ウィッグヘアアレンジ方法(シュシュ、お団子、ロープなど)で可愛く!

ウィッグやエクステにヘアアレンジをちょっとするだけで、すごくイメージが変わるのでやってて楽しいと思いますよ‼

お団子ヘアや三つ編み、バレッタやカチューシャ、シュシュを使ったアレンジなど、とても可愛いです。

ヘアアクセサリーはいろいろ可愛いのがいっぱいありますので、迷っちゃいますね😔

カチューシャもリボンやフラワー、ティアラなど、様々なタイプがありますので、いろいろなシーンにも有効活用できます。

スカーフみたいな形で、形状を自分の好みの形に変えられるタイプもありますので、簡単に誰でもヘアアレンジが出来るのも魅力ですね😊

ウイッグだけではなく地毛にだって使えちゃいますし、値段もお手頃なので何個も欲しくなっちゃいます。

ウィッグのヘアアレンジ方法を載せていきますので、楽しみにしておいてくださいね(*・∀-)b

お団子シュシュのヘアアレンジ方法

シュシュウィッグは、インサイドにゴムのはいっている伸縮自在なスタイルのウィッグになります。

ヘアゴムみたいな雰囲気でつけれる扱いやすさが良いところです。

結び髪に1回もしくは2回巻きつけるだけで完成形の超手間のかからないウィッグであります。

毎日使いやすい、ゴムいりシュシュと、フォーマルで品の良いニュアンスのレース付きシュシュが見られます。

シュシュウィッグの素材について

シュシュウィッグは日本製の高級ファイバーを利用しています。

こちらの素材は、静電気、もつれ、ちぢれといったものをプロテクトし、眩しいスタイリングを保持するのにバッチリです👍

耐熱性のあるファイバーを扱っておりますので、コテやアイロンの活用、カーラーで巻いたり、ドライヤーでのブローなどなど、全部実現できるようになったとても革新的なタイプです。耐熱温度約180度になります。

シュシュと同じ様に、スムーズに巻き付けるのみでお団子が作れちゃうお団子シュシュウィッグです。

この便利さが高い人気を誇る秘密かもしれませんね❗そして、たくさんのヘアスタイルにアレンジ可能ですよ‼

エクステや前髪ウィッグだったりとも相性も抜群に良いですね❗ストレッチなシュシュタイプでセットし心地も悪くないです✨✨

お団子ウィッグ・シュシュタイプの着用方法

自分の毛でコンパクトなお団子を作成し、前髪ウィッグをセッティングします。この際に、前髪ウィッグと地毛の境い目がちょうどお団子で覆われるようにします。

シュシュお団子ウィッグを自分の毛髪の小っちゃいお団子に巻き付けます。

シュシュお団子ウィッグを前髪ウィッグにかぶせる状態にすると、境い目が気付かれないうちに、かつ自然な感じになります。

ウィッグの度合いを整えて、前髪を調節すればフィニッシュ⭐

気軽にボリュームのあるフワフワお団子が作成できるウィッグになります❗前髪ウィッグやエクステと合わせればコーディネートし放題で独自のオリジナルな髪型もできちゃいます。

やっぱりフルウィッグだと手際よく被れなくて胡散臭い感じにみえてしまうよ・・・という方にもこれでしたらすんなり取り付け出来るシュシュタイプですので、簡単にナチュラルに作れちゃいます🤚

常日頃から馴染みがあるシュシュをセットする感じで本当に自然なお団子ヘアーが完成します‼

しっかりと自然な感じを希望する方やフルウィッグは飽きちゃった、という人に是非とも楽しんでもらいたいポイントウィッグですね。

ロープウイッグで簡単お団子ヘア

ロープウィッグでドレス、浴衣姿、普段使いに愛くるしくヘアセッティング😎

髪をアップにする髪型が似合うシチュエーションって多いですよね。私はボブですが、地毛が猫毛でコシがなくって髪の毛もほっそりした感じで、ボリュームも多くありません。

アップヘアーにすることが可能な長さはなんとかありますが髪の量が少ないので、思っているイメージと違ってなかなか可愛く決まらないんですよね。髪の量と比例して、ビミョーにさびしいニュアンスのヘアスタイルになっちゃいます。

そういうわけでそこで、ひもウィッグ、ロープウィッグがすごい活躍してくれます。寸法が100cm、ビッグカールが生み出すエアリーな触り心地で遊びのある毛先でアレンジができます。

ロープウィッグを切ってお団子

地毛をサイドにもっていき髪をゴムでまとめます。

ロープウィッグをハサミで2分の1に切ります。

切ったパーツをマニキュアでコーティングすると毛髪が抜けにくくなります。

毛先をピンで締めつけて固定します。

お団子が出来るように巻きつけてラストにヘアピンで留めます。

ロープウィッグが長すぎてどうやって使用したら良いか分からない方に推奨です💕半分にカットして横にボリュームをつけてフィニッシュ‼

シンプルで簡単な装着法としては、地毛をお団子に寄せ集めておいて、そちらにロープウィッグを巻きつけてヘアピンで留める方法ですね。ほんの5分もかからずに完成します。

ウィッグに慣れていない人でもわりとスムーズにつけられますよ。取り扱い方になれてくると、自由気ままに切ったりして長さを調整したり、お団子ウィッグをオリジナルに創作するなんてこともできます(*・∀-)b

ウィッグ関連のおすすめ記事

ウィッグのお手入れアイテム(柔軟剤、シャンプーなど)使い方を伝授!

2018.03.16

ウィッグの装着方法(前髪、ハーフ、フルハフなど)女の子らしく変身!

2018.03.15

eye make(アイメイク)は美laboの高品質カラコンで口コミと評判は?

2018.03.13