バストアップ方法をはじめる前に生活習慣、睡眠時間を見直す!

バストアップの知識を得て効果的に胸を大きくする‼

バストアップといっても種類や方法もたくさんあります。

胸が小さかったり、垂れていたりと人によって悩みは様々ですが、間違った知識や方法によって、余計に小さくなったり形を崩してしまうことも少なくありません。

そうならないためにも、ここは焦らず基本的な知識を得ることをおすすめします。

その方が、結果的に綺麗に健康的に、胸を大きく綺麗で上向きのツンとしたバストになれるでしょう。

ここでは、女性ホルモンの関係や、生活習慣、食生活、睡眠など、バストアップに関わることについて詳しく解説していきたいと思います。

バストの構造、クーパー靭帯について、ブラジャーの必要性についても紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね🎵

女性ホルモンと胸の関係について

最近の女性は、豊かでハリのあるキレイなバストを目指して、色々な努力をしている方多いですよね。

勿論小さいバストよりは、適度に大きい胸のほうが、女性としてとっても魅力的で本当に羨ましいものです。男性からもそう見られると思います。

でも胸の大きさって個人差があって、本当に小さくてAカップも無い方もいれば、大きすぎてなかなかブラジャーのサイズが見つからないなんて女性もいて、どちらも悩みはあるのでしょう。

だけど、やっぱり女性として魅力的なのは大きなバストですよね。

最近ではバストケアアイテムも豊富になってきて、バストアップ サプリメントとか育乳ブラやナイトブラなどバストのボリュームアップをサポートする為のものも増えていますよね。

そもそもバストが大きいとか、小さいとかって何が関わっているんでしょう。

女性ホルモンが身体に受ける影響とは?

女性には 男性ホルモンと女性ホルモンと両方が共存しているのですが、女性ホルモンの中でもエストロゲンとプロゲステロンがあり、主に女性らしいカラダの丸みやバストアップ、くびれなどに変化をもたらします。

もちろん遺伝的な要因もありますが、女性ホルモンの分泌量が大きく関わってくる場合があるのです。

女性ホルモンの分泌量は環境の変化やストレス、運動不足や食生活の乱れなどの影響を受けやすくバランスが乱れると肌荒れや貧血、冷え性や生理不順に辛い生理痛などと女性のカラダに多くの影響を与えますが、バストも成長しにくくなってしまうのです。

デリケートな女性ホルモンのバランスを整える為には、無理なダイエットをせずバランスの良い食事をするとか、ストレスをなるべく溜めないようにしましょ う。

バストアップにはエストロゲンの分泌が重要!

女性ホルモンのエストロゲンは、主に生理や排卵を司るホルモンです。

善玉コレステロールを増やす、血行促進、腰や太もも、乳房などの皮下脂肪を増やす、コラーゲンの合成を促進させ、美肌を保つ働きがあります。

女性らしいからだ作りに欠かせないホルモンですが、40代半ば頃から急激に減少していき更年期障害などの症状が現れたりします。

エストロゲンの分泌には、無理なダイエットやストレス等の影響で減少して生理が止まったりする事もあり、ひどくなると不妊症になったりすることもあるので、20歳頃までは規則正しい生活を心がけましょう。

プロゲステロンは排卵を促し妊娠しやすい状態を作ったり、乳腺を発達させる作用があります。

排卵前にエストロゲンが増えて、減少後にプロゲステロンが多く分泌されます。

カラダに水分を溜める作用があるのでむくみやすくなり、生理前のイライラもこのホルモンの影響が大きいでしょう。

バストの成長は、小学校の高学年頃がもっとも成長する時期、そこから大人になる間の二次成長期の間にきちんと栄養を摂って、成長ホルモンを活性化させる事が、効果のあるバストアップ方法につながるのです。

女性ホルモンと生活習慣の関係とは?

遺伝的に元々胸の小さい方もいると思いますが、やっぱりキレイなバストは憧れるし、手に入れたいとおもいますよね。

バストの9割は脂肪で出来ていて、1割は乳腺組織で出来ており、バストの大きさを決めるのは1割の乳腺組織なのです。

この細胞の発達を促し、更に乳腺保護する脂肪をつけていくことが、バストアップにつながるのです。

この乳腺組織の発達に女性ホルモンが大きく関係しており、女性ホルモンの分泌を活性化する事が重要となってくるのです。

女性ホルモンは一般的に20歳くらいまでがピークと言われていますが、今ではサプリメントやホルモン注射などで増やす事は可能と言われています。

バストアップは生活習慣の見直しが一番の近道!

最近では、複数のサプリメントが手軽に購入できるようになっていますが、やっぱり普段の生活習慣から見直す必要があると思うのです。

では女性ホルモンの分泌を低下させる習慣とは、どういったものがあるのでしょうか。

まずは、バランスの取れた食事を摂ること、女性ホルモンの元になる肉や魚、豆類などの良質なタンパク質を摂取すると共に、カラダを暖める効果のある生姜などを取り入れて、血行を促しましょう。

更に女性に多い貧血予防としてレバーやひじき、小松菜などを摂る様に心がけましょう。

○○抜きダイエットなどと、極端なダイエットをすることで、必要な栄養が取れなくなってしまうと、女性ホルモンの減少からバストの問題だけではなく、お肌もボロボロになってしまいます。

食生活以外に睡眠不足は悪影響を及ぼします!

食事以外にも睡眠不足は大敵、睡眠不足は視床下部に悪影響を与えて、ホルモンバランスを崩す要因となってしま います。

夜しっかりと睡眠をとって、成長ホルモンの分泌を促すのはバストの成長にとっても重要、ストレッチなどでも良いので適度な運動をして、早めの就寝をこころがけ良質な睡眠をとるように気をつけましょう。

更にストレスを溜めないように、寝る前にアロマなどでリラックするのもオススメでしょう。

それでもなかなか効果が出ないのであれば、バストアップに効果的なサプリメントとして有名なプラエリアサプリ等を合わせて摂取してみるのも良いでしょう。

プラエリアには、女性ホルモンに似た作用を持つイソフラボンの含有量は大豆の40倍にもなるので、補助的に用いるには有効と言えるでしょう。

食事だけで補うのはなかなか難しいと思いますので、サプリメントを上手に使ってバストアップを目指しては如何でしょうか。

バランスのとれた食生活でバストアップ方法を目指す!

最近では、体型を気にするあまり無理なダイエットをしている女性って多いですよね。

勿論、自分のカラダに気をつける事ってとっても大切なことだと思いますが、○○ダイエットと言ったように偏ったダイエットは長続きしないし、結局ダイエットに失敗するばかりか、バストにハリもなくなってしまって残念な結果になってしまう事が多いんです。

スレンダーだけど、バストはしっかりある理想のボディを目指すなら、バランスの取れた栄養は基本だと栄養士や美容の専門化さんたちが言っているんです。

大切なのは、規則正しい生活習慣とバランスの取れた食事なんですね。

ホルモンバランスが大事!

人の体には様々なホルモンがありますが、どれもバランスが崩れると様々な不調を招いてしまいます。

ホルモンバランスは無理なダイエットやストレス、睡眠不足などで体内時計がくるってしまい、すぐバランスが崩れてしまうデリケートな存在なのです。

ホルモンバランスを整えたり、女性ホルモンの分泌を促す事でバストアップ効果にもつながっていくのですが、ホルモンバランスを整えるにはどうしたら良いのでしょうか?

女性ホルモンバランスを整えてくれる成分とは?

女性ホルモンを整えるのに有効な食品といえば、やはりイソフラボンが豊富に入った大豆などのマメ製品。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることから、豆腐や納豆などの豆製品を摂る事で女性ホルモンの分泌を促すとされています。

また、マグロやカツオなどの魚類にはビタミンB6が含まれていて代謝を整えてくれます。

植物油やナッツ類のビタミンEには抗酸化作用があり、ホルモンの分泌を整える効果があるのです。

ただ、これらのものを毎日摂取し続けるのは、はっきり言って相当難しいと思います。

最近では、雑誌などでも紹介されているようなバストアップサプリメントが手軽に入手できますから、キレイのために毎日の食事に加えてプエラリアサプリの効果などを取り入れて、簡単なエクササイズで運動をしてみる事をオススメしたいと思います。

規則正しい生活を心がける事で食事時間も決まってきたりと生活リズムが見直され、ホルモンバランスも整っていくでしょう。

バストアップには女性ホルモンの分泌とバランスが大切なのです。サプリメントなどを上手に活用して理想のボディを目指しましょう。

睡眠をよくとることで寝ている間にバストアップ!

バストアップに必要なのは規則正しい生活、バランスの取れた食事を心がけて、女性ホルモンの分泌を促しバランスを整える事が大切。

ジャンクフードやカップ麺ばかりを食べていたりしていては、栄養が偏ってしまってバストアップどころか、カラダを動かす為に必要な栄養素がきちんと摂取できていない状況になってしまいます。

こういった食事を続ける事で、脂肪や糖質を必要以上に摂取してしまうため、肥満の元ですし、血行も悪くなってしまうなど良いことはありません。

まずは、女性ホルモンであるエストロゲンに似たイソフラボンを摂取できる豆製品や、ビタミン豊富な果物や野菜、食物繊維と良質なタンパク質を意識して、女性ホルモンや、バストアップサプリなどを上手に活用する事です。

良質な睡眠はバストアップの基本!

規則正しい食事が出来たら、やはり食事の時間や運動、就寝時間帯などの生活習慣もしっかり見直していきましょう。

最近ではバストケア用品などが豊富になっていて、育乳ブラなんかも見かけた事があります。

豊かなバストを作るブラなども豊富にありますが、バストサイズだけではなく、美しく見せるのは常識とさえいえるのではないでしょうか。

でも、やっぱりブラでキレイに見せるだけではなくて、実際に豊かでキレイなバストを手に入れたいとおもいますよね。

それに生活習慣を見直しバストアップの根本であるホルモンのバランスを整え、良質な睡眠が関係してくるのです。

睡眠をとることで成長ホルモンの分泌量が増えバストアップに!

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンが代表としてあげられますが、睡眠不足になるとこのエストロゲンの分泌は低下してしまいます。

エストロゲンの分泌が低下すると、肌のハリやつやもなくなって、肌トラブルを起してしまいます。

人の体は朝は交感神経が優位になっており、スッキリ目覚める事が出来て、夜になると副交換神経が優位となりリラックスして眠りにつくといった、体内リズムがあるのです。

しっかり睡眠をとる事で、成長ホルモンの分泌量が増えバストアップにもつながるのです。

成長ホルモンの分泌は、眠りについてから3時間ほどの間で起こりますので、眠りが浅かったり途中で目が覚めてしまうと、それを妨げてしまうのです。

成長ホルモンは睡眠時以外にも、運動を始めてから30分ほどで、成長ホルモンが一気に高まるとも言われていますから、適度な運動をしっかり続ける事も大切になってくるでしょう。

正しい姿勢で綺麗にバストアップ!

小学校の高学年から中学生位の女子は、少しずつ胸も大きくなっていきますが、成長期の時期って膨らんできたバストがちょっと恥ずかしくて、なるべく胸が目立たないように、背中を丸めて猫背になっていた記憶ありませんか⁉

姿勢が悪く猫背になっていると、血行も悪くなり成長期のバストの成長を妨げちゃうんです。

大人の女性にとって高い位置にあるバストと、すらっとしてカッコいい姿勢、胸のラインも綺麗に出る姿って憧れですよね。

姿勢が良いと血行やリンパの流れも良くなるし、全身に栄養が運ばれてる事で基礎代謝もあがって身体全部で健康になれちゃうんですよ。

綺麗なバストを作るには大胸筋だけではダメ!

キレイなバストを作るには、大胸筋だけではなく、背中の筋肉も鍛えられている必要があるんです。

胸を開いておへそに軽く力を入れて、ヒップと太ももの内側に引き締めるようにして立つ事が秘訣。

綺麗な姿勢を心がける事で全身に筋肉をバランスよく使うのですが、デスクワークなどが多かったり、大きくなってきた胸を隠すようにしているうちに、背中が丸くなって方も内側に入ってきてしまいます。

そうすると、バストアップに必要な大胸筋も使わなくなってしまうので、バストの位置も下に下がって垂れたようになってしまうんです。

気づかないうちに呼吸も浅くなってしまって、体内に十分な酸素が酸素が行き渡らない為、身体の細胞は酸素不足となってしまいバストアップに必要な細胞を作っていけなくなってしまいます。

猫背の女性は痩せ型が多いって本当?

猫背の女性は、比較的痩せ型の人が多いんです。普段から猫背で内臓を圧迫してしまう事から、食欲が低下してしまって必要な栄養を摂取できないんです。

更にガリガリで筋力も少ないと、姿勢を保てなくてどんどん姿勢が悪くなっちゃうんです。

姿勢が悪いと老廃物を溜め込みやすく、冷えやむくみの原因にもなってしまうんです。

やっぱり歩く姿を見ても猫背で歩いているよりも、キレイな姿勢で歩いている女性のほうが断然カッコいいですよね。

今からでも遅くはありません。背筋と腹筋を使って、正しい姿勢を意識する事から始めて、自分の姿勢を見直していきましょう。

普段の姿勢以外にも寝る時の姿勢もありますよね、寝る時にうつぶせで寝ていると、バストが潰れて脂肪が周辺に散ってしまう為、キレイなバストの妨げになってしまいます。

最近では睡眠時のナイトアップブラも、ランジェリーショップで扱っていて簡単に手に入るので、上手に使ってみるのも良いでしょう。

ストレスでバストアップに影響が!

私たちが生活していくうえで、ストレスがどうしても付きまとってきますよね。

ストレスがバストアップに影響を及ぼしていることは知っていますか?

実はかなり大きな影響なんですよ。胸を大きくするには、乳腺を発達させる必要があります。

乳腺に影響を与えるためには、女性ホルモンの分泌を促進して、ホルモンのバランスを調整することが大切になってきます。

それが、バストアップさせるために非常に重要な方法となります。ホルモンはストレスと大きく関わっています。

例えば、ストレスがたまって疲れているとき、肌荒れを起こしたり生理不順になったりしませんか?

そして、バストアップ 女性ホルモンが関係しているんですよ。

少しでもストレスを軽くしていくことが、胸を大きくしたいと願う女性にとって大切になってきます。

ストレスの原因はいっぱいあります!

ストレスの原因はたくさんありますよね。仕事の悩みや家事、育児に対しても起こってきます。

また、あまりの忙しさに睡眠時間がほとんど確保できないときも要注意です。

このような悪循環が繰り返し起こると、ホルモンバランスが乱れて、どんどん悪化していくばかりになってしまいます。

そうなると、体調を崩しバストの成長にも影響を及ぼしてきます。

ストレスによる身体への影響について

まず、ストレスを感じることで血行が悪くなると言われています。

自律神経が緊張して身体まで緊張にて硬くなってしまいます。そうしますと血流が悪くなり、全身に影響を及ぼしてしまいます。

また、自律神経が緊張してしまうと、女性ホルモンの分泌にも影響を及ぼしてしまいます。

私たちの脳の視床下部にある中枢機関が、卵巣に指令を出しているのですが、自律神経が乱れてしまうと分泌しなさいという指令も、出せなくなってしまいます。

これが一番乳腺の発達を阻害してしまいますよね。これだとバストに脂肪がつきません。

ストレスをなくす事は非常に難しいことです。毎日の生活の中で少しでも緩和していけるような働きをすることが大切になってきます。

アロマテラピーをしてみたり、日ごろから軽い運動やバストアップ 肩甲骨ストレッチをしてみたりするだけでも全然違ってくると思います。

うれしい感情やドキドキするような感情を増やすことが、ストレスを軽減させるのに一番いい方法だと言われていますので、毎日楽しく過ごせるようにしていきましょう!!

クーパー靭帯は胸が垂れないように支えている!

女性の身体の中で、一番衰えやすいのが胸だとご存じでしたか?

ほとんど脂肪でできているこの部分は、加齢とともに垂れはじめ、老化が早いと言われています。

しかし今、私たちの胸を垂れないように支えてくれているものは何だと思いますか?

もちろんブラジャーもそうなのですが、体内にあるクーパー靭帯なんです。

クーパー靭帯の構造について

これは、コラーゲンの繊維の束でできています。

伸び縮みするのでしっかり支えられるのですが、いったん切れてしまうと元に戻らないと言われています。

クーパー靭帯は、私たち女性の胸を守る大切な綱なんです!!

この部分をしっかりと鍛えていくことが、胸のハリを保つことにつながってきます。

バストってかなり重いですよね。ノーブラになるとそれがよく分かると思います。

しかし、この靭帯は重さに弱いんです。毎日ノーブラでいたりなんかすると、負荷がこの靭帯にかかってしまって衰えやすくなってしまいます。

ブラジャーをしっかりと身につけて靭帯を揺らさないようにすることが大切です。

運動不足や姿勢の悪い方も注意が必要

運動不足も要注意です。胸部の筋肉が活性化していないと、姿勢が崩れて猫背になりやすいと言われています。

猫背になると、バストが下を向いてしまいますよね。それだとクーパー靭帯に重さがかかってしまいます。

毎日軽くエクササイズをして胸の筋肉を鍛えたり、バストアップクリーム 市販などでマッサージをすることによってかなり改善できますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

激しい運動や、胸を大きく揺らすような行為も負荷がかかりやすいので、しっかりとサポートできるブラなどを身に着けるようにしてください。

自分の胸の大きさに合ったブラジャーをきちんと選んで、しっかりと支えてあげること。そして寝るときもナイトブラ💕

貧乳にも効果的なのでしっかりと活用して、ノーブラをできるだけやめることを実践するだけでも全然鍛えられますので、これなら今からすぐにでも始められていいですよね。

また、コラーゲンでできていますから、定期的に摂取して身体の中にコラーゲンを増やしてあげることも、クーパー靭帯の補強に繋がりますよね。

できることはたくさんありますから、その中でも自分がやりやすいものを選んで実践してみてください。

ブラジャーで胸のケアをすることが大事!

みなさんは胸を大きくするために、どのようなケアをしていますか?

マッサージをしたり、サプリメントを飲んだり、たくさんの方法を試している人も多いと思います。

では、ブラジャーや下着に関してはどうでしょうか?

今、バストアップブラやナイトアップブラというものが人気になってきているのですが、ブラジャーケアはしていますか?

ブラジャーは昼と夜と使い分けることが大事

案外ブラジャーのことまで、みなさん考えていないことが多いんです。

毎日、私たちの胸を支えてくれている大切なものですよ。そのケアこそ、大事ではないですか?

ナイトアップブラというと、寝るときにつけるのですが、寝るときくらい解放感がほしいとか、締めつけたくないという理由で、ノーブラでいる人も多いと思います。

しかし、胸の大きさに関係なく、やはり支えてあげることは重要なことなんですよ。

夜用のブラは締め付け間のないものがほとんどです。

大切なのは、胸のお肉が背中や他に流れていかないようにすることなんです。

それだけではなく、質の高い睡眠を得られるために開発されたブラなので、ぐっすりと快眠できますし、さらにバストの形も整って美しくなるというものなんです。

サイズが合っていないとバストアップを妨げてしまうことも!

もちろん夜だけではなく、昼間もそうです。女性のバストはとってもデリケートです。

大切に支えてあげることが必要です。夜のお話は先ほどしましたが、それは日中であっても同じです。

寝ているときのブラジャーと昼間のものは分けて使う事をおススメしますが、昼間でも体にあったものを付けていますか‼

ほとんどの女性が実際より小さいものを付けていると言われています。

これは、血行を悪くしてしまい、かえってバストアップを妨げてしまうことになってしまいます。

きちんと自分に合ったブラを選びましょう。

常にカップに収まっているのが理想!

運動の際、普段の生活の際、きちんとブラで胸を支えてあげることで、大きく胸を揺らさずにすむので負担が減少します。

ノーブラで過ごすと、重力で下に下がり胸を重く感じさせてしまいますし、それで動いたりすると胸が揺れてさらに負荷が増してしまいます。

優しく丁寧に扱ってあげる存在ですので、いつもカップに収まっている状態が理想です。

それが私たちの血流にもつながってくるので、最終的には健康管理にまで発展してきます。

きちんと胸を支えて、体のめぐりをよくしてあげるとともに、きれいな形を維持してあげるようにしましょう😊

バストアップ関連のおすすめ記事

胸を大きくする方法は年代別(中学生、高校生など)に違うの?

2018.03.01

バストアップ方法を体型別に効率よく胸を大きくする!

2018.02.27

バストアップ方法の種類(サプリ、ジェル、クリームなど)効果とは?

2018.02.27