子供のワキガは何歳から?遺伝なの?小学生のいじめ対策は?

Contens

子供のワキガのことについて!いじめ対策は!

お子さんがわきがが発生する時期とは?

まず、臭いの原因といわれるアポクリン汗腺が、一気に増える時期は、第二次性成長期と呼ばれる、10歳から12歳頃からと言われています。

男子と女子とでは、成長の差がありますので、女の子ですと10歳ごろ、男の子ですと、10歳から12歳の小学生の高学年頃から、わきがのニオイを出すケースが高いようです。

子供の頃から、耳垢が湿っていたりするお子さんに、ワキガになるケースが多いみたいです😔

ワキガが原因でいじめを受けるケースもあります

実際、小学生の頃の体験談などを聞きますと、ワキガが原因でいじめにあったりして、登校拒否をしていたなどをしていた子供もいます。

手術をおすすめするクリニックもありますが、子供のワキガの手術の治療は、特に難しくリスクが高くおすすめできませんね。

そして、治療の際に目立つ、傷跡を残す可能性があります⚡⚡

ですので、ワキガが軽度でしたら、焦らずにわきがデオドラントクリームで治りますので、まずは試してみてみると良いと思いますよ‼

わきがは遺伝によるものがとても大きく、子供の頃から腋臭は本当に遺伝するのか⁉子供のわきが対策など、詳しく解説していきたいと思います。

いじめの対象になる場合もある子どものわきが!

自分の子供が小学生なら、まだまだにおいに鈍感な時期です。自分のにおいには気づかないことも多いです。

親として大切なことは、子供自身が自分のにおいに気付いていないなら、無理に親からにおいのことを伝える必要はありません。

でも子供って、大人と違って正直ですよね。素直です。だから、思ったことをそのまま口に出してしまいやすいんですよね。

学校で友達から「なんか臭い」と言われてしまう可能性もありますよね。そうなると言われた子供は、本当のショックを受けると思います。

しかもそれが理由で、いじめに発展してしまうケースも考えられます。

そのような最悪の事態にならないためにも、親がしっかりと見守ってあげることが大切です。

普段の食生活に気をつけてあげたり、毎日しっかりお風呂に入るように促してあげたり、子供に悟られないように陰から子供を見守っていく方法はたくさんあります。

デリケートな問題ですので心のケアは慎重に!

親として、このワキガ対策用クリームを使ってみたらなんて、強制的に何かを使わせたりしないでくださいね。

これほど子供は傷つくことはありません。小学生から中学生くらいに学年が上がってくると、自分で自分のにおいに気付いてくる年頃です。

この時期からは、自分で意識してケアしていけるように親のサポートが必要です。

ワキガの原因はアポクリン汗腺にあります。この原因を手術によってなくしてしまうと、ワキガは治ります。

でも完治するとは、正直言えません。再発している人もいます。

しかも傷跡が残ってしまっては、子供は一生その傷とつきあっていかないといけません。その心の傷も心配ですよね。

つねに親が寄り添って、サポートしてあげる体制を作ることが大切です😊

小学生の頃の体験談について!何歳から臭いがするの?

小学生のころからワキガでした

私は小学生のころから、クラスの男子に臭いといわれて、いじめを受けていました。そのときは自分の何が臭いのか、わかりませんでした。

でも母親に聞いたところ、ワキガが遺伝したので臭いのだといわれてショックでした。母親も父親もわきがだと知らされて、落ち込みました。

中学生のころは、ワキにスプレイする制汗剤を使ってから学校にいっていました。

高校生になって、制服がセーラー服でしたので、脇の部分だけワキガの臭いがしみついて、困ってしまった記憶があります。

そのときも、クラスの女子生徒に臭いといわれたことがありました。

でも、制服は夏がくるまでずっと着たままでしたし、そのときも制汗剤を使っていましたが、制服の臭いまでは、どうすることもできませんでした。

OLになって好きな人ができて、わきががばれないように、常にロールオンタイプの制汗剤を、持ち歩いていました。

しかし、最近ではワキガ対策の商品が、簡単にインターネットで探せるようになったので、口コミやレビューを見て購入してみました。

使い続けてみて、効果はすごいありましたよ‼始めは半信半疑だったのですが、自分にとても合ったのか、臭いが本当に薄くなってわきがが解消してきました✨✨

ワキガって何歳頃からなるの?

子供って毎日遊んで走り回ってととっても元気ですよね。

でも子供の運動量ってすごく多いので、汗のにおいが気になったことがありませんか⁉汗をかいたらにおうのは当たり前です。

でもその汗のにおいがあまりにも強烈なにおいだとどうでしょう。ワキガかもって思ってしまいますよね。

日本人はワキガの割合は、1割程度と実は低いんです。

しかし、昔に比べると食生活や生活習慣の変化で、ワキガになる人も増えてきたと言われています。

日本人はいろんなところに消臭剤を使います。トイレや玄関、冷蔵庫に車など、いろんなところにおいていますよね。

それだけ日本人はにおいに敏感です。ですので少し汗のにおいがしただけでも、ワキガかもって疑われかねませんよね。

汗臭いからわきがと決めつけてはいけない

汗には2種類あるんですよ。汗臭いからと言って、すべてが腋臭ではありません。

特にエクリン汗腺から出る汗は、ほとんどにおいを発しません。でもアポクリン汗腺から出る汗は、注意が必要です。

アポクリン汗腺から出る汗に、雑菌が分解されたりすると、強いにおいを発します。このアポクリン汗腺は、生まれたときからあります。

赤ちゃんは、生まれた時から毛穴がありますよね。

だから赤ちゃんでも、アポクリン汗腺は存在します。でもみんながワキガなわけじゃありません。

成長の度合いによってワキガも個人差が!

赤ちゃんのように、未発達のアポクリン汗腺からはにおいは発生しません。

だから小さいころから、大人のようなわきがになる子供は少ないと言えます。

でも成長の度合いって、人によって全然違いますよね。わきがも個人差があって、成長の度合いによって大きく作用します。

アポクリン汗腺は、体の成長とともに成長していきます。特に思春期にかけて、より成長すると言われています。

ですので、ワキガも思春期前後からなりやすいと言われています。体の変化が大きい、第二次性徴期の始まりを思春期と呼びます。

この第二次性徴期は、だいたい9歳~15歳くらいまでとされています。

だいたい小学校高学年以降で、ワキガになる可能性が出てくるということになります😅

日常のワキガの対策って?

子どもの頃から、いつもいつも悩まされていたこのワキガ。親に指摘されては、手術をしてみたらとの、いつものセリフを言われていました。

当時のわきがの手術は、脇の部分をえぐって、アポクリン汗腺を全部取り出すしか方法が無かったみたいです。

こうしたわきがの手術により、脇に目立つ手術跡を残したくありませんでしたので、手術などしませんでしたが、当時の大人は、脇がえぐれている人がたくさんいたようです。

いろいろなわきが対策アイテムなど試したり、ムダ毛を剃るのはいつも常識ですが、いつも毎日デオドラントスプレーなどを、朝から晩までいつも吹き付けていました。

そのようにすれば、全くワキガも気にならない生活を送れましたが、デオドラント剤は、何気に当時としては値段が高かったので、にきび同様に学生時代はコストがかかっていましたね。

今は完全に脇を脱毛して、食事にも気を付けているのと、体臭ケアもしていますので、あまりわきがも気にならなくなりました。

最近のわきが用デオドラントクリームは、本当に効果も良いですし、値段もそんなに高くないのでおすすめですね‼

CHECK子供のわきがにも クリアネオ!

わきがが子供に遺伝する確率とは?

親のワキガ(腋臭)は子供に遺伝したりするのかどうか?

ワキガ臭で悩んでいる人のなかには、自分がわきがだと、子供にも遺伝してしまうんじゃないだろうかと悩んでいる方も多いはずです。

ワキガ体質の方は、お父さんかお母さんどちらかが、わきが体質だったという可能性が高いと言われています。

ハッキリ言うと、わきがは子供に遺伝いたします。わきがは優性遺伝しますので、かなりの高確率で遺伝しやすいものです。

それだと、将来自分の子供も腋臭になってしまうんじゃないんだろうかと、心配になるのも無理はありません。

子どもにかわいそうな思いをさせてしまったら・・・と不安な両親もたくさんいます。

子供が腋臭体質には遺伝があるというのは、たくさんの研究者が証明しています。でもいったいどれくらいの確立で遺伝するのでしょうか⁉

腋臭に関しての研究結果や、いろいろな説がございますが、父親もしくは母親がワキガであるとしたら、50%の確率になります。

そして、父親あるいは母親がどちらもわきがであるケースですと、80%の確率で遺伝するとされる、研究結果になっています。

かなりすごい確率で、遺伝する可能性が高いですよね。子供の耳垢が湿っていたりした場合、高確率でわきがの可能性が高くなりますね。

どうしてそれほどまでに、驚くような確率で受け継いでしまうのかと言いますと、わきがには優性遺伝というものがあるからになります。

優性遺伝というのは何かといいますと、わきが等の体質に影響を及ぼす染色体は、父親と母親からひとつずつ遺伝子を継承し、対という形で出来ています。

基本、優性遺伝の特徴から、父親と母親の間の体質や性質が、生まれてきそうなものなのでしょうが、どちらかの体質に偏って、現れることのほうが多いみたいです。

ですので、簡単にいえば子供に受け継がれる遺伝子は、片親の場合ですと腋臭体質になるのは50%の確率となりますね🤚

遺伝と発症時期

子供がワキガを発症するケースのほとんどの発症時期が小学生高学年~中学生頃で、思春期と呼ばれる時期に該当します。

ニオイが発生するので、それが原因になってイジメが発生してしまってりそれに関係して登校拒否がおこってしまい貴重な学びの場をうしなってしまう可能性すらあります。

では、ワキガが遺伝のする確率が、どの程度の物なのかについて詳細に解説していきたいと思います💡

まず、両親二人ともがワキガだった場合、または発症していなくてもアポクリン汗腺を持っていた場合、約80%の確率で同じ症状が出てきます。

次に両親のうちどちらか片方だけがアポクリンを持っていた場合にも50%もの確率があります。なので、どちらにしても可能性はとても高いです。

ですが、安心してほしいのはアポクリン汗腺があるからといって、必ずしもニオイが発生してしまうわけではないと言うことです。

なぜなら、アポクリン汗腺が活発になった時に、特殊な汗が出てそれが沁みた衣服に雑菌が集まる…というのがワキガのメカニズムだからです。

つまり、アポクリン汗腺を刺激しなければ、ニオイが発生する可能性も低いと言うことです。

子供にワキガ解消法などを教えてあげることが大切

どうしてこどもにわきが遺伝するのか、これはアポクリン汗腺の数が、親から子供に遺伝するからだと言われています。

ワキガが遺伝するのを食い止めたりすることは、難しいし無理な話です。

しかし、遺伝されたということは、父母のどちらかはワキガで、苦しい思いをしていた経験が必ずあります。

親御さんたちは子供のにおいに気付いたとき、本当にショックだろうと思います。

子供が思春期の時期だと、なおさら精神的にも不安定になってしまう時期ですよね。

自分のこどもが、体臭をきっかけに学校でいじめにあってしまわないか、親としても本当に心配だろうと思います。

お子様自身が傷つく前に、今ではお子様が使えるデオドラントクリームが販売されています。

周りに気付かれず、予防していけるようになっていますから、今からでも全然遅くはないんですよ❗

要するに、ワキガの経験があり、どうしたら良いのか、悩んでいたり、ワキガ解消法などを、伝授させてあげたら良いかと思います。

思春期に子供のワキガは発症しやすいですが、メンタル的にもバランスが悪くなった時期になります。

自分の子供が、腋臭で悩んでいるようなことがあれば、早いうちに対策を考えて、サポートや助言をすることが大事になります。

最近では、女性にも子供にもやさしい、わきがデオドラントクリームがありますし、焦らずにわきが対策をすると良いですよ。

もし悩んでいるご両親がいたら、ぜひネット等でもいろいろデオドラントクリームについて調べてみてください❗そして家族で毎日明るく楽しく過ごしましょう‼

わたしも愛用している、肌にもやさしい成分がたくさん含まれていて、更に効果も高いクリアネオが、おすすめですね💕

子供のわきが治療とは?

子供に適したワキガ治療を期待するなら、手術に関しては、大変であると言っていいでしょう。

わきがの原因は、脇におけるアポクリン汗腺から、臭いを発するものですので、主に体質になります。

体質は遺伝によるものがたいへんよくあり、ワキガのケースでも、例外ではないと言えます。

両親の片方が腋臭でありますと、子供もワキガになる確率はとても高く、小学生あたりの思春期になるにつれて、だんだんと臭いも強くなってしまいます。

この時期になってきますと、汗もかなり増える年頃ですので、制服や衣類などに臭いがついてしまうことも多くなりますし、両親が気づいてあげることが大事になりますね。

そして、わきがの手術や対策方法ですが、基本的に大人と一緒の方法になります。

ですので、大人なら大丈夫なワキガの手術や治療も、子供ですと難しかったり、もしくは出来なかったりする場合もあるわけです。

クリニックでのワキガの治療法について!

クリニックにはいろんなワキガの治療法があります。

例えばミラドライ。ミラドライは、マイクロウェーブと呼ばれる電磁波を脇の下の皮膚に照射して、ワキガの原因と言われているアポクリン汗腺の機能を破壊してしまう治療方法です。もちろんこれは自費治療になります。

これは切らない手術ですので、お子様にも安心して治療していただけますよね。しかも傷跡も残りません。

ほかにも、クワドラカット法という方法もあります。この方法は、傷跡の大きさや、においのもとの取り残しを最小限に抑えた手術です。

子供でも治療することができ、わきが、多汗症の人用の治療法になっています。

この手術は、再発がなく、手術時間も短くて傷跡が目立たないと言われています。

クリニックにも切らない手術もあるのを始めて知りました。子どもと状況をしっかりと話あって、クリニックに行くか、予防法で予防していくかを相談することも必要ですね😎

クリニックでの治療はどんなことするのか?

ワキガ治療として一般的に知られているのは、クリニックでの手術や注射ですよね。

この手術や注射は、子供でもできるようになってきました。ですので子供のワキガ対策としても、とても有効な手段と言えます。

その中でも、代表的なものがボトックス注射です。こどものころから手術っていうと、なんだか両親としても気が引けますよね。

注射ならと思う方も多いのではないでしょうか?しかし、ボトックス注射が子供に向いている治療法かというと、実はそうも言いきれません。

ボトックス注射はそもそも、ずっと効果が持続するものではありません。

頻繁に注射をしにクリニックや、病院に行かないといけないというリスクもあります。

ボトックス注射ってどんな治療?

一般的に、美容クリニックや病院で行うボトックス注射は、高額な費用がかかるものが多いです。しかも、自費治療になる可能性も高いです。

ではボトックス注射とはどのような治療なのでしょうか❓

子供にとって、切る手術というのは怖いですよね。でも、注射1本でワキガのにおいを抑えられるなら、子供にとっても負担が最小限の治療法と言えます。ボトックス注射は、交感神経の働きを抑制する薬剤です。

汗腺の働きも抑制するので、汗を封じてしまう効果があるんですよ。でも効果は半年くらいで切れますから、定期的な注射が必要になってきます。

においは大人でさえデリケートになる問題です。それがましてや思春期の子供ならと考えると、ショックが大きいですよね。

しかも子供は大人と違って、子供だけではにおいに対する対処はできません。

だから悩みが深刻にならない前に、両親が子供に寄り添ってあげることが必要です。

手術よりも、デオドラントクリームなどでやさしくケアをする方が良い!

子供は活発で、汗もたいへん多くかきますし、中学生くらいになれば自分で汗の手入れなども可能ですが、小学生ですと、まだ自分でお手入れをすることができない子も多いと思います。

子供のわきがの臭いによって、いじめられたりするケースも多いみたいですし、早めに治療をしてあげたい気持ちもわかります。

しかし、手術をされた場合、最悪、脇に目立つ傷跡が残る可能性もありますし、学校もお休みしないいけません。

最近では、子供や女性にも優しいわきが デオドラントクリームもありますし、わたしも使っていますが、本当に効果を実感します。

肌にも優しいので、まずはクリアネオなどを試してみて、それからでも遅くはないと思いますよ👍

小学生のわきがが増えているのは食生活も関係している?

ジャンクフードなどの食生活からワキガになりやすくなるので注意が必要!

自分がワキガですと、子供にわきがが遺伝したりする可能性が高いので、本当に心配ですよね。

男の子ならまだしも、女の子でしたらなおさら心配だと思います。

最近は、昔と比べるとファーストフードなども増え、わきがになりやすい食事が多くなり、増えている傾向みたいですね。

小学生くらいでも、わきがの症状が現れ始めますので、敏感な方ですと自分と違う嫌な臭いを感じますので、イジメの問題が起きるのも無理もありません。

子供はある意味正直で、けっこう無神経な言葉でいじめたりしますので、トラウマになってしまう可能性だってあります。

子供がわきがで苦悩しているように、親もたくさん苦しんでいるのではないかと考えます。

わきがに良くない食生活の改善や、なるべく清潔な生活を送ることも、大変重要なことだといえます。

子供のわきが対策を、親が勉強していくのも大事なことだと考えます。

ワキガの低年齢化が進んでいることについて!

近年、数年前と比べてワキガの低年齢化が進んでいます。

その原因は主に食生活の欧米化にあるのではないかと言われています。

菜食や魚中心の日本食から、肉や脂肪分の多い欧米食やジャンクフードが浸透してきました。

ワキガ臭の原因はアポクリン汗腺の過剰分泌にありますが、動物性タンパク質の多い食事をしていると、まさにそのアポクリン汗腺の分泌が活発になるのです。

日本人と欧米人のワキガの人口比率を比べると、日本人の1割に対し、欧米人はなんと8割というデータもあります。

このように、食生活とワキガの関係は密接であると考えられるでしょう。

なぜ、低年齢化したの?

では、なぜこのようなことになってきたのかについて解説していきます。

原因のほとんどが、食生活の変化にあると、ほとんどのクリニックの先生も断言しています。

最近の食事は肉が多く、動物性のタンパク質や油脂を幼い頃から大量に摂取しているので、ホルモンの分泌スピードも早く、体の発育も早いです。

それに伴って、どうやら最近のアポクリン汗腺は昔に比べて、3割ほど巨大化しているようで、子供でも非常に腋臭を発生させやすい体質になってきているようです。

大きくなっている分、施術で除去してもまた復活してしまうことも多々あるようで、施術と一緒に様々な治療を提案してくれるクリニックも増えてきているようです。

大人よりも子供の方が、かなりデリケートに感じる問題なのは間違いないので、クリニックも真剣に取り組んでくれます。

ニオイは発生しだした時に親がとるべき行動は?

では、子供がワキガを発症してしまった時に親がしてあげるべき行動をいくつか挙げていきたいと思います。

まず、一番大事なのは「本人の意思を尊重してあげること」です。

本人が気にしていない…または全く気付いていないにも関わらず、親が過剰に反応してしまい無理に腋臭消臭ジェルやわきが クリームを勧められると子供はかえって傷つきます。

なぜなら「拒絶されているのでは?」などと思われる可能性があるからです。

繊細な心の子供は傷つきやすく、ちょっとした一言でも深く傷ついて塞ぎ込んでしまう可能性すらあります。しっかりと気遣ってあげましょう。

次に本人が気にしている場合です。この場合は、腋臭に効果的なデオドラントクリームを、使用させてあげるべきだと思います。

少しでもニオイに対する不安な気持ちを、なくしてあげることから始めるといいでしょう。

あまりにも気にしている場合は、クリニックの受診や施術も検討してあげることです。

クリニックにいけば、専門医が適切な対応をしてくれるはずです。

これは本当にデリケートな問題なので、子供の心を第一に考えて、本人の意思に従って行動するのが親の優しさだと思います。

子供のワキガ対策について

子供自身、また親は、子供のためにどのようなことに気をつけてあげればいいのでしょうか❓

まずは食事改善です。身体が急激に成長する時期に、肉や動物性たんぱく質を完全に排除することは、別の問題を引き起こしかねませんので、そういった極端なことではなく、あくまで「菜食中心」を心がけた食事づくりが大切です。

子供が好きなものばかりでなく、苦手な野菜や魚も美味しく食べられる工夫をしましょう。

お肉なら脂身の少ないものや、牛乳であれば低脂肪のものを選ぶなど、普段料理につかう食材や調味料を一度見直してみましょう。

子供の成長と共に、ワキガの改善や治療の選択肢は増えますが、子供が小学生などまだ幼いうちにできることは限られています。

食事による体質改善は、すぐに効果が表れるものではありませんが、わきが以外にも、さまざまな生活習慣病の予防に有効です。

親として、長い目で見て子供の身体のためになる選択をしてあげたいですね。

子供にも安心なデオドラントクリームがおすすめです!

小学生の腋臭ケアをするなら、わきが デオドラントクリームが安心できると思います。

当たり前ですが、入っている成分は、添加物といったものが混ざっていない皮膚にやさしいのが良いでしょう👍

女性や敏感肌の方にも肌に刺激が少なくソフト、もちろん小学生のこどもにも優しく、ワキガに有効な成分がたっぷり入っている、クリアネオは 口コミもよくて、リピート率も高く評判も良いのでおすすめになります!!

CHECK女性にもやさしいワキガ対策クリームはこれ‼
子供のわきがにはクリアネオが効く!

子供のわきが対策で注意すべきこと!

子供わきが対策で注意したいことについて

まだ、小学生くらいの子供ですと、自覚症状もない場合が多いですし、ワキガであるという現実をつきつけるよりも、一緒に対策を考えてあげて、心配しなくても平気だということを、教えてあげることが重要になります😎

デリケートな時期に、あまり神経質になりすぎて、子供にプレッシャーを与えすぎても、かえって不安にさせてしまうだけになってしまいます。

身体の発達もしている最中ですので、ワキガの手術治療はたくさんの問題がありますので、自宅で一緒にワキガ対策をおこなえるデオドラントクリームなどを使用する。

毎日一緒にお風呂に入ってあげて、清潔に身体を洗って上げることも大事です。

小学生のお子さんですと、まだ自分で脇にケアをするのは難しいと思います。

学校では特に、友達の目とかも気になるだろうし、そういった行為をみられたらいじめの対象にだってなりかねません。

子供にわきがと伝えるには

両親が子供のワキガのにおいに気付いたとき、本当にショックだと思います。

でも、ワキガの治療は親子で取り組んでいくことで、子供の心を、ショックな気持ちを軽減させてあげることができます。

特に子供の場合、思春期前後でのわきがの発症率が高いと言われています。

思春期の子供は、両親以上に複雑な気持ちでショックだろうと思います。

もちろんワキガの完治を目指さず、対策によってワキガ予防をすることも可能です。

でも愛する子供のため、なんとかして完治させてあげたいと思う、両親もいるかもしれません。

完治させたい方は、一度クリニックに相談してみてください🤚

子供にもやさしいワキガ対策クリームがおすすめ!

ドラッグストアで市販のスプレーのタイプのものが販売されていますが、効果があまり高くないことと持続力が低いので、頻繁にスプレーをしなければいけません。

夏場は特に汗をかきますので、せっかくスプレーをしても流れていってしまいますので、更に効き目が弱くなってしまいます。

そして、スプレーですと刺激が強い商品が多いことと、匂いでごまかそうとするタイプの商品が多いので、子供には不向きといえます。

それに対して最近のワキガ対策デオドラントクリームは、子供にもやさしいのがいっぱいあります。女性や子供にも効果の高いクリアネオも非常におすすめです。

スプレーの刺激の強いものだと、肌荒れなどの心配がありますが、肌にやさしい成分をつかっていますので安心して使用できます。

持続力も非常に高いので、こまめに塗る必要がないです。

子供だけではないのですが、持続性の高いものでないと、頻繁にケアを行わなければいけなくなります。

子供ですと特に学校で塗ったりすることが出来ませんので、朝登校する前に塗って、家に帰ってきても効果が持続しているのが理想になります。

そういった子供に合ったワキガ対策クリームを選ぶことが重要になります。

それから、Tシャツなどにもニオイが付着しやすいので、頻繁に洗って清潔にしてあげることを心がけてください。

🔻詳しくはこちら🔻
お子様のわきが対策クリアネオ

子供のワキガ対策にレモン?

夏だけにとどまらず、子供は全身に汗をかきますよね。特に脇汗は大人のみなさんも、よく汗をかく場所ではないでしょうか❓

この汗がニオイ菌を発生してしまい、ワキガに悩んでいる子どもや親御さんがたくさんいらっしゃいます。

そもそもわきがの元はなに?

そもそもどうして、ワキガを発生しまうのかというと、アポクリン汗腺という特別な汗腺から出る汗が、原因でアノにおいを発してしまうと言われています。

わきがを強烈に強くしてしまうのが、細菌です。繁殖してしまうことで、さらにきつくなってしまうと言われています。

今回は、自宅でできるレモンを使ったわきが対策をご紹介いたします。

レモンシップでワキガ予防!

レモンを使った湿布水を作ってみましょう。これがわきが対策に効果があると言われているんですよ。

そもそも汗をかくのに必要なエネルギーは、クエン酸回路というシステムによって作られていると言われています。

しかし、血液中の酸素が不足してしまったり、食事のバランスが悪かったりすると、回路がうまく働かなくなり、汗の中に尿素やアンモニアが大量に分泌されて強い臭いになると言われています。

お酢の主成分はクエン酸ですので、お酢を使ってワキガ対策をすることもできますし、レモンも効果的です。

レモンのようなかんきつ類にも、大量のクエン酸が含まれていますので、実はとっても効果があるんですよ。

簡単にレモンシップを作る方法

レモンシップの作り方は簡単です。洗面器に40度くらいのお湯を入れて、レモン1個分の果汁を絞ります。

そのお湯にタオルを浸してしっかり絞ります。そのタオルを脇の下に充てるだけなんです。簡単ですよね。

またのシップ水に、お酢を合わせるとさらに効果抜群ですよ。

わきが対策にお酢やレモンを使うのは、クエン酸にあります。殺菌作用がありますし、雑菌の繁殖を抑えてくれると言われています😊

これなら強烈なアンモニア臭も防げるますね。

食材なので、安心できるのではないでしょうか。大人はもちろん、お子様のワキガ対策にもおすすめです💕

酢風呂と合わせて効果絶大!

レモンシップと合わせて、酢風呂も効果があります。汗腺トレーニングにもなり臭いづらい汗に変えていくことが可能です。

体質改善効果があるというわけです。酢風呂から出た後に、レモンシップで脇の殺菌をしてあげることで、ニオイを抑えてあげましょう✨✨