脱毛の自己処理(毛抜き、クリームなど)メリット、デメリットは?

カミソリでムダ毛処理、正しい方法は?

段々と蒸し暑くなる季節がやってきましたね。薄着になるに伴い、気になってくるのが身体の「ムダ毛」ではないでしょうか?

あなたはどんな脱毛方法を行っていますか?

このようなアンケートをとると、半数以上の方が「カミソリやシェーバーでセルフケアをしている」と回答するのではないでしょうか?

カミソリやシェーバーはコンビニやドラッグストアで簡単に買えますし、最もコストがかからず、自宅で手軽に行える処理方法だからです。

しかし一方で、カミソリやシェーバーでのセルフケアの危険性を指摘する声もあります。

毛抜きで処理?NGポイントと正しい方法!

蒸し暑い季節がやってきました。この時期、女性の皆さんを悩ませるのが、「ムダ毛の処理」ではないでしょうか?

腕や脚はもちろん、海やプールに行くとなればアンダーヘアのムダ毛も気になりますよね。

どの角度からも隙のないツルスベ肌を目指して、女子の皆さんはどんな方法でムダ毛処理をしているのでしょうか?

セルフケアでは、大部分の方がシェーバーやカミソリで除毛されているのではないかと思います。

エステやクリニックで脱毛したいけど、金銭的な負担が大きく、気軽にできるものではありませんよね。

カミソリやシェーバーであれば自宅ででき、時間もコストもかからないという点が一番のメリット。

しかし手軽に行える分、効果の持続性は低い点が気になるところ。

そこで、チクチクと生え始めたムダ毛を毛抜きで抜いて処理するという方も多いようです。

多少の時間はかかるものの、その仕上がりはカミソリやシェーバーで剃ったよりもつるんとしているし効果も長続きするという点が支持されているようです。

しかし毛抜きで自己処理をしたことによって、肌トラブルを起こしてしまうことも。

抜けにくい毛を無理やり引っ張ることで毛穴がひらいてしまう。

鳥肌のようにブツブツになる。きちんと抜けずに途中で切れてしまったら、「埋没毛」になってしまうこともあります。

毛抜きで安全に処理する方法ってあるの?

無理やり毛穴を開かせないような工夫が必要です。

またお肌に汚れが付着している状態で行うと肌トラブルにつながりますから、これらのリスクを取り除くためには、お風呂上がりに行うことがベストです。

お風呂に入れない状態なら、お肌の汚れを取り除いた状態で、蒸しタオルなどで温め、肌をやわらかくしておくといいでしょう。

また抜き方にもポイントがあり、肌に対して垂直というよりは、毛流れにそった角度で抜くことが負担をかけない工夫の一つです。

毛抜きで処理した後は、冷水や冷たいタオルなどで冷やし、刺激をうけて敏感になっている肌を鎮静してあげましょう。

毛抜きで処理されている方のなかには、毛抜きでひっぱることによって毛穴が盛り上がり、ぶつぶつした状態になっていることがあります。

これは時間がたつと改善されます。肌への負担を軽減するためにも、一定の期間をあけましょう。

ムダ毛処理も大事ですが、あくまで肌をいたわりながら、憧れのツルスベ肌を目指したいですね。

脱毛サロンとクリニックの比較?光、レーザー脱毛、脱毛器の違いは?

2018.01.24

除毛クリームという選択!その効果は?

ムダ毛の処理の方法は、人によってさまざまです。

永久脱毛をするにはエステやサロンに行く必要がありますが、高額なお金時間がかかるため、なかなかみんなが行けるものではありません。

かといってそのままにしておけないし・・・そんな方の多くは自宅でセルフケアされているかと思います。

カミソリやシェーバーをつかったり、毛抜きで抜いたり、中には、「除毛クリーム」を使っているという方もいらっしゃると思います。

除毛クリームは手に入りやすく、痛みもないため気軽に行えるという点が一番のメリットではないでしょうか。

またカミソリや毛抜きでの処理にくらべ、毛穴が目立ちにくいようです。

クリームを塗るだけでムダ毛が抜けるなんてちょっと不思議な気がしますが、今回はそんな「除毛クリーム」でのムダ毛処理の方法について調べてみました。

クリームで除毛ができるしくみ?

多くの除毛クリームにはアルカリ性の薬剤が含まれており、その薬剤がムダ毛のたんぱく質に働きかけ、溶かします。

毛を溶かすほどの薬剤ですからやはり肌へ刺激がありますので、除毛クリームを使う際には必ずパッチテストを行い、自分の肌に合ったものかどうか確認してから使用する必要があります。

また、たんぱく質は肌の成分にも含まれているため、このような薬剤は肌にも負荷がかかります。

「敏感肌専用」という除毛クリームも販売されていますので、敏感肌の方、また肌の乾燥しやすい方、化粧品等で肌トラブルが起こりやすい方にはそちらをお勧めします。

除毛クリームを使う上での注意点

顔のムダ毛やアンダーヘアなどの、比較的肌が敏感な部位への使用は避けましょう。

また妊娠中、授乳中や生理前などは肌が敏感になっているため、肌トラブルを起こす可能性がありますのでこの期間は避けたほうがいいでしょう。

ケアの後には・・・低刺激の化粧水などで処理後の肌を鎮静させてあげましょう。

除毛クリームには、前述した「敏感肌用」や、「剛毛用」など、それぞれのニーズにあった商品が多種類販売されています。

自分の悩みや用途にあった商品を選び、正しい方法で安全に除毛を行いたいですね。

抑毛ジェルってご存知ですか?

自宅でセルフケアをしている方の中には、「カミソリ」や「シェーバー」を使用している方が多いのではないかと思います。

ムダ毛の自己処理をする際に最も気になるのが肌へのダメージ。

カミソリやシェーバーの使い方や、安全な除毛方法ってご存知ですか?

いくつかのポイント紹介しながら、改めてその方法を見直してみたいと思います。

1.専用のシェービングジェルやクリームを使用する
すべりを良くするため、ボディーソープや浴用石鹸を使用している方も多いと思いますが、肌が乾燥してしまうことがあります。専用のジェルやクリームを使うことで、肌への負担と刺激を軽減することができます。

2.刃は寝かせて、毛流れにそって優しくすべらせる
足首から上へと勢いよく剃ってしまいがちです。また刃を強くあててしまうと傷になったり色素沈着をしてしまうリスクもありますので注意しましょう。

3.処理後のアフターケア
シェービングジェルやクリームをしっかりと洗い流します。肌はとても敏感な状態になっていますので、肌に優しい化粧水や専用のケアクリームなどで肌を鎮静させてあげましょう。

処理後のアフターケアについて

処理後のアフターケアにおすすめなのが「コントロージェルme」という抑毛ジェルです。

肌を保護してうるおいを保つだけでなく、1日2回塗布することで、ムダ毛を薄くしてくれる効果があります。

個人差はありますが、半月~2.3か月程で効果が出る方が多いようです。

また、美白効果もあり、気にある黒ずみや傷跡を薄くしてくれたり、新しく色素沈着を予防する働きがあるそうです。

驚くことに、このジェルは肌に優しい成分由来でできており、小さなお子様も使用できるようです。

ムダ毛には個人差があり、小学生ごろから気になり始めるお子さんもいらっしゃいますから、親子で安全に使用できるジェルは嬉しいですね。

ムダ毛の処理のみに目がいきがちですが、やはり目指すのはムダ毛がないだけでなく、白くて黒ずみのないツルスベな足ですよね。

間違った手抜き処理で肌を痛めてしまっては意味がありません。

正しく安全にムダ毛を処理して、この夏のおしゃれを楽しみましょう🎵

ブラジリアワックス

みなさんムダ毛の処理はどうされていますか?

エステやサロン、クリニックに行きたいけれど金額や時間の面から通うことが難しいという方の大半が自宅でセルフケアをしていると思います。

カミソリやシェーバー、毛抜きなどの他にアメリカでは一般的な「ブラジリアンワックス」が自宅でできることをご存じでしょうか?

ブラジリアンワックスとは?

除毛したい部分にヘラでワックスを塗ります。ワックスが渇いたら、毛の流れに逆らって一気にワックスをはがす、という方法です。

そのメリットは、仕上がりのキレイさと、効果の持続期間。個人差はありますが、約6週間は処理後の状態が保てるといいます。

カミソリやシェーバーなどよりも長持ちするし、毛ぬきで抜くよりも広範囲を一度に処理できるとして人気があるようです。

日本では、テレビドラマ「Sex and the city」でそのシーンが話題になりましたが、アメリカでは一般的なムダ毛処理方法です。

以前からエステやサロンでは行えましたが、近年では自宅でできる商品が発売されました。

ワックスは油性や水性など、複数の種類があります。

特に水性ワックスの中には砂糖やハチミツなどでつくられたものもあり、肌の弱い方や肌トラブルを起こしやすい方にはこちらの方が肌への負担が少ないようです。

逆に油性のものは肌への密着率が高く、除毛力を重視する場合はこちらを選ぶといいかと思います。

また、油性ワックスは「松やに」を由来にしたものが多く、アレルギーの気になる方はその成分をよく確認して自分に合ったものを選びましょう。

工程だけみると簡単そうですが、初心者には難しいので、まずはエステやサロンで試してみることをお勧めします。

実際に体験すればやり方や過程も分かり、自宅で行う際の参考にもなるかと思います。

ブラジリアンワックスは、間違った方法で処理に失敗してしまった場合、特に肌へのダメージが大きく、肌トラブルを起こしてしまうリスクも高まります。

必ず正しい方法を知った上で、安全に使用しましょう。

脱毛テープってどんなもの?

自宅でのムダ毛処理方法には、カミソリ、ワックス、毛抜きなど、様々な種類があります。

その中でも「脱毛テープ」は比較的マイナーな方法かもしれません。

しかし脱毛テープは、コストも低く手軽に行えますし、効果が比較的長くつづくことからも自宅でセルフケアするのには向いている方法だと言えます。

他の方法同様、間違ったやり方で行うと肌トラブルの原因になりますので注意が必要です。

脱毛テープを使用する際のポイント

脱毛テープは足、ビキニライン、脇など、脱毛箇所によって大きさや種類が異なります。

肌トラブルを防ぐためにも、脱毛箇所に合ったテープを選択しましょう。

使用する前には必ずパッチテストをし、自分の肌に合った製品かどうか確かめた上で使用しましょう。

あなたの肌の状態は日々変化しています。

一度安全に使用したことのある製品でも、次にまたトラブルなく使用できるとは限りませんので、その都度パッチテストをすることをお勧めします。

肌を温め、毛穴を開いた状態で使用するとより効果が高まります。

お風呂上がりや、またそうでない場合は蒸しタオルなどで肌を温めてから使用すると良いでしょう。

ただし、水気が残っている場合はテープの粘着力が弱まりますので、肌が乾燥している状態で使用しましょう。

脱毛テープは、カミソリやワックスなどと比べ、毛根から毛を抜くことができるため、その効果に一定の持続性があるといわれています。

しかしその一方で、粘着シートを肌に密着させてそれをはがすので、肌へのダメージも大きいのです。

テープをはがす時には痛みを伴いますし、黒ずみや色素沈着、埋没毛などの原因にもなるといわれています。

そのため、はがした後のアフターケアは忘れずに行いましょう。

テープをはがす時に刺激を受けた肌はとても敏感な状態になっています。

冷やしたり、肌に優しい化粧水で保湿したりしながら、肌を鎮静させましょう。

女子なら、だれもが「ツルスベ肌」にあこがれますよね。

ムダ毛処理で無用な肌トラブルを防ぐためにも、セルフケアの方法を今一度再確認してみましょう。

セルフケア派のあなたにエステにクオリティを!

エステやサロンに通わず自宅でムダ毛処理をしているという方は多いと思います。

セルフケアの方法は様々ありますが、何を重視するかによって選択肢は異なるでしょう。

セルフケアの方法としてはコストが一番かかるものの、仕上がり効果を重視するあなたにお勧めなのが「家庭用脱毛器」です。

家庭用脱毛器のメリットは何でしょうか?

エステと比べて格安で、時間を選ばず施術できること。

エステやクリニックに通う場合、まず空き状況を確認して予約する必要があります。

その日が雨や雪だと通うのが憂鬱ですし、都合が悪くなった場合も不便です。

また通う期間が空くと、脱毛が完了するまでの期間も長期に渡るでしょう。そしてかかる金額はやはり高額です。

ワキのみ、など、局所的な脱毛を希望の方は、キャンペーンやプランによってはエステやサロンに通った方が安い場合もありますが、全身を脱毛したい場合は家庭用脱毛器を使った方がコストを安く抑えられます

エステなら、再度ムダ毛が生えてしまった場合、エステに通う必要がありますが、家庭用脱毛器ならそんなときでも自宅で手軽に処理することが可能です。

家庭用脱毛器のデメリットとは?

もちろんデメリットもあります。

家庭用脱毛器はエステのものに比べて威力が弱く設定されており、産毛には効きません。あくまで目立つムダ毛に対してのみ有効です。

また、脱毛は、熱で毛を焼きつくす、というしくみで行われます。なので施術中はどうしても痛みや熱さを感じます。

家庭用脱毛器には冷却装置がついておらず、ついていても弱いため、エステやクリニックの施術に比べて痛みや熱さを感じやすいようです。使用する際は氷や水などで冷やしながら行う必要があるでしょう。

家庭用機器は高熱を伴う電気機器ですので、慎重に使用しましょう。

また効果の高い方法は、その分失敗した時のリスクが高いという認識を持ちましょう。

どんな脱毛方法であれ、セルフケアで安全に施術を行うためには、説明書をしっかりと読み、正しい使用法を守ることが必要ですね。

まとめ

安全に留意して作られているとはいえ、刃物を肌に当てるという行為そのものが肌に大きなダメージを与えています。

カミソリで処理する際にムダ毛だけでなく、肌の「保護膜」も削りとることになり、お肌がとても敏感な状態になってしまいます。

特に脇の下やアンダーヘアなどの、肌が比較的敏感な部分を自己処理する場合は、肌荒れを起こしてしまうリスクが高いようです。

とはいえエステやクリニックに通うには、時間的にも金銭的にも負担は大きいですよね。

カミソリやシェーバーで安全にムダ毛処理を行うにはいくつかポイントがあります。

専用のジェルを使う、ボディークリームやせっけんはなめらかに剃ることができますが、肌の乾燥をまねくため、専用のジェルを併用することで乾燥を防ぐことができます。

毛の流れにそって刃をあてる
効果を期待して毛の流れに反して刃をあててしまいがちですが、こうすることで肌へのダメージを極力減らすことができます。

カミソリの刃は定期的に交換する
刃が古くなると、ムダ毛処理の効果が落ちるだけでなく、肌へのダメージも大きいので、定期的に新しい刃に交換することが必要です。

使用後の刃はしっかりと水気をきり、乾かす
水気を含んだ状態のままにしておくと、錆びてしまったり、刃の状態が悪くなりますので、使用後は正しく保管しましょう。

セルフケアには何かとリスクが付きもの。正しい知識と方法を知って、ムダ毛の処理は安全に行いましょう。

脱毛関連のおすすめ記事

うなじ脱毛や襟足脱毛の効果とは?期間や範囲、値段やメリットは?

2018.02.03

もみあげ脱毛の効果とは?回数や期間、おすすめの形や女性に人気?

2018.02.02

脱毛サロンの顔脱毛の効果とは?日焼けや事前処理など注意点は?

2018.01.30