脱毛サロンとクリニックの比較?光、レーザー脱毛、脱毛器の違いは?

脱毛のココが知りたい🎵エステサロンのホームページには、脱毛の進め方に関する項目がくわしく掲載されています✨✨

どのような機械を使用しているのか、痛みの程度はどのくらいなのか、お手入れの手順と時間はどんなものなのかなど気になりますよね。

初めてエステサロンでの脱毛を体験してみようという方に向けて、詳しい説明が事細かに記されているので、興味のある方は是非一度ご一読されることをお勧めします💕

このようなガイドを読み進めていくと、エステサロンでの脱毛は一回で済むものではなく、数回にわたって行われるものだということを、初めて知る方も多いかと思います。

さほど痛みを伴うことなく、丁寧に脱毛を進めるだけではなく、毛周期というものに合わせて脱毛が進められているからなのです😎

脱毛サロンのお手入れ時期と毛周期の関係

脱毛サロンのお手入れを知りたい女性

毛周期とは、毛の生え変わりのサイクルのことを言います。「成長期」「退行期」「休止期」の3つに分類されます🤚

成長期は、発毛の源となる毛母細胞が分裂を開始することで毛の成長が始まる時期です。

退行期は、毛母細胞の成長が止まってしまい毛が抜ける時期のことです。

休止期は、毛が抜けきった後から毛母細胞の活動が始まるまでの時期のことを指します。

毛周期は、体のパーツごとに期間がまちまちです。髪の毛は4か月、顔まわりは2か月と同じ人間の体内の中でも成長のペースが違っています。

脱毛に関するパーツに焦点を当ててみますと、腕や脚は3ヵ月、脇やビキニラインは4カ月だといわれています。

成長期から退行期へ、退行期から休止期へと移り変わるのには1か月から2か月を要します。

脱毛サロンでのお手入れもこの周期の移り変わりに合わせて1か月から2か月に1回のペースでお手入れを続けると、前回施術のタイミングに合わなかったパーツも、次回逃さずお手入れをすることが可能だということになってきます。

エステサロンでのお手入れをするのに最適な時期は、成長期と退行期です。

体に生えているムダ毛は、皮膚から出ている部分だけではなく皮膚の奥から毛根にかけて根深く存在しています。

カミソリや除毛器具を使ってのムダ毛の自己処理ですと、体の表面に出ているムダ毛はお手入れできても、その奥の部分のお手入れを行うのはとても困難です。

エステサロンでのお手入れは、皮膚の奥にある毛乳頭の活動を抑える仕組みです。

しかしこれが効果的なのは成長期や退行期など、毛母細胞が活発に活動しているときです。

発毛の促進の一役を担っている毛母細胞に直接働きかけていかないと、毛の成長を抑止させることはまず不可能です。

ですから、エステサロンのお手入れは1か月から2カ月に1回のペースで通うことで、毛周期に合わせたとても効果的な脱毛を進めていくことが可能だということが言えるのです‼

永久脱毛って何だろう?

お手入れしてもらうんだったら完璧にツルツルのお肌にしてもらいたい❗脱毛に行くことを決めた際には誰しもが思うことですね。

水着やノースリーブの洋服を着るときも、わきの下を気にすることなく過ごせることは、本当に心がウキウキするものです。

脱毛サロンを選ぶ際に、気になる言葉の中の一つに永久脱毛があります😊

言葉通りに解釈すると「一生ムダ毛が生えてこない」という意味にとれますよね。

脱毛を行っているエステサロンのホームページやパンフレットに目を通してみますと、永久脱毛という言葉を見つけることができません。

ここでは、安価でお手入れができるということで人気の高いミュゼプラチナムを一例に取り上げてみます。

ミュゼプラチナムの公式ホームページには、格安の料金で脱毛が行えるプランがたくさん掲載されています。

また、初めて脱毛をお考えのお客様に対して、どのような施術を行うかということがくわしく掲載されています。

しかし「永久脱毛」という言葉はどのページにも記されていません。

「エステの脱毛って、永久脱毛じゃないの?」という疑問をお持ちになられることでしょう。

日本エステティック振興協議会が定めた、エステティック業統一自主基準というものがあります。

この中の日本エステティック振興協議会加盟団体サロン遵守事項という項目の中に、エステサロンの広告やPRで使用していけない広告表現として、永久脱毛という言葉が明記されています。

なのでミュゼプラチナムだけではなく、エステサロンの案内の中で「永久脱毛」という言葉は使うことができないのです。

エステサロンで使用されている器械は、医療用具として認定されているものではありません。

エステで行われる光脱毛器やフラッシュ脱毛で使用されている機器は、美容外科で使用されている機器と仕組みは一緒なのですが、レーザーの出力が医療機器として認定されている機器より弱いです。

ですのでどなたでも安心して手軽に脱毛を行うことができます。

脱毛の効果はどのエステサロンも目を見張るものがありますが、エステサロンは医療機関ではないのでその施術方法は医療行為には至らない範囲で行われています。

永久脱毛とは再生率が20%以下で永久に生えてこないわけではない?

永久脱毛とはいったい何なのでしょうか❓

現代の世界の医学の力をもってしても、ムダ毛を生えることをストップさせるという技術は開発されていないのが現状です。

アメリカの電気脱毛教会が定めた定義によれば脱毛終了後、1カ月たった時点で毛の再生率が20%以下であるのが永久脱毛とされています。

日本では永久脱毛という言葉は医療用語として使用されています。

日本で永久脱毛を行うことが可能なのは専門の知識を持つ医師です。

ですので永久脱毛は医療脱毛だと明記しているサイトも見かけることがあります。

美容外科で行われている医療行為としての脱毛は、レーザー脱毛やニードル脱毛があります。

前述のとおり、レーザー脱毛は黒いものだけに反応する特殊なレーザーを用いて、毛根に刺激を与えることにより毛の生え方を抑制させる脱毛法です。

ニードル脱毛は、特別な針を皮膚に挿して毛の生成を抑制させる脱毛法です。

いずれも痛みは多少伴いますが、医療機器を使用しているので効果は高いようです。

医療脱毛とも呼ばれている美容外科で行う脱毛は、先ほどご紹介したアメリカ電気脱毛協会が定めた定義づけに基づいているので一生生えることはないと断言まではできないもの、かなりの高い効果を期待することができるといえます。

脱毛を行うエステサロンと美容クリニックとの比較

エステサロンとクリニックの比較を調べる女性

夏に向けてきれいなお肌を保ち続けるために欠かすことができないのがムダ毛処理です。毎日お手入れし続けることはとても面倒なことです。

そして間違ったお手入れを続けたりお肌に合わないムダ毛ケア商品を使ってしまうと、吹き出物ができたりケアした箇所が黒ずんでしまうなどといったお肌のトラブルを引き起こしてしまいます。

最近では街中、テレビ、雑誌、公共交通機関の中吊りに掲示されている、脱毛サロンの広告を目にする機会が増えました。

どの広告も初めて脱毛を行う施設をご利用になられるお客様に対して行われる「初回お試しプラン」の価格をメインに展開されています。

自分自身に最も合っているサロンは一体どこなのかを見つけるために、お試しプランを利用してみるのはとても最適な手段だと思います。

脱毛しようと決めてサロンを選んでいるときに「エステサロンと美容クリニックってどう違うの?」という疑問を抱いたことってありませんか❓

エステサロンと美容クリニック。どちらもムダ毛の知識が豊富で高い技術を持った方々からの施術を受けることができます。

エステサロンは業界団体が設立した資格を持ったエステティシャンが施術を行います。初回来店時には、無料でカウンセリングを行っています。

ムダ毛が生えるメカニズムと施術を受ける方のお肌の状態、生活環境を照らし合わせてもらった後に広告で掲載されている「初回お試しプラン」を受ける、というのが大まかな流れです。

初回のみお試し料金で2回目以降は通常料金でという料金形態のサロンや、ミュゼプラチナムなどのようにコース自体が低価格で行えるような価格設定のサロンなど料金で選択することが可能です。

美容クリニックはれっきとした医療機関です。「美容外科」「美容皮膚科」などがあります。

もちろん医療機関なので国家資格を持った医師が施術を行います。

普通の病院と違って美容医療の中には保険がきかないという施術内容のものもありますので、エステサロンに比べてみると料金設定は少々値段は張りますが、施術中に万が一の事態が起きた場合にも迅速に対応してもらうことが可能です。

エステサロン脱毛と美容クリニック脱毛の大きな違いは、使用する機器が違うという点です。

脱毛に使用される機器はレーザーを照射することで、毛根に刺激を与えて脱毛させるレーザー脱毛器と呼ばれるものです。

レーザーの出力が高いものは、医療機関である美容クリニックでのみ使用が許可されています。

美容クリニックでの脱毛は永久脱毛の効果が高く完了までの時間が短くて済みますが、施術にかかる費用は高く痛みも伴います。

エステサロンでの脱毛で使用されている機器は、レーザー脱毛器よりも出力の弱いフラッシュ脱毛器が使用されています。

フラッシュ脱毛器は、施術に痛みを伴わないことと低価格での脱毛が可能というメリットがありますが、出力が弱い機器を使用している分美容クリニックに比べて完了までの時間がかかってしまいます。

料金や痛みの有無というポイントでエステサロンと美容クリニックを選択されている方が多く見受けられますが、両方が持つ利点を重視して、体のパーツごとにエステサロンでの脱毛と美容クリニックでの脱毛をうまく使い分けるという方法も可能です。

脱毛エステに行く前日までに準備しておくこととは?

自分自身に適したエステサロンも選び初回のカウンセリングを終えるといよいよ初回のお手入れです。

どんな仕上がりになるのかわくわくしますよね。ですが、お手入れに臨む前にいくつかの準備をしておくこともとても大切です。

脱毛に行く前に、準備しておかなければならないことがいくつかあるのです。

エステサロンのホームページには「お手入れ日の前日に心掛けていただきたいこと」という項目でいくつか注意点が記載されています。

ここでは「お手ごろな価格で脱毛をおこなえる」エステサロンの一つとして名前が挙がるミュゼプラチナムを一例に挙げさせていただきます。

お手入れの前日までにやっておかないといけないことは「シェービング」です。

「エステで脱毛するのになぜシェービング?」と疑問に思われる方もいらっしゃることでしょう。

これはエステで行われる脱毛方法と深くかかわっているのです。

エステでの脱毛は「光脱毛」です。光脱毛は、メラニンにだけ反応する特殊なレーザーを出す機械を使用して毛根の生育に欠かせない毛乳頭を刺激してムダ毛を抑制する方法です。

エステサロンでの脱毛は、ムダ毛そのものではなく毛乳頭を刺激する施術方法なので、脱毛を行う箇所にムダ毛が生えている状態で初回のお手入れに行くと、事前にシェービングに時間を費やしてしまうことも考えられ、早く終わるはずの施術時間が延びてしまうことに繋がりかねません。

脱毛を行う箇所は、前日までにシェービングを済ませておくように心がけましょう。

お手入れでVラインを希望されている方に対しては、どのラインまでシェービングをしておいた方が良いかという目安になるプレートをいただくことができるサロンもあります。

お肌に負担をかけないように電気シェーバーでのシェービングを勧めているエステサロンも、中にはあるようです。

生理中や体調が万全でないときの施術はもちろん行ってはいけませんが、エステ前日にサウナ、ジムなどでの運動、温泉、岩盤浴、海水浴、飲酒など体温を温めることにつながる行為も避けてください。

夏場には汗をかいてしまうという理由から、制汗グッズをご利用になる方も多いと思います。

エステで脱毛する当日には、制汗剤の使用は避けてください。

脱毛時に使われるボディ用ジェルが、制汗剤を塗ったお肌にのりにくくなるからという理由があるそうです。

日焼け直後やお肌が乾燥している状態での脱毛を行うことはできません。日焼けした肌も乾燥した肌も、お肌の状態が正常ではないからです。

お手入れ当日の受付で、これらの禁止項目に該当するかどうかのアンケートを行っているサロンもあります。

該当する項目に当てはまってしまうと、当日のお入れができなくなってしまう場合もありますので注意しておきましょう。

エステサロンでの脱毛ができない箇所がある?

今やだれでも気軽に脱毛を行える時代。なるだけ予算をかけずにピカピカボディを手に入れたい❗と、お考えになられる方にとってまず思いつくのがエステサロンでの脱毛ではないでしょうか❓

お手軽なのに丁寧に脱毛できるというエステサロンの脱毛は、幅広い世代の方に広く受け入れられているのが現状です。

しかしエステサロンでの脱毛には、体の部位によっては脱毛が困難な箇所があるのをご存知でしょうか⁉

エステサロンで行われている脱毛の主流は「光脱毛」です。

光脱毛は黒色にだけ反応する特殊なレーザーを皮膚にあてることで、毛根部分を刺激して毛の生成を抑える仕組みです。

ですので日焼けした肌だと、お手入れしたい箇所以外の日焼けした部分にもレーザーが反応してしまうことがあります。

体に存在する黒い部分は、ムダ毛だけではなくホクロや瞳も含まれますね。光脱毛で使用されるレーザーは、これらの部分にも反応します。

光脱毛の際には、目に刺激を与えないようにゴーグルを貸与していただけたりホクロの部分を保護するためのシールを貼ってお手入れを行っています。

また、細かい部分にも対応できるようにレーザー照射部分が小さめに作られるなどの特別な機器を使用することで、鼻の下や口の回り、眉間などこれまでエステサロンでのお手入れが困難だった箇所も脱毛できるプランを採用しているエステサロンもあるようです。

しかし、瞳の部分に最も近い瞼の脱毛を行っているエステサロンは現在のところほぼ見当たりません。

皮膚にできてしまった黒い部分のなかには生まれついてから備わっていたものだけではなく、タトゥーなど人工的にに黒くしてしまった箇所もあります。

タトゥーが入っている部分へのお手入れは皮膚を傷つけてしまうという理由でご希望通りの施術を行えなくなってしまうことも考えられます。

デリケートゾーンの脱毛は光脱毛には向かない!

少しの刺激でも傷がつきやすいデリケートゾーンも、光脱毛にはあまり適さないとされています。

エステサロンの脱毛コースには「VIOゾーン脱毛」といった名称等で、デリケートゾーンにほど近い箇所のお手入れを行っているところもあります。

しかし、エステサロンでのお手入れのみですと、完全に脱毛に至るまでには数年ほどかかってしまう場合もありえることも考慮に入れておいてください。

もし何らかのトラブルが発生してしまった場合に、医療機関ではないエステサロンではメンテナンスの程度が限られていますので、初回のカウンセリング等でトラブルが起こってしまった場合の対処法もきちんと確認しておきましょう。

これまでに挙げたものをまとめると、体の部分によってはお手入れができないという風に捉えてしまいがちですよね。

だからといってホクロ部分、色素沈着が起こっている部分、タトゥーが入っている箇所、デリケートゾーンは脱毛できないということではありません。

これらの部分のお手入れには美容外科や美容皮膚科での医療脱毛や、特殊な針を使って行うニードル脱毛が適しているのです。

美容外科や美容皮膚科で使用されている脱毛機器は、医療機器を使用しています。

さらに何らかのトラブルが起こってしまった場合にも、医師による適切な処置を受けることが可能です。

一昔前までの脱毛の主流だったニードル脱毛は光ではなく針を用いるので、黒い部分にも反応することなく脱毛したいところを的確にお手入れすることが可能です。

医療脱毛とニードル脱毛に共通しているのは「痛みを伴う」ということです。

強力なレーザーを用いた機器を使ったり針を刺すという行為を経てのお手入れになりますので、エステサロンでの脱毛に比べると痛いといわれています。

どの部分をきれいにお手入れをしたいかというご希望と、エステサロンと医療機関が持つそれぞれの利点を考慮に入れてお手入れを続けているという方も多数いらっしゃるようです。

せっかくきれいになる機会を得たのですから、納得のいく仕上がりになるために賢く利用するというのもきれいな体を手に入れるための方法の一つなのかもしれません。

脱毛サロンで行うハイジニーナ(VIO)脱毛の効果、回数、痛みは?

2018.01.27

光脱毛とレーザー脱毛の違いってなに?

光脱毛とレーザー脱毛の違いを知りたい女性

脱毛キャンペーンを行っているエステサロンや美容クリニックの広告を目にする機会が増えました。

どの広告にも共通して記載されているのは「光脱毛」「レーザー脱毛」というキーワードですね。

1980年代頃、脱毛の方法として主流だったのは針脱毛でした。

針脱毛とは、毛穴に刺した針から電気を流して毛根を破壊するという方法です。

その効果は抜群で永久脱毛も可能ではありますが、皮膚に直接針を刺すのでとにかく痛みを感じるそうです。

美容外科は医療機関なので麻酔の使用は可能ですが、エステサロンは医療機関ではないので痛みを紛らわせる方法としてはそれぞれのサロンが独自に考案した方法でのみ行われていました。

効果は抜群といっても、痛みと費用がかさんでしまうのはちょっと敬遠してしまいがちになってしまいます。

現在でも光脱毛を行っている美容外科やエステサロンはありますが、最近のエステサロンでの脱毛の主流は光脱毛とレーザー脱毛になっている傾向があります。針脱毛との大きな違いは痛みの大きさです。

毛が生える流れは、成長期、退行期、休止期の3つのサイクルに分けられます。

成長期の毛は、毛根が毛乳頭という組織にしっかりとくっついていて栄養が流れていることで生え続けています。

成長期の毛に光を照射し、毛乳頭に熱でダメージを与えて毛の再生を半永久的に防ぎます。

直接針を刺す針脱毛とは違い、光脱毛とレーザー脱毛は、皮膚の両面にメラニンにのみ反応する特殊な光を照射し毛根にダメージを与えることで、ムダ毛を栄えにくくする方法です。

痛くない、料金が安いという二つの大きな理由から、自己処理ではなく脱毛してもらうという方法は一気に一般化していったのではないでしょうか。

針脱毛よりも痛くないことは理解できた、ところで光脱毛とレーザー脱毛ってどう違うの⁉このような疑問が頭にわいてきます。

光脱毛とレーザー脱毛の構造は基本的に同じです。違いは照射されるレーザーの出力量です。

針脱毛には、医療機関でのみ使用が可能な「絶縁針」とエステサロンで使用される「ニードル」の2種類があります。

このことと同様に、メラニンに光をあてる際に使用される機器が、美容外科とエステサロンとでは異なってくるのです。

美容外科で使用されているのは「レーザー脱毛器」です。レーザー脱毛器は照射される光の量が多いので、医療器具に分類されます。

なので、医師免許を持った医師のみが使用を許可されています。照射量が多いので効果も高いのですが痛みを伴うことがあります。

インターネットの口コミサイトなどで見るのが、ゴムをぱちんとはじかれた時のような痛みという表現です。

また施術内容によっては保険がきかないという場合もありますので、美容外科のホームページを一読したり事前にお問い合わせするなど、詳細を確認してから施術に臨まれた方がいいと思います。

エステサロンで使用されている脱毛機器はレーザーの出力が弱いですが、その分痛みを感じることはほとんどありません。

エステサロン側の企業努力などのおかげで低価格での施術も可能なサロンも増加したことから、お手軽に脱毛を行うことが容易になりました。

脱毛もそれに伴うメンテナンスも含めて完璧に行いたい場合は美容外科のご利用を、きれいな肌を気軽に手に入れたいと思う方はエステサロンのご利用を選択なさっている方も多いようです。

エステ脱毛ってどのくらいの痛みなの?

エステサロンでの脱毛を行いたい!と思ってはいるもののなかなか実行に移すことができない。

価格面、勧誘の有無など躊躇してしまう理由はたくさんあります。

そんな理由の中の一つに「どのくらいの痛みなの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか❓

昔の脱毛方法には痛みがつきものだったようです。

1960年代、女性の社会進出や洋装ファッションが主流になり始めたと同時に身だしなみの一つとしてわきの下の脱毛が流行しました。

カミソリによる自己処理も行われていたようですが、脱毛を行う医療機関を訪れる方もいらっしゃったそうです。

そのころの脱毛の主流は針を使っての脱毛。

自己処理よりも抜群の効果はあるものの、皮膚に直接針を刺すこの方法はもちろん痛みを伴うものでした。

これにより脱毛は痛いものという考えが定着化したようです。

脱毛は痛いものという流れに一石を投じたのは、レーザー脱毛の登場ではないでしょうか。

レーザー脱毛は皮膚に針を刺すことなく、レーザーが直接毛根に作用してムダ毛の成長を抑制させる方法です。

ムダ毛を抜きたい部分にジェルを塗って光を照射します。これを何度も繰り返すことで、ムダ毛は生えにくくなるのです。

最初は医療用具を用いての施術なので、美容外科で行われていました。

痛みもゴムで皮膚をぱちんとはじかれた程度にまでとどめることができました。

レーザー脱毛器よりも効果の弱いフラッシュ脱毛器は、医療機関ではないエステサロンで使用されています。

回数を重ねることで脱毛の効果が実感できるフラッシュ脱毛の特徴は、痛みをほとんど感じないということに尽きます。

美容外科で行われる脱毛器よりレーザーの出力量が少ないので、その痛みは「指の爪先でちょんと触れるくらい」の痛さです。

さらにTBCやミュゼプラチナム等の大手エステサロンが「格安プラン」を打ち出したことでエステでのフラッシュ脱毛は一気に人気が高まり、一般化するようになりました。

ワンコイン程度の価格ですと「1回くらい試してみようかな?」という心境に至りますよね。

そこで試してみて痛くないことを実感すると、周りの人に教えたくなってしまいます。

今やインターネットが当たり前のように世の中に存在している時代。匿名での口コミ一つで、一気に拡散されていきます。

「痛くない」ということがわかると「試してみようかな?」と思いますよね。

大手のエステサロンでは、初めてエステを訪れたお客様に向けての「無料お試し体験」を実施しているところが増えました。

無料、あるいは安価でお試しお手入れができるだけではなく、脱毛に関して専門的な知識を持つエステティシャンによるカウンセリングも受けることができます。

脱毛に関する疑問やわからないことは、カウンセリングでエステティシャンの方に直接聞いてみるというのも一つの方法だと思います。

またお手入れ中にはエステティシャンの方がどのようなお手入れを行うかという説明や脱毛に関するいろんなお話を聞きながら受けることができます。

エステティシャンとお話しながらお手入れを受けることで、緊張感を和らげることができます。

強引な勧誘は、エステサロン団体が独自に定めたガイドラインで禁止項目に該当しています。

カウンセリング中とお手入れ中に勧誘を受けることは全くありません。

リラックスしながらお手入れに臨むことができるという点も、痛みを和らげる一つの手段なのかもしれませんね。

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器の種類を知りたい女性

ムダ毛のお手入れには、脱毛エステや美容外科などで資格を持つ専門の方にお手入れをしていただく方法や家庭で自分自身でお手入れする方法など、様々な方法があります。

家庭でのムダ毛のお手入れは、何といっても手軽にお手入れができることがメリットです。

時間に制約されることなく気になった頃合を見計らい、自分自身のタイミングでお手入れができるという方法はご多忙な方でも気軽に続けることが可能です。

家庭でできるお手入れで一番手軽に続ける方法は、カミソリを使ってのお手入れはないでしょうか。

入浴の時間をうまく利用してお手入れすることができる上に、コスパ的にも安価で続けられます。

しかし、間違ったお手入れを続けると吹き出物や黒ずみなど皮膚に支障をきたしてしまうことにもなりかねません。

初夏に入った時期、バラエティショップや雑貨店に行くと「ムダ毛対策コーナー」が特別に設置され始めます。

店頭には、ムダ毛処理対策に使用する様々なアイテムが多数揃えてあります。

お馴染みとなったカミソリや除毛に使用するボディグッズと一緒に、家庭用脱毛器が紹介されているのをよく見かけるようになりました。

カミソリなどのアイテムと比べると価格帯としては高額になるのは言うに及ばずですが、長期的な視点で考えると、家庭用脱毛器が重宝するというのも一理あるのです。

カミソリや脱毛グッズですと、お手入れの途中でけがをしてしまったり、皮膚に合わなかった場合は皮膚科に通うことになってしまいます。

家庭用脱毛器は、安全性と使いやすさを第一に考えた製品がたくさん開発、販売されています。

家庭用脱毛器は3種類に分類

アットコスメなど有名なコスメサイトの口コミランキングサイトのランキングにも「美容家電」のカテゴリーは存在しており、たくさんの家庭用脱毛器がランクインしています。

家庭用脱毛器と一括りにされていますが、その脱毛の仕組みから「サーミコン方式」「レーザー方式」「フラッシュ方式」の3種類に分類されます。

サーミコン方式は、熱したワイヤーを毛にあてて焼き切る方法でムダ毛をお手入れする方法の商品です。

テレビCMや雑誌の広告でよく見かける「NO NO HAIR」はサーミコン方式の家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器の中では比較的安価で、カミソリでムダ毛をお手入れするよりお肌にかかる負担が少ないです。

サーミコン方式での脱毛は、ムダ毛そのものを処理しエステなどで行われる毛根に直接ダメージを与える脱毛方法ではないので、脱毛というよりは除毛という方が近いという印象を受けます。

レーザー方式の家庭用脱毛器は、3種類の脱毛器の中では古くから販売され続けています。

美容外科なので行われているレーザー脱毛器と同様、特殊な光を毛根に照射して毛根にダメージを与える方法でお手入れを行います。

美容外科で使用されている脱毛器は医療器具になりますので、家庭用レーザー脱毛器はレーザーの照射量が美容外科で使われている機器より少なく設定されています。

レーザーの照射範囲がとても狭いので、部分的な脱毛に向いています。

家庭用脱毛器の中で効果は非常に高いのですが、使用の際には痛みを伴うこともごくまれにあります。

脱毛器の人気ランキングでよく名前を見かけるトリアは、レーザー方式の脱毛器です。

フラッシュ方式の家庭用脱毛器は、いま最もメジャーな家庭用脱毛器です。

エステティックサロンで行われているフラッシュ脱毛と同じ仕組みの機器を、家庭で使用することが可能になりました。

レーザーの照射範囲がとても広く痛みを感じることがほとんどありませんので、全身に使用することが可能です。

クチコミサイトのランキングでの上位に常にランクインしていたり、店頭での展開等で何度もお見かけしたことがある「Ke-non」はフラッシュ方式の家庭用脱毛機器です。

一度購入したら好きな時に気軽にお手入れができる家庭用脱毛器ですが、使用するには注意すべき点があります。

鼻から上の部分への脱毛器の使用は、光が目にあたる危険性があります。最悪の場合、失明することもあるようなので注意して使用しましょう。

光過敏症等の光に関する疾患をお持ちの方や現在ステロイド系のお薬を使用している方は、皮膚に異常をきたすことがあるようなので使用を控えてください。

脱毛関連のおすすめ記事

もみあげ脱毛の効果とは?回数や期間、おすすめの形や女性に人気?

2018.02.02

脱毛の自己処理(毛抜き、クリームなど)メリット、デメリットは?

2018.01.27

脱毛サロンの胸脱毛の恥ずかしいけどムダ毛処理方法を教えて!

2018.01.26