シャツの脇にワキガの黄ばみはなぜ出来る?重曹や漂白剤で落ちるの?

脇に出来るシャツの黄ばみとワキガのせいなの?

わきがの方の場合、白いシャツを着用すると、脇の部分が黄色くなったりすることがあります。

これは、黄ばみと呼ばれるもので、臭いも大変強烈だったりすることが多いので、周囲からはかなりの確率で敬遠されることが多いでしょう。

そこで、ワキガ特有の黄ばみの原因や臭いについて、ここでは説明したいと思います。

それと、もし白い服についてしまった場合、どういう洗剤を使用したら良いか、どういった落とし方をすれば良いかなどについても解説していきますね。

腋臭の黄ばみ対策や予防についても紹介していきますので、参考にしてくれたら幸いです😊

ワキガで黄ばんだ洋服って臭いはする?

自分のワキがにおうかも・・・って感じると、とてもショックですよね。もしかしたら、ワキガなのかもと疑ってしまいます。

ワキガはにおいがするというだけでなく、洋服などに黄ばみを起こしてしまうケースもあります。

白い服なんかを着ていると、ワキの部分が黄色く黄ばんでしまったと悩んでいる人もたくさんいらっしゃいます。

この黄ばんだ部分からもにおいがすることがあり、独特な臭いがするとも言われています。汗臭いという感じではなく、ちょっと酸っぱいようなニオイがするとも言われています。

ワキガ臭や黄ばみの原因について

そもそもワキガ臭は、アポクリン汗腺から出る汗に細菌が繁殖するなどして、においを発症してしまうことがあると言われています。

アポクリン汗腺から出る汗は、細菌が繁殖するというだけではなく、アンモニアや脂質、タンパク質など黄ばみの原因となる色素が含まれていると言われています。

さらに女性の場合、お肌が乾燥すると汗と皮脂が過剰に分泌すると言われており、においや黄ばみが悪化することもあるそうなんです。

お肌の乾燥がワキガになる原因なら、夏場の暑い季節だけではなく、冬場も要注意ですよね。冬場はエアコンなどでお肌が乾燥しがちです。

夏場以上に、冬場も気を付けなければいけません。だから女性の場合、ワキのにおい対策する場合は、汗を抑えるケアも必要ですし、お肌の保湿も必要になってきます。

汗とわきがの黄ばみの関係とは?

汗は、体温調節には必要不可欠。毛穴のあるところには、必ず汗をかくと言われています。

黄ばむのはワキだけという方が、多いように思います。しかも、においもきついと悩んでいる方が多いようです。

脇の黄ばみは、先にあげたアポクリン汗腺から来る汗が原因。

アポクリン汗腺の数は個人差があると言われていて、汗腺の数は多いほど臭いが強く黄ばみやすいと言われています。

黄ばみはそんなに多くないのに、においはきついという方もいらっしゃいます。

ワキガや黄ばみ、においを防げる対処法はたくさん紹介されています。

即効性のあるものから、長期で体質を改善していくものまでいろいろ方法がありますので、一度調べてみてください🔎

ワキガから来る黄ばみの原因っていったい何??

ワキガで悩んでいる人たちのなかには、洋服につく汗じみでも悩んでいる人が多いと言われています。

わきがの原因の元となっているのは、アポクリン汗腺からくる汗にありますから、アポクリン汗腺の働きが活発で汗を大量にかくと、その分汗が衣服につきやすくなりますよね。

特に白いシャツを着ていると、その汗が黄ばんできて、色がついてしまったという経験はあると思います。

この黄色い汗ジミも、腋臭の一種なのか気になります。もしそうならどうして黄色くなるのか、その原因な何なのか、これから説明していきますね。

アポクリン汗腺のベタベタした汗が黄ばみの原因?

ワキガや腋臭症とも呼ばれていて、先にもあげたようにアポクリン汗腺から分泌される汗の一種が原因と言われています。

この汗が細菌に汚染されたりすると、刺激臭を発生することがあると、言われています。これがワキガ臭です。

アポクリン汗腺から分泌される汗はベタベタしているのが特徴で、黄色味がかっていると言われています。

でも汗の分泌量は、激しい運動した時に出るエクリン汗腺からの汗の量より少ないと言われているんですよ。

少ない汗の量でも、アポクリン汗腺からの汗はワキガ臭の原因を引き起こしてしまうということですね。

しかもアポクリン汗腺から出る汗は、細菌が汚染するという以外に、脂肪や鉄分、色素物質やアンモニアなど、いろんな成分を含んでいることが多いんです。

粘り気のある汗なので、黄色い汗ジミの原因となってしまうと言われています。

重曹を使ってシミや黄ばみをキレイに取り除く!

洋服に黄色いシミがついたら、気になってしまいますよね。その対策もいろいろあるんですよ。重曹もその一つです。

重曹を使って、シミのついた洋服を洗うと、ついたシミや黄ばみも綺麗にとれますので、一度試してみてください👊

アポクリン汗腺から来る汗でワキガ臭を感じるようになり、そしてそれが洋服などにつく黄ばみの原因になるなら、この暑い季節は特に気になりますよね。

アポクリン汗腺から来る汗の分泌を抑えられたら、黄ばみも防げるかもしれません。

いろんなワキガの対策方法がありますから、一度試してみてくださいね🤚

わきがの黄ばみって洗剤で落ちるの?

ワキガの人は、白いワイシャツなどを着ていると、ワキの下の部分が黄ばんでしまっていることがありますよね。

黄ばんでいる所を人に見られると、恥ずかしいですし、なんとかしたいですよね。しかもにおいが気になる場合もあります。

この黄ばみは一度ついてしまうと、なかなか洗濯しても落ちないのが特徴です。

黄ばみの種類にもいろいろあります!

黄ばみの種類もいろいろあります。ワイシャツの襟やそでは黄ばむことありませんか⁉これは皮脂汚れが原因です。

汗と一緒に服に皮脂がついて、空気に触れることで酸化して黄ばむと言われています。皮脂汚れも落としづらくありませんか❓

この皮脂汚れの黄ばみと、ワキガの黄ばみは原因が違います。ワキガの原因は、アポクリン汗腺からくる汗にあります。

この汗はベタベタしているのが特徴で、汗に脂肪酸やたんぱく質、アンモニアなどいろんな成分を含んでいます。

その中に、リポフスチンという色素成分も含まれていて、これが黄色くなってしまいます。

どういった洗剤を使えば良いのか?

ワキガによる黄ばみに使う洗剤は何がいいのか😎

一番大事なのは、こまめに洗濯することです。今は洗濯用の洗剤も進化して、いろんな種類のものが出てきてますよね。除菌タイプなんかもあります。

汚れたままほっておくと参加が進んで、どんどん落ちにくくなってしまうので、できるだけ早めに洗濯することを推奨します。

落ちにくいからこそ、衣類が変色してしまわないように、漂白剤を使うのも良いと思います。漂白剤も今はたくさんの種類がありますよね。

その中でも、酸素系漂白剤がおすすめです。塩素系ではなく、酸素系です。酸素系漂白剤なら、色落ちせずに使ってもらえる洗剤です。

においが気になっている方は、つけおき洗いも効果的です。気になる部分に直接漂白剤をつけて、お湯に洗濯用洗剤を入れてつけおきします。

漂白以外に洗濯用洗剤を一緒に入れた方が、皮脂汚れも一緒に落とせるという効果があるからなんですよ。

さらに重曹洗剤と漂白剤を一緒に使うと効果的です。つけおき後に普通に洗濯すると、黄ばみだけでなく臭いも一緒に消してくれます。

ワキガによる黄ばみの予防法はあるの?

下着を着たり、白いシャツを着たりすると、何度も黄ばんできてしまうという悩みを聞いたことがあります。

特にワキガ体質の人は、洋服が黄ばむという悩みを抱えている人もいらっしゃるようです。

ワキガ体質の人の洋服に黄ばみができたりするのは、アポクリン汗腺に含まれているリポフスチンと鉄分が原因だと言われています。

アポクリン汗腺が黄ばみの原因?

ワキガの原因はアポクリン汗腺だということはよく知られていますが、その中に含まれている成分が黄ばみの原因を作っていたんですね。

ワキガ臭がかなりきつい人で、重度のワキガ体質の人は特に、このリポフスキンや鉄分を多く含んでいると言われていて、ワキガの黄ばみの強いと言われています。

しかし、黄ばみができたらからといって、ワキガだというわけではありません。黄ばみにもいろんな種類があるのを知っていますか⁉

わきがの色素が原因という黄ばみと、ふつうの汗ジミの黄ばみとがあります。わきがからくる黄ばみは、色が濃いとも言われています。

黄ばみ予防にデオドラントクリームが効果的!

このような黄ばみを予防しようと思えば、アポクリン汗腺から来る汗を抑えると、黄ばみも予防できると思います。

重度のワキガ体質の人であれば、デオドラントクリームのようなクリームで汗を予防していくことで、黄ばみを防げるようになりますよ。

デオドラントクリームで代表的なものが、クリアネオです。高い持続効果で、1日中におわないと言われているデオドラントクリームです。

無添加なので敏感肌の人にも安心して使っていただける商品で、殺菌成分が配合されているので、効果も抜群。わきがが気になる場面でもしっかり消臭してくれます👍

ワキガからくる色素が原因であれば、その色素をこのようなデオドラントクリームで予防していくのも一つの方法ですよね。少なくとも黄ばみも防げるはずです。

デオドラントスプレーは、逆に黄ばみを招いてしまうケースもあるので要注意ですよ‼

黄ばみがついた洋服そのものを落とす方法としては、重曹が効果的です。重曹を使って、黄ばんだ部分を洗うと黄ばみも落としてくれると言われていますので、ぜひ試してみてください。

ワキガからくる黄ばみの落とし方を教えて!重曹や漂白剤で白くなるの?

ワキガで悩んでいる人は、洋服の黄ばみにも悩んでいる人が多いようです。

ワキガの原因と言われているアポクリン汗腺から出る汗には、細菌以外に脂質やアンモニア、脂肪酸、鉄分などいろんな成分が含まれています。

もともと汗自体無臭ですが、こういった細菌や成分によってワキガ臭を発してしまうようになることがあります。

そしてこれらの成分の中でも、リポフスチンと言う色素成分も含まれていて、このリポフスチンと言う成分が服につくと黄色く黄ばむと言われています。

ワキガの人はアポクリン汗腺が多いと言われていて、汗腺が多いとリポフスチンの色素成分も多く存在すると言えます。そういった理由から、衣類に黄ばみができやすくなるんです。

しかし、実はリポフスチンによる色の付き方は個人差があると言われていて、茶褐色や薄い黄色まで様々です。

黄ばみには重曹が効くって本当?

このような黄ばみは、いったいどのようにしやらキレイにおとせるのでしょうか❓

ワキガによる黄ばみには、重曹が効果的と言われています。

重曹の正式名称はご存じですか。重曹は炭酸水素ナトリウムと言います。聞いたことありますよね?アルカリ性で、粉末状の物質なんです。

重曹は、おもに料理にも使われていますよね。重曹はパンのふくらし粉や、胃薬にも使われているそうなんです。

パンのふくらし粉は知っていましたが、胃薬にまで使われているとは知りませんでした。口に入っても安全なものが、重曹と言えますよね。

一晩つけておいて洗濯機で洗うだけで黄ばみが落ちる!

この重曹は食品に使われる以外に漂白にも効果があるので、水回りに掃除にはよく使われていますよね。使い方はとっても簡単なんです。

500ミリリットルのペットボトルに水を入れて、大さじ1杯の重曹を入れるだけなんです。

この重曹水で衣服の黄ばんだ部分を一晩つけおいたあと、ふつうに洗濯するだけでOKと言われています。

ワキガの黄ばみは、通常の汗じみの黄ばみとは全く異なるものです。襟につく黄ばみは皮脂汚れですよね。これは漂白剤できれいに落とせます。

しかしワキガによる黄ばみはリポフスチンは原因ですので、漂白剤でなかなか落ちません。

頑固なワキガの黄ばみには、重曹と一緒に漂白剤を使う事をおススメします。同じ漂白剤でも、液体酸素系漂白剤が効果的と言われています。