ウコン茶の肝機能を強くする効果とは?味、カフェイン、副作用は?

ウコンというと、どうしてもお酒の前に飲んで、二日酔いをしないようにするもの的な感じがどうしてもしてしまいますよね。

最近は特に薬局に行けばウコンの飲み物が置いてありますから、尚更そう感じてしまいます。

しかし、実際は肝臓の機能を強くしてくれる効果だけではないのです。

お酒に関して言えば、ウコンの効果により肝臓の機能がアップすることにつながりますが、肝機能がアップすることでダイエットにも関わってくるのです。

ここでは、そんなウコン茶の効果や成分、特徴や味、副作用について、詳しく解説していきます。

お酒が好きな方は、二日酔いなど健康に関してだけでなく、ダイエットも出来るので大変お奨めなお茶ですね♪

ウコン茶の健康についての効能とは?

ウコンと言えば二日酔い予防に飲む前に飲むドリンク剤のイメージが私の中では先行しています。

ウコンってお茶にもなっていたんだと初めて知ったくらいです。

殆どの方のイメージはもしかして私と同じようなイメージで「二日酔い対策」位に思っていませんか?

そもそもウコンはインドから中国にかけて栽培されている植物で別名をターメリックとも言いカレーなどの料理に使いますよね。

日本では暖かい沖縄などで栽培されており、一般的なウコンのほかに「春ウコン」や「紫ウコン」というものもあります。

お茶に利用されるのはその「根」の部分です。ウコンの効果はやはり肝機能強化に対する効果、二日酔いを予防する効果がやはり代表的。

他には、消化不良や胃の働きを助ける効果、コレステロールの減少作用、動脈硬化の改善、便秘解消、活性酸素除去、ガンの発生を抑制し進行を抑える、ミネラル補給など多くの健康効果があるとされています。

ドリンクの他にもサプリメントなどで利用される事も多いようですね。

ウコンには「クルクミン」が含まれ、この成分が肝臓の働きを活発にするのです。

また二日酔いの原因となる「アセトアルデヒド」の分解を促進する為二日酔いを予防するといわれるのです。

二日酔いには「ウコン」という意味がわかる気がします。ウコンには食物繊維が豊富で腸内でコレステロールを吸着し排出する働きがあります。

また、ウコンにはテルペン系の精油成分が含まれるので、血中コレステロールを分解し動脈硬化の予防・改善に効果あるとされるのです。

更にウコンに含まれる食物繊維は腸を適度に刺激することから便秘改善にも効果あると紹介されています。

ウコン茶は漢方にも使われており、ウコンの主成分であるクルクミンがアドレナリンを分泌させるため、鬱病の不安感や無気力を緩和する効果があるのだそうです。

ウコン茶はクセが強いので暖かいままでは香りがきつく飲みにくいと思われます。一度に出して冷やしてから飲む事をオススメします。

また摂取量は1日10gと言われており、あまり多く摂取する事は避けたほうが良いようです。

またウコンには鉄分が非常に多いので大量に摂取するとすでに肝臓を悪くしている方には危険だと言う事なので注意しましょう。

あくまでも健康な人が適量飲むようにしてくださいね。

ウコン茶の効果でダイエットにも効くって本当?

ウコンという言葉を聞いた人も多いと思います。ウコン茶は、ウコンというショウガ科の多年草の根を使って作るお茶になっています。

カレーに含まれているターメリックの原料でもあります。古来からインドで栽培されていて、医学や料理の分野で幅広く使われてきました。

クルクミンという有効成分が含まれており、肝臓の機能を強化する効果があると言われています。

ウコン茶は肝機能アップだけでなく様々な効果が!

肝機能を良くする効果があるのはもちろん、総体的に健康を増進する作用があると言われています。

日本ではよく、二日酔いの時に飲用したりしますよね。

主に肝機能を強化してくれる効果があるウコンですが、有効成分のクルクミンはポリフェノールの一種と言われています。

この成分は、血中のコレステロール値を下げる効果もあるとされています。

肝臓が元気に働けば、脂肪の分解や代謝も進みますので、ダイエットにも効果が期待できますよね。

消費カロリーを増やし、糖や脂肪をたくさん使って体脂肪を減らしていくという作用が期待できます。

特にダイエットに効果のあるアズレン、シオネール、クルクミンという成分が配合されているため、胃腸の働きをよくし、たまった宿便を排出してくれる作用があります。

便秘に悩んでいる方もたくさんいるため、便秘解消の効果も期待できるのはとてもうれしいことです。

生活習慣病やガンの促進を抑制する効果が!

それ以外にもウコンにはたくさんの効果があります。活性酸素を除去してくれる働きもあり、老化や生活習慣病などの予防に効果があるようです。

また、ガンの発生や促進を抑制する効果もあります。

さらに、胃の活動を元気にしてくれたり、ミネラルが摂取できるとく効果も期待できます。

胃の活動を元気にしてくれ、ピロリ菌などを退治する効果もあるので、とてもうれしいですよね。

ウコンにはミネラルが豊富に含まれています。ですので、カルシウムやマグネシウム、鉄、カリウムなどの摂取にも効果的です。

これだけたくさんの効果が期待できるなら、ぜひ飲んでみたいですよね。

ウコン茶に含まれるたくさんの成分について!

ウコンには種類が何種類もあります。春ウコン、秋ウコン、紫ウコンなどです。

春ウコンにはミネラルが豊富に含まれています。

有効成分のクルクミンの量は秋ウコンに比べて少ないですが、シオネール、アズレンなどの100種類以上の精油成分が豊富に含まれています。

カルシウムやカリウム、鉄、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれていると言われています。

春ウコンの効果で血液をサラサラに!

クルクミンは、カレーなどで使う香辛料のターメリックに含まれる色素で、ポリフェノールの一種と言われています。

ウコンは日本ではお酒を飲むときに使用する人が多いですよね。ウコン茶には本当にたくさんの成分が含まれています。

春ウコンは、肝機能や低血圧糖尿病、便秘や貧血などに効果があると言われています。

その中でも一番効果が期待できるのは、血液をきれいにしたりサラサラにしたりする効果になります。

秋ウコンの効果とは?

秋ウコンは、リウマチや糖尿病、貧血に効果があると言われています。二日酔いにも効果があるんですよ。

ウコン茶に含まれている成分の中でもアズレンは、炎症や胃瘍を治す効果があると言われています。

また、シオネールは、胃を健康にする作用があると言われています。

フラボノイドという成分も含まれているのですが、この成分はもろくなった血管を修復してくれる効果があると言われています。

このようにウコンにはたくさんの有効成分が含まれていて、体を健康にしてくれる力があります。

健康維持には欠かせないものと言えそうですよね。アルコールを飲むときにお供にしているご主人様も多いのではないでしょうか。

ウコンにも種類がたくさんあるため、それぞれによって成分量は異なりますが、肝機能の改善やダイエットに効果が期待できます。

体を健康にしてくれる成分がたくさん含まれているウコン茶なので、気になっている人がいるならぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

体が気になっている人、ダイエットしたい人、それぞれに続けていると効果が実感できると思いますよ。

ウコン茶の特徴といえば?

ウコン茶は、ダイエットの効果が期待できるお茶として、今注目されています。

ダイエットティーとして魅力のあるお茶ですが、食事制限をしたり、激しい運動をしなくても健康的にダイエットできることが魅力です。

脂質や糖分を抑制することで、太りにくい体質を作りあげてくれるお茶です。

有効成分クルクミンの効果とは?

ダイエットティとしても知られているウコン茶ですが、ダイエットだけでなく体にとっていろんな効果をもたらしてくれます。

ウコンと言えば、真っ先に思いつくのが二日酔いに効くということですよね。

クルクミンという有効成分が含まれており、この成分が肝機能を強化してくれます。

お酒で弱った肝臓を回復してくれる働きがあるのですから、アルコールを飲む方はとてもうれしいですよね。

ほかにも、動脈硬化を改善し、コレステロールを減少させる効果や、活性酸素を取り去る効果、ガンの発生を抑制してくれたり胃の活動を元気にしてくれたりと、様々な体の健康に効能があります。

ウコンをお茶として飲んだり、他にはサプリメントや料理に使ったりなど、いろんな方法で活用ができますよ。

ウコン茶がダイエットティーとして広く知られている理由とは?

紫ウコンに含まれるシオネールやカンファ―などの成分が消化を助け、腸に溜まった老廃物や便などを体外に排出してくれる働きがあるからです。

これにより、血中コレステロールが低下すると言われています。

基礎代謝も上がるので、さらにダイエットにも効果が増しますよね。ウコン茶で効果を実感するには、即効性は期待できませんので、続けて飲み続けることが大切です。

味や香りが独特なので、薬っぽく感じる人もいるかもしれませんが、ノンカフェインなので、お子様でも安心して飲めるお茶です。

発酵して作られるウコン茶もあり、このようなウコン茶にはカルシウムなどのミネラル分が豊富に含まれています。

ダイエット以外にも、毎日の健康維持のためにウコン茶を飲み続けてみてはいかがでしょうか。

ウコン茶の味って独特なの?

みなさんはウコン茶を飲んだことがありますか?ウコンは肝機能に効果を発揮することで有名ですが、味はというと苦手な方も多いようです。

独特な味とにおいのため、人によっては耐えがたい人もいると言われています。

ウコン茶の作り方としては、薄くスライスして乾燥させたウコンを砕いて粉末状にして、水に入れて煮出します。

ウコン茶の飲み方については、ほとんど上記に挙げたような方法で似たりよったりですが、味やにおいを緩和して飲む方法などはあまり紹介されていません。

ほかのお茶とブレンドして飲んだり、牛乳やヨーグルトに混ぜると言う方法もあるそうです。

独特の苦味と香りのウコン茶

ウコンは英語でターメリックと呼ばれていて、カレーの香辛料にもよく使われていますよね。

このターメリックをウコン茶にして飲む場合は、独特の苦みとニオイがあり、かなり苦手な人もいます。

しかし、このウコン茶はダイエットにも効果的と言われています。

クルクミンという有効成分が、肝機能に働きかけたり、飲酒によるアルコールの摂取量の多い人にとって、ウコン茶を飲むと肝臓を守ってくれると言われています。

ウコン茶の中で発酵ウコンは飲みやすい

ウコン茶の中でも、発酵ウコンは飲みやすいと言われています。

琉球王朝秘伝の方法で作り上げた、ノンカフェインの健康茶と言われ、発酵させているので、ウコン独特に苦味が減少していると言われています。

しかも味もマイルドになっているそうです。これなら飲めそうですよね。ノンカフェインなら子供でも飲むことができます。

ウコン特有の苦みもないなら、長く飲めそうですよね。

お茶でダイエットや健康を目指すとなると即効性は期待できません。長く続けることで効果が実感できます。

そうなると、おいしくなければ長く続きませんよね。この発酵ウコン茶なら味もマイルドで苦味も減少しているとなると、長く続けて飲めそうですよね。

みなさんもぜひ試してみてください。なによりもおいしいのが一番。

おいしいとまでいかないかもしれませんが、今ではとても飲みやすくなっていますから安心してくださいね。

ウコン茶の副作用ってどういったもの?

ウコンは、ショウガ科の植物です。

ショウガが体にいいのは周知されていることですが、ウコンは琉球王朝時代から薬草として認められていたと言われています。

体にいいと言われているウコンですが、ごくまれに胆管障害や肝障害、皮膚がかゆくなったりとするアレルギー反応が出る場合があるそうです。

肝硬変や胆石などの方は、ウコンを摂取する前にはお医者さんに相談した方がいいかと思います。

ウコン茶の中で発酵ウコンが人気

古来からウコンは肝臓などの働きを助けてくれるものとして重宝されてきましたが、近年では肝臓などにいいとされているため過剰に摂取する人も増えてきました。

ウコン茶の中でも、発酵ウコンが今とても人気が出てきています。

この発酵ウコンは通常よりも飲みやすいのが特徴ですが、ウコンの中に含まれているクルクミンが体を健康にしてくれる作用があると言われてきました。

また、美肌効果や肝機能のサポートをしてくれることから、お茶やサプリメントなどいろんな方法で販売されています。

ウコンにも副作用があるの?

体にいいとされるウコンにも副作用があります。ウコンの過剰な摂取、長い間摂取し続けると、消化器官などに障害を引き起こす例もあるようです。

例えば、肝臓に障害のある人がウコン茶を飲むと、副作用の危険性があるとも言われています。

ウコンの代謝を上げてくれる物質が肝臓に負担がかかり、アレルギー反応などの副作用が起こったケースもあります。

ウコンはもともと安心できるもので、通常の食事などに含まれる程度の量であれば全然問題はありません。

しかし、過剰摂取や長期間の摂取は副作用の危険性があると言えます。

クルクミンを摂りすぎると、肝臓に負担をかけてしまうことも考えられるため、肝機能を低下させてしまう可能性も考えられますので注意が必要です。

内臓に不安のある方や、体調面にも不安のある方、副作用が心配な方はまずはお医者さんに相談してからウコンを摂取することをおススメします。

自分の大切な体ですから、無理はせず、適量を保ちましょう。

お茶ダイエット関連のおすすめ記事

桑の葉茶のダイエットの効果とは?味、副作用、便秘、飲み方は?

2018.02.23

マテ茶の効果でダイエット!味、飲み方、妊婦、成分や副作用は?

2018.02.22

ヤーコン茶のダイエット効果とは?効能、妊婦、味、飲み方、副作用は?

2018.02.21