~3日後には忘れているほどです。

注射跡に反応する赤みや腫れはあらわれますが、約2~3日で改修します。

元から注射跡はわからないように、ほとんどのケースで気にならないポイントに1~2ヶ所あるだけでしかないので、日頃の生活でぜんぜん目立ちません。

ヒアルロン酸豊胸の触り心地について

ヒアルロン酸豊胸とは、普通の豊胸手術とは違うのか。

ヒアルロン酸豊胸術は、メスを使うことなく、注射を打つのみの方法となりますので、一般的にプチ豊胸と言われているようです。

人工乳腺(バック)を導入するのに抵抗のある人、その他一時的な豊胸を志望する人、お胸の左右差が悩みの人などにピッタリだといえます。

ヒアルロン酸豊胸術で採用されるヒアルロン酸は、明澄透明な粘性ゲルとなっていて、一般的にはシワの治療法などで取り入れられるヒアルロン酸よりも粒子が大きいですから、カラダの中に吸い込みされにくいことから、効き目を長い期間キープさせることが可能になりますので、バストのボリュームアップの働きにもっとも適しています。

ヒアルロン酸は皮膚や皮下加えて結合組織中のみならず、滑膜組織更に滑液中に重い役割の構造要素として、元来体内に存在していますので、安全性も高いレベルに、アレルギーの出現率も凄く少ないからこそ、アレルギーテストの必要性もないといえます。

総合的なバストアップの他、谷間周辺やお胸の上部、外側のパーツなど、ご希望のポイントにお望みの量を注入することが可能なんです。

カウンセリングを介して悩み事やご要望を余すところなく訊かせて貰い、注入量や注入する部分を決断し、バストの奥深い所である乳腺下、乳腺付近に注入いたします。

出来栄えも至ってナチュラルな感触でダウンタイムや術後の決まりもありませんし、いち早く普段通りのくらしに戻れます。

このようなヒアルロン酸豊胸術は、幹部組織の大きさを増幅させるということで、組織のラインをお目当ての改修レベルにして貰えます。

患部組織と普通に合併化したのち、残っているそれぞれのNASHA分子に組み合わせている自由水の分子数が増殖しながら解体しますが、細分化が
進んでも埋入剤全体のスケールが調整しにくいというNASHA独特の分解特性が備えられていて、その他のヒアルロン酸に対比させたら持続期間が長いのが性質となります。

ヒアルロン酸を胸に注射するのみの楽チンなプチ豊胸で、その作用も何年かしか持ちませんが、感触や触り心地は本当に自然です。

そんなわけで、手触りといった点からなりますと、豊胸手術の中に於いては最良と言ってもよいのではないでしょうか。

豊胸手術 血小板プラズマジェル注入法(プチ豊胸)

豊胸手術 血小板プラズマジェルとは、自分の血液を遠心分離機にかけて、少血小板血漿(しょうけっしょうばんけっしょう)=PPPと、多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)=PRPら、血小板成分を分離して、熱処理したものをジェルに加工し、注入物にします。

それを注射器でバストに注入し、バストアップする豊胸術です。

自分の血液を採血し、成分を抽出して行う療法なので、体の拒絶反応や、アレルギーの心配もなく安心性の高い豊胸手術であると言われています。

血小板プラズマジェル注入法は、ヒアルロン酸を用いたプチ豊胸術と同じ、注入療法なので傷跡などの心配はほとんどありません。

手術時間も1~2時間ほどで完了し、またダウンタイムもなく、すぐにバストアップできます。※個人差があります。

プチ豊胸手術は、ヒアルロン酸注入法を行う美容整形クリニックが多いですが、ヒアルロン酸は体質によって、完全に吸収されないでしこりとなって残ってしまうケースが多いと言われています。

血小板プラズマジェル注入によるプチ豊胸は、完全に吸収されるのでしこりの心配がなく、問題点が改善された治療法と言えます。

しかし、プチ整形ということで時間とともに吸収されてしまうので、バストアップの持続できる期間が短いです。3ケ月~1年と言われています。

それぞれの効果・特徴

自身の血液から抽出する成分を入れる注入療法なので、体の拒絶反応や副作用、またダウンタイムがない。効果は3ケ月~12カ月ほど。

稀に炎症や副作用の可能性があるが、比較的安全性が高い。ダウンタイムは短い1~3日ほど※個人差あり。効果は6ケ月~12カ月(もしくはsub-qなど24か月)ほど。

豊胸手術 血小板プラズマジェル抽入も、入れすぎるとしこりになってしまったりすることもありますので、クリニック選びは慎重に行ってくださいね。

安心の豊胸手術の効果について教えて!

豊胸手術にはさまざまな方法がありますよね。数ある豊胸手術の中でも、池田ゆう子クリニックはとても人気があるクリニックです。

池田ゆう子クリニックがなぜ人気があるかというと、豊胸手術 脂肪注入を行っているからなんです。

その実績もすごくて、これま何万件と手術をしてきましたが、これまで失敗や事故も0でクレームもゼロなんです。

だから全国からたくさんの女性が来院しています。

池田ゆう子クリニックで実施している豊胸手術は、脂肪注入法となります。自分の脂肪の余ったパーツを吸引して、その脂肪をバストに注入する という手法というものになります。

バストに1CCずつ注射で注入していきます。メスを使わない注射での治療なので、豊胸手術を受けた跡がほとんど分かりません。

しかも手術中は局所麻酔をしてくれるので、手術自体が1時間で可能なこともり、日帰りでの手術を行うことも可能なんです。

池田ゆう子クリニックでは脂肪注入法で胸を大きくします!

そもそも豊胸手術やプチ豊胸というと、ヒアルロン酸による豊胸が一般的ですよね!

でもヒアルロン酸注射による豊胸手術は、術後にしこりが残るというケースも知られています。

しかし池田ゆう子クリニックでは、バッグと呼ばれる異物を胸に入れたり、ヒアルロン酸による豊胸手術は行っていません。

ですので、術後の後遺症に悩まされる心配もなく、安心して毎日を快適に過ごしていただくことができます。

自分の不要な部分の 脂肪を胸に使うため、たとえばお腹まわりや太ももの脂肪を吸引してバストに注入したりすると、結果的にお腹まわりや太もももシェイプアップできちゃいますよね!

しかも胸が大きくなるということは、メリハリのあるボディを手に入れることができちゃいます。

池田ゆう子クリニックでは、最初のカウンセリングから手術そのものまで、院長の池田ゆう子先生が担当してくれます。

その点でもカウンセリングの時点から信頼してなんでも先生に相談することができますよね!

そして自分の脂肪をバストに注入するため、拒否反応を起こすことがないと言われています。それも安心できる点ですよね!

バストアップしたいと真剣にお考えの方、実績と定評のあるクリニックが東京にあります。

全国からたくさんの人が来院するほどです。カウンセリングしてもらうだけでも損なし。一度来院してみてはいかがですか?

豊胸手術 プラズマジェルの評判について

プラズマジェル注入法の評価や魅力ですが、ヒアルロン酸注入法と似ていますので、比較をしながら評判について解説していきますね。

採血したあなた自身の血液を遠心分離機にかけ血小板成分を分離し、それらの成分をジェル状の注入物にいたします。

それからその注入物を胸に注射器で注入することによって豊胸を実行いたします。

何と言っても自分自身の血液由来のものですから拒絶反応もありませんしとても安心です。

施術は注入法のプロフェショナルである池田先生がおこなってくれます。プラズマジェルはゆっくりと身体の中に吸収されていきます。

ヒアルロン酸の注入でプチ豊胸をするクリニックが多いですが、ヒアルロン酸の場合完全に吸収されないこともあり、しこりとなって残留してしまうケースがあげられます。

それに対してプラズマジェルに起因するプチ豊胸は完璧に吸収されますので、そういったリスクがないと言えます。

バストアップの持続する期間は人によって違いはありますが、3ヶ月~1年位です。

プラズマジェルは、血しょうに含有される少血小板血漿(PPP)にALSAシステムとよばれる特別な機械を利用し PPPに混入されているタンパク質に熱変性を引き起こしてジェル状にしたものとなります。

血小板注入療法に活用するPPP(多血小板血しょう)とプチ豊胸に使用するPPP(少血小板血漿)は、 両方ともそれらの血しょうに組み合わされています。血液は55%の液体(血しょう)と45%の血球(赤血球など)で体制されています。

少しの時間のラクなやり方で1~2カップくらいのサイズアップが簡単に出来てしまいます。

ダウンタイムもあまりありませんし、結婚式など催しに合うようにしてバストアップをしたい人にもふさわしいと思います。

手術やバッグを加えるのに抵抗があり怖い方、かんたんにバストアップしたいが、人工のモノを身体に注入するのが心配な方にも安心です。

痩せていてしっかりとちゃんと脂肪がキープできず、胸の脂肪注入が厳しい方にもオススメな手法だと思います。

ナチュラルな色つやでソフトな出来上がりが持ち味です。

PPPに入っている成長要素が脂肪細胞の成育を促進するので、ふんわりとサイズのある満足してもらえるバストにしてくれるでしょう。

豊胸手術 ACR自己血小板注入法(オプション)

豊胸手術 ACR自己血小板注入法 は、バストへの脂肪の定着率を高めるために、脂肪注入法による豊胸術にプラスして行う人が多い、最先端の注入療法です。自己多血小板血漿注入法といいます。

バストに、自身の脂肪吸引した脂肪を注入する際に、自分の血液中の血小板をバストに注入していきます。

血小板の「成長因子」は、元々は歯科のインプラントや骨の再生、熱傷の治療などに使われ、血を止めたり、治癒する働きがあります。

成長因子には若返らせ、コラーゲンやヒアルロン酸を生成するエイジングケアもでき、バスト以外にも多くのクリニックで美容整形に使用されている療法、成分であり、安全性も認められています。

この、ACR血小板注入療法を併用することにより、バストアップ効果が高くなります。

3~6か月で、最大1/2ほどの脂肪が、吸収されてしまっていましたがこの血小板注入療法も併せることにより、バストへの脂肪の定着率が格段に高くなります。さらにしこりの発生も抑えることができます。

ACR血小板注入療法を、バストアップに用いたのも「池田ゆう子クリニック」なのです。脂肪注入法と、自己血小板注入法のパイオニアなのです。

豊胸手術や美容整形は、確かな経験、手術実績がある美容外科で受けて下さい。

池田ゆう子クリニックは、女性医師の池田ゆう子先生自らが、カウンセリングから手術まで執刀してくださいます。

池田ゆう子クリニックの血小板注入法で脂肪の定着率をアップ

池田ゆう子クリニックは、豊胸手術で有名で、クレームもなく、これまで事故や失敗のなかったことから、全国からたくさんの女性が来院すると評判のクリニックです。

豊胸手術 脂肪注入法が主な豊胸手術で、そのオプション項目として、血小板注入療法があります。

池田ゆう子クリニック以外でも、全国たくさんのクリニックで施術されています。豊胸手術にもいろんな方法があります。

池田ゆう子クリニックで定評のある脂肪注入法以外に、バッグ法や豊胸手術 ヒアルロン酸注入法などもあります。

豊胸手術 バッグ挿入法は、バッグと呼ばれる異物を挿入するため、拒絶反応が起こる危険性があるとされています。

また、ヒアルロン酸注入法は、ヒアルロン酸の質で持続効果が変わると言われています。

短期間で吸収されてしまうヒアルロン酸だと、持続期間は1カ月~2か月と言われています。

それに比べて、池田ゆう子クリニックで施術している脂肪注入法は、自分の余分な脂肪を吸引して、バストに注入する方法です。

自分の脂肪を注入するので、拒絶反応が起こりません。不自然な硬さもなく、レントゲンに写らないのも特徴です。

池田ゆう子クリニックの血小板注入療法について

そして血小板注入療法。これは脂肪注入や脂肪幹細胞注入の豊胸手術のオプションになります。

血小板注入療法は、脂肪の定着率をアップさせるためには欠かせないものです。

血小板には、壊れた血管や細胞を治癒したり、再生する働きがあると言われています。

そんな働きのある血小板を一緒に注入することで、注入した脂肪の定着率が高くなると言われています。

定着率が高くなると、持続期間も長くなるということなので、豊胸手術に血小板注入療法をプラスすると、より持続期間も長くなるというわけですよね

池田ゆう子クリニックでも、この血小板注入療法がオプションで付加することができます。

より持続期間が長く、きれいでハリのあるバストを目指したい方は、一度池田ゆう子クリニックで相談されてみてはいかがですか?

血小板注入って何?安全性について!

みなさんは血小板注入療法をご存じですか?血小板注入療法とは、池田ゆう子クリニックで施術できる療法です。

血小板という言葉は聞いたことがありますが、どのように豊胸にかかわるのか、気になりますよね。

血小板は血液の成分のひとつです。血小板は血液の出血を止めたり、壊れた細胞や血管を治したりする役割があります。

そもそも血小板自体には、細胞を活性化させる成分が含まれているということですよね。この血小板を使って、豊胸ができると言われています。

現在はいろんなクリニックでも、この血小板注入療法を使用しています が、事故も失敗もなく定評があるのは池田ゆう子クリニックです。

これまでの脂肪注入法に、自分の血液に含まれる血小板を加えることで、胸に注入した脂肪の細胞を活性化させて脂肪定着率をアップすることができると言われています。だから従来よりバストアップが期待できるというわけですね!

血小板注入療法とは、自分の血小板を使用して若返りができる治療法ということになります。

血液検査と同じように採決で血小板を抽出して、吸引した脂肪と血小板を合わせて体内に注入する方法だそうです。

歯医者さんでいまよく聞かれるインプラントや、骨の再生などでは以前から用いられていた方法だそうで、安全性については認められているそうですよ。安全性が認められているとなると安心できますよね!

ただ体質やこれまでかかった病気によっては、この血小板注入療法をできるかどうかは注意が必要だと言われています。

なので、この療法を気になっている方はまずは池田ゆう子先生とのカウンセリング時に相談してみてください!

自分の血液を使うなら拒否反応を起こすこともないですし、安心して手術を受けることができます。

豊胸手術やプチ豊胸に関して悩んでいらっしゃる方は、池田ゆう子クリニックには豊胸でもいくつか方法があります。

生活環境に合わせて、院長の池田ゆう子先生が相談に乗ってくれますから、まずは相談してみるのもいいですよ。

まとめ

安全性は高い豊胸術と言えますが、プチ整形なので効果の持続が永久ではありません。

個人差がありますが従来のヒアルロン酸注入豊胸法ですと、豊胸の効果は約半年~2年と言われています。

最新のsub-qなどの吸収されにくいヒアルロン酸でも、やはり効果は2~3年ほどで体内に吸収されてしまい、バストの大きさは元に戻ってしまいます。

また、バストのマッサージをしないと、しこりや硬さが不安ですし、馴染ませるためにバストをマッサージし過ぎても、ヒアルロン酸が早く吸収されてしまうようです。

このあたりの疑問は、注入するヒアルロン酸の種類によっても違ってきますので、クリニックで先生にじっくり相談してみて下さい。

メスは入れないとはいっても、ヒアルロン酸注射ですので、内出血したり、痛みがあったりなどもありますので、カウンセリングは非常に大切です。

また一度のヒアルロン酸注入豊胸でバストアップできるのは、1カップくらいまでなので、2~3カップ以上大きくしたいという方にはあまり向きません。

何度か回数を分けて、徐々に胸を大きくしていく方法もありますが、ヒアルロン酸は高価なものであること、また体内に吸収されていってしまうので、バストアップした状態をずっと維持したい方にはおすすめできません。やっぱり脂肪注入法が良いでしょう。

無料カウンセリングもありますので、安心して受けられるクリニックを見つけて下さい。

豊胸関連のおすすめ記事

豊胸手術バッグプロテーゼ挿入法(人工乳腺法)は危険?

2018.02.11

胸の悩みを池田ゆう子クリニックが豊胸、バストアップで全て解決!

2018.02.07

豊胸手術を受ける際に失敗しないクリニック選びのポイント

2018.02.06