エステ脱毛方法の種類(高周波、レーザー、光など)の効果とは?

脱毛方法の種類の効果を比較!エステサロンやクリニックで受けられる脱毛は、いくつかのムダ毛処理方法があります。

最新のフラッシュを用いた脱毛方法であったり、昔から行われていた針脱毛、クリニックでのみ受けられるレーザー脱毛など様々です。

どの種類の施術方法にも、それぞれに特徴があります。

こちらでは脱毛施術方法を徹底比較していますので、自分に合った方法を見つけましょう。メリットやデメリットも詳しくご紹介していきますね。

高周波脱毛とは?

この脱毛方法は、高周波の力によってムダ毛が抜けやすい状態に変えてしまうのが特徴です。

この状態になると専用のピッカーで、ムダ毛を抜いてしまう方法です。

永久脱毛というわけにはいきませんが、脱毛処理がとても簡単で、非常に人気のある脱毛方法です。

高周波を与えるとムダ毛が振動を起こして熱が発生します。

この熱の影響で毛根が小さくなり、ムダ毛は抜けやすい状態になるんです。

どの脱毛方法もそうですが、人によって向き不向きはあります。もちろんこの脱毛方法もしかりです。

高周波脱毛のメリット

高周波脱毛でのメリットは、痛みが少ないというところにあります。

毛根にダメージを与えるので、これ以上ムダ毛が生えてくるのを減らすという効果も期待できます。

さらに、色の薄い毛に対して処理をするもの可能なんです。

これは光脱毛やレーザー脱毛ではできない方法なのですごいことですよね。

この高周波脱毛はエステサロンなどで行うこともできます。

専門のスタッフが処理をしてくれるので、安心して任せることができます。

 高周波脱毛のデメリット

でも反対にデメリットもやはりあります。

特にエステに通わなくても、自宅でも簡単に処理ができるという点が、メリットでもありデメリットであるといえるでしょう。

家庭用の高周波脱毛器も販売されていますので、この機械さえ購入すれば、機械自体の使い方も非常に簡単なので処理も楽にできます。

機械の値段もそんなに高くもありませんので、わざわざサロンに行かなくてもいいということになりますね。

自分で脱毛をすると肌を傷つけてしまいそういう不安をお持ちの方は、脱毛サロンなどに通って施術をお任せした方が安心できますよね。

しかし、あんまりサロンに通っていることを人に知られたくない‥という方には、自宅でセルフ脱毛をする方法もおススメです。

デメリットの内容は悪い内容ではなく、あくまで人によって感じ方の違いです。

どちらの意見も吟味した上で、どの方法や自分に合っているのかどうかを見極めるいい情報になるのです。

なのでなにが一番自分に適しているのか、情報をたくさん集めることが大切ですよ。

レーザー脱毛の効果について!

脱毛方法の種類として、大きく分けると2種類あります。

一般的に多いのは、エステや脱毛専門サロンでの光脱毛、もう一つは美容クリニックで行われる事の多いレーザー脱毛です。

レーザー脱毛は、メラニン色素にだけ反応して熱を出す性質を利用して、毛根そのものを破壊する事で脱毛を行う方法です。

単一の波長で集中して熱を集める施術で、照射の威力が強いので専門医しか扱う事が出来ない為、美容クリニックでの施術となるのです。

また、永久脱毛といわれるのがこのレーザー脱毛であり、美容脱毛サロンとの大きな違いになります。

レーザーの種類は、主にダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーなどの、医療用レーザーを用いた脱毛方法が一般的なようですが、脱毛サロンで扱っている光脱毛より威力が強いので、痛みを伴う事があります。

しかし、そこは医療機関ですので、麻酔クリームで痛みを軽減させているようです。

美容クリニックで使用する医療用レーザーは、医療従事者しか扱う事が許されていないので、一般的な脱毛サロンでは施術が出来ないぶん、効果も高く料金的にも高額になってきます。

またクリニックによっては、最新の技術で4種類のレーザーを使い分けているところもあり、美容クリニック全体の技術はかなり進歩しているようです。

クリニックなので、カウンセリングもしっかりしているところも多く、医師にすぐ相談できる安心感は大きいでしょう。

施術の回数は、毛周期に合わせて繰り返し施術をして、おおよそ5~6回で完了するといわれます。

家庭用レーザー脱毛器について

一般的に有名なインターネットサイトでも家庭用のレーザー脱毛器も販売されていますが、当然医療機関で扱うレーザーよりも出力を弱く設定しているので医師ではなくても扱えるようになっています。

ただし、施術範囲が限られているものも多いようなので、購入を検討しているのであれば、しっかり確認しておくほうがいいでしょう。

料金的にも安い金額ではないので、慎重に選びたいものですね。

レーザー脱毛の痛みは個人差があるので一概にいえませんが、メラニンが濃い部分は反応が強く出る為、特に痛みを感じることがあります。

日焼けの後や肌トラブルがある場合は避けて、注意事項をしっかり守って利用する事をオススメします。

ニードル脱毛の効果とは

ニードル脱毛と言えば、かなり以前までは永久脱毛と言えばこの二ードル方法でした。

ニードル脱毛とは、毛穴に針を差し針に電気を流して、毛母細胞を破壊させる脱毛方法です。

金属アレルギーを避ける為に、チタン製のものやゴールドで作られた針や、絶縁材をコーティングしている絶縁針があります。

絶縁針は医療機器なので、美容外科などの医療機関以外では使用ができません。聞いてるだけでちょっと怖いですよね。

しかしながら、以前までは永久脱毛とはこの方法しかなかったのです。

しかし、この方法はかなり痛みを伴い、エステティシャンの技術も伴わず内出血や、肌に炎症を起してしまうなどのトラブルがいまだに多いようです。

ニードル脱毛の施術は、光脱毛やレーザー脱毛と大きく違い、毛を生やした状態で施術します。

毛が生えていないとターゲットが定まらないので、針をさせないからなのです。

ニードルの施術が出来るエステは、資格を持ったエステティシャンのみと定められており、メンズクリニックなどでもこのニードル脱毛を用いているところもあるようです。

高い技術が必要となりますので、当然ではありますが、危険も伴っている事を理解しなければいけないと思います。

ニードル脱毛のメリットやデメリットについて

ニードル脱毛はとにかく施術に時間がかかり、料金も1分数百円と分単位の料金計算となる場合が多いです。

かなり高額になりますので、初めて脱毛を体験してみたいという方にはあまりメリットはないでしょう。

ただし、光脱毛が利用できないような箇所、埋没毛、バストトップぎりぎりの色素沈着がある場所、ほくろから生えている毛などには現在主流であるフラッシュやレーザーが使えないので、このニードル脱毛が有効でしょう。

ニードル脱毛は施術費意外にも針は必ず買取になるので自分専用となるとか、針を通すので病気を持っていない事を確認するための血液検査も必ず行う為、その分の検査費用も当然かかってきますから、高額になってくるのも理解できるでしょう。

ニードル脱毛、またはレーザー脱毛を選ぶか、脱毛サロンでのフラッシュ脱毛を選ぶか、それぞれの特性を理解して、クリニックやサロン選びも慎重に検討するべきでしょう。

光脱毛の効果について

一昔前までの永久脱毛と言えば、ニードル脱毛、高額だし痛みを伴ったりトラブルが多く報告されていたりと、簡単に脱毛にチャレンジできなかったと思います。

また、専門のクリニックでなければ、施術が難しいとなると勇気がいりますよね。

今では、ブラジリアンワックス脱毛や、レーザー脱毛や光脱毛など、比較的チャレンジしやすい脱毛方法も多くなってきましたよね。

エステサロンでもお試し価格などもあって、初めてでも試したくなる価格が実現されていると思います。

高級感を前面に出しているお店ばかりではなく、価格破壊を実現しているお店もあったりと、脱毛サロンでは光脱毛が主流です。

光脱毛とは、インテンスパルスライト等の機器を用いて光を照射し、毛根のメラニンを刺激して脱毛を促す仕組みなのです。

脱毛サロンによって、光脱毛とかフラッシュ脱毛とも呼ばれていますね。

レーザー脱毛よりも威力が弱いので、肌への負担が少なく痛みも少ないという特徴があります。

毛周期の中でも毛が生えてくる時期に施術するので、2~3ヶ月に1回の施術になる事が多いようです。

後は、一度の施術でどこまでの範囲を行えるのかというところが、お店によって違うのでしょう。

光脱毛の光は黒いもののみに反応するので、ムダ毛に光を当てる事で毛乳頭にまで作用がいきわたると、数日で抜け落ちていいきます。

永久脱毛とは言えませんが、光脱毛などでもかなり効果はあるようですし、各サロンでは保湿ローションやクリーム等も工夫しているようです。

光脱毛の施術においての注意点について

光脱毛は、色素沈着のある部分や毛は長く生えていると反応する範囲が広くなってしまうため、肌トラブルの原因にあることがあります。

そのため来店当日や、前日などに除毛処理をするように注意喚起される事も多いようで、お店によっては剃り残しなどがあると施術してもらえない場合もあるようです。

期待して来店しても施術出来なかったなんて事のないように、無料カウンセリングなどを上手に利用して、希望等をしっかり伝えたうえで選んでほしいですね。

最近では家庭用の光脱毛機器もかなりお得な価格で販売されているようです。

サロンに通う時間がないなんなんて方は自宅で出来ちゃうのでとてもお手軽かもしれません。

家庭用なので威力も弱いですが、その分痛みもないのでセルフで頑張りたい方にはお手頃かもしれませんね。

ELT脱毛とは一体なに?

脱毛方法にはいくつか種類があって、施術できる機関も内容によってはエステサロンでは行えず、医療機関や専門のクリニックでの施術が必要になってくるものがありますよね。

そのなかで、やはり脱毛サロンでは行えない医療行為に当たる脱毛方法がETL脱毛です。

ETL脱毛とは、electro Thermo Lysis(電気熱融解)の略で絶縁針脱毛の事を言います。

この絶縁針を利用する場合のメリットと言えば、針を刺したときに皮膚に触れる部分は熱のダメージを受けないので、肌トラブルを最小限にして毛根にダメージを与える事が出来るのです。

毛根に熱が加わるので冷却処置を行う事になります。

今までの針脱毛は絶縁針ではなかったため、火傷や強い痛みなどでトラブルが起こることもありましたが、絶縁針では日本医学脱毛協会に脱毛トラブルの報告は上がっていないとの事です。

安全なETL脱毛について

ETL脱毛を含む針脱毛は毛穴の奥にある毛乳頭を破壊していくため、栄養が毛に届かなくなり抜けてく方法なのです。

確実な永久脱毛を望んでいるのであれば、より安全であるETL脱毛がやはりオススメでしょう。

ETL脱毛にもオススメの部位があり、ワキの脱毛によって、臭いや汗を減少させる効果もあるようです。

また、男性であればヒゲや胸などの白髪ですが、白髪は黒くないためレーザー脱毛では行えないので、針脱毛が最適なんです。

メラニンの多い乳輪の周囲は、レーザー脱毛などは行えないため効果的です。

他にも手や足の指、眉毛などレーザー治療が難しい箇所はETL脱毛が最適のようです。

針脱毛のデメリットについて

針脱毛のデメリットといえば、1本1本処理を施していくためどうしても時間がかかるという事。

広範囲の脱毛を考えている場合は、レーザー脱毛や光脱毛と、組み合わせて施術している方も多いようですね。

ETL脱毛は、永久脱毛としての効果がとても高い脱毛方法なのですが、毛穴に電気を流すので施術後のアフターケアをしっかり行わないとウィルスなどが入って、毛膿炎担ってしまう場合もあるので注意しましょう。

医療脱毛は、費用も高額になる事が多いので、失敗しないためにも信用の出来る美容皮膚科や、美容外科クリニックなど、カウンセリング時に納得いくまで相談してほしいですね。

SSC脱毛とは?

低価格で、痛みの少ない脱毛ができるサロンが、人気を集めています。

ワンコイン程度のお値段で、時間も痛みも伴わないエステでの脱毛は、今ではたくさんの方々からの支持を集め、手軽にエステサロンに通うことが可能になりました。

エステサロンを選ぶにあたって大切なのは、ホームページやパンフレットで、事前にエステでのお手入れに関する情報収集を行うことです。

どれくらいの値段が必要なのか、一回のお手入れにかかる時間がどのくらいなのか。

あらかじめ知識を頭の中に入れておいたうえで、ご自身に合ったエステサロンを選ぶのも、賢いエステサロンの選び方だと思います。

エステサロンの脱毛メニューを読み進めているとき、IPL脱毛やSSC脱毛という言葉を目にしたこともおありなのではないでしょうか?

エステサロンでは光脱毛が一般的?

エステサロンで行われている脱毛のほとんどは、光脱毛と呼ばれているものです。

光脱毛はレーザーなどで毛根にダメージを与えることによって、ムダ毛が生えてくるのを抑制する方法のことを言います。美容外科で行われているレーザー脱毛も、この中に含まれます。

レーザー脱毛は、照射されるレーザーの量が多く痛みも伴うので、医療行為として行われています。

エステサロンでの医療行為は行うことができないので、照射される光の量がレーザー脱毛よりも少ないフラッシュ脱毛を取り入れています。

痛みも少なく、時間もかからない方法なので脱毛エステでも、人気が高い施術方法です。

SSC脱毛について

IPL脱毛はメラニンなど黒いものに反応する光を利用して、毛根にダメージを与える方法です。

美肌効果の高い光を使用していることとと痛みが少ない抑毛効果で人気を集めています。

SSC脱毛の「SSC」とは「スムーススキンコントロール(Smooth Skin Control)」の略称です。

脱毛サロンとして、特に人気の高いミュゼプラチナムなど大手のエステサロンが、SSC脱毛を行っています。

イタリアに本社があるDEKA社が、日本の脱毛市場向けに開発した特別な方法が、SSC脱毛です。

SSC脱毛はどういった施術方法なの?

SSC脱毛の大きな特徴はジェルを使用した脱毛方法だという点です。

SSC脱毛用に使用されるジェルの成分の中には、抑毛成分を配合した粒子が含まれています。

まず、脱毛したい箇所にこのジェルを塗リます。次にジェルを塗った箇所にライトを照射します。

ライトを照射することでジェルに配合された粒子が溶け出し、粒子に含まれていた抑毛成分が毛穴に浸透することで、ムダ毛の抑毛効果を得ることが可能となるのです。

毛根にダメージを受けたムダ毛は、施術して数日後にスルッと抜け落ちてしまいます。

SSC脱毛に使用されているジェルには、美肌効果が含まれているものもあります。

ですので、SSC脱毛はムダ毛が生えてくるのを抑える効果に加えて、美肌をもたらしてくれるという一石二鳥の効果を得ることができるという点も、特徴の一つです。

IPL脱毛とは?

最近では、自己処理ではなくエステサロンや美容外科で手軽に脱毛を行っているという方がたくさん増えました。

昔に比べると低価格化が進み時間も短縮することが可能になったということに加えて、痛みを伴う脱毛が少なくなったということも理由の一つではないでしょうか。

家などで行ったりする自己処理以外の脱毛の方法は、大きく分けて針脱毛とレーザー脱毛の2種類に分類されます。

針脱毛は、針自体に電流が流れている絶縁針という、特殊な針を直接お肌に刺して脱毛する方法です。

脱毛の効果は高いのですが、痛みも伴います。

美容外科で針脱毛を受ける際には、事前に麻酔を使用することが可能です。

施術後には、抗炎症剤を処方してもらえることもできます。

針脱毛の施術はリスクが高いの?

針を使用してのお手入れは、肝炎など深刻な病気への感染のリスクも伴います。

そして絶縁針は医療器具として取り扱われています。

美容外科での施術は、国家資格を持つ医師が担当します。

「エステサロンでの針脱毛はできないの?」という、疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

エステサロンにも、針脱毛を行っているところはあります。

しかしエステサロンは医療機関ではないので、医療器具としての針脱毛器ではなく、エステサロン用に開発された針脱毛治療器が使用されています。

もちろんエステティシャンによる医療行為は、法に触れることになりますので、痛みが出た場合の処置を行うことは不可能です。

痛みや炎症など、副作用が出た場合の処置まで、万全の態勢を整えている美容外科に対して、エステサロンでの脱毛は痛みをほとんど伴わない光脱毛を行っているところが、その大半を占めています。

IPL脱毛の特徴について

エステサロンのパンフレットやホームページで、IPL脱毛という文字を目にしたことがあるかと思います。

IPL脱毛は「インテンスパルスライト(Intence Pulse Light)」の頭文字をとった呼び方です。

インテンスパルスライトは、光治療やフォトフェイシャルという美顔のための施術に用いられています。

幅広い波長を持つ光を直接お肌に照射することで、シミ、そばかす、くすみ、ニキビ、赤ら顔などのお肌のトラブルを改善してくれるものです。

インテンスパルスライトは黒いものに反応するという特徴を持っています。

この特徴を生かして、毛根部分に直接刺激を与えることが可能となりました。

お肌に優しい光をあてるので、当然のことですが針脱毛ほどの痛みを伴うことは比較的少ないです。

美容外科でのお手入れの際に、場合によって必要となってくる副作用へのリスクも軽減されます。

施術時間も針脱毛に比べると、短時間で済ませることが可能です。

非熱式脱毛方法とはどんな脱毛方法なの?

非熱式脱毛方法とは、名前の通り、熱を使用しない脱毛のことです。

脱毛したい部分にDAエッセンスと呼ばれるジェルを塗り、オゾンとマイナスイオンを吹き付けるそうです。

このDAジェルには、大豆イソフラボンを含んでいると言われています。

マイナスイオンを噴射する専用の脱毛器を使って毛穴を開かせ、ムダ毛の毛乳頭にオゾンで変化したジェルが浸透して、ムダ毛の成長を阻む効果があると言われています。

なのでムダ毛はだんだんと細くなって弱くなっていきます。

これを繰り返していくことで、脱毛ができるという手法は非熱式脱毛法と言われています。

非熱式脱毛方法のメリットについて

この脱毛法のメリットは、産毛まで脱毛できちゃう点です。

なんと日焼けした部分のむだ毛も脱毛できちゃうんです。すごく画期的ではないですか?

日焼した部分のムダ毛処理は、脱毛エステではタブーとされてきました。脱毛中の自己処理も大丈夫なんですよ。

この脱毛方法は、wakwakというエステと、銀座のBCというエステはいち早く取り入れた施術です。

この脱毛方法はだんだん効果が感じられなくなったという理由で、のちにフラッシュ脱毛に切り替えられたという話もあります。

非熱式脱毛法もメリットはお肌に優しいということです。

熱を使わない分、お肌へのダメージも受けにくくなっています。やけどの心配もありませんので安心ですよね。

女性のお肌は敏感ですから、脱毛するならお肌を守りながら脱毛できる方法が一番ですね。

非熱式脱毛方法のデメリットについて

それではデメリットはないのでしょうか?

いろんな脱毛方法がありますが、どの脱毛でも100%のものはありません。

人によって感じ方は違いますから、いい部分もあれば悪い部分もあります。

まず熱を使わない分、お肌にはやさしいですが、脱毛回数や時間が多くなるというデメリットがあります。

一気に効果的に脱毛したい方には、不向きかもしれませんね。

脱毛サロンでこの方法を選ぶと、最低7回~8回は通うことになります。

どんな脱毛をするかによって適した方法がありますから、十分調べたうえで、自分に合うものを選んでくださいね!

ワックス脱毛の効果を教えて!

みなさんはワックス脱毛を知っていますか?30歳以上の方は一度は試したことがあるかもしれません。

私も試したことがあります。その時のイメージだと、もしかしたら、ワックス脱毛にあまりいいイメージを持っていない人も多いかもしれません。

ワックス脱毛は、きれいな状態をできるだけ長く保ちたいという方に最適の方法と言えます。

脱毛サロンに通うほどでもないような部位のムダ毛に、一度ワックス脱毛を試してみませんか?

ワックス脱毛とフラッシュ脱毛や光脱毛の違いについて

これらの種類や効果、選び方やワックス液などは、できるだけ痛みを抑えてセルフ脱毛をする方法もたくさんあります。

ワックス脱毛は、フラッシュ脱毛や光脱毛と違って、毛根を弱らせたり根絶することはできません。

ワックス剤を肌につけて一気にはがすというものだと、ムダ毛を取り除くことは可能です。

ほかの処理方法に比べると、ムダ毛が伸びてくるまでの周期を遅らせることは可能です。

カミソリや毛抜きの場合は、途中からムダ毛がぷっつりと切れてしまうため、毛先が鋭くなります。

でもワックスであれば、そのようなことも防げます。

使い続けることによって、生えてくるムダ毛も柔らかくなってくると言われています。

永久脱毛はできませんが、十分脱毛効果を得られることができるものです。

ワックス脱毛のデメリットについて

デメリットと言えば、1カ月ごとに行う必要があるので、間をあけすぎるとまた強めの痛みを感じることになります。

エステサロンでの処理はプロに任せることができるので、アンダーヘアなどの処理も安心です。

でも、どうしても恥ずかしい部分を見られたくないという方は、ワックスでもおススメです。

ワックスも痛みをともないます。痛みが気になる方は、最初に痛み止めを飲んでおくことをおススメします。

ただ、脱毛後は必ず保湿をしっかりとしてください。プールや温泉などは2、3日あける必要があります。

脱毛の商品はいろいろ販売されていますが、やはり自分が使いやすくて自分に合ったものを使ってください。

脱毛関連のおすすめ記事

うなじ脱毛や襟足脱毛の効果とは?期間や範囲、値段やメリットは?

2018.02.03

もみあげ脱毛の効果とは?回数や期間、おすすめの形や女性に人気?

2018.02.02

脱毛の自己処理(毛抜き、クリームなど)メリット、デメリットは?

2018.01.27