チチガってどんな臭い?原因、授乳、症状、対策など知りたい!

チチガとは?

みなさんはチチガの原因や、対処法に悩んではいませんか⁉

ワキガは一般的に周知されていて、よく聞く言葉ではありますが、チチガについてってなかなか聞かないし、デオドラント対策もあまり知られていませんね。

ですが実は、美容業界には脇の臭い以外にも、チチガやスソワキガなど、いろんな臭いが挙げられます✋

今回お伝えするチチガは、乳首からにおいがする、乳首のワキガとも言われている症状です。この乳首のワキガはどうして起こるのでしょうか?

一般的にチチガは乳首のワキガのことです。胸周りや乳首から異臭がする症状を言います。

こちらではちちがの臭い原因や、対処方法など解説していきます。

ワキガと同じアポクリン腺から?

このチチガの臭いですが、ワキガと同じようにアポクリン汗腺が大きく関わっていると言われています。汗の汗腺にはアポクリン汗腺と、エクリン汗腺がありることはご存知ですよね☝

エクリン汗腺はほとんどが水分で、通常汗臭いと感じるにおいはエクリン汗腺から出る汗の臭いのことを指します。

アポクリン汗腺から出た汗と雑菌が混ざって繁殖すると、強烈なにおいを発します。この独特な臭いがワキガやチチガの原因と言われています。

アポクリン汗腺は胸周りにも存在しますので、雑菌が混ざって特有のにおいを発する危険性があるわけです⚡

そもそもエクリン汗腺ではなく、アポクリン汗腺が、体の強烈な臭いの元と言われています。ワキの下にはもちろん、先ほどお伝えした乳輪周りや、デリケートゾーンの陰部などにも存在するのです。

乳輪も皮脂量がとても多いのです

アポクリン汗腺から出る汗は白く粘り気のある汗で、この粘り気のある汗に雑菌が混ざって繁殖すると、独特で嫌なにおいを発します。ワキの汗と同じくらいの量が、デリケートゾーンや乳輪周辺からも出ると言われています。

私も汗はよくかきますが、デリケートゾーンや乳輪からの汗の量がワキと同じくらいということにとてもびっくりしてしまいますよね。特にこの汗に皮脂汚れや垢がたまると、よけいにニオイがきつくなってくるのです。

アポクリン汗腺は本当にやっかいな汗腺ですが、アポクリン汗腺から分かっていると、対策もしやすくなりますよね。チチガが何故臭ってくるのか分かっただけでも、まずは一歩先に進めますよね。

チチガが起こる原因と悪化させないために

体臭というものは、自分自身だけでなく周りの人にも少なからず、迷惑をかけてしまうことにもなりかねないとても厄介なものです。

周りから発せられるニオイに対して「迷惑だな」とは思ってはいても、なかなか口に出せるものではありません。これが、自分自身が発生しているものとなると、体のニオイを気にするあまり人間関係にまで、ひびが入ってしまう時になってしまいますね・・。

体臭の原因とされているものの代表がワキガです。人間の汗腺には2種類あります。

汗腺について

1つはエクリン腺、もう一つはアポクリン腺です。エクリン腺は、体の全体に存在する汗腺で、ここから出る汗は水分が主な成分です。そして酸性なので、ほとんどニオイを感じることはありません。

アポクリン腺はわきの下や、デリケートゾーンに存在する汗腺で、ここから出る汗はタンパク質や糖質、脂質で構成されてアルカリ性の汗が出てきます。このアポクリン腺から出る汗が、ニオイの原因だとされています。

先ほども述べましたが、アポクリン腺はデリケートゾーンのみに存在します。デリケートゾーンには、わきの下ももちろん含まれます。つまりワキガの原因は、わきの下に存在するアポクリン腺から出るニオイを含んだ汗なのです。

下半身やバストトップにも

アポクリン腺は、わきの下だけではなく下半身のデリケートゾーンや、バストトップにも存在しています。なので、ワキガと同じ症状は下半身やバストにも起こりうるのです。

実際にこのような症状に悩まされてる人も、多く存在していらっしゃいますよね。下半身のニオイの症状は「スソガ」とか「スソワキガ」バストのニオイの症状は「チチガ」とか「乳輪ワキガ」と呼ばれています。

これらの症状は自己診断で症状を疑うことが可能です。耳垢が湿っているとか、ワキガで悩んでいる方はチチガ対策も同時に行っておいた方がよいといわれています。

チチガの症状を悪化させないために

チチガの原因はワキガと同様、体に存在するアポクリン腺の量が平均より多いということが挙げられます。人のアポクリン腺の数は、生まれながらに決まっているのだそうです。これが親からの遺伝だともいわれています。

普段から動物性たんぱく質などを、多量に摂取する食生活を送りがちな人も、チチガの症状を悪化させてしまいます。

ファストフードや肉類など脂質の多い食べ物は、アポクリン腺の働きを活発化させてしまいます。なので、普段から、ワキガに効果的な食べ物や、野菜を多く摂取するということも、チチガ対策の一つなのです。

このような対策も!

皮膚科や美容外科など、専門の機関を受診して適切な処置を施してもらうということも、対策の一つとして挙げられます。

また、ムダ毛があるということも、ニオイを強くする原因だといわれています。

ニオイの原因となる雑菌が、毛根で繁殖することを防いでくれるからです。

とはいえ、デリケートな部分の脱毛なので、自己処理など間違った方法を続けてしまうと、脇やバストトップのニオイを悪化させたり、お肌自体を傷つけることにもなりかねます。

「痛くない脱毛」として人気の高い、光脱毛やフラッシュ脱毛は、お肌の色の濃い部分には反応しないといわれています。

チチガ対策の一つでもあるバストトップ部分の脱毛に適しているのは、針を使用して行われるニードル脱毛です。主に美容外科で行われている脱毛法ですので、脱毛を行う際にはカウンセリングをしっかりと受けた後で行うことがとても大切です。

女性の体調のとチチガ匂いの関係性

チチガとは、バストトップからワキガのような強烈なニオイが発生してしまう症状のことです。
バストトップには、わきの下と同様に強烈なニオイを含んだ汗が出る、アポクリン腺が存在します。その為ニオイを発生してしまいます。

チチガは薬やケア製品などで、一時的にニオイを抑えることは可能ですが、根治させるとなると美容外科等での手術は必要になってくるという処置法が主流のようです。

しかし女性に関して言うと、手術を伴わない処置や体質の変化でも、ニオイを軽減させることができる場合もあるといわれています。

ムダ毛ケアで? 体臭への影響

夏になると気になってくるのはムダ毛ケア。自己処理以外にもエステサロンや美容外科等での脱毛を考えているという方も増えてくる時期です。

「脱毛をすると、脱毛前に比べて体臭が気にならなくなった」という話を聞いたことがあるかと思います。脱毛で行われる処置は、毛根にダメージを与えてムダ毛の成長を抑えるためです。

わきの下への処置法は、エステサロンでも気軽に行うことが可能です。バストトップへの処置となると、美容外科等で行われているレーザー法や、電気針を使ったニードル法で行うことが効果的な処置法だといわれています。

エステサロンよりも毛根に与えるダメージの強い美容外科での脱毛を行う時に、毛根と同時にニオイのもととなる汗腺にもダメージを与えていることが、ニオイ軽減につながっているのだそうです。

ワキガ治療に用いられている「皮脂腺凝固法」という処置法は、ムダ毛処理で使用されている電気針を使ったニードル法を応用したものだそうです。このように、バストトップのムダ毛を脱毛することによって、チチガのニオイを軽減させることも可能なのです。

出産による体臭への影響

「出産後にチチガになってしまった」という例もあるようです。

出産後は、体質が変わりやすい時期。これまで沈静化していたアレルギーの症状が発症しやすくなったり、その逆でアレルギーに悩むことがなくなったり、嗜好の変化や体毛の増加などが起こってしまいます。

チチガに関して言えば、出産後に乳腺から母乳が出るようになると、アポクリン腺から脂質の多い汗が出やすくなることで、ニオいがちになることがあります。これは、まだ視力が弱い赤ちゃんに母乳の出る場所をニオイで伝えるため。

視力が発達段階の赤ちゃんにとっての伝達手段が、ニオイなのです。

では、出産がきっかけでバストトップが臭うようになった場合の対処法はあるのでしょうか?離乳食を食べ始めるようになると、体内で母乳を作るための乳腺の機能は収束してしまいます。

これとともに、赤ちゃんに母乳の場所を使えるという役割を果たした、アポクリン腺の機能も次第に収束していきます。このように、チチガは女性の体の変化とともに、症状が気になりだしたり逆に緩和する場合もあるのです。

チチガが気になりだしたときの対策法

見える範囲や、手の届きやすい範囲での体臭ケアは、こまめに続けることができても、なかなか抑えることができないのはワキガなどの体臭。「汗の量が増える事でワキガのニオイは強くなってしまう」と思われがちですが、ワキガやチチガの原因は汗の量ではありません。

ワキガのような独特のニオイの原因は、アポクリン腺から出る汗。

運動や暑い時期に出る汗はエクリン腺から出るほぼ水分でできた汗です。すぐに拭き取るとニオイはさほど気になりません。

アポクリン腺から出る汗には、汗の成分の他に老廃物や体臭の原因といわれるノネナールを含んでいるため、強烈なニオイを発します。アポクリン腺は、ワキの下やデリケートゾーン、バストトップに存在しています。

わきの下からアポクリン腺を通して出る汗はワキガの原因となり、バストトップ(乳首)のあるアポクリン腺から出る汗は、チチガの原因となってしまいます。

ワキガ等の原因を根治させるには、先ほども少し触れましたが、手術による方法も考えられます。

しかしバストトップはデリケートゾーンであるために、手術を行うとなるとリスクを伴ってしまうということも十分に考えられます。

ニオイの原因となるアポクリン腺を除去する方法の他にも、ボトックス注射という方法もあります。注射によって汗腺の働きを抑えるものですが、こちらは継続的な治療が必要になってしまいます。

リスクのないチチガケア!

チチガのニオイを軽減させるためと限定するのであれば、セルフケアでの予防も可能です。

店頭ではニオイを軽減するケアアイテムがたくさん販売されています。一般的な制汗グッズは「汗の出る部分を乾燥させる」ことがメイン。

しかしワキガ、スソガ、チチガ等のアポクリン腺からのニオイ対策は、乾燥させることは逆にニオイを強くしてしまうことにもなってしまうといわれています。

乾燥させることで、潤いを保とうとするために皮脂の分泌を活発化させてしまい、ニオイを強くしてしまいます。そこでチチガなどのニオイ対策には保湿成分を含んだケアアイテムが適しているのです。

インターネット通販等で高い人気のある「クリアネオ」という製品。保湿成分を豊富に含んだジェルを、1日数回ニオイの気になる部分に塗布して潤いを与えることで、ニオイを抑える製品が「ワキガ対策にとても効果がある」として口コミ人気が広がっています。

こちらのアイテムをバストトップに塗布することで、チチガ対策に使用しているという方も多くイチオシ商品ですよ。

【クリアネオ】⇒手術との効果・リスクをチェック!

チチガのニオイって変化するの?

最近、体臭が変化してきた。強くなったような気がする‥と感じることはありませんか?

また出産を経験している人から最近よく聞くのが、自分の大切な「赤ちゃんがワキガ臭い」ということです。

これは赤ちゃんから発せられているものではなく、授乳時に原因があると言われています。ではチチガと母乳とニオイは関係があるのでしょうか?

自分の母乳が臭う?

決して赤ちゃんがワキガになるということはありません。このような場合、母親の母乳が原因になっていることが多いです。ワキガは、わきの下にあるアポクリン汗腺からの大量分泌が原因で起こります。

この汗腺は、わきの下以外にも乳輪の周りにもあります。この場合はワキガと言わずにチチガと言います。これは出産後の母親がよく汗腺しやすく、発症したお母さんの母乳を吸った赤ちゃんからにおいがしてしまうという事態になってしまいます。

しかし、これで赤ちゃんがチチガになるわけではありません。あくまで一時的なものだと言われています。

母乳のニオイ なぜなの?

わきが 乳首の原因は、出産後のホルモンバランスの乱れが原因だと言われています。

女性のホルモンバランスは、出産後に大きく変化しやすく、チチガを発症してしまいます。

また、出産度に免疫力が低下してしまうことも原因です。

チチガの対処法

特に何か治療をする必要ななく、産後しばらくすればニオイが改善すると言われています。

しかし、あまりにも食生活が乱れていたり、体質が変化してしまってアポクリン汗腺から、大量に分泌されてしまったりする場合は、引き続きニオイに悩まされるというケースも起こりえます。

ですので、食生活の乱れには十分に注意してください。産後どうしてもニオイが治らない方に、わきがクリームもおススメです。

クリアネオクリームが効果的で、乳輪周りに塗ることでニオイを軽減することができます。しかし、母乳が完全に終わってからの方が良いでしょう。まだ母乳中など赤ちゃんが乳首を吸う時に気になったりしますので、断乳時期からのスタートをおススメします。

チチガで悩み続けるのは精神的にも不安になりますので、このような対処法を知っておくことで、何かあった時に対策をしていくことが可能です。

バストトップの臭いが気になる!

そもそもどうして 汗をかく?

暑さを感じた時、体を動かしたとき、緊張する場面・・。このような時に人は脇や顔。そしてバストトップに至るパーツまで汗をかいてしまいます。汗をかいてしまう時に気になってしまうのは、チチガの汗や不快感と同時に「ニオイ」ではないでしょうか?

人が汗をかく一つの理由として、体温を調節するためということが挙げられます。

暑い場所にいた時や激しい運動を行うと、体感温度が上昇します。汗をかくことで、高温状態にある体温を平常時に戻そうとする役割があるのです。

体温調節の他にも、辛いものを食べた時や緊張状態にあるときなどにも、汗をかいてしまいます。人の体内には、汗を出す汗腺が存在しています。この汗腺には2種類あるということをご存知ですか?

一つは体全体に存在しているエクリン腺です。エクリンから出る汗はほとんどが水分で構成され、酸性でサラッとしているのが特徴です。

こちらの汗自体からはニオイはあまり感じられないものの、放っておくと悪臭の原因となりうるので、こまめに着替えたり体を拭くなどといった対策は必要です。

チチガが起こる原因はワキガ同様アポクリン腺からの汗

もう一つが、わきの下やバストトップ、デリケートゾーンに存在しているアポクリン腺です。

アポクリン腺の主な役割は、ニオイを作り出すことです。動物は危険を察知したときや異性を引き寄せるために、ニオイを発します。

生物学的には動物である、ヒトにもアポクリン腺は存在するのですが、進化とともに視覚や感情などが発達し、ニオイで伝えることが少なくなったことから、アポクリン腺の数はほかの動物よりも減少しました。

アポクリンの多いボディーパーツ

わきの下、耳の裏、デリケートゾーン、バストトップ、おへその周りのみに残っています。

アポクリン腺から出る汗は、タンパク質や脂質、そしてアンモニアを含んでおりアルカリ性でベタベタしているといわれています。

そしてエクリン腺から出る汗に比べると,、さまざまな成分を含んでいるので、強烈なニオイを発します。さらに毛穴周辺に蓄積された老廃物や汚れと混ざり合うことで、ニオイはさらに強さを増してしまいます。これが、汗のニオイやワキガ、チチガの原因です。

体臭の代表的なものとして挙げられるワキガですが、この症状はワキの下以外でも起こりうるのです。

先にご紹介したデリケートゾーンやバストトップなどにもアポクリン腺は存在しているので、汗とニオイは発生してしまいます。この症状がチチガやスソワキガという名称で呼ばれています。

多汗症の人がチチガになるの?

多汗症の人はニオうとか、汗をかく人はワキガといわれることもありますが、これは全くの誤解です。

大量に出る汗のほとんどは、エクリン腺から出る汗で無臭です。ニオイの原因は汗の量ではなく、アポクリン腺から出る汗なので、体内にアポクリン腺が平均よりも多い方が、ニオイに関する症状に陥りやすいのです。

アポクリン腺の量は遺伝で決まっていて、成長に伴って増加するものでもありません。美容外科等でアポクリン腺を除去する手術を受けることも可能ですが、バストトップなどのデリケートな部分の手術となると、時間や費用がかさんでしまいます。

アポクリン腺は肉類や脂っこい食事を摂取することで、その活動は活発化します。

ですので、野菜中心の食生活を心掛けましょう。また毛穴に汚れや老廃物が溜まることでもニオイは強烈さを増しますので、バストトップのニオイチチガ対策に適したクリームや、石鹸等を使用して常に清潔に保っておくことも、手軽にできるチチガ 対策だといえます。

★【手術しなくても‥♪】⇒チチガやワキガにはクリアネオ!

ワキガ関連のおすすめ記事

わきがの原因(タバコ、不潔、遺伝など)から治療法や対処法を探す!

2018.05.26

ワキガチェックで自分の臭いレベルを軽度か重度か診断!解消法とは?

2018.05.21

【2018年版】女性におすすめのわきが対策クリームランキングを発表!

2018.05.18