ヤーコン茶とはいったいどんなもの?

この記事は約 6 分で読めます。

最近注目を浴びてきたヤーコン茶について、軽く説明したいと思います。

まず、ヤーコン茶のヤーコンってなに?って感じだと思いますが、ヤーコンとは南米原産のさつまいもによく似た根菜類の芋になります。

さつまいもなどの芋と一緒で食物繊維たっぷりですので、便秘解消にも効果的です。

それをお茶にしたのがヤーコン茶ですので、ダイエット茶としても期待できますよね。

ここでは、そんなヤーコン茶の効果や食物繊維たっぷりの成分や特徴、味や香り、副作用などなど、詳しく解説していきますね♪

スーパーでもたまにみかけますので、料理に使用してみるのも良いかもしれませんね!

ヤーコン茶の様々な健康効果とは?

ヤーコン茶をみなさん知っていますか?

ヤーコン茶は南米のアンデス山脈地方が原産でキク科の植物です。

ヤーコンの葉には、フラボノイドやテルペンなど、血圧や血糖値を下げる成分が含まれています。

さらに糖尿病などの予防にも効果的だと言われています。

近年、このヤーコン茶の効能がとても注目されています。

ヤーコンはインスリンと似た効果がある?

ヤーコンの葉や茎で作ったヤーコン茶は、インスリンに似た働きをすると言われています。

必要以上に血糖値を下げるというわけでもなく、適度に下げてくれるので医学の分野でもとても注目をされています。

ほかに、中性脂肪から脂肪酸への分解を促進する作用があります。体重の増加も防げるため、ダイエット効果も期待できると言われています。

利尿作用もあるので、体内のたまった余分な水分を体外に排出して、むくみを改善してくれる働きがあります。ですので、ダイエットにも効果的だと言われています。

また、ヤーコン茶にはポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールは体内で糖の吸収を穏やかにしてくれると言われています。この作用が食後の急激な血糖値の上昇を防いでくれると言われています。

ヤーコンは食物繊維もたっぷりで便秘にも効果的!

昔からヤーコンは治療に使われていました。糖尿病に効果があると使用されており、医学的にも研究が進んでいるものになります。

食物繊維も豊富に含まれているため、便秘解消にも効果があると言われています。

フラクトオリゴ糖も含まれており、腸内で善玉菌と呼ばれるビフィズス菌を増加させる作用を持っています。

ヤーコン茶特有の整腸作用で、腸内環境を改善してくれ、腸の活動を活発化してくれると言われています。

食物繊維をたくさん含んでいるものはありますが、なかなか便秘が解消されないという人もいます。

便秘でお悩みの方は、ヤーコン茶を試してみるのもおススメです。便秘が解消できればダイエットにも効果が期待できますよね。

長く便秘で悩んでいた方は、ぜひヤーコン茶を試して腸内美人を目指してみてください!

ヤーコン茶に含まれる成分や効能について!

ヤーコン茶には、たくさんの効果効能があります。

糖尿病や高血圧は、日本でも非常に多い生活習慣病です。

このような生活習慣病の予防だけではなく、中性脂肪やコレステロールなどの数値を下げてくれる効果もあります。

肥満防止による、ダイエット効果も期待できるというわけなんですね。

ヤーコンの葉や茎にはポリフェノールが豊富!

ヤーコン茶にはいろんな効能がありますが、その中でも血糖値を下げる効果があることから糖尿病の予防にも効果があると言われています。

ヤーコンの葉や茎にはポリフェノールが豊富に含まれています。体内にある糖質の吸収を遅らせてくれるという働きがあります。

食後の急激な血糖値の上昇を予防してくれる効果が期待できます。

また、水溶性の食物繊維もたくさん含まれているため、便秘解消にも効果的です。

ヤーコン茶にはカテキンやフラボノイド、クロロゲン酸などのポリフェノール類を含まれています。

これらは、動脈硬化を予防したり、高血圧を予防してくれる働きがあります。

カリウムも非常に多く含まれているため、さらに高血圧の予防から改善に至るまで効果を発揮すると言われています。

ヤーコン茶の芋の部分に食物繊維たっぷり!

ヤーコン茶の芋の部分には、フラクトオリゴ糖と食物繊維が豊富に含まれています。

これらの成分によって便秘の改善、解消効果が高いと言われています。

フラクトオリゴ糖は、腸内で善玉菌のビフィズス菌を増加させてくれる整腸作用があり、そうすると腸内活動も活発化してきますので、便秘の解消につながるとも言われています。

ヤーコン茶は、たくさんの機能性を持ったお茶だと言えます。

これまで生活習慣病で悩んでこられた方は、一度試してみてもいいのではないでしょうか。

すぐに効果を発揮できるというわけではありませんが、長く続けて飲んでいくと必ず効果を実感できるようになってくると思います。

これまでいろんなダイエットを試してきたり、便秘に苦しんでこられた方は特に、効果が期待できると思いますよ。

ヤーコン茶の特徴をあげるとするとなに?

ヤーコンはキク科の根菜です。南米のアンデス地方が原産だと言われています。

成長していくと、地中にさつまいものような芋をたくさんつける植物と言われています。芋自体は、とても甘みがあるのが特徴です。

中国やペルーなどで主に食べられていますが、ヤーコン茶はヤーコンの葉を乾燥させてお茶として作ったものです。

ヤーコンにはさまざまな特徴があります。乳酸菌の増加を促してくれる効果もあります。

ですので、便秘解消にとても効果を発揮すると言われています。特にフラクトオリゴ糖という成分を多く含んでいることが、便秘解消に効果的です。

アンデス地方の人たちは長寿で知られており、ヤーコンのおかげだと言われています。

日本では、あまりヤーコンはなじみがありませんよね。しかしダイエットに効果的だと、近年人気が出てきています。

ダイエット茶としても期待のヤーコン茶!

ヤーコン茶はダイエットティとしても効果を発揮しています。麦茶のような香ばしい味で、とても飲みやすいと言われています。

また効能としては、便秘改善やダイエット効果、中性脂肪の分解促進、糖尿病にも効果的だと言われています。

ヤーコンの葉には芋と同様、フラクトオリゴ糖が含まれています。

ポリフェノールやカテキン、テルペンなども豊富に含まれており、緑茶のカテキンをしのぐほどだと言われています。

天然のインスリンと言われているイヌリンという成分も豊富に含まれています。

ヤーコン茶と似ている菊芋茶とは?

ヤーコンと同じような成分を含むものに、菊芋があります。ヤーコン茶同様、菊芋茶としても販売されています。

菊芋にはでんぷんは含まれていませんが、イヌリンによって構成されており、このイヌリンが健康機能性を備えていると言われています。

ダイエットティーとしてのヤーコン茶には、とても優れたデトックス効果があります。ですので、体の基礎代謝を高める働きがあります。

ダイエットティとしてのヤーコン茶には、カフェインは含まれていません。お子様や妊娠している方も安心して飲むことができます。

しばらく続けて飲み続けることで効果を期待できますから、健康面で不安を感じている方はぜひ試してみてください。

ヤーコン茶の味ってどんな味?

みなさんはヤーコンと言う野菜を知っていますか。名前を聞いたことはある人も多いと思います。

ヤーコンは芋とも言われ、アンデス山脈地方原産です。お芋の種類ですが、栄養価が高く、ダイエット効果が期待できると有名です。

ダイエットに大切な基礎代謝を上げることができるので、とても効的なんですよ。

血中のコレステロール値を下げてくれる働きをしてくれるので、メタボの予防にもなりますよね。

食物繊維も豊富に含まれており、体内で膨張するという働きがあるため、満腹効果が得られることでも有名です。

さらに便秘解消、この効果は絶大です。便秘解消や利尿作用によって美肌効果にも導けますから、女性にとってうれしいことばかりですよね。

ヤーコン茶の味や飲み方について!

このように、たくさんの効果が期待できるため注目されているヤーコン茶ですが、味はどうなのでしょうか。

味は、少し苦味のある濃い味が特徴です。

煮出しすぎるとさらに苦味が増してしまうので、苦いお茶が苦手なかたは、煮出す時間を短くすると飲みやすいですよ。

実際に飲んでいる方の情報を見てみると、おいしくもなく、まずくもなくという意見もあれば、苦味が好きという意見もあります。

お薦めの飲み方は、ポットで飲むのが効果的です。朝起きてすぐの空腹時や、入浴前に水分補給で飲用すると、体の中に溜まっている老廃物が汗や尿で一気に出されます。

ヤーコン茶にはカフェインが含まれていませんので、副作用の心配もありません。

ですので、寝る前にも飲んでいただくことができます。

しかし寝る前にたくさん飲んでしまうとむくみの原因にもなりますので、飲みすぎには注意が必要です。

ヤーコン茶を飲むだけで、ダイエットにつながるというわけではありません。やはり適度な運動が必要になります。

便秘解消た利尿作用が期待できるお茶ですので、ぽっこりお腹がへっこんできたりしてお腹まわりのサイズダウンに成功した方もいます。

いずれにしても、苦味が苦手な方は、ブレンドして飲むと飲みやすくなって効果的ですよ。

ヤーコン茶に副作用ってあるの?

ヤーコンは、中南米のアンデス原産のキク科の根菜です。

ふつうにダイエットをするだけでは、なかなかセルライトを消すことはできません。運動が大切になります。

しかし運動ってなかなか難しいですよね。ヤーコンの葉はお茶として用いられており、芋の部分はシャキシャキとしているので、お料理にもよく使われています。

副作用がないと言われているヤーコン茶!

ヤーコンには、フラクトオリゴ糖がたくさん含まれています。ゴボウの2倍以上、玉ねぎの3倍以上とも言われるくらいです。

イヌリンと言われている食物繊維も豊富に含まれているので、お腹をスッキリする効果があると言われています。

ヤーコン茶には、便秘解消に一番の効果があると言われています。

胃腸の調整や腸内環境の改善に効果を発揮します。

いろんな健康に関する機能性が高いヤーコン茶ですが、天然の食品であり、薬のような副作用の心配がありません。

副作用がないからと言って、飲み続けていれば糖尿病が確実に予防できるわけではありません。

食事治療等、お医者様と相談のうえでの治療が必要になってきます。ヤーコン茶はあくまで補助的なものと考えてくださいね。

副作用がないとなれば安心ですよね。

ダイエットや糖尿病の予防以外にも、美肌効果もあると言われているヤーコン茶。女性には本当にうれしい健康茶と言えますよね。

ヤーコン茶の飲み方ってあるの?

ヤーコンは便秘解消に効果があることはお伝えしましたが、慣れないうちはお腹がゆるくなりやすい場合もあるので、飲み方には注意が必要です。

最初は少しずつ試してみてくださいね。

日本には、700万人以上もの糖尿病患者がいると言われています。

今はまだ大丈夫と思っていても、補助策としてヤーコン茶で糖尿病予防を行っておくことが懸命だと言えます。

脂っこい食事が好きな方や、甘いものが好きな方など、糖尿病の心配がある方は今からでもヤーコン茶を試してみてはどうでしょうか。

飲み続けていくうちに、健康維持に必ず役立つはずですよ。

お茶ダイエット関連のおすすめ記事

ドクダミ茶の十薬と呼ばれる効能とは?

2018.02.21

ダイエット茶に含まれている成分とは?

2018.02.20

ごぼう茶の効果でダイエットってできるの?

2018.02.18