胸を大きくする方法は年代別(中学生、高校生など)に違うの?

いくつになっても綺麗でいたいように、胸を大きくしたい女性も年齢に関係なく思っているものです。

年齢によって、思い描いている理想の体型、プロポーションなど、人それぞれだと思いますが、間違ったバストアップ方法やバストアップ サプリを服用してしまいますと、体調を悪くしてしまう恐れもあります。

中学生から高校生にかけての思春期の胸を大きくする方法と、40代、50代の更年期の胸を大きくする方法とでは、明らかに違うのはわかりますよね。

そこで、安心してバストアップをおこなえるように、年代別にバストアップ方法を紹介していきたいと思います🤚

年齢に合った胸を大きくする方法を試すことによって、効率よく安全に胸を大きくすることが出来ます。

焦らずに正しいバストアップ方法で、ハリのあるおっぱいを目指しましょうね😊

小学生が抱えているバストの悩みって?

きれいなボディラインを保ち続けていたい、このことはすべての年代の女性において、共通の願望だと思います。

理想のボディラインを確実に手に入れるために、日夜欠かさず何らかの努力を重ねていることでしょう。

テレビや雑誌に加え、インターネットでも手軽に情報を入手できる時代になったことにより、バストアップに関する悩みも低年齢化しつつあるようです。

小学生もボディケアする時代!

このような時代に対応してのことでしょうか、ファッション誌にも小学生女子向けとか、JS向けといったカテゴリーの雑誌が多数揃っています。

表紙を飾るのは、小学生向けのブランドのお洋服を身にまとい、きれいに お化粧をした小学生の女の子たち。

書店やコンビニに行きますと、華やかな同世代の女の子たちに一歩でも近づきたいと、食い入るように雑誌に目をやる女の子たちの姿をよく見かけます。

表紙に書いてある内容も、ファッショントレンドやアイドルの名前が名を連ねる中、ボディケアという項目も記載されているんですね。

日本産婦人科学会の調査(1997年)では、平均初潮年齢は12.3歳なのだそうです。

学年でいいますと小学校5.6年の高学年にあたります。初潮を迎えると思春期に入り、女性らしい体へと成長を始めるころです。

自分自身の体調の変化に戸惑いや悩みを抱えるころ、お友達との話題も体に関する悩みだったりたくさんの媒体から得た様々な話題を共有するなどしてい るのでしょうね。

多感な時期なので、体の悩みの中でもバストアップに関する悩みも小学生なりに抱えていることでしょう。

下着メーカーも小学生向けに開発しています!

下着メーカーや生理用品のサイトを見てみますと、年齢別に応じて使用した方がいい下着の説明を詳しく解説しているページもあるようです。

サイトの中では、バストに関する悩みを持つ、小学生の女の子たちからの疑問や悩みに、下着メーカー、生理用品メーカーがこれまでに培ったノウハウを生かしたアドバイスが記載されています。

小学生向けのブラジャーのはどのような種類があるのか、下着を買うにあたって注意するべき点はどのようなことなのか、正しい下着の付け方など、大人の私たちが見てもとてもためになる内容が満載でした。

ブラジャーを付け始めるタイミングは、トップとアンダーの差が5センチ以上になったときというのが、一つの目安となっているようです。

具体的な一例として、走っていると、胸が痛くなったり揺れるのが自覚できたころが、ブラジャーを付け始めるタイミングだと紹介されていました。

小学生のブラジャーのラインナップも充実してきています

小学生にお勧めしている下着のラインナップは、キャミソールやタンクトップにパットがついているブラキャミタイプ。

そして、スポブラと呼ばれているホックもストラップもついていないスポーツブラタイプ、いわゆる大人ブラと呼ばれている、ストラップとホックがついた3タイプが揃っています。

3タイプに共通しているのがアンダー部分がとても柔らかくできている点です。これから成長していくうえで、血管や筋肉を圧迫させないような作りのものが主流のようです。

大人のバストアップアイテムの一つに挙げられているサプリメントですが、小学生のバストアップサプリの飲用は推奨されていません。

心と体もまだまだ発達途中の段階で、大切な栄養などバストアップ 食事で賄うことがとても重要なのです🤚

中学生の時期は、規則正しい生活を送ることがバストアップへの一番の近道

中学生といえば思春期真っただ中。現実と理想のギャップに一番悩む時期が中学生といわれています。

何の屈託もなく理想を掲げていた小学生のころに比べて、目の前に立ちはだかる現実という壁に当たり、このままではいけないとか、一生このままなのかもしれないといった、不安に苛まれる時期に差し掛かるのが中学生の頃です。

中学生の悩みの比重を占めているのは、成績、人間関係、そして外見と容姿の3つだといわれています。

中でも外見に対する悩みは、私たちが思っている以上に深刻な悩みの一つに挙げられています。

外見がよくなることで、自信が持てる、明るくなれる、おしゃれな服を着こなせるようになる、男子にモテる、周りから馬鹿にされなくなると思っているとのこと。

特に女子の間では、外見をよくすることの一つにバストアップということが入っているのだそうです。

中学生を対象としたバストアップ方法とは?

あらゆる情報を簡単に入手できるようになった昨今、中学生女子たちは身近な情報源を駆使して、バストアップに関する悩みごとの解決法を探しています。

インターネット上にも、中学生女子を対象としたバストアップに関するサイトも数多く開設されています。

女性用品を取り扱うサイトには、ホルモンバランスとバストアップを関連付けた項目が詳しく掲載されていました。

思春期真っ只中の中学生は、成人期にかけてホルモンバランスの分泌が活発になることで成長著しい時期に当てはまり、女性の一生のうちで一番バストが活発に成長を遂げる時期になります。

しかし、悩みなどでストレスが増してしまうと、ホルモンバランスが乱れてしまいバストアップ ストレスにより成長も止まってしまうのです。

中学生向けのバストアップ関連のサイトに共通してるのは、注意項目として掲載されていた、サプリメント服用は厳禁ということです。

バストアップに良いとされるプエラリア 安全性や過剰摂取が、ホルモンバランスの乱れに繋がるので、絶対に服用しないでくださいと、かなり厳しめの文章で紹介されています。

多感なころなので、安価なサプリメントに手を出してしまうことで、体調を崩さないためにもこの項目はとても重要だと思われます。

では、サプリメント以外でのバストアップ方法って何なのでしょう?

答えは、規則正しい生活と、バランスの良い食生活と、体にきちんと合ったブラジャーを身につけるの3項目です。

睡眠や食生活をしっかりすることがバストアップには重要!

早寝、早起き、一日3食きちんと食べることでホルモンバランスは保たれます。

お肌のゴールデンタイムといわれているのは、午後10時から深夜2時。

この時間帯は、女性ホルモンの分泌が活発に行われる時間帯といわれています。

お肌のゴールデンタイムに合わせて、たっぷりと睡眠をとることで、女性ホルモンが活発に分泌されるだけでなくストレスも軽減されます。

これが、バストアップの確実な方法なのです。

サプリメントに含まれる栄養素もとても大切な栄養素の一つなのですが、あくまでも「栄養補助食品」です。

肉、魚、野菜などをバランスよく食べることが成長を続けるためには必要不可欠なのです。

バストアップを含めた女性ホルモンの分泌を活発にするには、大豆に含まれるイソフラボンの摂取がとてもいいといわれています。

イソフラボンも、お豆腐や納豆、みそで十分に摂取することができます。

小学生のころに比べて、使用する人が周りにもだいぶ多くなったブラジャーも、体にきちんと合ったサイズのものを着用しましょう。

どのような対応のブラジャーが自分に合っているのかは、店頭で店員さんに尋ねると、適切にアドバイスしていただくことができます。

どうしても話しかけられないという場合には、下着メーカーのサイトにいけば、年齢別に応じた正しいブラジャー選びに関するたくさんの情報が満載です。

ブラジャーを購入する際には店員さんに、サイズを測ってくださいと尋ねると、店員さんがきちんと計測していただくことが可能です。

大人の体つきになるには、とても大切な中学生の時期なので、正しい生活を送ることがバストアップへの確実な対策だと思います。

高校生から始めるバストアップ!

高校に入学すると、周囲の女の子や男の子がグッと大人っぽく見えます。

中学生期よりも、より他人との違いや個性を強く感じる時期ではないでしょうか。

そんな時に気になってくるのが、やはり自分の外見についてのコンプレックスですよね。

特にバストのサイズは個人差が大きく、自分の胸が大きくならないことに悩んでいる女の子も多いはず。

胸の膨らみについて

おっぱいのふくらみって・・?乳腺に脂肪がつくことで、あのふくらみはできています。

ダイエットに熱心な方も多いと思いますが、適度な脂肪はバストアップに欠かせません。

また、乳腺の量が増えると、その周りにつく脂肪の量も増えるため、乳腺を刺激すること、バストアップ マッサージなども有効になります。

乳腺を刺激するためには・・・女性ホルモンの分泌を活発にすること!

中学生から高校生期にかけて、女性ホルモンの分泌が始まりますが、これは加齢と共に段々と減少していくものなのです。

したがって、この時期にホルモンの分泌が十分でないとすれば、それを妨げている原因を知る必要があります。

胸を大きくする女性ホルモンの分泌を妨げる原因!

ホルモンの分泌を妨げる主な原因とは・・・

睡眠不足
この時期、女性ホルモン分泌を妨げる一番の原因は、睡眠不足ではないでしょうか。女性ホルモンアップは、22時から夜中の2時の間の分泌が最も多いと言われています。

女性ホルモンは美肌にもかかせない重要なホルモンですので、それが活発に分泌されるこの時間は、お肌のゴールデンタイムとも言われたりしますね。

過度なストレス
人間関係や自分自身のコンプレックスなど、ストレスを感じてしまうことも少なくありません。

ストレスを感じるなというのは無理があると思いますが、気分転換やリフレッシュの方法を持つ、など、自身でストレスコントロールをする必要があります。

過度なダイエット
急激なカロリー消費があると、女性ホルモンの分泌は減少していまします。

良質なたんぱく質や大豆イソフラボンはバストアップ方法に効果があるとされていますが、これらはむしろダイエットにも有効ですので、積極的に摂取したい食材です。

成長著しいこの時期に、心や体に過度なストレスをかけることは好ましくありません。

毎日の学校生活を楽しむためにも、自分の生活習慣を見直すことから始めてみませんか。

10代の胸の悩み!バストアップ方法とは?

小学校を卒業し、中学校にあがると、男女の区別がはっきりとしてきます。

その中で女の子は、女性ならではのコンプレックスを抱えることが少なくありません。

特に中学生ともなると好きな人ができたり、異性を特に意識し始める時期でもあるのではないでしょうか。

思春期真っ只中の中学生にとって、自分の外見のコンプレックスは、毎日の学校生活の気分を左右する重大な問題ですよね。

女性ならだれしも豊かなバストにあこがれるはず。中学生期にふさわしいバストアップについて考えていきたいと思います。

胸が自然にふくらむしくみ?

女性の胸の大きさは、乳腺の量が多いか少ないかで決まるようです。

乳腺を増やすには、女性ホルモンを増やす必要がありますが、この女性ホルモンはまさに思春期の今、分泌が始まるのです。

この期間にストレスや激しい運動、過度なダイエットを行うと、成長ホルモンの分泌が減少し、バストが育ちにくいことがあります。

バストアップ方法と並んで、ダイエットは女性の永遠のテーマでもあります。

しかし思春期は、心と体が成長する大事な時期です。

スラリとした細い脚やくびれたウエストにあこがれる気持ちはわかりますが、過度なダイエットは女性ホルモン分泌の妨げになり、女性としての身体が十分に育たない原因になりますので、無理なダイエットなどの過剰なカロリー消費は注意が必要です。

イソフラボンとバストアップ?

大豆などにたくさん盛り込まれているイソフラボンは、女性ホルモンと同じ様な効果が期待できると考えられており、バストアップに効果的な食材ということで高い支持となっています。

豆乳や豆腐など、お母さんにリクエストしてみるのも方法の一つです。

カロリーも低く、体重が気になる女の子にも安心な食材ですので、「食べない」よりも「食べる」ダイエットの一環として、取り入れてみてはいかがでしょうか。

思春期に身体の悩みやコンプレックスはつきものですが、気にしすぎることがストレスになり、かえってその問題を大きくしていることがあります。

成長著しい中学生期こそ、自分の身体を大切にしてほしいですね。

バストアップは20代がピークって本当!?

10代の成長期をすぎて20代に入ると、さらに胸に対する悩みも増えてきますよね?

でも安心してください。20代こそまだまだこれからです。

バストアップして理想の体型を手にいれちゃいましょう。今日はその方法を教えちゃいますよ。

女性ホルモンがピークを迎えているのは、実は20代なんです!

だからこの20代のうちに頑張ってケアをするとバストアップに繋がりますよ。

胸を大きくする方法のポイントは、体を冷やさないこと過度なダイエットはしないこと睡眠不足にならないこと適度に運動すること、など気をつけなければいけないことがあります。

バストアップサプリメントが効果的!!

でも全部やってたら大変!これらを定期的にしんどくならないように実践するのはもちろん、サプリメントやマッサージ も効果的ですよ。でもサプリメントは自分に合うものを選ぶことが大事。

  • B-UP
  • グラマー
  • ピンキープラス

などはおススメのサプリです。

どれもバストアップには欠かせない成分、プエラリアが入っています。美しくバストアップしたい女性には必見ですよ!

ライフスタイルによっても大きく変化します

他にも自分自身の生活スタイルを気をつけていくだけで、胸も自然とバストアップできます。

20代になると社会人として働き始める時期!会社で働いてストレスをかかえることもあります。

ストレスをそのままにしておくと女性ホルモンには良くないもの。家に帰ってきたら心が休まる時間を作ってあげることも重要です。

ただし心が休まるようにとノンワイヤーブラで過ごすのは要注意。ワイヤー入りのブラをつけて正しく装着することが、胸の形をきれいに整え保つための第一歩です。

また少しずつでいいので、大胸筋を鍛えるエクササイズを継続すると、知らない間に胸が大きくなっていたなんてことも!

毎日鍛えると、バストの位置があがるそうなんです。

さらに、効果的にバストアップするために欠かせないのがお風呂の時間。お風呂でのマッサージは重要です。

お風呂で汗をかいて、老廃物は排泄されるだけでも血行が良くなり、バストアップにつながります。半身浴で1時間ほど入浴なんかもおススメです。

できることから少しずつ、ぜひ試してみてくださいね🎵

30代からハリのある胸を目指す!

女性にとって、20代から30代への変化って大きいですよね。

高齢出産化が進んで、今では30代で出産が当たりまえになってきましたよね。

女性の社会進出も進み、30代になると中間管理職でストレスに悩む女性も多いと思います。

独身の女性は、まだまだこれから!と言いつつも、密かに恋愛への不安を抱く、30代は女性にとって一番繊細な時期。

だからこそ、自分に自信を持って生きていきたいですよね。内面はもちろん、外見だってキレイなままでいたい!

しかし、ふと見下ろすと、「あれ?こんなに胸下がってた?」そう、バストの変化も見逃してはいけません。

そこで、今回は下がってきたバストに張りを取り戻し、前よりも豊かな美乳を手に入れる秘訣をご紹介します。

30代の女性の胸に影響を与えるものとは?

30代の女性のボディに影響を与えるのが「出産」「ストレス」です。

出産やストレスによって、女性ホルモンの乱れが生じやすいのがこの時期。

若年性更年期障害なんて言葉も聞いたことが多いですよね。女性ホルモンのひとつ、エストロゲンは女性らしさを作る働きを持つホルモン。

バストを張りのある豊かなものにするのも、このホルモンの役割です。そのエストロゲンの分泌が減少してしまうとバストは張りを失ってしまいます。

そこで、自分で出来る一番簡単な方法が食事改善です。大豆の含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン様の働きをすることは有名ですよね。

他にも女性ホルモンの働きを助ける栄養として、亜鉛やマカ等が挙げられます。

それらをバストアップサプリメントで摂取することも有効な手段の一つです。また、食事の中で植物性タンパク質を多く摂取しましょう。

大豆は畑のお肉と呼ばれ豊富なタンパク質を含んでいるので、大豆製品を積極的に食事に取り入れましょう。

胸が垂れないようにするためには?

何故タンパク質を取らなければいけないのか?それは、筋肉を増やし、維持するためです。

バストは大胸筋という筋肉が基盤となって、筋とつながるクーパー靭帯が乳房を支えています。

30代になり、徐々に筋肉の衰えを感じる機会が増えてきますが、大胸筋だって例外じゃありません。

大胸筋が衰えることがバストの下垂の大きな要因なんです。

だから、タンパク質を摂取し、筋肉を作りやすい環境を整えたうえで、筋トレやストレッチをしましょう。

バストアップ エクササイズも効果的です。

簡単なものは、手を胸の前で合わせ、息を吐きながら押し合います。これを全力で7秒間行いましょう。出来る時に数セット、体と相談しながら行ってくださいね。

30代は、マイナスの変化もあるけれど、経験を積んで内面も成熟し、もっとも女性らしく強くなれる時です。

あきらめずに、自分のなりたい自分を目指して頑張っちゃいましょう‼

40代からのバストアップ!ホルモンを味方につけよう!

40代を過ぎてしまいますと、何をしてももう年齢には勝てないような気持ちになってしまう方も多いかもしれません。

しかし、世間には「美魔女」なんて呼ばれるような美しい40代が増えています。そう、諦めないことが美しさの秘訣なんですね‼

「そんなこと言っても、見てよこの胸…こんなに下がっちゃったらどうしようもないじゃない。」いいえ、諦めないでください😎

年齢に立ち向かうその姿も美しいですよ。では、どうやって頑張ればいいの⁉

今回はその方法を教えます。

バストのハリや潤いがなくなる原因とは?

40代と言えば怖いのが更年期障害。一般的に40代後半から50代前半の女性に多い障害で、その原因は閉経に伴う女性ホルモンバランスの乱れ。

ストレスの多いこのご時世、40代前半でも女性ホルモンの分泌量が減少している人が増えているのが現状です。

女性ホルモンの分泌が減少すると、イライラが増し、お肌のうるおいも失われ、バストも張りを失っていきます。

しかし、残念ながら閉経を止めることは誰にもできません。それに伴う、女性ホルモンの分泌量の減少もまた止めることは難しいのです。

では、どうすればいいのか?その答えは、女性ホルモンの代わりとして働く栄養素を摂取すること。

最近では、バストアップに効果があるとされるバストアップサプリメントが沢山出回っています。

バストアップにはプエラリアサプリを飲んでマッサージが有効!

その中でもプエラリアというサプリがバストアップに効果があると噂になりブームを巻き起こしています。

プエラリアはプエラリア・ミリフィカという植物から抽出された成分からできており、女性ホルモンと同様に働く、「植物性エストロゲン」と呼ばれる成分を含んでいます。

まさに、女性ホルモンが減少する40代の女性に必要なサプリメントですね。

しかし、サプリを飲んだからとってバストアップするか、といえば答えはNOです。

たるんだ筋肉に刺激を与えるため、美乳マッサージやストレッチなしにはバストアップはかないません。

そこで、プエラリアを取り入れつつマッサージもできる、プエラリア含有のジェルも発売されています。

人によって、肌に合わない人もいるかもしれないので、一度試してみるのはいかがでしょう❓

女性ホルモンと同様の働きを持つ栄養素を取り入れつつ、マッサージやストレッチを行っていく事が美乳を取り戻す道です。

バストアップは努力なしには成し得ません!美しい自分を手に入れましょう!

50代からのバストアップ方法って可能なの?

50代になると、女性の一大変化、閉経がやってきます。

閉経によって生殖機能は衰退していくのですが、その時、卵巣から分泌されていた女性ホルモンも一気に減少します。

女性ホルモンが減少することによって、ほてりやイライラ、肌の老化などが進みますが、それらのことを更年期障害と呼んでいます。

女性ホルモンの減少が及ぼす影響は様々ですが、その中に胸の下垂や萎みもあるんです。

女性の美しさの象徴でもある胸がペタンコになってしまうと、もう若かりし頃には戻れないのね…なんてネガティブな気持ちになってしまいますよね?

しかし!落ち込むのはまだ早いですよ?ここでは、50代からのバストアップ方法について紹介します。

女性ホルモンの減少で諦めてはいけません

まず、女性ホルモンの減少=バストアップの不可能ではありません

確かに、卵巣からの分泌量はほとんどなくなってしまいます。しかし、エストロゲンは「副腎皮質」という場所からも分泌されているんです。

よって、バストアップ サプリを服用する場合は、卵巣にエストロゲンの分泌を促す成分ではなく、エストロゲンと同様の働きをする成分を含んだものを摂取するようにしましょう。

代表的なものはやはり大豆に含まれるイソフラボンですね。

また、バストアップのサプリメントで有名なプエラリアも植物性エストロゲンを含んでいるので効果はあります。

しかし、プエラリアはイソフラボンの40倍の効果があるため、一歩用法を間違えてしまうとホルモンバランスの乱れを引き起こす原因となります。

バストアップサプリとバストケアが大事!

そこで、ハイスピード・プエラリアという商品は口コミでは他のサプリメントよりも、不正出血などの副作用が少ないと評価されていますので、試してみるのもいいと思います。

しかし、やはり女性ホルモンに頼るだけでは効果はいまいち現れませんし、短期間での変化を望むことは難しいと思います。

そこで、並行して行いたいのがバストアップ マッサージです。今は美乳を手に入れるべく、たくさんのマッサージ方法が考案されています。

50代からのマッサージとしてはあまり肌に負担のかからない、リンパマッサージや持ち上げて小刻みに揺らす、乳腺マッサージがおすすめです💕

また、姿勢を正すだけでも、大胸筋が刺激され、背筋も働くので上向きの胸に近づきますよ。

50代のバストケアで重要なのは継続です。何歳になっても魅力的なプロポーションを手に入れることをあきらめないでくださいね🤚

バストアップ関連のおすすめ記事

バストアップ方法を体型別に効率よく胸を大きくする!

2018.02.27

バストアップ方法の種類(サプリ、ジェル、クリームなど)効果とは?

2018.02.27

バストアップ方法をはじめる前に生活習慣、睡眠時間を見直す!

2018.02.26