エクステの付け方について

この記事は約 4 分で読めます。

フルウィッグを着用するとしてほんの少し人工的な印象で嫌ですよね。

しかしながら今の自分の毛髪にアレンジをしてみたい、短いショートヘアをロングに長く見せたいとされる人に一押しとなっているのが、エクステだと思います。

エクステというのは、化学繊維や人毛で作り出された毛束で、自分の自毛に取り付ける、部分ウィッグの一種ですね。

装着方法や髪の質などによって違いがありますが、だいたい1~2か月程保ち、シャンプーやヘアメイクをやったところで落ちないということで、日頃のヘアケアがむちゃくちゃスムーズにやれてしまうと、ここにきて若年層たちを主体に支持がアップしています。

しかしながら、未体験の方にとっては、どうやったらいいのかと戸惑っちゃうと思います😅

そこのところ、インターネットで探し求めたら、経験がない状態でも、何の問題もなくエクステを取り付けられる方法も色々とありますので安心だと思います。

ここでは簡単にエクステの装着法やアレンジなどを紹介いたします🤚

エクステ チップの装着方法

エクステってけっこう付けるのが大変なイメージで、ちょっとした技術がないと出来ないと思われていますよね。

実際に、面倒くさくなったりできないよ~ってエクステを付けるのを諦めてしまう人もいっぱいいます。

コツさえつかめば簡単なのにな~って思うんだけど、美容師に任せた方が早いです。でも、値段を比べてみると、美容師でつけてもらうとメチャメチャ高いじゃないですか!

それに、飽きたら何度でもやり直しもきくから、絶対に自分でやった方が良いし、装着方法は覚えておいて損はないですよ~。

【エクステ チップ つけ方】

必要な道具は100円ショップで用意できるものや、家にある様なものばかりです。リングは付属されていますし、ペンチやヘアクリップ、針とおし(ニードル)等、身近にあるもので簡単に付けることができます。

このようにして、髪の毛を少量取り、引っ張り出してペンチでチップをつぶすだけ。すっごく簡単ですよね。

エクステを取り外すときは、逆に隙間を作るようにペンチでリングをつぶせば、する~っと取れます。これは一人でも出来ますね。

ストレートアイロンで伸ばしたり、ウェーブヘアもブリーチカラーだって自由自在です。

15~150本のエクステンションのボリュームです。ショートヘアならば60本~が自然なロングヘアですね。

150本付けると、かなりボリュームのあるゴージャスなロングヘアに、大変身できます。

この価格でこの品質の人毛のエクステンションが購入できるのは、さっすが通販専門店です。偽物の多い人毛エクステもリネアストリアなら、安心して購入できます。おすすめです♪

エクステの三つ編みの付け方

エクステを装着する方法は、エクステをただ単にチップや接着剤で付けるやり方に加えて、自分の髪の毛を編みこむ方法があります。

エクステンションを地毛に装着する際に、地毛にエクステを編み込んで付ける方法が一つです。

エクステの編み込み方法としては、地毛とエクステを三つに分け編みこんで取り付ける三つ編み方法、自分の毛髪とエクステを四つに分け編みこんでセットする四つ編み方法などが一般的な方法になります。

編み込みによってエクステをセットする仕方のプラスの面は、エクステに力が加わったシーンで、編みこみがずれて衝撃吸収材になり自分の毛が抜けづらいところ、更にはエクステに飽きてしまって外したくなったときに、自分自身でも気軽にラクに外せれる等といったメリットがあげられます。

ところが、地毛にエクステを編み込みが行なえるだけに、限られた髪の長さが不可欠になります。

また、エクステを編みこむので、編み込みの取り付けの時間が凄くかかること、チップや接着剤を使って取り付ける方法に比較したら、エクステをケアをする美容院の店員さんが、スキルを取得するのに時間がかかるなどといったマイナス面があります。

エクステの毛束だけをインターネットで簡単に注文できるので、エクステの毛束のみ購入して、上手なお友達につけてもらっている人もいるというわけです。

編み込みとしては、三つ編みと四つ編みの2つの取り付け方があるわけです。

キープする持続力がより強いとされるのは、四つ編みの方となっています。

綿密に地毛にセットされているだけあって、外す時にはある程度時間を必要となります。

付け方は、はじめにエクステを編み込んでいく位置を確定します。作業の際に不都合にならないよう、周りの毛をピンでおさえます。周りの毛をガードして作業がしやすくなるカポを使うと、よりラクに作業がしやすいです。

エクステをつける位置の毛を約1センチの逆三角形か、ひし形にする為に摘みとって、それらの下からエクステの毛束が横になりますように持っていきます。

地毛の上の方に左からエクステを交差行させたまま中心点にもって来るのです。根元がゆるまないことに気を付けて意識しながら右サイドのエクステを中ほどに折り返します。

それから、三つ編みをおこなっていきます。重要ポイントとしては、毛束同士をいつでも垂直に交差させて編み込んでいくところとなります。このように行うことから、根元が緩みづらくなるのです。

三つ編みを編む長さは、だいたい3センチ程となります。編み込みが完了したら、編み込みの最終的な付近を糸ゴムを巻きつけ装着して止めます。

ゴムがとれないことに気を付けて、7~8回程は巻くようにすることで完璧に付くことでしょう。

このような方法は基本的な編み込み式の装着法ですので、感覚さえ掴めればあなた自身で取りつけることも可能です。

取り外す場合には、自毛を痛めないことを心がけて糸ゴムを少しずつ引き抜くように行いましょう。

編み込み部分が固まっているときには、クシの先を利用してほぐした方が良いでしょう😊

きっちりほぐしてからエクステをとるようにしてください。髪の内の方から抜き出すイメージで行うことをお奨めします💕

襟足エクステの着用方法

ワンタッチで付けられる襟足エクステを紹介します。

簡単にロングヘアに変身できるので、かなり重宝しますよ~。最近の流行の傾向でいうと、ショートからミディアムあたりが人気なのですが、たまにはロングにもしてみたいですよね~。

けっきょく自分の髪型ってなると、手入れも大変だしロングヘアは敬遠しちゃうんですよね。

でも、このえりあしエクステは本数が少なくて、簡単にできるので、オフのときなんかはイメチェンしてみるのも良いかもね(^^)/

えりあしエクステの着用方法

ワンタッチエクステはロングヘアにもボリュームアップにも活躍してくれる最高のエクステです‼3つのクリップでセッティングするだけの使いやすい取り付けで大変身できますよ👍

エクステを取り付けるポイントによって色とりどりにヘアスタイルのアレンジが出来てしまいます💕

1.えりあしエクステをつけたい位置で、コームやクリップを利用して、自分の毛をブロッキングします。

2.ブロッキングするポイントは、髪が短い方は上の方でブロッキングする方が、よりなじみやすいと思います。

3.えりあしエクステを付けて、3つのぱっちんクリップで固定していきます。中央のクリップから左右のクリップの順で付けていきますと、いい感じに取り付けできますよ。

ウィッグ関連のおすすめ記事

エクステの手入れについて

2018.03.17

ウィッグのお手入れアイテムについて

2018.03.16

ウィッグの装着方法について

2018.03.15