人気の茶カテキンの効果や効能とは?

この記事は約 7 分で読めます。

茶カテキンの効果、効能ご存知ですか❓

以前から注目の集まっている茶カテキンという成分。いろいろなお茶やスポーツドリンクなんかも出てますよね。

一度「歩くだけで脂肪燃焼」の茶カテキンの強いドリンク飲んでみましたけど、苦い苦い!!結局飲み終われませんでした。

しかし実は、茶カテキンっていろんな効果、効能があるんですね。知ってました❓

カテキンの一番有名な効果では、茶カテキンで脂肪燃焼によりダイエットを助けるのをはじめ、がん予防や、コレステロール値を下げる効果なんかも、血液の流れをスムーズにしてくれるってことだけでも、身体のいろんな不調が、改良されそうですよね。

心臓病も防げるだろうし、血流がよくなれば、肩こりなんかも楽になりそう。

冷え性も改善されますよね。それから、アレルギーも抑えてくれるみたいだし、花粉症の時期にはもってこいですね‼

そういえば、私の義両親二人とも、よくプーアル茶飲んでます。二人とも90歳近いのに全くボケてないですよ。

背筋もビシっとしてて、よく動くし歩くいてます。健康なご高齢者です。私も真似して、ダイエットプーアール茶もう少し飲もうかな?

茶カテキンには脂肪燃焼しやすくする働きがあります

脂肪を燃焼しやすくする働きがあると、言われている茶カテキン。

お茶 ダイエットにいいということで、高濃度の茶カテキンが含まれたドリンクを飲んだ経験のある方も、多いかと思います。

飲むことで、運動の際の脂肪の燃焼率が上がることと、食事の際の脂肪と、コレステロールの吸収が抑えられることを考慮すると、飲むタイミングとしては「運動前の出来るだけ早めの時間」と「食事と一緒に」というのが、特に効果的なようです。

ただし、一回飲んだだけで効果があるというものではありません。

やはり、ある適度の長期間飲み続けないと、効果は望めません。また、飲んでいるからいっぱい食べても大丈夫、ということはありません。

カテキン ダイエットの柱はなんといっても、食事の管理と適度な運動。茶カテキンは、あくまでもその補助であることをお忘れなく。

それにまだ、はっきりした因果関係はわかっていないものの、過剰な茶カテキンの摂取で、肝臓を少しいためたたという、報告もあるそうなので適量を守ることが大事ですよ。

適量さえ守っていれば、健康にとても良いので安心してください。

茶カテキンのダイエット効果

緑茶に含まれるポリフェノールであるカテキンには、様々な健康効果があり、ダイエットに有効な効果もあります。

ダイエットの大敵と言えば脂肪ですが、茶カテキンにはこの脂肪を分解、燃焼するのを助ける効果があります。

体内には「β酸化関連酵素」と呼ばれる酵素があり、この酵素が、体内の脂肪を燃焼する働きをしているのですが、茶カテキンは、この酵素の働きを活性化させます。

その結果、摂取した食物に含まれる脂質の燃焼が、スムーズに行われるのです。

つまり、脂っこい料理を食べる際は緑茶を合わせて飲むと脂肪の分解を促進するので、体内に脂肪が貯まるのを防ぐ効果があるのです。

また、既に体内に貯まってしまっている脂肪にも効果を発揮するので、食事の際以外にも定期的にカテキンを摂取すると効果的です。

ジョギングやウォーキングといった、有酸素運動の前にカテキンを摂取することで、脂肪の燃焼を促進するという効果もあります。

カテキンの効果だけでなく、緑茶自体のカロリーもゼロであることからも、緑茶はダイエットに効果的な飲み物であると言えるでしょう。

茶カテキンの抗菌作用で風邪のウィルス撃退します!

風邪や、インフルエンザがはやる冬の季節、欠かせないアイテムがお茶です。

お茶をおいしく飲んだ後は、出がらしのお茶が、大活躍してくれるのです。

お茶でうがいをすると、茶カテキンの抗菌作用、抗ウィルス作用で、風邪やインフルエンザの菌を殺菌してくれるのです。

この時、お茶の温度を人肌程度にしておくと、とても気持が良いです。茶カテキン効果の成分が喉に行きわたるような気がします。

また、出がらしのお茶には、この他にも様々な効能があります。お茶で口をゆすぐことによって、口臭予防になるのです。

どのお茶でも、口臭予防の効果があると言われていますが、緑茶の予防効果は抜群で、緑茶・ウーロン茶・紅茶の順となっています。

さらに、茶カテキンは虫歯の予防にも、一役買ってくれます。茶カテキンが、ミュータンス菌の増殖を抑え、虫歯や歯周病の原因となる細菌の増殖を防いでくれるのです。

おいしく頂いた後の出がらしで、喉やお口のケアまでできてしまうなんて、茶カテキンって万能ですね。

カテキンが豊富に入っているおすすめのダイエットティー!

風邪には茶カテキン

私は、風邪のひき始めに、必ず緑茶を濃く煮出したもので、うがいをします。

喉の痛みが酷い場合も、直ぐにマシになりますし、風邪が悪化する事が無く、体調管理に役立っています。

緑茶に含まれる茶カテキンの殺菌作用が、風邪の菌に効くのだと思います。

また、疲れている時に青魚を食べると、蕁麻疹が出てしまう時があるのですが、緑茶を一緒に飲むと、蕁麻疹は出ません。

これも、茶カテキン効果だと思います。

ただ、胃腸の弱い人には、緑茶(茶カテキン)をたくさん摂る事は、向いていません。

何故なら、茶カテキンにはタンニンが含まれていて、健康なひとには整腸作用が期待出来るのですが、胃腸が弱い人には、胃腸に負担が掛かる可能性があるのです。

胃腸が弱い方は、毎日緑茶を飲むなら毎食一杯ずつ、湯飲み三杯までに止めるべきでしょう。

私自身も、胃が弱いです。風邪を引いた時に緑茶を飲むと、胃痛がしてきて汚い話になりますが、下痢をよくしてしまいます。

ですので、私は風邪を引いたら、緑茶(茶カテキン)はうがい液としてだけ使っている訳です。

緑茶のカテキンに効能がたくさん詰まっています

お茶は、禅のお坊さんが薬として、中国から日本に伝えたものだといわれています。

ということは、私たちが日頃から愛好している緑茶には、たくさんの健康効果があると考えられます。

緑茶に含まれる重合カテキンは、ポリフェノールの一種です。非常に酸化されやすいそうです。

しかし、伊藤園の説明によりますと、緑茶の場合、その製造過程において、酸化酵素の働きが抑制されることから、ほとんど酸化しないのだそうです。

そして、カテキン緑茶は一番茶よりも二番茶の方に、多く含まれるのだとか。

「薬」としての効能の多い緑茶。その力は、様々なところに発揮されます。まず嬉しいのが、美容効果です。

カテキン効果は、脂肪燃焼効果を上昇させるために、肥満予防や、ダイエット効果にも働きかけます。

脂っこい食事の後に、緑茶を飲むと良いのです。口の中もスッキリしますから、緑茶は歓迎ですね。

また、茶カテキンは心臓を守ってくれます。心臓の動脈を、柔軟にしてくれるのだそうです。心臓病を減らす効果があるわけです。

カテキンは、また免疫力を高めてくれます。ウィルスを退治してくれるのです。そのうえ、「ボケ防止」の効果まであるそうです。

高齢者が雑談をしながら、お茶を飲むという習慣は、とても良いことなのです。

日本人の生活の中にある緑茶は、カテキン 効能という万能選手を含む、素晴らしい飲み物ですね。

最近では、ダイエット茶にカテキンが多く含まれているダイエットティーも開発されて、評判もよく飲みやすいですよ!

嬉しい効能が詰まっています

近年は、日本人の緑茶離れが進んでいると言われています。それは、とても勿体ない事だと思います。

緑茶には、茶カテキンと呼ばれる成分が含まれていて、茶カテキン効果には様々な効能が確認されているからです。

健康食品や、飲料メーカーからトクホ商品として販売されているので、ご存知の方も多いかも知れませんが、カテキン ダイエットには脂肪を燃焼させるダイエット効果があります。

ただ注意したいのは、飲むだけで燃焼するのではなく、運動前に摂取することにより、脂肪燃焼率が約1.4倍になるということです。

また、お茶 ダイエットには、悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる効果も期待できます。

さらに血糖値を上げにくくする効果も、確認されているそうです。

殺菌効果も強く、風邪やインフルエンザ、虫歯の予防にも期待が持てます。

よくガムや、清涼剤にフラボノイド配合となっていますが、フラボノイドとは、カテキンを科学的に呼ぶ時の名称で、同じものなのです。

この他にも、茶カテキンには抗酸化作用や高血圧の予防効果も知られています。

このように、体に嬉しい成分を持った緑茶を飲まないことは、とても勿体ない事だと思います。

高級な玉露のような、お茶である必要はありません。むしろ、カテキン緑茶は、玉露よりも二番茶と呼ばれるお茶に、多く含まれています。

時には甘いジュースも良いけれど、体の為には、茶ダイエットとして飲むことを習慣付けると、良いかも知れません。

茶カテキンの殺菌効果で口臭防止や虫歯予防にも効果的!

日本人にとって、お茶はとてもなじみのあるものだと思います。

お茶には茶カテキンが含まれていますが、いったいどんな効果があるのでしょうか。

カテキンには殺菌効果があります。なので、お茶でうがいをすると水でうがいをするよりも殺菌効果があり、よりカテキン 風邪予防にもなります。

また、茶カテキン 殺菌効果によって口臭を防止することができますし、虫歯の予防もできます。

コーヒーは一般的にカフェインによって、眠気覚ましになると考えられていますが、実は、お茶にも同じ効果があります。

茶カテキンには覚醒作用があるので、朝起きた時などに飲むのが、効果的といえます。

静岡県民は、寿命がもっとも長いと言われていますが、それも茶カテキンの効果です。

お茶を普段から飲む人と、飲まない人とでは、平均寿命に差があることも報告されています。

また、がん予防に効果があると、いわれているからです。

脂肪の吸収を高めてくれたり、利尿作用があることで、身体の中の毒素を流してくれる効果があるのも、女性に嬉しい効果であると思います。

茶カテキンについて

お茶でうがいをすると、風邪をひかないなどと言われるのは、お茶に含まれるカテキン成分が殺菌作用を持つからです。

ほうじ茶や紅茶にも、カテキンは含まれているそうです。最近は茶カテキン成分主流のお茶が、ペットボトルで数多く販売されています。

飲んだ感じは、普通のお茶の味に近づいた味になり、苦みや渋みが抑えられて、すっきり飲みやすいと思います。

健康飲料なので、普通のお茶よりは、少しだけ価格は高いのですが、効能はとにかく健康に良く、癌の予防にもなるらしいです。

脂肪を消費してくれるので、ダイエット効果もあり、便秘の解消にもなり、美容効果もあったり、肝臓にも働きかけてくれるようです。

脂肪を燃焼しやすくするが、キーワードの様です。

肝臓に到達した脂肪を、茶カテキンが活溌化させエネルギーに変えてくれます。

運動の前に飲むと、燃焼率が上がるようなので、一日の運動を始める前の、なるべく早い時間にのむことがいいかもしれません。

食事中に飲むことがいいものもあり、メーカーによって、飲むタイミングは生越違ったりするようです。

体に良いものなので、お茶のダイエットは、継続して飲んでもいいと思います。

カテキンで便秘改善に効果的!

私は昔から便秘気味で、三日ほどお通じがこないという日もよくありました。

おなかは痛いし重たいし、ぷっくり膨れてくるしで、散々でしたね。

便秘薬なども、試してみたことがあるのですが、なかなか自分に合う薬がありませんでした。どれもおなかが痛くなるだけなのです。

たまにダイエット茶などを飲んでいたのですが、デルモッティを飲むと便通がよくなることに気づきました。

もしかしたらこれはお茶に何かあるのではないか❓と思い調べてみました。

するとどうやら、緑茶などに含まれているカテキンが便秘に良いのだ、と分かりました。

そこから毎日ダイエットとしてお茶を飲むようになりました。

今までは便秘薬などを使用していても、免疫ができてしまうのか、効かなくなることが多々ありましたので、「もしかしたらダイエットティー 便秘解消もそのうち効能がなくなって、便秘気味な自分の戻ってしまうのかなぁ」と心配しながらためしました。

一年ほど毎日ダイエットプーアール茶を飲んでいたのですが、ほぼ毎日便通があり、しかも痛くなくスルッと出るのです。

今も毎日かかさずに飲んでいます。

やはり毎日便通があり、気持ちよいです。お茶ダイエットを飲んでいるおかげなのか、カゼもひきづらい体になりました。

🔻詳しくはこちら🔻

殺菌と消臭効果で生活にも有効活用するカテキン

健康だけではなく、暮らしにも役立つカテキンの力‼

カテキンの効果が、健康維持に役立つことは知られています。

しかし暮らしの中にも、カテキンの力を生かすことができるのです。カテキンが持つ、殺菌効果が大活躍です。

たとえば掃除です。緑茶で絞った雑巾で拭き掃除をすると、殺菌と消臭になります。

それに加えて、お茶の香りでリラックス効果も出てくるのです。

お茶を使ったその他の掃除法としては、雑巾を使わずに床の上に茶殻をまき散らし、ゴミと一緒に掃き集めます。

こうすることで埃がふわふわと舞い上がらずによく取り除かれるのです。もちろん緑茶の爽やかな香りが、ほのかに残ります。

なお茶殻は水分をよく切ってから使用します。

また、茶殻を乾燥させて室内に置くだけでも、消臭剤代わりになります。

そして、乾燥した茶殻をガーゼなどに包んでクローゼットに入れておきますと、除湿や防虫にもなります。

お茶殻を上手に使うことで、けっこう家計の節約につながることにもなりますね。

まだまだあります。茶殻を湿らせて、オーブントースターに入れてしばらく熱しますと、部屋の臭い消しになると同時に、オーブン内の消臭にもなります。

それから、油で汚れた食器などを茶殻でぬぐい、一緒にお湯や水で洗い流すと、さっぱりします。手荒れの心配が無くて便利ですね。

飲んだ後の茶殻に含まれるカテキンにも注目し、暮らしの中でも生かしていきたいものです。

たまには、お茶ダイエットだけでなく、部屋の消臭をしてリラックスしたりするのも、ストレス解消にもなってとても良いですよ。

お茶ダイエット関連のおすすめ記事

神仙桑抹茶ゴールドの効果で肥満予防

2018.03.04

ダイエット茶に含まれている成分とは?

2018.02.20

中国茶の種類や効能をチェック!

2018.02.20