ゴーヤ茶のダイエット効果とは?味、飲み方、カフェイン、副作用は?

ゴーヤというと、沖縄で有名なゴーヤチャンプルーを思い出しますよね。そうそのゴーヤのお茶が、ゴーヤ茶です。

ゴーヤはもともとニガウリが名称で、苦い味が印象的ですが、夏バテにも効果的で栄養もたっぷりの野菜になります。

料理として出されて、味のアクセントとして苦味を味わうのなら良いですけど、単品でそのうえ飲み物としてだとなんか気が引けてしまいますよね。

青汁みたいにそれに見合った効果を得れるのなら別ですけど、ただ単に苦いだけならどうかなと思ってしまいます。

しかし、実際は脂肪燃焼効果も高く、ダイエット効果も期待出来ますし、味の方も飲み物になると甘くなるらしいのですよ。なんか期待できそうですよね。

そこで、ここではそんなゴーヤ茶のダイエット効果、脂肪燃焼成分、特徴、味、さらに副作用についてなど、詳しく解説していきたいと思います。

健康的にゴーヤ茶で、ダイエットできたら最高ですね🎵

ゴーヤ茶の効果でダイエット!

みなさんはゴーヤを知っていますよね。ゴーヤは沖縄のゴーヤチャンプルなどの料理でも有名ですよね。

しかしゴーヤとは実は沖縄の名称で、正式名称はニガウリといいます。

熱帯アジアが原産で、全面にイボのような凹凸が特徴で、名前の通り強い苦味があることで知られていますよね。

ゴーヤはビタミンCが豊富!

成分には、ビタミンCがたくさん含まれています。ビタミンCは体の免疫力を高めたり、美肌や夏バテ予防に効果があります。

含まれている成分には、インスリンと同じ効果があると言われており、血糖値を下げたり、血中の中性脂肪やコレステロールを下げてくれる働きもあります。

糖尿病にも効果があり、脂肪減少の効果もあるため、ダイエット効果も期待できると言われています。

ゴーヤにこれだけの効果があるなんて、本当にすごいですよね。

ゴーヤで作られたゴーヤ茶を飲むと、上記に挙げたような効果が期待できます。まさに健康にいい健康茶だと言えますよね。

ゴーヤは太陽の恵みと言われるほど、ビタミンやミネラル分が豊富に含まれています。ビタミンはお肌にもいいですよね。

ですので、お肌をきれいにする効果まで期待できます。

ゴーヤに含まれているモモルデシンとは?

ゴーヤに含まれる苦味成分であるモモルデシンは、肝臓の中性脂肪を減らして肝機能を高める効果もあると言われています。

便秘解消の効果も期待できるようです。大腸の壁を刺激して、腸の運動を活発にしてくれる働きがあります。

ゴーヤの苦み成分が、胃液の分泌を促して、食欲を増進させてくれると言われています。

鎮静作用にも優れていて、神経がやわらいでリラックス効果にも役立ちます。

本当に驚くほどたくさん、ゴーヤには効果がありますよね。これだけの効果を期待するなら、通常はたくさん薬を飲まないといけなくなります。

しかしゴーヤ茶1つでこれだけの効果が期待できるなら、試してみたくなりますよね。

これまで健康に悩みや不安のあった方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ゴーヤ茶に配合されている脂肪燃焼成分について

ゴーヤ茶には、たくさんの有効成分が含まれています。しかし、ゴーヤには独特の苦みがあることで特徴です。

ゴーヤ茶は、ゴーヤをまるごと煎じていますが、苦味はほとんど感じることなく抑えてくれていると言われています。

たくさんの成分の効果はそのままで、体にいい成分がたくさん含まれている健康茶です。

脂肪燃焼や紫外線防止にも!

ゴーヤ茶は、ダイエットにとても効果的と言われています。

ダイエットに有効な、共役リノール酸の素となるリノレン酸が豊富に含まれていることで有名です。

共役リノール酸は、脂肪分解酵素リパーゼの働きを促進させて、脂肪燃焼の効果があると言われています。

ゴーヤ茶を運動前に飲むと、リノレン酸の呼ばれる脂肪燃焼効果のある成分の働きによって、ウォーキングなどをすると痩せやすくなると言われています。

さらに、含まれている成分にはカリウムもたくさん含まれています。このカリウムは、余分な塩分を体外に排出してくれる役割があります。

そのため、血圧を抑えて、糖尿病や高血圧の予防などの非常に効果的です。

また豊富なビタミンCによって、紫外線を予防することができるとも言われています。

沖縄では有名なゴーヤの効果!

ゴーヤと言えば沖縄が有名で、ゴーヤチャンプルなどのレシピもよく知られていますよね。

食事でも体内に摂取することはできますが、なかなか普段の生活でこれだけの成分を摂取していくのは難しいことですよね。

しかし、ゴーヤ茶のようなお茶なら手軽に飲めますし、しっかりと体に栄養素を送り込むことができます。

そして、先に挙げたような成分がたくさん含まれています。健康以外にも美容にもとても効果的だと言われています。

たとえば、お肌をきれいに整えてくれる、脂肪燃焼効果を上げる、糖尿病や高血圧を予防する、紫外線からお肌を守ってくれる、塩分を体外に排出するなど、含有している成分でこれだけたくさんの効果を期待できるのですから、飲まないわけにはいきませんよね。

運動前に飲めば、脂肪燃焼の効果がありますし、食事と一緒にや食後など、症状によって使い分けて飲むといいと思います。

ゴーヤ茶の特徴を教えて!

ゴーヤは沖縄で、とても広く知れ渡っている食材です。

正式名称はニガウリと言われていて、よくお料理などでも使われています。

もともとニガウリは、熱帯のアジアや原産です。ウリ科の一年草と言われています。

ニガウリは表面がイボイボしていますよね。しかも名前の通り、強い苦味があります。

ゴーヤ茶で免疫力をアップ!

このニガウリをお茶にしたのがゴーヤ茶です。ゴーヤにはたくさんのビタミンCが含まれています。

ビタミンCは体の免疫力を高めてくれます。さらに、美容にも効果があり、美肌や夏バテ予防にも効果的だと言われています。

ゴーヤの種には、共役リノール酸という成分が含まれており、この成分が本当にすごい役割をしてくれます。

脂肪を燃焼してくれ、脂肪を減少させてくれる効果があります。

ですので、ダイエットにも非常に効果があるお茶だと言われているんですよ。

ゴーヤ独特の苦みは、モモルデシチンという成分やチャランチンという成分によるものです。

この成分は、インスリンと同じ効果があると言われており、血糖値を下げてくれたり、中性脂肪やコレステロールを下げる働きをしてくれます。

糖尿病予防にもとても効果的だと言われています。

リバウンドしにくいカラダにしてくれるゴーヤ茶!

ゴーヤ茶を飲むことで、上記のような効果を期待できますが、通常はダイエットをすると、リバウンドに悩む人も多いかと思います。

ゴーヤには脂肪燃焼の効果がありますが、分解した脂肪が体内で固まるのを防いでくれる効果もあります。

ですので、リバウンドしにくい体になると言われています。これはとてもうれしいですよね。

ダイエットをしている方は、少なからずリバウンドで悩むものです。その悩みを解消できるなら、続けていきたい気持ちになりますよね。

体重が戻りづらく、抗酸化作用もあるので美容にも効果的だとすれば、ただ体重が落ちるダイエットではなく、きちんと体の中からきれいになりながら、お肌の調子まで整えてくれるとなると、本当に医学的なお茶と言っても過言ではないくらいのお茶ですよね。

これまで何をやってもダメで悩んでいた方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか🤚

ゴーヤ茶の味や風味とは?効果的な飲み方は?

ゴーヤーと言えばゴーヤチャンプルが有名ですが、今では夏になると、グリーンカーテンでゴーヤを育てる方も増えてきています。

ゴーヤは苦味があることはよく知られています。正式名称はニガウリと言われてて、まさにその名の通り苦味があるとうわけですね。

ゴーヤで作られたお茶も、苦味があるのでしょうか。今回は、ゴーヤ茶の味や風味について調べてみました。

ゴーヤ茶は実際は甘く感じる?

ゴーヤ茶は実は、食品として食べるよりも苦味が少ないと言われています。

ほのかな甘みがあり、ほうじ茶のような味わいがあるとも言われています。

ゴーヤ茶を実際に飲んでいる方は、あのゴーヤとは思えないという方がほとんどです。

しかも、ゴーヤ茶はノンカフェインですし安心して妊婦さんでも飲むことができます。

妊娠中だけではなく、授乳期間中でも飲んでいただくことができます。

また、ゴーヤ茶自体は生活習慣病の予防や、ダイエットにも効果を発揮することから、妊婦さんと言わず、夫婦で仲良く飲んでみるのもいいかもしれません。

ゴーヤ茶には、農林水産省の食品流通局長賞を受賞した、ハイサイ!ゴーヤ茶など有名なものがたくさんあります。

沖縄産のニガウリを100%使用していて、ビタミンCやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどたくさんの栄養成分が含まれています。

乾燥と焙煎によって苦味を抑えているゴーヤ茶!

乾燥と焙煎で苦味を抑えていて、大変飲みやすくなっています。

普通のお茶では考えられない種も成分として含まれていて、健康茶として注目されているお茶です。

ティーパックになっていますので、自分で濃さを調節できるのもメリットです。

便秘解消にも効果を発揮すると言われていますので、最初は薄味からスタートしたとしても、体の調子によって、濃さを自分で調節して、体に合わせて飲むことができます。

血糖値の上昇を防いでくれたり、脂肪燃焼の効果があったりと、体の中の様々なところに働きかけてくれるゴーヤ茶ですから、飲み続けると必ず効果を実感できると思います。

しかし、美味しくないものをなかなか長く続けることはできません。

ゴーヤ茶は、名前とは反対に苦味がなく、とてもおいしいお茶ですので、ぜひ試してみてください😊

ゴーヤ茶の副作用ってどうなのか?カフェインは入っていないの?

ゴーヤ茶は今、とても注目されているお茶です。効果や効能がとても注目されています。

普通のお茶にはない効果がたくさんあると言われています。

まずは、ダイエット効果でしょう。ゴーヤ成分には、豊富な脂肪燃焼の効果があります。

共役リノレン酸という成分が含まれており、脂肪をエネルギーに変える働きをしてくれます。

ゴーヤ茶を普段飲むだけでも脂肪燃焼の効果がありますが、マラソンやウォーキングなどの有酸素運動を組み合わせると、さらに効果的だと言われています。

有酸素運動をプラスすると、さらに体脂肪を燃焼する効果があると言われています。ほかにも、血糖値の上昇を抑える効果もあります。

食事と一緒にゴーヤ茶を飲むと、より効果的ですよね。こんなにいろんな効果が期待できるゴーヤ茶ですが、副作用はないのでしょうか。

副作用のない安心のゴーヤ茶!

答えは副作用はありません。妊婦さんやダイエット中の方は、特に副作用が気になりますよね。

しかし、そもそもゴーヤ茶は薬ではなく、焙煎もしていませんので副作用はありません。

それにノンカフェインですので、妊婦さんでも安心して飲むことができます。ゴーヤ茶にはカリウムが多く含まれています。

妊婦さんのむくみにも効果的だと言われています。

また、ダイエットへの副作用もありません。ですので、安心して飲んでいただくことができます😊

コレステロールを下げてくれる働きもありますので、これまでジュースを飲んでいたのを、ゴーヤ茶に代えるだけでも効果は期待できると思いますよ。

しかし、ゴーヤ茶には食物繊維はたくさん含まれています。

副作用はないにせよ、あまりたくさん摂取しすぎると、お腹がゆるくなってしまうこともありますので、飲みすぎには注意しましょう⚠

ゴーヤに免疫がない人は、あまり一気に摂取せずに、少しずつ飲むことをオススメします。

しかし、ゴーヤ茶の効果は本当に素晴らしいです。まずは試してみませんか。きっと、体に良い効果が実感できるはずです💕

お茶ダイエット関連のおすすめ記事

黒豆茶でダイエット、むくみ、不妊に効果!味、成分、副作用は?

2018.02.18

ごぼう茶の効果とは?むくみ改善、便秘、ダイエット、味、副作用は?

2018.02.18

サラシア茶の効果でダイエット!味、おすすめの飲み方、副作用は?

2018.02.17