爪を綺麗に伸ばす方法や内的要因とは?

この記事は約 3 分で読めます。

指先の表面にある爪は、日々のさまざまな所作が要因で、ダメージを受けやすいパーツでもあります。

物を掴んだり持ち運ぶ、掻く、洗い物‥などなど、手先を動かすことは日常にとって欠かせない行動です。様々な外的要因が重なって、爪の傷がついたり、ひび割れを起こすなどということも、度々起こってしまいます。

爪がボロボロなどの症状が起きるのは外的刺激だけではない!

このようなダメージは、外的な要因だけではなく、内的な要因からも起こってしまいます。爪は皮膚の一部が変化してできるパーツです。なので、体内で何かしらのダメージを負った場合にも、爪の伸び方に影響を及ぼしてしまいます。

爪を主に構成する成分は、ケラチンです。ケラチンはタンパク質の一種です。体内にたんぱく質を摂取することは、体の健康を保つためとともに、綺麗な爪を保つために欠かせない成分です。

多忙な生活や不規則な生活そして過度なダイエットなどで偏った栄養を摂る生活が続くと、栄養不足を引き起こしてしまいます。タンパク質不足も、このような生活の積み重ねで起きてしまいます。

タンパク質と同様に健康な爪に欠かせない成分が、イオウです。イオウはバランスの取れた食生活を続けていると必要な摂取量を摂れる成分です。

イオウ不足は、爪だけでなく髪にも欠かせない成分です。日頃からバランスの良い食生活を送ることは、爪の健康を保つためにも欠かせないことなのです。

健康的な爪って何色?

体内に必要な栄養成分は、血液を通じて体の細部まで運ばれていきます。しかし、血行不良に陥ってしまうと体内に必要な栄養成分が十分にいきわたりにくくなってしまいます。

特に体の細部にある爪は、そのダメージを受けやすいパーツです。爪を見るとその人の健康状態がわかると言われています。

健康的な爪は、伸びている部分が白い色をしていて、皮膚と重なっている部分がピンク色をしています。

これは、十分血液が行き渡っているということを示しています。気温の変化によって結構の度合いは違ってきます。特に寒い時期になると、指先など体の先の部分に冷えを感じやすくなります。

日常生活を送る上でも、規則正しい生活を心掛けることで血行が改善され爪の先までしっかりと栄養を送り届けられる体作りができるようになります。

体内の水分量不足で爪にも影響が!?

年齢を重ねるごとに起こるのが、体内の水分量不足です。体内の水分量が不足してしまうと、お肌は乾燥しがちになってしまいます。

特に手先は、手の甲の部分に血管が浮き出たり、指全体にかけてしわが目立つようになるなど、見た目からその変化の度合いがわかるのです。

爪にも、縦皺が目立つようになってきます。そしてホルモンの分泌量も減少を始めてしまいます。体全体の末端部分にある爪を含めた指先部分は、割れ爪や二枚爪や縦皺の目立ちなど栄養が行き届かなくなる影響が顕著に出てしまいます。

最近人気のジェルネイルも、健康的な爪にしか施さないということをご存知ですか?

サロンでジェルネイルを行う前には、健康的な爪であるかどうかのカウンセリングが必要になってきます。ダメージのある爪にネイルを施すことは、さらにダネージを悪化させてしまうことに繋がるからなのです。

健康的な体を作るために、欠かせない栄養成分の摂取を心掛けることは、健康的な爪を保つためにも欠かせないことなのです。

爪をキレイに育てるには内側からのケアが効果的!

体の内側から栄養分を補給する!空気の乾燥が続くシーズンが、近づいています。空気の乾燥は、お肌のかさつきや潤いが不足しがちになります。爪だけでなくフェイスケアやボディケアアイテムも、皮膚の保湿効果を高めるたくさんの商品がドラックストアにも揃いますね。

空気の乾燥は皮膚の部分だけではなく、髪のパサつきや広がりやすくなるといった影響を及ぼしてしまいます。さらに空気の乾燥は、爪にも悪影響なのです。

ココを見ると体の好不調がわかると言われてるツメ。体の中で末端部分にある爪は異常をきたしているときには、体に必要な栄養素が十分に行き届いていないということが、爪の伸び方や状態で判断することが可能だといわれています。

皮膚に比べると固い部分でもある爪ですが、指先に力が入りやすくするために変化した皮膚の一部なのです。なので爪を綺麗に保つためには、十分な潤いと栄養の補給が重要になってくるのです。

爪に良いとされている栄養素とは?

爪の保湿に最適な栄養素のひとつが、ビタミンEです。ハンドクリームや美爪効果の高い美容液などにも、ビタミンEが配合されている製品が揃っています。

美容効果を高めるオイルの中でビタミンEを豊富に含んでいるのが、アーモンドオイルです。

美爪効果のあるオイルには、アーモンドオイルが配合されている製品が多いようです。アーモンドオイルは手軽に購入することが可能なので、オリジナルのハンドケアアイテムも簡単に作ることができます。お好みの香りのエッセンスを加えたオリジナルのネイルオイルで、ツメのセルフケアするというのもとても楽しそうですね。

爪を構成する主成分は、ケラチンという物質です。ケラチンはタンパク質の一種でもあります。なので、爪を構成するアミノ酸を食物で摂取することがとても重要です。

ケラチンは約20種類のアミノ酸で構成されています。このうち数種類の成分は、食物でしか摂取できないのです。

爪に良い効果をもたらしてくれる栄養素は、体の健康を維持するために必要な食物と同じくたんぱく質を多く含む肉類や魚類、そして野菜をバランスよく摂取することが大切です。

爪を美しく保つために必要なアミノ酸は、体の健康を維持するためにも必要な栄養素なのです。

保湿効果の高いビタミンEたっぷりの食べ物とは?

保湿効果の高い成分としてご紹介したビタミンEも、さまざまな食物に含まれています。もちろん、アーモンドにもビタミンEは豊富に含んでいます。

さらに爪に良い栄養素として、ビタミンHという成分に注目が集まっています。ビタミンHは、ビオチンとも呼ばれています。

「皮膚のビタミン」という別名を持つビタミンHが持つ美容効果は、お肌だけではなく髪や爪にも良い効果をもたらしてくれます。

サプリメントで手軽に摂取することも可能ですが、レバーや魚介類、豆類などビオチンを多く含む食物を積極的に摂ることも大切です。

どのような食物に、どのようなアミノ酸が含まれているのかと、分かりやすく指標とした「アミノ酸スコア」というものがあります。アミノ酸スコアをもとに、爪に必要な栄養素を摂取するという方法もあります。

食物で栄養を補給して保湿効果を高めることも、綺麗な爪を保つためには欠かせないのです。

水虫関連のおすすめ記事

爪水虫やグリーンネイルとは? 女性患者さんも多いんです!

2018.05.12

足の臭いを解消するには?

2018.05.11

水虫が治りにくいと言われる理由はなぜ?

2018.05.06