ドクダミ茶の十薬と呼ばれる効能とは?

この記事は約 8 分で読めます。

ドクダミ茶というと、昔からあるお茶で聞いたことがある方も多いかと思いますが、名前からして毒々しいというか敬遠されがちですよね。

でも、なんかカラダによいのは分かっているし、十薬と呼ばれるくらいだから凄い効果もあるんだろうなと思っている筈です。

しかし、こういうのって味が美味しくないと長く続かないのが弱点といっても過言ではありません。でも、本当に美味しくないのかなあ。

そこで、ドクダミ茶の味や香り、成分、特徴、カフェインありなし、副作用など、いつものように詳しく調べてまいりました。

詳しく解説していきたいと思いますので、是非参考にしてみてくださいね🎵

ドクダミ茶について

老若男女問わずに人気のあるドクダミ茶!今、改めてドクダミ茶の人気が上がってきています。

本来、日本では昔から健康のためにドクダミ茶を飲用している人が非常に多くいませいたが、研究が進みより様々な効果があることがわかってきたので、昔よりもさらにユーザーの幅を広げて人気が出てきています。

今回は、そんなドクダミ茶に含まれる成分とそれに伴う効果について紹介していきたいと思います。

ドクダミ茶の成分や効果って

ドクダミ茶は健康茶としても有名で、昔から飲まれているお茶ですよね。

どくだみという草を煎じて、お湯で抽出したものがどくだみ茶です。

どくだみの草は、日本全国どこにでも自生していますが、薬のような独特なにおいがする多年草です。

このドクダミ茶にはいったいどのような効果があるのでしょうか。

成分や嬉しい効果を知っとこ!

ドクダミには、それだけで10を超える薬草のような効能があると言われており、昔から「十薬」と呼ばれたくさんの人に親しまれてきました。

生活習慣病など、様々な病気の心配がある昨今の日本では、とてもありがたい存在だと言えます。

ドクダミの摂取方法は、主にお茶にして飲用することです。

飲み始める方の理由は様々で健康茶として飲み自身の体の健康を考える人もいれば、その高いデトックス効果で美容効果を得るために始める人など本当に様々なものがあります。

自然界に自生している天然の植物なので、副作用も少なくカフェインも含まれていないので、どんな人でも安心して飲むことができるのが嬉しいところです。

ただ、高い利尿作用やデトックス効果の部分で下痢になってしまう可能性があるので、普段からお腹の調子が悪く下痢気味の方は飲む量を減らすなど調整が必要になってくるので注意が必要です。

逆に便秘気味の方は積極的に飲用し、便秘を解消すると良いかもしれません。

成分に伴う効果

ドクダミにはカリウムやカルシウム、鉄分にマグネシウム、ビタミンなど人間が生きていくのに必要な栄養素が非常に多く含まれています。

摂取することによって、得られる効果も多いのが特徴です。

まず、血圧の調整をしてくれます。高くなるのも低くなるのも上手に調整してくれるので、それだけで多くの病気を予防することができます。

カルシウムで骨は丈夫になり、骨粗鬆症なども予防できるなど、将来的にも健康でいられる秘密が詰まっています。

また、上記にも記載していますがデトックス効果…つまり老廃物除去作用もあるので、肌荒れ防止やダイエット効果など女性に嬉しい効果もしっかりと備わっています。

これらを参考に、ぜひドクダミ茶の飲用を始めてみてはいかがでしょう?

もちろん飲みすぎは良くないので、適度に自分で調整して飲むようにすれば、きっと健康で美しい状態を保てるはずです。

十薬と呼ばれるドクダミ茶の様々な効果!

どくだみ茶は、別名「十薬」と呼ばれているほどたくさんの効果が期待できます。

利尿作用、便秘解消、むくみ予防、腎機能向上、風邪、解熱作用、冷え性、美肌効果・・・と、挙げればきりのないくらい、十薬以上の効果があります。

どうしてドクダミ茶にこんなにたくさんの効果があるのかと言うと、それは含まれている成分にあります。

どくだみ茶には、カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛、マンガンなどのミネラル分が豊富に含まれています。

そしてミネラル分以外にも、天然抗酸化物質フラボノイドの成分まで含まれています。

カリウムは、血圧を安定させてくれたり、女性であれば骨粗しょう症の予防にもつながります。

また、カルシウムは人間の体にとても必要な成分で、骨の形成や体内酵素を活性化させてくれると言われています。鉄分は貧血予防になりますよね。

フラボノイドの成分は、利尿作用や血圧低下、便秘解消などに効果を発揮すると言われています。

美容効果は相乗効果として得られる

これだけでもほんの一部分ですが、ドクダミ茶には本当に様々な成分が含まれており、それらによって効果が生まれているのがとてもよく分かります。

美容効果ですが、これはとくに何か特別な成分が含まれているわけではありません。

利尿作用や便秘解消などの効果が得られると、必然的にお肌の調子もよくなってきます。

相乗効果で得られるのが、美容効果というわけですね。

ほかにも相乗効果でニキビ改善やアトピー改善など、たくさんの効果が副産物として期待できるんですよ。

驚くほどたくさんの効果があるどくだみ茶ですので、毎日の飲み物をどくだみ茶に変えるだけで、知らないうちに体調がよくなっていたということがあるかもしれないですよ。

ドクダミ茶の特徴とは?

ドクダミ茶は、健康茶と言っても過言ではないくらいのお茶です。

デトックス効果が期待できることから、女性からの根強い人気があります。

ドクダミの草は多年草ですが、解毒作用の効果があり、便秘解消やニキビ改善、デトックス効果による美肌、美容改善に効果があると、今とても注目されているお茶です。

ドクダミ茶で毒出し 注意点や特徴について

今や日本で一番注目されている健康茶!最近は生活習慣病なども多く存在し、健康に気を使う人が増えてきました。

そこで注目を浴びているのがドクダミ茶です。

今や日本で一番有名な健康茶と言っても過言でないくらいの人気を誇っています。

日常的に飲めるお茶で健康を維持できることもあって、若い方から年配の方まで幅広い層の方たちがこのドクダミ茶を飲んでいます。

今回は、そんなドクダミ茶の元であるドクダミが持つ成分と効能など、特徴について紹介していきます。

デトックス効果に期待大!

ドクダミ茶で一番注目されているのがデトックス効果です。

天然の植物の中でもかなり高いデトックス効果から便秘改善やニキビなどの肌荒れ対策まで、様々な効果があり若い女性に人気があります。

実際に使っている人の中でも、肌荒れに悩みを抱えていた人はかなり多く、このドクダミ茶を飲むことで改善された人も多くいて、様々な方のブログなどでも紹介されることが多いです。

利尿作用もあることから解毒作用もかなり高く、体内に溜まった毒を排出してくれるので、健康に役立ちます。

配合されている成分にはカリウムや鉄分、カルシウムなど健康に必要な成分が豊富に含まれているので、将来的に骨粗鬆症などの予防にも役立ちます。

また、別名が十薬と呼ばれるほど昔からその効能は評価されており、親しまれてきました。

妊婦さんなどの抱える心配について

妊娠中は得にカフェインの過剰摂取が危険とされています。

主にお茶と呼ばれるもののほとんどにカフェインは含まれており、妊婦さんはなにを飲んだらいいのかと悩むかたも多いことでしょう。

そこでおすすめなのがドクダミ茶です。

ドクダミは自然に自生している植物なので副作用の心配も少ないですし、なんとブレンド茶でない限りそのほとんどがノンカフェインなのです。

そして、この豊富な栄養素…というわけで妊婦さんにも安心して飲んでいただけるかと思います。

また、小さなお子様にも飲んでいただくことが可能なので、家族そろってドクダミ茶を飲んで健康に暮らすことができます。

ドクダミとはどんな植物なの?

ドクダミの草は、日本にも自生していますが、中国やヒマラヤ、東アジアなどにも広く自生している植物です。

日本でも、古くから薬として用いられてきました。

皮膚の炎症を防いだり、水虫などの外用薬として活用されることが多かったようです。

ドクダミ茶は、十薬と言われるほどたくさんの効果効能を持っています。

デトックス効果からの美容・美肌効果もありますが、生活習慣病の予防にまで広げて効果を発揮してくれます。

ドクダミ茶にはさまざまな成分が含まれていますが、フラボノイドの一種である、クエルチトリン、イソクエルトリンという成分が含まれています。

これらの成分は、毛細血管を強化してくれたり、血液循環をよくしてくれ、血液を浄化してくれる特徴があります。

この特徴があるため、血液をさらさらに保つことができ、血栓ができるのを予防してくれるという効果まであります。

整腸作用やデトックス効果が強いお茶!

動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞といった生活習慣病予防にもつながりますから、どくだみ茶一つで体中の機能改善に役立つと言われているほど、健康にとても有益なお茶と言えます。

整腸作用やデトックス効果などが期待できるお茶はほかにもありますが、その中でもドクダミ茶は、効き目の表れ方が圧倒的に強いと言われています。

本当に万能薬のように効果のあるドクダミですが、美容業界で注目されている糖化に関しても効果があるようです。

糖化は、老化の原因とも言われるものです。ドクダミにはこの糖化を抑制する作用があり、アンチエイジングにも適した薬草だと言われています。

例えば、毎食後のドクダミ茶を飲めば糖化を防ぐことができるので、女性であれば気になる老化を遅らせることができることになります。

ダイエットから健康、美容にまで幅広い効き目があるドクダミ茶ですから、一度試してみてはいかがですか。

ドクダミ茶にはカフェインは含まれているのか?

お茶には、カフェインが含まれているものとそうでないものがあります。どくだみ茶はノンカフェインです。

小さいお子様から妊婦さん、お年寄りの方まで家族全員で安心して飲んでいただくことができます。

栄養分の非常に豊富に含まれており、カリウムや鉄などのミネラルがたくさん含まれています。ですので、栄養補給にもお薦めです。

昔は体調があまりよくなったときは、おばあちゃんがどくだみの葉を摘んできて、煎じて飲ませてくれたなんて話しがよくありましたよね。

つまり、昔からの知恵がたくさん詰まった健康茶がどくだみ茶なんです。

ドクダミ茶はノンカフェイン!!

例えば、緑茶やコーヒーにはカフェインが含まれています。

カフェインは過剰に摂取してしまうと、健康に害を及ぼす場合があるとも言われています。

お茶は日本人にとって毎日飲むものなので、摂取量には気を付けていきたいですよね。

その点ドクダミ茶はノンカフェインですから、安心して飲むことができるお茶です。

健康茶はもともとカフェインの入っていないものが多いと言われています。

多少含まれているお茶もありますが、入っていないものなら、寝る前に飲んでいただくことも可能です。

妊婦さんにも良い健康茶!

特に妊婦さんにとっては、妊娠中の身体はとてもデリケートですよね。食べ物や飲み物にも、制限がかかったしまうこともたくさんあります。

ドクダミ茶のような健康茶を活用することで、妊娠中のトラブルを改善することもできます。また、体に様々な効果をもたらしてくれます。

毒素を排出してくれるデトックス効果など、女性やママにとっても非常に効果的な作用ですが、母乳を通して赤ちゃんもいい影響を与えてくれると言われています。

母子ともに体の毒素を排出できるというのは、とても素晴らしいことですよね。

カフェインレスなこともあって、妊婦さんにもとても人気で、妊娠中にドクダミ茶を飲むと、子供のお肌がきれいになるというジンクスがあるそうなんです。

それを求めて飲んでいる人もたくさんいるほどです。(笑)。

寒い時期は寝る前にホットで飲むと、体もぽかぽか温まってぐっすり快眠できるという効果もあります。

毎日飲むお茶をどくだみ茶に変えるだけで、知らず知らずに体にいい成分を摂取することができ、健康と美容を手に入れることができますよ。

独特な味や香りがしそうなドクダミ茶について!

ドクダミ茶は、古来から薬草として使用されてきたくらい効能たっぷりのお茶です。

そのため、苦味や渋みがあると思っていらっしゃる人もたくさんいます。

しかし、産地や製法の違いなどで、飲みやすいドクダミ茶もたくさんあります。

美味しいと言われるドクダミ茶は、独特な甘みのある香りがすると言われています。

この甘みの香りがあるドクダミ茶は子供でも飲みやすく、とてもさっぱりしていると言われています。

国産のドクダミ茶はマイルドで飲みやすい!

どくだみの草そのものは、とてもにおいがきつくて耐え難いものがあります。当然、お茶にしてもある程度の香りは残ると思います。

しかし、国産のドクダミ茶は、日本人の舌に合うように作られているものが多く、飲みやすくてマイルドな味に仕上がっているものがたくさんあります。

健康のために飲むといっても、なかなか美味しくなければ続きませんよね。

品質のいいどくだみ茶を作るには、しっかりと天日干しで乾燥させることが重要だと言われています。

そして、焙煎も丹念にしっかりすることもポイントです。

丁寧に乾燥させ、水分をとばすことでマイルドでクセのない良質なお茶ができると言われています。

しかし乾燥だけではやはりダメで、焙煎も非常に鍵を握る工程だそうです。

焙煎が味の決め手!!

茶葉を焙煎しすぎると苦さが出ると言われており、かといって焙煎度合が弱すぎると生臭い香りが残ってしまうと言われています。

一番いいのは、ドクダミ茶の味が引き立つように焦げる一歩手前まで、焙煎することが大切なポイントになります。

焙煎が一番味の決め手になりますので、国産のものを選べばマイルドで飲みやすいドクダミ茶が多いと思いますよ。

私もドクダミ茶を飲んだことがありますが、飲むと甘い香りが口の中に広がって、でもクセもなく口あたりもさっぱりで飲みやすかったのを覚えています。

急須に入れてお湯を注ぐのですが、あまり時間を置きすぎると苦くなることもあるので、弱火で煮だしながら味見をしていくのをおススメします。

普段のお茶としても、ティータイムにでも楽しめるお茶ですよ。

ドクダミ茶に副作用ってあるのか?

ドクダミ茶は健康茶としても知られています。

その効果効能から、昔から薬草として使用されていて、厚生労働省もこの薬効を認めているほどと言われています。

どくだみの草そのものは独特なにおいがあるため、敬遠されがちな場合も多いですが、効果はお墨付きです。しかし、副作用はないのでしょうか。

副作用は基本ないが過剰摂取はダメ!

ドクダミは多年草で、日本中どこにでも生えています。ほんとに身近なところにあり、軒先や道端などどんなところにもあります。

漢方では十薬とも呼ばれていて、十数種類の効能があることが理由だそうです。どくだみの葉や茎には、強い利尿作用があります。

血液促進を促す作用もあると言われています。殺菌効果もあるので、ドクダミは防腐剤としても使われているようです。まさに十薬ですよね。

ほかにも、デトックス効果やむくみ改善、ニキビケアなど、たくさんの効能をもつドクダミ茶ですが、正しい摂取量を守れば副作用の心配はないと言われています。

しかし、人それぞれ体質がありますから、体質によって合わない方や、過剰摂取してしまうと体調を崩してしまう恐れはあります。

最初に少し試してみて、体に異常がでるようなことがあればすぐに中止してくださいね。

薬ではないのであくまでサポートとして考えるのが重要!

健康茶としてのドクダミ茶ですから、健康維持のために飲むものであって薬ではありません。

あくまでサポートしてくれたり、予防をしてくれる効果があるということです。

ですので、早く良くなりたいからと過剰に摂取してもすぐには効果が出ませんので注意してください。

毎日飲むお茶のように、適量を続けて飲むことが大切です。

ノンカフェインですので、妊娠中の方も安心して飲むことができますし、寝る前に飲むとリラックスして就寝できると思います。

どくだみ自体は安全性の高い薬草ですが、飲み方さえ気を付ければ何も問題ないと言えます。

今では安価でスーパーなどで簡単に手に入りやすいお茶ですので、健康維持のためにも積極的に飲んでみませんか。

お茶ダイエット関連のおすすめ記事

中国茶の種類や効能をチェック!

2018.02.20

人気の茶カテキンの効果や効能とは?

2018.02.19

ゴーヤ茶の効果で健康的に痩せたい!

2018.02.17