中国茶の種類や効能とは?特徴、歴史、ルーツ、産地、発酵方法は?

中国茶の種類や効能ってどんなのがあるのか知っていますか?

日本で普通に飲まれている緑茶も、中国がルーツですし、ヨーロッパで愛飲されている紅茶もなのですよ。

中国茶には、黒茶、紅茶、緑茶、青茶、白茶、黄茶と分類されていて、それぞれ作り方、発酵の仕方が違います。

そうしたことによって、色や香り、もちろん味も変わってきます。

そして効果や効能も変わってきますので、ここでは黒茶、紅茶、緑茶、青茶、白茶、黄茶とひとつひとつ詳しく解説していきたいと思います。

味わいを楽しむ日本茶ですが、香りを楽しむ中国茶にも、是非挑戦してみてくださいね🎵

世界で愛飲されている中国茶とは?

まず中国茶(ちゅうごくちゃ)というものは、中国大陸更に台湾で創り出される茶の総称のことを言います。

しかし、台湾オリジナルのブランドとなる凍頂烏龍茶や、台湾独自の製造方法で作り上げられる東方美人など、台湾で作り出される茶を中国大陸の茶と区分けして台湾茶の名称を用いるケースもあります。

ですが一般的に中国並びに台湾で製造が行われ、および敬愛されて飲まれるものを中国茶として記述されています。

主に6種類に分けられています!

近年、中国茶として飲まれるものを一つ一つ選り分けると数千種にも達するとされていますが、製法によって、白茶、黄茶、青茶、黒茶、緑茶、紅茶の6種類に区分けされています。

それらのものを六大茶類と呼びますが、六大分類は発酵のレベルにより、区別していることとなっています。

白茶は微発酵茶、黄茶は弱後発酵茶、青茶は半発酵茶、黒茶は後発酵茶、そして緑茶は不発酵茶、紅茶は全発酵茶になります。

それらの中国茶は、中国や台湾だけでなく、様々な国で愛されている飲み物とされて人気を誇っています。

中国茶は歴史も長く、健康や長寿にも効果的でダイエットにも効能があるとされていますので、日本でも人気の飲み物になっていますね❗

黒茶の特徴や効果について!

中国茶は作り方によって、さまざまな種類のお茶ができます。黒茶もその一つです。

黒茶と紅茶は同じ発酵茶として良く似ていますが、発酵方法が異なるお茶になります。

雲南省が、黒茶の中でもとても有名です。ほかにも、広西省、四川省、湖南省もあります。

タイやミャンマーでは、食用としても使用されているそうですよ。

日本にも黒茶はあるの?

日本でもほんのわずかではありますが、黒茶は製造されています。四国で製造されており、徳島県にある阿波番茶は黒茶と言われています。

緑茶の種類である番茶と阿波番茶とは、作り方が異なると言われています。

プーアール茶も黒茶の種類になります。

長時間熟成させて黒茶は作られます。プーアール茶は熟成されているため、他のお茶にはない独特な風味があります。

香りは、ちょっと土っぽいような感じでしょうか。このプーアール茶独特の香りを、陳香と呼ぶそうですよ。

独特な香りを好まない方もいらっしゃいますが、飲んでいくうちに癖になってしまうという方もいます。

後発酵茶が作り出すお茶は、脂っこい食事によく合うとされていて重宝されています。

さらにプーアール茶は最近、ダイエットにも効果的とされていますよね。

中国茶の効能とは?

美容や健康にも効果があるとされています。ですので、中国茶に非常に興味を持たれている方もたくさんいると思います。

実際、中国茶の効能は素晴らしいものばかりです。

ミネラル濃度がとても高く、血液循環の改善やお通じの改善、快眠と言った効果も期待できます。

また熟成させる黒茶は、脂肪分解作用があるとされていて、ダイエットに効果的なんです。

お茶は普段からみなさん飲んでいますよね。

そのお茶を定期的に黒茶に置き換えてみるだけでも、美容や健康に効果が発揮できるのではないでしょうか?

お茶は普段の生活に取り入れやすいですよね。自分でティーバッグで作る方法もありますし、市販のものを買って飲むこともできます。

食事前や食事中に一緒に飲むことによって、ダイエット効果や健康効果を期待できますから、今からでもすぐに始められますよ。

黒茶の特徴や種類について

黒茶は、微生物を発酵させるこだわりの強い発酵方法で、作っている中国茶になります。

こちらの発酵により、黒茶は重厚な陳香と呼ばれる芳しさと奥行きのある風味を生み出しています。

日本人には、飲みづらいイメージの強い黒茶ですが、長い間貯蔵されている黒茶は、飲みやすく柔らかい印象があります。

近年、中国で黒茶は、四川省、雲南省、広西区、貴州省、湖南省、湖北省、などで作られています。

はるか古来より、黒茶はいろいろな民族や人種に提供することを考慮して作られてきたので、民族の伝統や文化を考慮して何種類もの黒茶が制作されています。

後発酵茶 黒茶 は、緑茶の製造過程の最中に微生物などの発酵を取り入れることによって出来たお茶になります。

黒茶(お湯は95~100゜Cで)で飲むのが相応しい温度です。

日本人好みに製造された美味しいプーアル茶は、飲みやすくダイエット効果も高いのでおすすめです。

黒茶の種類とは?

黒茶で一番代表的なのがプーアル茶ですね。

酸化による発酵をやめて、水分が残った状態の茶葉を堆積して、湿気の多いところで1年から長いもので25年くらいの年月を寝かします。

黒麹菌と呼ばれる細菌が茶葉に付着して、黒い状態になり発酵します。

沱茶(とうちゃ)
沱茶とは緊圧茶の一つになります。(プーアル茶を素材としている緊圧茶)
下関永昌祥や復春和といわれる茶の商社が、今のお椀型を作成されたと言われています。雲南省下関で作っているものが、1~2級の散茶をもとにして、白毫がたくさんあり、陳香が嵩み、美味しくてクオリティがひときわ素晴らしいとされています。

七子餅茶
七子餅茶も緊圧茶の一つになります。緊圧茶の中において、もっとも高額で価値の高いものになります。七つごと束として、竹の葉で包み込んでいたことにより、七子餅茶と呼ばれる命名されたと言われています。

緊茶(きんちゃ)
緊茶とは、団茶から遷移した緊圧茶の一つになります。中心的な出荷先はチベットとされていて、清代の時代の頃から、現時点のキノコ型になりました。

康磚茶(こうたんちゃ)
康磚茶は、四川省雅安、楽山などで生成されている南路辺茶で4月頃に摘まれる茶葉で作成されたクオリティが高い緊圧茶になります。

黒磚茶(こくたんちゃ)
黒磚茶とは、1940年頃から花磚茶をベースに、茎がたくさん含有される低レベルの黒毛茶を素材として、生産されています。

金尖茶(きんせんちゃ)
金尖茶とは、四川省雅安、楽山などで主に生成している南路辺茶で、5月頃に摘まれる茶葉で制作された緊圧茶となります。

茯磚茶(ふくたんちゃ)
茯磚茶は、湖南省の安化、益陽・臨湘、四川省都江堰、北川、平武などで生産されている茶になります。ウイグル族が、よく好んで飲んでいるお茶で、発花というプロセスによって、金花と称されるカビが繁殖されて、凝りに凝った香しさの菌花香がします。

方包茶(ほうほうちゃ)
方包茶は、四川省都江堰、北川、平武といった地域で、生産されている西路辺茶の一つです。茎がたくさんあり、重さもかなりありますので、保存は竹籠に入れています。

方茶(ほうちゃ)
方茶とは、ネーミングでも分かるように、正方形の形をした黒茶になります。古くは、福、祿、寿、喜などの、縁起の良い四つの文字が、描かれていました。

湘尖茶(しょうせんちゃ)
湖南黒毛茶の一から三級を素材として、湘尖一から三号を生産しています。これまでには、茶葉の熟成度やサイズなどでにより、芽尖、白毛尖、天尖、生尖、掴尖、貢尖、郷尖、の7種類に分類されていました。

花磚茶(はなたんちゃ)
花磚茶は、黒毛茶を蒸らした状態から、収縮させた緊圧茶になります。

花巻茶(はなまきちゃ)
花巻茶とは、百両茶の10倍のサイズにして千両茶に、清の時代から生産されていたとされています。

青磚茶(せいたんちゃ)
青磚茶は、老青茶と呼ばれる黒茶をベースに、原材料として生産されています。川の字が描かれているのが、印象強いお茶になります

六堡茶(ろっぽちゃ)
広西区の蒼梧県六堡郷と呼ばれる地域で、たくさん摘みあげた大葉の種類といわれる茶葉で、生産されている籠入の緊圧茶になります。

中国茶のひとつ黒茶の生産地は?中国雲南省。黒茶の生産地は、主にプーアル茶を生産している雲南省が、まず挙げられるくらい有名になります。

今日の中国の黒茶は、四川省、雲南省、湖南省、広西区、貴州省、湖北省、といった地域で生産されています。

黒茶は種類も豊富で、値段も安いものから高いものまで、ピンキリですので選ぶのが迷ってしまいます。

綺麗な空気と環境で生産される、黒茶の代表的なプーアール茶は、健康やダイエットだけでなく、長寿、ストレス緩和など、あらゆる作用が効くことでも有名で、人気のあるおすすめのダイエットティーといっても良いでしょう!!

紅茶の特徴と効果とは

みなさんは紅茶を知っていますよね。ティータイムの時に一緒に飲んだり、ケーキと一緒に飲んだり、今日本ではなくてはならない存在になっていますよね。

この紅茶は実は、中国茶の種類の1つだという事を知っていましたか?

紅茶は、茶葉を発酵させた独特の香ばしい香りがします。

中国茶の紅茶は、一般的な普通の紅茶と違って、そのままストレートで飲むのが基本です。

しかし、好みによってはレモンをいれたり、ミルクや砂糖をいれたりして飲むこともできます。

インドなどで作られている紅茶と違って、中国の紅茶は、タンニンが少なく、渋みがあまり感じられないと言われています。

紅茶の歴史について

紅茶と言えばイギリスが有名ですよね。しかしイギリスの紅茶はもともと中国の紅茶を輸入していたと言われています。

その中国で紅茶ができたのは、武夷茶と言われています。中国が発祥地とは私も知らなかったので、驚きでした。

イギリスやインドなどと思っていました。紅茶は、摘み取った茶の葉と芽を乾燥させ、そして発酵させ、またさらに乾燥させたお茶です。

中国で有名な紅茶と言えば、キーマン紅茶、雲南があります。インドやスリランカの紅茶と比べて茶葉が細かいものが多いと言われています。

渋みも少なくとても飲みやすいですよ。また紅茶は烏龍茶とよく似た効能を持っていると言われています。

酸化酵素の働きで、茶葉の成分が変化し、独特の香りや味になります。確かに紅茶や烏龍茶は独特な香りがしますよね。

日本や中国の紅茶の違いについて

カテキンが少ないのも特徴です。抗酸化作用や抗がん作用などにも、とても効果的です。

紅茶は、日本でも幅広く取り入れられています。イギリスやインドが有名ですが、中国と合わせて世界三大紅茶の産地としても有名です。

日本では、イギリスやインドの紅茶が主流になってきている傾向もあります。

中国の紅茶は独特な香りがするので、苦手な方もいるようです。

しかしどの紅茶の完全発酵させて作られており、健康や美容に関してとても大きな効果が期待できます。

健康のことを考えて、日々の生活習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

紅茶の発酵方法や産地や歴史について

茶葉を完全な状態の、100%で発酵させて出来たお茶が、紅茶になります。特徴として、他の中国茶とは違う風変わりな匂いや香りがします。

他の茶葉との大きな違いとして、最後まで発酵をするため、発酵を制御したりしないので、釜で焙る工程が一切ないのが特徴になります。

中国茶の紅茶は、一般的な紅茶とは異なり、普通にストレートで飲むことが多いのですが、好きなように通常の紅茶として、レモンやミルクなどを入れて飲むのも美味しいと思います。

お茶の効能として、脂肪分解をしてくれる働きがありますので、ダイエット茶としても飲まれています。

さらに、抗酸化防止の効果により、美肌効果も期待できます。

インド産のアッサムやダージリン、スリランカ産などの紅茶と比べると、タンニンを抑えてありますので、味は渋みがなく甘くスッキリとした印象です

種類ですが、小種紅茶、紅砕紅茶、工夫(クンフー)紅茶、に区分されています。

完全発酵茶 紅茶は、茶葉をきっちりと最後まで発酵させて出来るお茶になります。中国茶の紅茶から世界に広まったとされています。

紅茶(お湯は95~100゜Cで)と、若干高めの温度で飲むのが適温とされています。

紅茶の産地や歴史とは?

中国の紅茶といえば、福建省の武夷山、星村で生産されている正山小種(ラプサンスーチョン)が高い人気を誇っています。

また、人気が高い紅茶として、安徽省で作られている祁門紅茶(きーむんこうちゃ)があります。

紅茶と尋ねられると、イギリスと答える方が多いと思いますが、英国の紅茶についていうと、本来は中国の紅茶を輸入していたものになります。

過去に起きたアヘン戦争で、イギリスが紅茶の料金を払えなくなり、代金をアヘンで代用したことにより起きた戦争になります。

それ以降、イギリスの植民地とされていたインドのアッサムやダージリン、スリランカのセイロン等で、紅茶を生産し始めました。

緑茶の特徴と効果について

中国茶を大きく分けると、6種類になります。そのうちの1つが緑茶です。緑茶は中国茶の中でも一番飲まれているお茶です。

日本でも緑茶を飲んでいる人はたくさんいると思います。緑茶は不発酵で作れられています。

まったく発酵されていません。日本茶は蒸すお茶ですが、中国茶はほとんどのお茶が釜炒りによって作られています。

緑茶にはたくさんの成分が含まれています。カテコール、ビタミンCが特に豊富だと言われています。新鮮で香ばしい香りのするお茶ですよ。

日本で一番有名な緑茶とは?

日本でも緑茶はとても有名で、ダイエット効果を期待できることからとても人気のお茶です。中国の緑茶は日本と同じように、一番多く生産されています。

中国での緑茶は、香りを大切にしてつくられています。日本の緑茶は、味ですよね。

産地や種類によって、いろんな香りが楽しめる中国の緑茶は、とても多く飲まれているお茶です。

緑茶には、カフェインがたくさん含まれています。カフェインを含んでいる飲み物を飲むと、頭がすっきりするとよく言われますよね。

緑茶の場合は、イライラした気持ちが落ち着くような効果があるとされています。

リラックス効果をもたらしてくれるテアニンとは?

リラックス効果をもたらしてくれる、緑茶の中に含まれているテアニンが近年、とても注目されています。

テアニンには気持ちを落ち着ける作用があり、リラックス効果が期待できます。

緑茶の生産地は、中国茶を作っている所であればどこでも作っているほど有名です。

歴史も古く、中国茶の製法の基本となっています。緑茶は、甘い香りと磯の香がする特徴的なお茶です。

中国と日本での緑茶の違いに疑問を持っていた方は、作り方に違いが分かったのではないでしょうか?

日本でも緑茶は健康や美容に良いお茶としてとても有名です。

作り方は違っても、含まれている成分が同じものが多く、リラックスをもたらしたり、ダイエットにも効果を発揮するお茶です。

気になっている方がいるなら、一度試してみてはいかがでしょうか?

日本でも馴染みの深い緑茶のルーツについて

中国の緑茶ついて言うと、日本と一緒で最も多く大量に生産していて、一番飲まれているお茶になります。

日本のお茶と比較しての違う部分は、香りを大事にするということになります。

逆に日本のお茶に関していいいますと、味わいに重きを置いているような気がします。

中国の緑茶は生産地や品種から、たくさんの香りを堪能することができます。中国緑茶の楽しみの一つといってもいいでしょう。

緑茶の生産している地域は、中国茶を作り上げている省では、絶対作っているほどです。そして、歴史もかなり長く、中国茶の基本の製作方法といえます。

わが国では、中国茶と尋ねられると、烏龍茶と思い浮かべる方が多いと思いますが、 中国では緑茶が、日本と同じように、一般的な中国茶になります。

日本のお茶のルーツとしても有名な、中国の緑茶を、一度は堪能してみると良いと思います。

最近では、日本でも、中国の緑茶を支持するファンも増えてきました。

茶カテキンを豊富に含む緑茶は、ダイエット茶としても、中国としても有名です。

不発酵茶 緑茶 は、茶葉を摘み取った後に、直ぐに釜炒りと言えるものをして、発酵をさせないお茶になります。

緑茶は、普通は70~80℃が適温になりますが、新茶を飲む場合は、若干低めの60~70℃が適温になります。

中国の緑茶の味とは?

ナチュラルで艶があり、新鮮な香りのする味になります。先程もいいましたが、中国でいちばん飲まれている中国茶が緑茶になります。

中国茶の総生産量の80%が、こちらの緑茶になるのだから、本当にびっくりですよね。

烏龍茶やダイエット プーアール茶よりも、たくさん飲まれているということになります。

摘み取った際に、発酵をしないで作る工程に関しましては、日本の緑茶とほぼ同じです。

しかし、日本で作る緑茶は、蒸して加熱する方法に対し、中国の緑茶は炒る方法をとります。

この製法が違うことにより、香りや味わいが変わってくるとされています。

洞庭湖付近の碧螺春、杭州近郊の龍井、黄山の毛峰が人気の中国緑茶の産地になります。

青茶の特徴と効果について

青茶(ちんちゃ)という言葉はなかなか日本では聞きませんよね。

中国茶の種類の中の1つです。主なお茶は烏龍茶で有名です。

この烏龍茶の俗称を、青茶と言います。

中国の福建省を代表するお茶で、福建省から台湾へ移住した人が多いことから、台湾でも有名なお茶となっています。

ウーロン茶は発酵して作られるのですが、半発酵茶と呼ばれることもあります。ほかに有名なお茶で緑茶がありますが、緑茶は不発酵茶です。

台湾の烏龍茶が有名!

日本では、台湾の烏龍茶が比較的多く売られているように思います。

台湾の烏龍茶は、発酵度が軽く飲みやすいと言われているそうです。ですので、日本でも多く販売されているのでしょう。

これから中国茶を試してみようと思われている方は、台湾の高山烏龍がおススメですよ。

華やかな香りで渋みも少なく、茶葉の自然な甘みがとてもおいしいお茶だそうです。

青茶は発酵度が15パーセントから70パーセントと幅広くあります。

さらに種類もたくさんあり、その種類によって発酵度が違うので共通した特徴があまりないとも言われています。

香りが花香と言われる花の香りと、乳香と言われる練乳のような香りと、香りにもたくさんの種類があります。

ポリフェノールが豊富に含まれている!

青茶には、ウーロン茶ポリフェノールが含まれていて、中性脂肪を減少させる働きがあると言われています。

生活習慣病の予防にも効果があると言われており、日本でも幅広い年代から飲まれているお茶ですよね。

ダイエットにもとても効果的とされており、食事と一緒に烏龍茶を飲んでいる人もたくさんいると思います。

しかし、日本に広まってからは、体内の脂肪を分解してくれる効果がないとも言われています。

分解する効果はなくても、分解を助けてくれる作用はあるので、ジュースや炭酸飲料を飲むより、ダイエット効果は期待できるのではないでしょうか。

それ以上に、老化を進行させる活性酸素の発生を抑えてくれる働きが烏龍茶にはあります。

ダイエットというより、美容のことを考えて飲むととても効果的と言えそうですね。

青茶の歴史や制作方法について

青茶と聞かれると、飲んだことないしわからないな~と答える方が多いと思われますが、実は青茶、日本ではたくさんの方に飲まれていると思います。

というのも実は、青茶、中国語ではチンチャといいますが、日本では烏龍茶という名称で販売されています。

中国の福建省で生産されているお茶で、近年は、中国から移住した方が台湾でも生産されたことにより、台湾では一般的なお茶として飲まれています。

日本においては、台湾の烏龍茶がわりとたくさん輸入されていることと、台湾の烏龍茶は、発酵度がライトなので飲みやすいと、人気が高いです。

中国の烏龍茶において、よく飲まれているのが、鉄観音になります。

烏龍茶の本元とされている武夷岩茶は、発酵度を強く作られていますので、希少価値もあり値段も高いです。

本当に青茶が大好きな方には、人気があり支持されています。

はじめて中国茶の青茶に挑戦しようと思っている方は、台湾の高山烏龍茶がイチ押しかと思います。

香りも晴々しい感じで、渋みも抑えめで、たいへん飲みやすく美味しいです。

半発酵茶 青茶は、茶葉を天日干しや庫内などで発酵をさせて、発酵度数が100%になる前に、釜炒りをすることによって、出来たお茶になります。

青茶(お湯は70~100゜Cで)と、やや高い温度で飲むのが適温になります。

青茶の味や特徴とは?

青茶の特徴として、発酵度が15%~70%と広範囲の制作方法により作られているため、種類が豊富にあります。

香りや匂いも色々なバリエーションの種類がありますので、味に関しましても、色々と楽しめると思います。

発酵の度数、パーセンテージによって、美味さ、匂いはさまざまになります。

例を挙げると、東方美人の発酵度は80%ほどになります。鉄観音は、40~50%くらいの発酵度になり、文山包種茶は、20%ほどの発酵度です。

発酵度が高いと、味が濃く渋くなる傾向があるとされています。

青茶の効能について

青茶の中には、烏龍茶ポリフェノールが豊富に含有されていて、血液中の中性脂肪をカットすることにより、生活習慣病や肥満予防など、ダイエット茶 効き目があるとされています。

それと、老化に良くないとされる、活性酸素の働きを抑制する効果があるとされ、アンチエイジング効果もあります。

女性にはたいへんうれしい美肌 効果があり、美容にも良いとされています。

白茶の特徴と効果について

みなさんは白茶を知っていますか?あまり聞かない言葉ですよね。白茶は中国茶の種類の1つです。

福建省の特産品となります。福建省以外の地域では、ほとんど作られていないと言われています。

白茶の色は、純白がいいとされているそうです。今の中国茶の白茶が緑茶に似ていると言われています。

代表的なものは、白豪銀針と言われるもので、新芽だけを使って作られていることで有名です。

茶摘みの期間を間違うと、その年は白茶は作れないという生産量も少ない商品になっています。

だから、日本ではあまり見慣れないのかもしれませんね。

白茶の歴史について

白茶は、1910年~1920年くらいにとても人気があったと言われています。

しかしその後戦争があり、お茶の生産量も極端に減ったそうです。

しかし、この白茶は、香港ではよく飲まれているそうです。暑い日は特によく飲まれていて、ストレス解消の効果があると言われています。

ほかのお茶とは違い、茶葉そのままの姿で出荷され、お湯を注いで茶葉が揺れて動く様子を楽しめるようになっています。

そのためか、日本では女性に人気がでできており、近年発売も増えてきています。高品質の白茶は白色ではなく、ヒスイ色をしていると言われています。

薄い緑色ですね。萎凋工程で風通しが悪かったり乾燥しすぎると、色がヒスイ色にならず、グレーっぽい色になることもあるようです。

白茶は子供でも飲める中国茶

白茶は、見た目に白いというだけではなく、緑茶に似ていますが加工過程は異なります。白茶は子供でも飲める中国茶としても人気がでてきています。

特に先に挙げた白豪銀針は、白茶を代表するお茶で、王様とも言われています。

古くから皇帝たちにも飲まれており、献上茶としても有名でした。

この白茶には薬としても効果もあります。中国では、はしかの治療に効果的とされていました。なかなか、普段の生活では飲む機会は少ないかもしれません。

しかし、ストレス解消の効果も期待できるほどですよね、じっくり家で飲んでみるのもいいのではないでしょうか。

白茶の歴史や特徴

福建省の特産物で、これ以外の場所では、おそらくあまり制作されていないとされています。

白茶 色は、中国宋代の徽宗帝が記した大観茶論においては、茶の彩りは純白を最上として本当の色とされる、とあります。

そして、宋代においては、茶の良いか悪いかを競わす「闘茶」が建安でスタートして、蔡襄(さいじょう)が書き下ろした茶録によりますと、味の良否だけじゃなく、色味も重要であって、青白が黄白に勝つとされています。

皇帝に茶をたてていた時期は、雪芽(せつが)と称されていましたので、近年の白茶とは異なります。

現在の白茶は、宋代の緑茶の銀糸氷芽、三色細芽が最初とされています。

新芽のみを使用して作成しているため、茶の摘み取りの時期を失敗しますと、その年は作れない貴重な中国茶です。

福建省で生成されていて、福建雪芽、寿目、白牡丹、白毫銀針といった白茶が有名になります。

微発酵茶 白茶は、茶葉を摘みとりが済んだら、しばらく天日干しをして発酵させたお茶になります。

白茶(お湯は65~75゜Cで)で飲むのが相応しい温度になります。

白茶の味とは?

品のある感じで、淡白な風味があるとされています。

人為的な酸化発酵を促進させて出来る青茶とは異なり、製造行程はシンプルで、ある程度日光に晒してしおらせたら、ほんの少し発酵をおこない制作します。

茶葉はその名前が示す通り、新芽の白毛が伸びています。新芽の旨みを封じ込めているのが特徴のスッキリした心地良い味わいのお茶になります。

黒茶のプーアル茶や緑茶と違い、白茶は日本では馴染みが薄く飲み慣れていないですが、中国では代表的なお茶になります。

白茶の効能として、解毒作用、解熱作用があるほか、ガンを抑制する働きがあるとされています。

中華料理のお店や、デパートで見かけたら飲んでみてはいかがでしょうか。

わたしは、緑茶や黒茶が大好きで、あまり白茶 味は舌が合わなかったみたいですけど、友達は美味しいといっていました。

黄茶の特徴と効果について

お茶は、飲み物の中でもコーヒーと並んでよく飲まれている飲み物です。

お茶を飲まない国はないとされているくらい生産量も多く、世界中の人々によって消費されています。

中国茶には6種類の代表的なお茶があります。黒茶、緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶の6種類です。

どれも代表的なお茶ですが、今日は黄茶について調べてみました。

黄茶の種類について

黄茶には、たくさんの種類があると言われています。しかしほとんど知られていません。

君山銀針が唯一、中国十代銘茶としても有名なお茶です。

湖南省の洞庭湖の君山島で作られているお茶で、生産量も非常に少ないです。

その中でも高級品のお茶は、欧米や国内の愛好家の人たちで飲まれています。

殺青で発酵を止め、悶黄と呼ばれる熟成工程を経て作られます。黄茶の過熱処理は、とても低い温度から始まります。

そして徐々に温度を上げて、そしてまた徐々に温度を下げて作られていきます。

この黄茶は、茶葉とお茶の色が黄色になるので、黄茶と呼ばれています。

見た目は緑茶で中国茶と似ている部分もありますが、最近では緑茶ブームにのって、黄茶も緑茶に近い味のものが増えてきているそうです。

黄茶のビタミンが豊富でリラックス効果も!

黄茶の中でも代表的な君山銀針には、体内にこもった熱を排出してくれる働きがあります。

ですので、解熱効果が期待できると言われています。また、栄養も豊富で、特にビタミンが豊富とされています。

血液をきれいにしてくれる効果が期待でき、内臓を浄化してくれる作用もあるそうなんです。湿疹も抑えてくれると言われています。

こんなにたくさんの効能があるなんて、本当にすごいですよね。また、どのお茶にもありますが、リラックス効果を促してくれる作用が期待できます。

急須にいれるだけでもおいしく飲めるお茶です。上記の効果が気になるかたはぜひ、試してみてください。

普段なかなか飲めないお茶を、生活に取り入れてみるのも、新鮮でいいものですよ。おススメのお茶です。

黄茶の製造工程と味について

黄茶の製造方法には、殺青と呼ばれる発酵を一旦止める工程、揉捻と言われる香りを良くする作業をします。

そして悶黄とよばれる、こだわりのある工程作業が加わることによって、ほかとは異なった味や、色味の中国茶を作り出しています。

中国において、茶の葉が黄色いのと、茶の色合いが黄色いことから、黄葉黄湯と呼ばれる言葉があります。

黄茶は、歴史が古く、清代の時代に、曹雪芹が執筆した、長編小説の紅楼夢にもでてきます。

弱後発酵茶の黄茶は、緑茶の製造過程が終わった際に、悶黄と呼ばれる、独特の工程で発酵をおこなって、出来たお茶になります。

黄茶(お湯は65~75゜Cで) は、緑茶と比べると、若干低めの温度設定で飲むのが、ベストと言われています。

黄茶の味とは?

味わいは緑茶に酷似していますが、色みも黄金色と、とても綺麗で、こだわりのあるお茶になります。

しいていえば、緑茶と黒茶(プーアール茶)の間のような特徴のあるお茶です。

効能も両方の効果を併せ持っていますので、ダイエット茶として、美肌や健康にも効果的だといえます。

緑茶を、ほんの少し湿った布によって茶葉を覆い、高い温度で湿度の高いところに、短くて30分、長くて4日ほど放っておくことにより、発酵させます。

ダイエット プーアル茶ほど発酵させないので、そこまで渋くない印象になります。

古くは、皇帝が好んで飲まれていたとされ、献上していたとされるくらいの、高級茶とされていました。君山銀針などが有名になります。

お茶ダイエット関連のおすすめ記事

中国茶の魅力や歴史について!種類、味、香り、飲み方、淹れ方とは?

2018.03.08

ダイエット茶に含まれている成分(霊芝、サラシア、決明子など)とは?

2018.02.20

茶カテキンのダイエットの効果や効能とは?殺菌効果や口臭予防にも!

2018.02.19