脱毛サロンの全身脱毛とは?

この記事は約 12 分で読めます。

「せっかく脱毛するんだったら、全身脱毛してみたい。」とお考えの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

毎日ムダ毛の処理を続けることはきれいなお肌を保つためには本当に欠かせませんよね。

最近ではお肌に優しい除毛商品も多数店頭で見かけます。

自己処理は手軽にできるというメリットを持っている反面、間違ったお手入れを続けるとお肌にダメージを与えかねないというデメリットも持ち合わせています。

そんな中手段の一つとして思い浮かぶのが「脱毛サロンでのお手入れ」です。

全身脱毛の効果ってどのくらいでわかるの?

最近は低価格での脱毛が手軽にできるようになり、以前よりも手軽にエステサロンでの脱毛が可能となりました。

低価格でのエステサロンでの脱毛といえば、ワキやVラインなどパーツごとのお手入れを思い浮かべますね。

テレビやインターネットなどの媒体で大々的にプロモーション展開されているのは部分ごとの脱毛プランです。

様々な媒体での広告がが気になってエステサロンのホームページを開いてみたり、パンフレットを読み進めると「全身脱毛プラン」という名称で紹介されています。

日頃のお手入れではどうしても手の届かない背中や手軽な自己処理がちょっと難しいビキニラインなどもプロの手でお手入れしていただけることが可能です。

金額やプランの内容は各サロンによって異なります。

1回のみの全身脱毛プランから数回通うことが可能なプランなど各サロンごとに特色を生かしたプランが紹介されています。

「いったい何回通えば、脱毛は完了するの?」と疑問に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか❓

年齢、ムダ毛の量、個人差もありますが一般的に全身脱毛を完了するためにエステサロンに通う回数は平均で12~18回かかるといわれています。

また、全身脱毛に6回通うと約50%の仕上がり(ムダ毛が薄くなったと実感できる。

だけど引き続き自己処理は必要なレベル)12回通うと約80%の仕上がり(時々数本生えてくるムダ毛を処理すれば良い程度。

自己処理の頻度は月に数回)18回通うと約95%の仕上がり(ほとんどのムダ毛の処理が完了できたレベル)という全身脱毛に何回通えばどのくらいの仕上がりになるのかといったデータがありましたのであわせてご紹介させていただきます。

全身脱毛サロンを選ぶにおいての注意点

パーツごとの格安脱毛プランがあらゆる世代に浸透しつつある昨今、全身脱毛プランをメインとして展開している脱毛サロンも昔に比べるとだいぶ身近な存在になりました。

「脱毛は痛いものではない」ということが様々な媒体を通して認知されて以降「パーツごとの脱毛は済ませたから次は全身脱毛をやってみようかしら?」というお客様のニーズにこたえるべく、全身脱毛を行うサロンも様々な広告に登場するようになりました。

全身脱毛といえば価格の高さからお手入れを断念された方もいらっしゃるのではないでしょうか❓

広告で紹介されている全身脱毛サロンも、ワンコインではないものの月々にかかる費用もグッとお手ごろになったように思います。

しかし、大切なお肌のお手入れであることには全身脱毛であるにしろパーツごとの脱毛であるにしろ変わりはありません。

全身脱毛サロンに通う前にもどういったプランがあるのかや、サロンごとの特色をよく理解したうえで、行きたいサロンを探すことはとても重要なことです。

料金プランですが、あらかじめ設定金額が決められている「月額定額制」のエステサロンやお手入れを受ける回数にとって設定金額が変わってくる価格体系を採用しているエステサロンなのかということをしっかりと見極めることはとても重要です。

回数を重ねるごとに割引が効くというシステムを取り入れているサロンもありますので、あらかじめ料金をご自身で見積もるかあるいはカウンセリングでお見積もりを出していただいたいたうえで行きたいサロンを決めていくという方法も重要だと思います。

顔脱毛をしていないサロンもあるの?

「全身脱毛」とはいってもサロンによっては顔の脱毛を行っていないところもあるようです。

お顔の脱毛を行うと、お肌のトーンが明るくなりくすみが目立たなくなるというメリットがあります。

男性でいうところの髭にあたる部分ともいえる口まわりの産毛の脱毛を行っているサロンは多く見受けられます。

しかし、眉下部分の脱毛を行っているサロンはあまり多くないのが現状です。

エステに使用される脱毛機器はレーザーを利用したものが主流なので、目に良くない影響を及ぼすという理由が挙げられます。

パーツごとの脱毛ですとお手入れをしてもらいたい箇所のみの脱毛になるので、施術の回数と時間もそれほどかかりません。

しかし、全身脱毛になると体の全パーツを4つに区分して一回のお手入れで一パーツごとのお手入れを行っているというシステムを採用しているサロンが大部分です。

なので、全身の脱毛が完了するまでには4回のお手入れが必要となってきます。

最近ですと「キレイモ」のように上半身、下半身を月に1回ずつお手入れをすることによって従来のお手入れ時間の半分の時間で済ませられるようになったサロンも登場しているようですね。

きれいなお肌になりたいけれどもどうしても時間が取れないといった場合には、何回通うことでお手入れが完了するのかということを考慮に入れたサロン選びをしてみるというのも選択肢の一つとしては有効なのかもしれません。

全身脱毛をご経験された方による体験談はエステサロンの比較サイトや口コミサイトに多数掲載されているので、ご自身に適したサロン選びの参考にしてみることもとても大切なことではないでしょうか。

サロンでの顔脱毛は、本当に効果があるの?

2018.01.30

全身脱毛をサロンで行うメリットとは?

ムダ毛のお手入れを自分自身で続けることは、とても手間がかかりますね。

最近では家庭用脱毛器にも性能の良い製品が数多く出ているようですが、やはり自己処理の中心といえばカミソリやクリーム、ムースなどといった除毛商品が主流のようです。

メディアで脱毛サロンのPRが盛んになって以降、ムダ毛の脱毛をサロンで行っている方も増えたようです。

パーツごとの無料体験コースをきっかけに全身のムダ毛のお手入れをサロンで行うことも、珍しいことではなくなりつつあるようです。

一昔前までは「脱毛専門のサロンや美容外科等で脱毛を行う」となると相当の金額がかかり、そして痛みも伴うものという考えが巷では当たり前のような印象でした。

しかし、低価格が売りの脱毛専門のエステサロンの登場で「脱毛をサロンで行ってもらう」ということが一般化した結果、全身脱毛を専門的に行うエステサロンも多く登場しています。

全身脱毛をエステサロンで行うメリットは「自己処理の手間が省ける」「お肌を傷めない」という2点ではないでしょうか?

自己処理は注意が必要!

一番お手軽にムダ毛のお手入れを行うのに最適な方法の一つが「自己処理」です。

しかし、自己処理だと次々に生えてくるムダ毛のお手入れは毎日欠かすことができません。

時間のないときにも、ムダ毛のお手入れに時間を費やさなければいけません。

さらに自己処理ですと、背中などご自身で手の届かない箇所のお手入れは困難を極めます。

全身脱毛をサロンで行ってもらう際には入念なカウンセリングを受けたうえでパッチテスト済のケア用商品を使用していただけますし、自己処理では難しい背中のムダ毛のお手入れやデリケートゾーンのお手入れもきれいに行うことが可能です。

毎日の貴重な時間を費やす自己処理よりも、決められた時間だけお手入れに集中することができるというのも嬉しいものです。

やみくもにカミソリや脱毛器でお肌のお手入れを続けていくと、まれにご自身のお肌に傷を付けてしまう場合もあります。

性能がよくなった家庭用脱毛器ではありますが、誤った使用方法を続けたせいでお肌を傷めてしまったり小さなお子様がいらっしゃるご家庭ではご自身だけではなくお子様にも気を使わないとお子様にもけがをさせてしまうということも考えられます。

脱毛エステサロンでは、ムダ毛処理に関する業界団体の資格を取得したプロのエステティシャンの手でお肌に優しいお手入れを続けていくことが可能です。

プロの視点から見た人間の発毛のサイクルに合わせた脱毛処理を行えるので、お肌に負担をかけることなくきれいに処理を続けることができるようになっています。

また、大半のエステサロンではお子様ご同伴が禁止されているので安心してお肌のお手入れに臨むことができます。

全身脱毛を行うにあたってのデメリットとその対策

きれいなお肌になるために行った全身脱毛。お手入れの手間が省けるといったメリットがあるものの、注意すべき点もたくさんあります。

全身脱毛は最近では普及しつつあるものの、店舗展開としてはパーツごとの脱毛サロンに比べると現時点では全国での新店舗を拡大中というのが現状のようです。

全身脱毛専門のエステサロンの所在地を見てみると、大都市圏に集中しているという印象がいまだに強いです。

脱毛に対するニーズの拡大とともに新規店舗も続々とオープンしているようですが、きれいなお肌になるためにお手入れを行うにはやはり「通いやすさ」というのもサロン選びでは外すことのできない条件の一つではないでしょうか❓

全身脱毛も発毛のサイクルに応じた定期的なお手入れは重要です。

せっかく良い条件のサロンを選んでも、距離的に定期的に通うのが困難だときれいなお肌を手に入れるためには相当の時間がかかってしまいます。

エステにかかる時間に関連したお話が続きますが、エステサロンで1回のお手入れにかかる時間もきちんと考慮に入れておいた方が得策かと思います。

部分ごとの脱毛ですと、パーツが限られているので1回のお手入れにかかる時間は20~30分程度で済みます。

しかし全身脱毛となると、お手入れも広範囲にわたりますのでその分時間も長くかかってしまいます。

お手入れにかかわる時間に関してご心配な場合は、カウンセリングの段階でスタッフさんに質問してみるといいかと思います。

脱毛で気になることの一つに「痛み」が挙げられます。パンフレットやホームページでは「痛くない脱毛」との表記がなされています。

全身脱毛、パーツごとの脱毛ともにエステサロンで脱毛を行う場合、大半のサロンでは「フラッシュ脱毛」や「光脱毛」を採用しています。

フラッシュ脱毛も光脱毛も、エステサロン用に開発された脱毛機器を使用しています。

メカニズムは美容外科で使用されている機器と同じなのですが、大きな違いは「照射される光の量」です。

医療機関として認められている美容外科では、照射される光の量が多い機器を使用しています。

これに対してエステサロンは医療機関ではないので、薬事法などの法律に基づいた照射量の脱毛機器が使用されています。

美容外科での照射量よりは少ないので、その分痛みも感じません。

どうしても痛みが気になる場合には、フラッシュ機器を用いてパーツごとのお手入れのお試しキャンペーンを行っているサロンで、どのくらいの痛みなのか試してみると痛みの目安がわかるのではないでしょうか❓

ニードル式はおすすめできない

エステサロンによっては、ニードル式を採用しているサロンもあります。

ニードル式は特殊な針使用して行う脱毛方法なので、効果はあるものの痛みを伴います。

お手入れを行う上ではニードル式をお勧めされることも全くないわけではありません。

そういった場合に毅然とした態度でお断りできればよいのですが、どうしてもスタッフさんからの推しに弱いという方や痛みに弱いという方は、ニードル式を行っていないサロンでのお手入れを選ぶのが得策かと思われます。

昔に比べて、エステサロンでの勧誘はだいぶ行われなくなっているようです。

しかし、カウンセリングやお手入れの途中で新プランや新しく販売される脱毛後のアフターケア商品をさりげなくご紹介されることもよくある話です。

口コミサイトや比較サイトには「勧誘の有無」という項目が設けられているページがあります。

御自身が行きたいと思っているエステサロンが勧誘を行っているのか、もし勧誘があるならどの程度の勧誘なのかをあらかじめ確認しておけば、ちょっとした心構えにもなるかと思います。

部分脱毛だとワンコインでのお手入れも可能になっていますが、全身脱毛ともなれば価格面も考慮に入れておかないといけません。

全身脱毛サロンでの支払い方法としては通う回数が決まった段階での価格を月々に分割して支払う方法や、通った回数に応じてその都度金額を支払う方法を採用しているところなど様々です。

ホームページには値段、分割払いの有無などが詳細に記されています。

また、カウンセリングの際にもスタッフさんに金額面での質問をすると、明確に答えてくださいます。

どの方法で支払えば、総額の負担が軽くなるのかきちんと見極めることもとても大切です。

全身脱毛の痛みと「痛く無い脱毛」を選ぶためには?

きれいなお肌を手に入れるために、全身脱毛をお考えの方も多いのではないでしょうか⁉

全身脱毛を行うかどうか迷っている原因の中に「痛み」に関することに心配を抱かれているのではないかと思います。

「まったく痛みを感じませんでした!」とか「あっという間にお手入れが終わりました!」というコメントが宣伝やエステサロンのホームページ上のお客様の体験談として紹介されています。

だからといってやはり鵜呑みにするには至らず「果たして本当に痛くないのかしら?」という不安が付きまといますよね。

全身脱毛は部位ごとの脱毛に比べると、価格面での負担がかかってしまいます。

全身脱毛にかかる費用をエステサロンのホームページで見てみると、10万円程度の価格帯が主流のようです。

一度契約してみたものの、やはり痛みに対しての不安が募る場合もありますね。

エステサロンの契約も、商品等の購入と同様に契約後8日以内ですとクーリングオフ制度を使用しての解約が可能です。

しかしお手入れを開始してからの解約となると、さまざまな手続きを経た後に返戻金は戻っては来るものの、全額返金されることは難しいようです。

いったん全身脱毛プランを契約した後に後悔することのないように、エステサロンでも様々なプランがご用意してあります。

全身脱毛専門のエステサロンでも、お試しキャンペーンを展開している所が増えています。

カウンセリングを経た後に、初回限定で1回のみのお試しプランとして数千円程度で脱毛の体験ができるサロンやパーツごとにお手入れが受けられるといったプランなど、各エステサロンごとに趣向を凝らしたお試しプランがあるようです。

低価格でお試ししてみるのが大事

低価格でパーツごとにお手入れができることで有名なサロンでも、全身脱毛を行っているところも数多くあります。

この場合は、一度パーツごとのお手入れプランを試したうえで全身脱毛プランを引き続き契約するという方法も可能です。

部位ごとの脱毛から引き続き同じエステサロンでお手入れを続けられるという安心感も芽生えることでしょう。

エステサロンで採用されている脱毛方法の主流はフラッシュ脱毛ですが、よりきれいなお手入れを求めるお客様のためにニードル式を採用しているエステサロンもあります。

フラッシュ式の脱毛は、手の指の爪先でお肌をちょんとつつく程度の痛みです。

ニードル式は特殊な電流を通した針を直接皮膚に刺し毛根を刺激することで、ムダ毛の成長を抑制させる方法です。

光を照射させるフラッシュ式に対してニードル式は針を刺す方法なので、当然痛いです。

フラッシュ式と合わせてニードル式も行っているエステサロンにおいては、カウンセリングの際にニードル式のご案内もなされることもあるかと思います。

痛く無い脱毛をご希望の際には、ニードル式のご紹介があった時点できっぱりと断るという方法も「痛みのない脱毛」がご希望の際には必要な手立てかと思います。

どうしても押しに弱いという場合には、最初からニードル式を行っていないエステサロンを中心に選ぶという選択方法も、賢くサロンを選ぶにおいて大切なことの一つだと思います。

全身脱毛の期間と回数ってどのくらいかかるの?

全身脱毛を始めてから完了するまでには、いったいどのくらいの期間と回数がかかるのでしょうか❓

部分ごとの脱毛とは違い体のほとんどのパーツを行うので長くかかるのではないかな、というイメージがありますよね。

全身脱毛を行っているエステサロンのメニューを見てみると「おすすめプラン」としてご紹介されているコースは6回コースと設定されているところが多いです。6回コースとはいってもただ6回通えば完了、というわけではないようです。

1回のお手入れで全身のお手入れを行うことができるサロンもありますが、一回のお手入れで全身の2分の1、あるいは4分の1を行うサロンもあります。

1回脱毛を行った後に次に来店する日程を決める際に最も関わってくるものの一つが「毛周期」です。

毛周期は毛母細胞が分裂を開始して毛の成長が始まる「成長期」と毛母細胞の成長が止まり、毛が抜けはじめる「退行期」と毛が抜けた後に毛母細胞の活動が休止する「休止期」の3つの時期に分けられます。

毛周期は体のパーツごとにその期間は違ってきます。顔周りで2か月、手や脚が3か月、ワキやビキニラインが4か月といわれています。

全身脱毛は1年から1年半くらいかかる?

毛周期に沿って脱毛を行うのに最適なのは、成長期と退行期といわれています。

成長期から退行期、退行期から休止期へと期間が移行するのには1か月から2か月くらいだとされています。

これを踏まえてエステサロンでの予約も次のお手入れまでに1か月から2か月間をあけて入れてくださるようになっています。

(サロンによっては、次回予約までには3か月期間をあけるといったルールが設定されているところもあるようですね。)

全身脱毛の進め方と毛周期を兼ね合わせて全身脱毛プランを完了させるまでにかかる期間は、1年から1年半くらいかかることになります。

冒頭でご紹介した「おすすめプラン」も期間にするとだいたい1年から1年半で完了するように設定されています。

しかし、お手入れ期間の最中にご病気やお怪我などの体調面が悪くなってしまった場合や生理や妊娠期間に入ってしまった場合には、お肌自体もデリケートになっていますので期間を延ばして次のお手入れを行わなければいけません。

また、お手入れ期間完了後にどうしても仕上がりに納得のいかなかった場合に脱毛プランを追加するということも考えられます。

年齢、毛の太さや量、体調面など人によって条件は異なりますが、諸々平均すると脱毛にかかる回数は約6回前後で脱毛にかかる期間は1年から1年半ということを頭に踏まえておけば、大体の目安になると思います。

妊娠中の全身脱毛

エステサロンでの永久脱毛プランって、どのくらいの期間が必要なのか❓

ホームページやパンフレットにはプラン開始から完了までの日数が大体1年から1年半かかると記載されているサロンが多いようです。

もちろん記載されている日数はあくまで順調に進んだ場合の目安となります。

お手入れ中とはいっても、仕事やご自身にかかわるライフイベントが重なってしまうとどうしても重要な方を優先させてしまう状況にならざるを得ません。

ライフイベントの中には、仕事だけでなく、ご結婚や妊娠といったことも含まれますね。

大切な命を授かった妊娠時期。体だけではなく、お肌の調子も普段とは違う変化が感じられる時期なのです。

妊娠中の女性の体は、女性ホルモンの量が男性ホルモンの量が多くなりホルモンバランスが変化している状態です。

そして、胎児に栄養を与えるための体の準備が始まり水分が子宮に溜め込まれるようになります。

この二つの変化によって、妊娠中特に妊娠初期にはお肌が乾燥しやすくなります。

妊娠週に体がかゆくなりやすいのも、このことが一因といわれています。

ホルモンバランスの変化に伴って、メラニン色素の増加も引き起こします。

ご承知の通り、メラニン色素が増えてしまうことでシミやそばかすができやすい体質になってしまいます。

光脱毛は毛根に光を照射して発毛組織がタンパク質を凝固させて発毛メカニズムを破壊させることで、発毛を抑制する仕組みです。

タンパク質を凝固させるには、大量の水分が必要となります。

お肌からの水分がタンパク質の凝固に使われることで、お肌は水分不足を引き起こしやすい状態になります。

妊娠中は施術をおこなっていないところが多い

脱毛エステで脱毛器を照射した後には保湿ジェルを塗布してお手入れが完了となります。

これは脱毛後に乾燥しがちになったお肌に潤いを与えるためです。

また、エステサロンで使用される脱毛器は皮膚の黒い部分に反応して光を照射する仕組みになっています。

このしくみは毛根の黒い部分はもちろんのこと、ホクロやシミなどの色素沈着が起きている部分にも反応しやすいようになっています。

ホルモンバランスの変化は、毛周期のサイクルにも影響を及ぼします。

エステサロンでの予約を摂るタイミングは、毛周期のサイクルに沿って日程を決めます。

妊娠前とは異なる効果を感じるという結果になってしまうことも考えられます。

お手入れの際には、ほとんどの時間を仰向けの状態で過ごすことになります。

妊娠中に長時間仰向けの姿勢を保ち続けることは、かなりきついです。

脱毛機器自体が母体に影響を及ぼすというよりお肌や体内がデリケートな状態の母体が全身脱毛のお手入れに向いていない状態であるということが明らかになっていることから、エステサロンでは、妊娠中の脱毛を行っていないところが多いです。

サロンによっては、妊娠などでどうしてもお手入れを中断せざるを得なくなってしまった場合に、引き続きお手入れを再開できやすいプランも合意してありますので、ご利用になられてみてはいかがでしょうか❓

生理中とお手入れの予約日が重なった場合どうすればいいの?

思春期に入った女性がその大半を共に過ごさなければいけないのが「生理周期」です。

女性ホルモンの分泌に伴って「月経期」「黄体期」「卵胞期」と呼ばれる3つの時期に分けられます。

いわゆる「生理中」と呼ばれているのは「月経期」のことを指します。

月経期に入ると、体温が低めの時期が続き血行不良気味になりお肌も乾燥気味になってしまいます。

また、お肌のバリア機能自体が衰え気味になり、ちょっとした刺激にも敏感になってしまいます。

生理中にやってはいけないといわれているのは・カラーリング・パーマ・新しいスキンケア製品を試してみる。

そして・エステでのお手入れと脱毛です。

エステサロンのホームページやパンフレットにも「お手入れができない場合」として様々な条件が明記されています。

低価格の部分脱毛で高い人気を誇るミュゼプラチナム(以下:ミュゼ)を一例に挙げさせていただきますとお手入れができない項目の中に「生理中のデリケートゾーンの脱毛」との記載がありました。

ミュゼの場合ですと、デリケートゾーンに当てはまるのは「Vライン、Iライン、ヒップ奥、トライアングル上・下」のことを指しています。

そして、「予約した日と生理期間が重なってしまった場合キャンセル料なしで日程の変更が可能」となっています。

ミュゼにかかわらず、ほとんどのエステサロンでは生理中にデリケートゾーンの脱毛を行うのは禁止事項として挙げられています。

生理中のデリケートゾーンの脱毛は不可能ということはご理解いただけたと思いますが、ここで一つの疑問が浮かび上がります。

それはおそらく「だったら、デリケートゾーン以外の脱毛はどうなるの?」ということでしょう。

エステサロンごとに、ご予約日と生理期間が重なった場合の対応は違っているようです。

ミュゼのほかに「エピレ」や「銀座カラー」は生理中でもデリケートゾーン以外のお手入れを行うことができるようです。

生理中はすべての部位ができないサロンもある

一方、生理中にすべての部位の脱毛を行うことができないのは「脱毛ラボ」「シースリー」などです。

なにより月経期のデリケートなお肌に刺激を与えてしまうと、お肌のトラブルの原因にもなりかねないので当日のお体のコンディションを重点的に考慮してキャンセルするか日程をずらすかといった対応が必要となってきます。

全身脱毛プランをご契約中に、このような場合になるということももちろん考慮に入れておかないといけません。

生理日と予約日がバッティングした場合の対処法も、各サロンのプランによって様々です。

前述のミュゼでは日程の変更に関してのキャンセル料は発生しません。

しかし、サロンによっては「前日までにキャンセルの連絡を入れておかないと、お手入れができなかった場合でも一回分行ったとしてカウントされる」とか「いくらかのキャンセル料が発生する」といった条件を提示しているところもあるようです。

これから脱毛サロンを決めようとお考えになられている場合は、カウンセリングの段階でサロンのスタッフさんにご質問して、詳細を明確にしておくことが大切です。

また現在全身脱毛プランをご契約中の場合は、直接エステサロンにご連絡をして日程の変更やそれに伴う諸手続きを速やかに行いましょう。

脱毛関連のおすすめ記事

脱毛サロンでのうなじや襟足脱毛は効果があるの?

2018.02.03

もみあげ脱毛の方法とは

2018.02.02

脱毛サロンで女性のお腹脱毛はできるの?

2018.01.31