中国茶の魅力を味わう方法とは?

この記事は約 14 分で読めます。

そもそも、中国茶ってなんなのか❓どのくらいの歴史があるのかなど、あんまりわかっている人は多くないと思います。

知っている人はかなりの中国茶好きって感じもしますよね。

ものすごく詳しくなれとまでは言いませんが、中国茶の淹れ方は知っておいた方が良いかと思います。

せっかく香りの良いものを購入してきたとしても、淹れ方一つで味や香りも台無しにしてしまう可能性があります。

ここでは、中国茶のことについてだけでなく、淹れ方、味や香りの愉しみ方など詳しく解説していきたいと思います。

淹れ方を覚えるだけで、ちょっとだけワンランクアップできるでしょう🎵

中国茶とはどんなお茶?

中国といえば、お茶でよく知られていますよね。古来からお茶で知られており、中国はお茶の発祥地と言われています。

中国茶には数百種類のお茶があると言われています。烏龍茶やジャスミン茶などは日本でもよく知られていますが、実は中国茶です。

中国茶にはたくさんの種類があります。発酵度によって分類されていると言われています。

中国茶は大きく分けて6種類

発酵度によって分類されるお茶は6種類と言われています。緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶になります。

日本でも、中国茶は人気ですよね。しかし、このお茶の種類までなかなか知られてはいません。

中国茶は、主に中国で作られていると思っている方もたくさんいますが、実は中国大陸と台湾で作られるお茶の総称をいいます。

台湾独自のブランド茶には、有名な凍頂烏龍茶があります。

このような台湾独自で作られているお茶を、中国茶とは言わずに台湾茶と言うこともありますが、一般的には中国茶と言います。

この中国茶は、今ではいろんな効能があります。古来は、薬として飲まれていたと言われています。

しかし、今は味や香りを楽しんだりとそれぞれの目的でお茶を楽しむことができるようになっています。

日本では烏龍茶が最初に有名に!

日本では、中国茶の中でも烏龍茶が最初に有名になったと言われています。

中国茶は味を楽しむ、香りを楽しむ、歴史を楽しみ、茶芸を楽しむと言われているほど、伝統を大切にし、お茶ととともに生活をしてきたといっても過言ではありません。

中国茶は、本当にお茶の奥深さを感じるお茶なんですね。

今では、薬としてではなく嗜好品として飲まれているお茶ですが、そのバラエティもたくさん増えてきました。

そして、いろいろな効果効能が伝えられるようになり、薬ではありませんがいろいろな健康維持のために、日本でも広く飲まれるようになっています。

中国茶に興味のある方は、6種類のお茶を飲み分けてみるのも楽しいかもしれませんね。

今では、いろんな専門店で販売されていますので、楽しんでみてください。

中国茶で聞く発酵度とは?

健康的な生活習慣に注目されがちな最近。飲み物もお茶が良いですとか豆乳が良いなどと、様々な飲み物があげられていますね。

お茶は日本でもとても縁のある飲み物なので、最近では、食事のときなどに日本茶のみならず、台湾茶や中国茶などを取り入れる人も増えてきました。

特に中国茶の種類には、日本でも有名な烏龍茶なども含まれています。ダイエット茶の効果としても人気が高いです。

メタボリックシンドノームなどの生活習慣病などがある今、かなり注目されています。

少し苦いものもありますが飲みやすく、身体的に良い効果を実感することができるのも、人気の秘密です。

日本ではやはり中国茶といえば、先ほども申し上げた烏龍茶を思い浮かべる人が多いのでは?

しかしながら、実は他にも多くのお茶が存在し、その数なんと1000種類を超えると言われています。

この数だけを聞くと個々に差がないのでは?などと思ってしまうかもしれませんが、中国茶は茶葉 発酵の有無や発酵度など、製法によって分類されており、その効能も製法によって、大きく変わってきます。

もちろん中国茶葉には歴史があるものが多く、その効果は古くから実証されてきました。

烏龍茶以外にも女性に人気のおしゃれなお茶、ジャスミンティなどの紅茶系も中国のものが有名です。

中国茶の種類と分類

一般的に発酵を行わない茶葉は緑茶と呼ばれ、お茶自体も緑や黄色に近い色をしています。

若葉のような新鮮でスッキリとした飲みごたえのものが多いです。

逆に発酵を行うものは、女性の好きな紅茶と呼ばれるものであったり、烏龍茶であったりします。後発酵 プーアル茶も人気が高いですね。

その色はしっかり時間をかけてお茶を発酵させているので、茶色に近く味わいは深くコクのあるものが多いように思います。

また、紅茶であれば茶葉ごとの味が全くちがったりします。

これは発酵によりその味わい深さがじっくりと炙り出てきており、発酵していない緑茶と比べるととてもフルーティで味に面白みがあります。

緑茶ですと煎れる時間を変えても、濃くなったり薄くなったり…といった感じですが、紅茶の場合ですと、時間をかけると茶葉の持つ深みが徐々にでてくるので味に変化があるなど楽しむことができます。

美味しく飲める時間が決まっていて、好みによって少しずつ微調整が必要であったりと、自分の好みに合わすことのできる素晴らしいお茶です。

中国茶のその豊富な種類について

・大まかな種類
中国茶には種類が豊富であることが有名です。様々な茶葉が存在していますし、その製法もたくさんの種類があります。

大きく分類すると6種類に分けられますが、実際の数が数百~千とも言われており、その種類豊富さと歴史の古さからも人気の品種が非常に多いことで有名です。

基本的には発酵度によって分類されています。ほとんど発酵させないものから、かなり発酵させて熟成させるものまで様々で、もちろんその家庭によって各品種の持つ効能も全く違ってくるのが特徴です。

また、お茶ということもあって健康に良いものが多く、健康を意識する傾向にある日本でも好んで飲んでいる人が多いようです。

・6種類の分類と発酵度
一般的に茶葉は発酵の浅いものから順に「緑茶・白茶・黄茶・青茶・紅茶・黒茶」の6種類に分類されています。

発酵度が高いほど味は渋くなる傾向にありますが、それだけ体にも良いものが多く飲みやすく改良されているものも多いので主に女性に好まれています。

やはり発酵する時間が長いほど味に深みが出てくることも事実なので、発酵度が高いものは一般的に高級茶として嗜まれることも多いです。

茶葉の色も発酵に応じて濃く変化していきます。香りもやはり発酵方法に手が込んでいるほどしっかりと付き、味だけではなく顔入りを楽しむことができるようになります。

また、茶として煎れた時の色も発酵が浅いものであれば緑に近く葉の色に似ています。発酵度が高いと黒や濃い茶色に近くなります。

特別な茶葉であれば赤や黄色になったりします。

・有名なお茶が何に分類されるのか解説
中国茶には種類が多いですが、日本でも有名なものがいくつかあります。

今回はそれらのお茶がどの物に分類されるのか紹介していきます。

まず、健康に良いと言われている代表的な烏龍茶は青茶に分類されます。

葉の発酵が完璧ではなく緑の葉も残っていて青く見えることがあるので青茶と呼ばれています。プーアル茶であれば黒茶に分類されます。

しっかりと熟成されているので長期保存が可能なのが特徴で、高級な物として楽しまれることが多い種類でもあります。

お茶の種類や効能についてしっかりと知識を身につけ、自分好みの物を見つけるのも楽しみの一つです。

奥深い 中国茶の歴史やルーツとは

中国では、お茶のルーツはとても奥深いと言われています。日本でも、ウーロン茶やジャスミン茶など、いろいろな中国茶が飲まれています。

日本だけではなく、世界中でお茶は嗜好品として広まっていますよね。そのルーツは、すべて中国にあると言われています。

古来は薬として飲用されてきたお茶ですが、次第に飲料水として発展してきたと言われています。

中国茶の原産地は様々!中国茶の原産地は様々言われていて確実なものではありませんが、雲南省南西部や四川など様々言われています。

中国の伝説では、神農の時代からお茶が飲まれてきたと言われています。当時は嗜好飲料ではなく、薬として活用されてきました。

隋の時代になると、お茶を煮出す方法や抹茶、煎茶など、種類も増え様々な楽しみ方がされてきたと言われています。

神農の時代は、主に薬として使用されていたため、茶葉をそのまま噛んでいたと言われています。

中国茶は上流階級の飲むものだった!

一般的にお茶として飲用されるようになったのは、紀元前1世紀頃の漢の時代からだと言われています。

しかし、この頃はまだ一部上流階級の人が飲むものでした。

三国時代には嗜好飲料として愛飲されるようになりましたが、はっきりとお茶の飲み方が確立したのが唐代の時代だと言われています。

今のような形でお茶が飲まれるようになったのは、明の時代になってからだそうです。

これまでの、贅沢で皇帝御用達だった固形茶が禁止になったため、形が大きく変わったと言われています。

この頃は、茶器なども登場したため、とても歴史的に重要な時代だと言えます。順を追って歴史を見てみると、本当に奥深いですよね。

世界にまで広まる存在となった中国茶は、本当に素晴らしいなと思います。一番お茶文化が最盛期を迎えたのは、清の時代です。

現代の茶器や茶具などが、ほぼ完成した時代だと言われています。またこの頃に、今有名になっている烏龍茶も開発されたと言われています。

手間をかけて、茶葉を作るようにもなりました。これによって、あの中国の6大分類と言われる茶葉ができたと言われています。

中国茶の奥深い歴史とは?

お茶のことが書かれた書物?中国に古くから伝わっている書物の中に「茶経」と呼ばれる、お茶に関することや、歴史が記された文献があります。

この書物によると、紀元前からお茶があったと言った文章があったりと、かなり古い歴史についての記載がありますが、今の段階ではまだそれが事実かは解明されていません。

お茶が誕生したばかりの頃には、お茶はお酒などと同じようにかなり高級なものとして扱われていたようで、皇帝御用達だった時期もあるようです。

昔は一般の方はお茶を飲めなかったんだとか…。今では考えられないですね。

日本茶よりもその歴史は深い?日本人ですし食事や、水分補給には日本茶という方も多いでしょう。

私の中でもお茶といえば日本茶でしたし、我が国では古くからお茶が嗜まれてきたイメージがあります。

ですが、お茶の歴史が一番長いのは、中国茶といわれており古代から嗜好飲料として楽しまれてきていたことがわかっています。

紅茶や緑茶ジャスミン茶などをはじめ、種類も豊富ですし、中国な方が大昔から研究をしてきた研究結果とも言えますね。

お茶ができたルーツであったり、世界に広がった時期など明確な部分はまだ解明できていないことも非常に多いですが、歴史が長いのは本当のようです。

もちろん日本茶の歴史も長いので安心してください(・ω・)♪

こちらではプーアル茶や烏龍茶等を代表にした「中国茶の魅力」をご紹介いたします。

その楽しみ方や効能など、しっかりチェックして、ティータイムやダイエットにお役立て下さいね。

徐々に世界中で愛される飲み物に

次第に何がきっかけかはわかりませんが、一般の方にも楽しまれるようになり、徐々に世界にも進出していき、今では日本やそのほかの国でも、嗜好飲料として嗜まれる人気の飲料となったわけです。

紅茶のような、茶葉以外のものも含まれるお茶が出てきたのは、もっと後のことになってきます。

もちろんお茶になる流れといいますか、お茶ができるまでの製法は昔に比べると変化しています。

これは、より良いものを飲むための研究の結果ですね。本当にお茶ができた頃のものはかなり渋かったようです。

今でも渋いお茶は多く存在しますが、それでも飲みやすいように改良されているので、かなり違うものだそうです。

製法による変化!茶葉自体が同じでも、発酵にかける時間や家庭で含まれる成分には大きな変化があります。

同じ茶葉でも発酵したものと発酵していないものでは、様々な成分の配合量に変化があり、効能もそれによって変わってきます。

ですので最近ではお茶の効果ごとに飲み分ける方や、飲むタイミングによってフレイバーを変える方など、意識的に健康に気をつかっている飲み分ける人が増えてきています。

もちろん発祥地である中国では、大昔からこのようにして飲まれてきたそうです。上手に飲んで健康に役立てたいですね。

中国茶の種類とは

今では中国茶がたくさん日本で広まっていますよね。烏龍茶やジャスミン茶、プーアール茶など、これらはすべて中国茶です。

これ以上に中国茶には、何千もの種類のお茶があると言われています。しかし、これらのお茶はもともと、同じお茶の木からできているんですよ。

その木は、カメリア・シネンシスというツバキ科の木です。

この木は世界に約400種類ほどもあると言われています。しかしそのうち約300種類ほどは中国にあると言われているんですよ。

お茶の歴史は紀元前2700年くらい?

このお茶の木の発祥地は、雲南省の南西部だと言われています。一番古いものでも、紀元前2700年くらいのものだそうですよ。

このカメリアの木の製法や作り方を変えることで様々なお茶の種類ができたと言われています。中国茶は主に6種類に分類されます。

発酵度の低い順から、緑茶、白茶、黄茶、青茶(ウーロン)、紅茶、黒茶です。

これらは色によってではなく、発酵度や製法によって分けられているので、見た目ではなかなかどの種類に入るかは分からないものもあります。

この6種類のお茶とは別に、再加工茶というものがあり、それがジャスミン茶や紅茶にあたります。

これらは緑茶や白茶などをベースにして、香り付けを行ったり、お茶になったあとに人の手が加えられているようなお茶のことを言います。

生茶と熱茶について

中国茶の茶葉には、生茶と熟茶があります。一番発酵度の低い緑茶は、日本で最も飲まれているお茶です。

飲み物としても人気がありますし、なにより効果効能にもとても人気があります。

緑茶にはいろんな種類があり、それは作り方が違うので多少の味の違いも出てきます。白茶は昔は高級茶と言われていました。

とてもやさしく、甘い香りがすると言われています。

黄茶は生産量が少なく、とても希少価値のあるお茶だと言われています。青茶は主に烏龍茶のことです。日本でも人気のあるお茶ですよね。

紅茶も、実はお茶なんですよ。渋みが少なく、まろやかな味です。黒茶で有名なのが、プーアール茶です。これも日本でとても人気ですよね。

これだけたくさんの種類がありますが、どれも日本で人気のものばかり。本当に中国茶のすごさが分かります。

中国茶の淹れ方とは

中国茶は日本でもとても有名で、広く飲まれていますよね。烏龍茶、緑茶、プーアール茶などはその代表でもあります。

紅茶も実は、中国茶なんですよ。しかし日本ではコップに入れたり、グラスに入れたりしてお茶を飲みますが、中国には茶器があります。

みなさんは茶器で淹れて飲んだことがありますか?見ている限り少し難しそうな印象を受けるかもしれませんね。

今日か、中国茶の美味しい入れ方を調べてみましたのでご紹介します。

何通りもある中国茶の淹れ方

中国茶の淹れ方は、何通りもあると言われています。中国のそれぞれの地方の人たちによって、淹れ方は違うそうです。必ず茶壺を使って、お茶を淹れなければいけないということもありません。

特に決まった飲み方というものはないそうなのですが、やはり美味しく飲みたいですよね。効果的にかつ、おいしく味わうためには、コツが必要だと言われています。

使う茶器や茶葉の量、お湯の温度によって全然味が違うものになるそうですよ。飲みたい中国茶の種類によって、淹れるお湯の温度もかなり変わってくると言われています。

このお湯の温度は、茶葉の発酵度も関係しているとも言われています。

美味しい中国茶を淹れるコツ

せっかくの中国茶ですから、中国茶器があれば一番いいですが、自宅にある茶器でも美味しく淹れることができます。

できれば小さめの茶器がいいと言われています。中国茶を淹れる場合、少しずつ熱湯を注いでいれていきます。

それが美味しい中国茶を淹れるコツだと言います。基本的に、日本で淹れるお茶の淹れ方とそんなに変わりはなく、最初に湯呑を温めておくというところも似ています。

しかし、日本ではあまりお湯の温度や、茶葉の量は関係なく使用していますよね。

中国では茶葉にたくさんの種類があり、発酵度によって分けれています。

その種類によって温度が違いますので、それさえ注意すればおいしいお茶が淹れられると思いますよ。

是非、茶器を使ってお茶をいれてみてください。いつもとは、違った味が楽しめると思います。

中国茶の種類別 美味しい飲み方

飲み方に決まりはあるの?日本で茶道といえば、厳しくルールが決まっていたり、方法なども決まっているイメージがあるかと思います。

飲み方もきまっていたりとなんだかお堅いイメージ・・。

でもその方が美味しく飲めるのかと思うと、自分が淹れているお茶は本来の良さを引き出せていないのかしら?と疑問を抱く人もいるのではないでしょうか。

特に中国茶は種類もかなり豊富ですし、正しい淹れ方なんて難しいのでは?と思うはず。でも安心してください。

確かに美味しく飲む方法というのは存在しています。ですが、淹れ方や作法にこれといって決まりはありません。

ですので自分に合った飲み方を選択できるのがひとつの特徴でもあります。

ですが、やはり美味しい飲み方…またはよりこ懊悩を、実感できる飲み方を知りたいと思う方もいらっしゃるかと思いますので、今回は簡単にできる、中国茶の美味しい淹れ方のポイントを、いくつか紹介していきたいと思います。

種類別の茶器の選び方

中国茶には本当に種類が多いですが、美味しく淹れる前にできる範囲で、良さを引き出せる茶器を選ぶことも楽しみ方のポイントになってきます。

やはり茶器によって、香りの広がり方や茶葉の広がり方…さらにはお湯の温度が、茶葉に伝わるスピードなども変わってくるので、実はとても大切なんです。

もちろん普段ご利用いただいている茶器でも、美味しく飲めることには変わりありません。

香りも嗜みに含まれる、紅茶や黒茶など発酵度の高い茶葉については、茶壺などしっかりとした物で淹れると、香りが茶器に吸収されてしまうのを防げるので、より美味しい香りや味わいを全部体感することができます。

次に緑茶などの発酵度の低い茶葉に関しては、香りが吸収されることもあまいないのでガラス製のものなど、今お持ちの茶器で十分かと思います。

茶葉別のお湯の温度と淹れるのにかける時間

上記でも書いている通り、発酵度の高い茶葉プーアル茶など、香りや味わいのコクなどをしっかりと出して、美味しさを全て出す必要があります。

ですのでしっかりと高温に近い、どちらかと言えば熱湯に近い温度のお湯で、じっくりと淹れることが大切です。

もちろん飲む際にはやけど等しないようにしっかりと気をつけていただきたいです。

ですがやはり熱い内が美味しいので、できるだけ早く飲む方が良いです。少しの間香りを楽しむと冷めるかもしれません。

逆に発酵度の浅い茶葉は、少し低めのお湯で淹れる時間も少し長めにとっていただき、旨味や味わい深さをじっくりとだしていただくことがオススメです。

ですがあまり時間をかけすぎてしまうと、もともと温度が低めなので湯が冷めてしまいますね😅

渋みだけが全面にでてきてしまう可能性もあるので、そこは自身で何度か飲んでみて、適切な淹れ方を見つけていただいて楽しんでいただきたいです。

中国茶の香りや風味を愉しむ

中国茶と言えば歴史は奥深く、日本でもよく飲まれていますよね。実は日本だけではなく、世界中で中国茶は飲まれています。

烏龍茶、ジャスミン茶、緑茶など、中国茶にはさまざまありますが、今ではお茶の効果効能も注目されていて、研究が重ねられているほどです。

では実際、中国茶はどのような香りや風味を持っているのでしょうか。今回は、中国茶の香りや風味、愉しみ方について調べてみましたので、ご紹介します。

中国茶の香りや風味とは

中国茶にはいろんな種類がありますが、すべて同じお茶の木で作られています。日本茶も、同様です。ではどうしてこんなにたくさんの種類ができるのかといいますと、製法が違うからです。

茶葉は摘み取ると、どんどん発酵や酸化がおこってきます。中国茶では、発酵を抑えるのに炒って発酵を抑えると言われています。

ちなみに、日本茶は蒸して発酵を抑えます。この製法の違いによって、香りや風味が全然違うものへとなっていきます。

そもそも中国茶は味ではなく、香りを楽しむことに重点が置かれています。

10煎まで飲めるのが質の高いお茶!

特に炒って作られる中国茶は、香りがとてもよく立つと言われています。さらに中国茶はじわじわと味が出てくるのが特徴です。

そのため、最初の1煎では終わらず、多いものでは10煎まで飲み続けることができるほど質の高いお茶です。

淹れるたびにお茶の香りや風味の変化を楽しめるのが、中国茶の魅力ではないでしょうか。

しかし10煎まで飲めるといっても、じわじわ味が出てくる中国茶ですから、最初は薄いと感じる方が多いようです。

日本茶ほどの旨みや渋みがありませんが、中国茶には独特の香りがあります。その香りを楽しみましょう。中国茶には、さまざまな評価基準があるのを知っていますか?

産地の標高をとても重視しており、とても高地で作られています。高地で作るとよりよい品種の中国茶葉をつくることができるというわけですね。

ところどころと日本茶と比較しながら紹介しましたが、同じ木でも製法によってこれだけ香りや風味が変わると、なんだか飲むのが楽しくなりますね。

チャイニーズティーの楽しみ方のポイントは香り?

中国文化の中で有名なものと言えば、一番初めに出てくるのは漢方かもしれませんね。

自然の力を借りて、体調を整えてくれるので、愛飲している方の多いのではないでしょうか。

そして思い浮かぶの、は中国茶の存在でしょう。

中国でのお茶は日本茶よりもかなり古い歴史を持っており、様々な研究によってその種類もかなり多く選ぶのに困るほどです。

品種は細かくわけてしまうと、1000にも及ぶと言われております。

その中から自分の好みによって選択したり、お茶ダイエット効果や美肌効果など望む効能に沿って選んだりと趣味嗜好に細かく合わせられるのが特徴とも言えます。

その種類豊富さからも、世界中で楽しまれており、もちろん日本の方でも中国茶を好み、楽しんで飲んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

分類は製法に違いがある?

1000にも及ぶ品種の中でも、中国茶は大きく分けて6種類に分類されています。

実際にそれがどのように分類されているかと言うと、製法に大きく違いがあります。

茶葉は発酵することによってその良さがぐっと上がります。

もちろん不発酵茶には、発酵してしまうと飛んでしまうような成分が含まれているので、どちらにも良さがあるのを理解していただきたいのです。

しかしやはり発酵度が高く、時間をかけて作られている製品は高級なもの、特別なものとして扱われることも多く、茶の香りも深く際立つので、好まれる傾向にあります。

お茶の色も濁りが少なく、透き通った魅力的なものも多いです。

また、女性は美や健康に気を使っているので、どうしてもそういった効果の高いジャスミン茶やウーロン茶など、発酵度の高いものが好まれがちです。

特に紅茶などになってくると、香りがフルーティであったり風味も女性好みのものが多い上に、飲んでいるとなんだかオシャレな感じもしますよね♪

風味や香りの大きな違いはあるのか

やはり発酵度の浅いものであれば、香りに奥行きがないこともあります。

茶葉が持つ本当の香りを、そのまま表現していると言っても過言ではないので、香りでの楽しみは低い傾向にあります。

逆に発酵度の高いものであれば、混ざった葉同士がエキスを分泌し合うことによって、固定されない不思議なフルーティな香りが漂
います。

その香りはクセがなく好まれる理由の一つでもあります。味は発酵度が浅いとスッキリさっぱりとした風味で、どんな食べ物のお供にもなる、万能な風味の飲み物だったりします。

逆に発酵度の高いものは、良い意味でクセがはっきりとしているので、何にでも合うということはなく、飲むタイミングを選びます。

これらの特徴を踏まえて、種類豊富なチャイニーズティを今一度楽しんでみてはいかがでしょうか(・ω・)♪

中国茶の味も愉しむ!

日本でもよく飲まれている中国茶ですが、種類によって全然味が違いますよね。烏龍茶とジャスミン茶ではまた全然香りも味も違います。

しかし、これらの茶葉はすべて同じ木から作られていることを知っていますか?

茶葉を摘み取ったあとの製法の違いによって、同じ木で作られていてもあれだけ違う味にあるそうなんですよ。

中国茶を流行らせたのはピンクレディーって本当?

そもそも日本で中国茶が知られるようになったのは、ピンクレディーがブームだった時代と言われています。

ピンクレディーが、烏龍茶でダイエットをしていると公表したことが始まりでした。

人気絶頂の芸能人がそういうと、やはり世間は食いつきますよね。若い人たちがこぞって烏龍茶を飲むようになったと言われています。

とはいえ、今ではすっかり中国茶は日本だけではなく、世界中で愛飲されていますからすごいですよね。

中国茶は、味というよりは香りを楽しむお茶だと言われています。日本茶はどちらかと言えば、味に重点を置いています。

しかし、中国茶は香りが一番だと言われています。そして味のバリエーションもたくさんあるのが魅力です。

その味ですが、中国茶である緑茶、烏龍茶、紅茶などそれぞれ全然味が違いますよね。これが中国の魅力です。それぞれの味の好みに、対応できる力を持っています。

香りに重点をおいている中国茶について

焙煎しているのが中国茶の特徴ですが、焙煎度合で味や香りもかなり変わってくるようです。焙煎の時間が長ければ長いほど、香ばしさが出てくると言われています。

中国茶の種類は多岐にわたります。緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶。それ以外に再加工茶、工芸茶などなど、たくさんの種類があります。

これは全部味や香りが違うんですよ。すごいですよね。工芸茶は女性に人気ですよね。

お湯を注ぐと茶器の中でお花が開くお茶です。花咲茶とも言われることもあります。とてもきれいで見ているだけで癒されますよね。

そう考えると、中国茶が味に一番重点をおいていないことがよく分かります。

しかし美味しくないわけではなく、美味しいのですが香りなどに重点を置き、味はあとから楽しむものとしての考え方があるようですよ。

中国茶の味わい方

・日本でブームすることになったきっかけ
日本には自国もお茶日本茶というものが存在しています。味が濃いのが特徴的で、その濃厚な味わいを好んでいる人も数多く存在しています。

では、なぜ、日本でも中国茶が飲まれるようになったのでしょうか?

もちろん昔から中国茶を飲んでいた人もいますが、明確にブームする最初のきっかけを作ったのは昭和のアイドル「ピンクレディ」だと言われています。

なんでも、取材の中で「烏龍茶でダイエットしています」との発言があり、火付け役になったんだとか。

確かにピンクレディのお二人は今も変わりなく細くスタイルが良いので当時の絶頂期にそんな発言をすればブームが起こるのも当然といえますね。

そこからダイエットをしたい若者が烏龍茶を好んで飲むようになったそうです。

実際に今でもダイエットで調べてみると烏龍茶の名前もあがってきますね。

・特徴は独特な風味
中国茶の特徴はなんと言ってもその種類の多さです。

優柔不断が多いと言われる日本では少し種類が多すぎて選ぶのに苦労するかもしれませんが、1000を超える品種の中でどれも美味しい上に香りも楽しめるので少しずつ試していくと良いかもしれません。

白茶・黒茶・青茶・黄茶・紅茶・緑茶と大きく分けて6つに分類されるので、自分好みの味の分類から探すのも良いでしょう。

茶葉に多く種類がありますが、それらは製法によって分けられています。主に発酵度の高いものが香りが強く、味も独特だと言われています。

日本人であれば香りよりも味のコクなどを求める人が多いので、少し発酵の浅いものが好まれる傾向にありますが、最近のものは発酵を意図的に浅くしているものも多いので、たくさんのフレーバーを楽しめるのではないでしょうか。

・国のなかでも違いがある
中国茶の人気の秘密はその香りも楽しめる部分にあると言えます。

しっかりと発酵させ煎ることによって葉っぱ独特の臭みを完全にとってしまっており、香りはどちらかというと好まれやすいフルーティなものが多いです。

様々なものを混ぜることによって果物の香りや植物の香りが漂うものもあります。

味は単調ではなく、飲めば飲むほど広がるなんとも言えない様々な味わいがポイントです。

飲み始めと飲み終わりではやはりお茶の温度がかわってくるので、飲むうちに味の変化を楽しむことができます。

長く茶葉をつけていても味が濃くなるというよりは、様々な味が出てくるといった感じで、自分好みに調整できるのも特徴の一つではないでしょうか?

ですが、中国茶のなかでも中国茶と台湾茶では同じフレーバーでもまた味わいが変わってきます。

烏龍茶が苦手…などと特定の味に苦手意識を持っている人でも、発症の地を変えることで自分でも飲みやすいものを見つけることができるかもしれませんよ!

お茶ダイエット関連のおすすめ記事

ダイエット茶に含まれている成分とは?

2018.02.20

中国茶の種類や効能をチェック!

2018.02.20

人気の茶カテキンの効果や効能とは?

2018.02.19