体型別の体臭改善ポイントを知りたい!

この記事は約 7 分で読めます。

体型別 体臭改善 ポイント!

少し痩せ気味の方もいれば、ぽっちゃりした体型の方もいらっしゃいますよね。

体型に関係なく、わきがや体臭改善 対策に迷っている方は多いですよね。

それではどのような体型の方にも関係なく、同じようなデオドラントケアをして、同じような効果が期待できるのでしょうか?

またそれぞれに合ったケアや、効果的な改善方法のポイントと言うのはないのでしょうか。

季節の変化以外にも臭いが強くなることってあるの?

汗をかく時期ってニオイがとにかく気になりますよね。今は色々なデオドラント剤が沢山出ているので、お肌が弱くても使えるものも少くありません。

香りをあえてつけてないものもありますし、石鹸の香りのデオドラントシートなど選ぶのも楽しくなりますよね。

涼しい季節の汗のニオイだけなら、こういった市販品で十分だったりしますが、体臭は個人差があるので、ニオイのキツイ人や加齢臭、わきが臭など市販品では改善しない場合もありますよね。

そうなると悩みも深刻。日本人はニオイにかなり敏感なので、ワキガを指摘されて、人間関係も悪化してしまったりとどんどん問題も深刻化してしまったりと言う事もあるでしょう。

中には太ったことにより、体臭が強くなったと感じる方もいるそうです。

太っている人は臭い?

わきがはアポクリン腺からでる汗が原因、運動などで汗をかく場合のエクリン腺からでる汗とは違って、かなり強い臭いを放ちます。

アポクリン腺からでる汗と毛穴につまった老廃物などが混ざってしまう事が要因で、ベタベタした汗が特徴です。このワキガは体格と関係あるのでしょうか。

答えはNOです!

ワキガは体質の問題なので体型とは全く関係ありません。

肥満体型の方は、汗をかき易い、また肉類や脂質を多く摂取している傾向にあるので、アポクリン腺の活動が活発になると言う事はあるよですね。

しかも比較的血液がドロドロの場合も多いので、臭い成分を含んでおり、それが体外へ汗となって排出されるので、ニオイがキツイ方は多いでしょう。

なんにしても肥満は健康面で考えても改善する必要がありますから、生活習慣から見直すべきではあるでしょう。

太っている人にワキガが多い?

肥満=ワキガになりやすいわけではありませんが、体温調節のために、元々肥満の方は汗をかき易い事と、食生活の影響が汗となって、体外に排出された時に強いニオイを放つ原因になる事は否めません。

ですので気になる方は、ニオイ対策は行うべきでしょう。中学生や高校生などの思春期には、そういったニオイがイジメの原因になる事だってありますよね。

まずは食事を見直すべきでしょう。

腋臭の人が肥満であった場合は、汗をかくシーンも多くなり、アポクリン腺からでた汗を、エクリン腺から出る大量の汗でニオイを広げてしまうと言う事はあります。

ただでさえ腋臭が気になっているのに、輪をかけて強調してしまう要因にはなるでしょう。

コスメサイトなどで人気の、ラポマインなどの専用のデオドラントクリームを使って、少しでも気になるニオイを抑えていきましょう。

体型別のデオドラント対策をご紹介!

こちらのページでは、肥満タイプ、痩せタイプ、標準的なタイプと、体型別のおすすめデオドラント対策ポイントをご紹介していきます。

なかなか良いワキガ対策に巡り会えなかった方や、もっとしっかり臭いを消したい!

という方々はぜひ参考にして下さいね(。・ω・)ノ゙

肥満タイプ ワキガ症の対策

肥満タイプの体臭改善方法とは?

汗をかくとどうしても気になってしまうのが、体臭です。人ごみの中でものすごい体臭に、頭を悩ませた経験のある方も多いと思います。

悩みを抱えていらっしゃる方は、クリニックを受診したり、市販のデオドラントクリーム等でこまめなお手入れを、施していらっしゃいますよね。

要因の話になりますが、体臭にもさまざまな種類のものがあることをご存知ですか。

体型が少し大柄な方や、肥満体型の方 デオドラント対策とは、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

体臭といってまず頭に思いつくのは「ワキガ症」だと思います。ワキガは、体内にあるアポクリン腺から出る汗が、原因の一つとされています。

夏場や体を動かした後に出る大量の汗は、エクリン腺から排出されるほぼ無臭の汗です。

アポクリン腺から出る汗は、とてもベタベタしていて脂質やたんぱく質を含んでいるうえに、毛穴周辺に溜まった老廃物や汚れと合わさることで、ニオイを発生してしまいます。

太っている人は汗かき?

私たちが生活していれば、やはり汗はつきものです。体の中に熱が発生し、体外に放出されます。この一連の働きがあるからこそ、私たちの身体は正常に保たれているのです。

しかし、これが肥満体型の人でしたらすこし様子が違ってきます。肥満体型の場合は、身体が皮下脂肪で覆われてしまっていますので、なかなか体外に熱を放出することができないのです。

ですので、体の体温がどうしても上昇しやすくなってしまいます。それと同時に、太っている人はどうしても運動不足の場合が多いのです。ですので、代謝も悪く汗をよくかいてしまう傾向にあります。

また、気を付けないといけないことがあります。それは痩せている人です。痩せているからと言って私は大丈夫と思ってはいけません。痩せていても内臓脂肪が多い人は特に要注意です。

内臓脂肪は生活習慣病と関係があるため、このまま放っておくと血流が滞り、健康的な発汗作用ができない可能性があります。ですので、肥満で皮下脂肪が多い方、痩せていても内臓脂肪が多い方はぜひ、肥満タイプと同様に毎日の適度な運動と、食生活に気をつけてみてください。

肥満タイプのワキガ対策

肥満体型の方々の体臭対策は、血液の改善が重要だといわれています。

肥満体型の方の血液は、どちらかといえばドロドロしています。そして、ニオイ成分も含んでいます。このニオイ成分は、汗となって体外に排出されてしまいます。

なので、肥満体型の方の汗のにおいの方が、どうしても気になってしまうことに繋がってしまいます。

肥満体型はワキガ率が高い?

ワキガ体質かどうかということは、体内にあるアポクリン腺の量で決まります。体型とは関係ありません。

肥満体型の方でも、アポクリン腺の量が少なければ、ワキガにはなりにくいのです。だから太っているからといって、ワキガ症状であるとは言い難いのです。

ただ、肥満型の体型で、体内のアポクリン腺の量が多いという方は、肥満が原因で発生する汗とアポクリン腺から、発生する汗が混ざり合ってしまうので比較的にニオイが目立ってしまうということになるのです。また汗っかきな方も多いですよね。

ドロドロ血液を改善 カラダのインナーケアも大切!

ぽっちゃり体型の方は特に食生活の見直しをすることで、体臭や健康の改善が期待できます。

ドロドロの血液は汗の質、健康の面からも好ましくありません。ドロドロ血を改善するには、野菜を多く摂ることに努めることが大切です。

肉類や脂質多く含んだ食事は、アポクリン腺の活動を活発化させてしまうことにもなってしまいます。正しい食生活と規則正しい生活が、ワキガ対策に良い効果をもたらしてくれるのです。

思春期わきが 注意したいこと

肥満に対する対策は、大人だけではなく思春期を迎えた中学生や高校生にも必要です。

ホルモンバランスの活動が活発になる思春期には、不規則な食生活を送り続けると、肥満化してしまうという結果に繋がってしまいがちです。

またこの時期には、成長に伴ってアポクリン腺の活動も活発化します。多感な時期にワキガや体臭で悩んでしまうと、人間関係にも大きくひびが入ってしまうことにもなりがちです。成人後に悩まないためにも早い時期から対策を立てた方が、良い効果をもたらしてくれます。

普通タイプのわきが体臭対策とは?

標準体型タイプのワキガ対策とは?ワキガ体質と体型は、全く関係ありません。ただ、肥満体型の人は、食生活から血液もドロドロとしがちな傾向があります。

しかしながら、外見的に普通体型に見えてる人も、皮下脂肪などが多く付いている人も、今は多いといいますよね。

動物性タンパク質を好んで脂肪を多く摂取している場合は、やはりニオイ成分が汗となって、体外に排出される時に汗臭となりますので、個人差はありますが、強いニオイとなる場合もあるでしょう。

ワキガと普通の汗とはにおいが違うの?

答えはYES。元々ワキガと普通の汗のニオイとは、全く種類が違います。

また、体臭はそれぞれ違いますので、汗のニオイが強い人もいるでしょう。

そもそも日本人は、ニオイに対してかなり敏感だと言われています。その為か、デオドラントグッズに対しての関心は高く、雑誌の特集でコスメ関連のなかに、デオドラント類も含まれていたりしますよね。

ワキガは、そもそもアポクリン腺という汗腺からでる汗なので、エクリン腺から発生する「俗に言う汗」とは臭いが違うのです。

痩せ型や標準体型だから、臭いにくい。また肥満タイプだからワキガということも一切ありません。

このアポクリン汗腺があるない、また数は人によってバラバラで、欧米人の多くはワキガ体質の方が多いといえます。

日本人はワキガ体質の割合が少ない事と、体臭が欧米人と比べて少ないので、逆に臭いに敏感なのでしょう。

アポクリン腺は皮脂と合わさった時に、常在菌によって分解されて悪臭となり、あのワキガ特有のにおいになるのです。

わきがの臭い 強くしたくないなら・・!

太っていたり、痩せていたりまた普通体型だったりするのが、体臭(ワキガ)の臭いの強さに、直接関係している訳ではありません。

しかしながら、どんな体型であっても食生活は大いに関わっています。更に臭いを強くする元としては、食事内容が大きいでしょう。

肉類だけではなく、お菓子などの糖質、辛いものなどの刺激物も臭いの原因となります。

また、精神的ストレスはワキガ臭を強くすると言われ、緊張状態が続いても同じなんだそうです。

これらはアポクリン腺の働きを、活発にさせる事もわかってきているんですが、ワキガではない人にも言える事なんだそうですよ。

今日から試せる 体臭のセルフケア!

体臭が気になる方は、野菜中心の食生活や、ストレスを溜めないような生活を心がけてみてはどうでしょうか。

ただ、体質そのものを根本的に解消するには、手術が必要であったりすることは事実。

ワキガは病気ではなく、あくまで体質と言う事なので、自然になくなると言うのは難しいのかもしれません。

お肌は酸性に保つと臭いが減ると言われていますが、お酢を入浴時に混ぜるといいとも言われますね。また体臭改善に半身浴等も効果的だとか。

ぜひ今日の夜から試してみて下さいね。

多汗症で汗の臭いが気になる方も、加齢臭の臭いが気になるという方も、市販のデオドラント剤でも不安と言う事であれば、ワキガ対策用のデオドラントクリームを使ってみる事もお勧めです。

痩せタイプも汗はかきやすい!

痩せ型の体臭改善方法とは?ワキガの臭いと汗臭いのは別問題なのですが、その人の体臭によっては、強い臭いの元となる事もあるでしょう。

女性ならば、ワキガや体臭がきついと言われればかなり傷つきますよね‥。

肥満体型のワキガ症の人が汗をかき臭いを発してしまうのとは別に、痩せている人も肥満気味の人と同様に多汗症の人が多いと言われます。特に、強いストレスが続く場合に多く見られると言う事なのです。

また、痩せた女性に多く見られるのが、手や足の裏、顔など部分的に大量の汗をかく事が多いようです。

ただしワキガの原因と臭いの種類が違うので、あの独特のニオイとは違いますが、汗くささに体臭や香水などが混ざると、確かに気になるかもしれませんね。

一般的な市販のデオドラント剤などで、十分対応できる事が多いのではないでしょうか。

痩せ型の人も加齢臭ってあるの?

痩せ型の人は皮下脂肪が薄いので、外気熱がすぐに体内に影響して、すぐに体温が上昇してしまうので、肥満の人とは別の理由で夏は汗をかき易いといえます。

ただし外見が痩せていても、内臓脂肪の割合が多いと、体臭や加齢臭のニオイの元になるようです。

内臓脂肪は分解されやすいので、発汗した時の汗と内臓脂肪が分解された時の遊離脂肪酸が混じる事で、汗臭さが強くなるとも言われますので、いずれにしてもアルコール摂取する事の多い人は要注意でしょう。

多汗症の悩みについては防げると言われ、まずはストレスを和らげる対策が一番です。

アロマでリラックスしたり、好きな音楽などを聴いてゆったりする時間を作ったり、適度に運動する事もストレス解消になるかもしれませんね。

汗をかく事を気にすると、更に緊張したりするので、あまり気にしない事が一番ですね。

痩せ型のわきが臭いを軽減するには?

わきがかどうかは、独特のニオイやシャツの黄ばみ等でもワキガ体質チェックできます。

食生活の見直しでも野菜や海草、果物を多く摂る事を心がける事でしょう。また毛深い方の場合は、脱毛処理で軽減される事も多少あるようです。

アポクリン腺からでた汗が、常在菌と混ざって放置されないように、汗をかきにくい痩せ体型であっても、マメに汗を拭く事。またしっかり運動して質の良い汗をかく事も良いとされます。

運動不足を解消して良い汗をかこう!

運動不足は血行が悪くなり、汗腺に酸素が届かなくなる事で乳酸が生産され、この乳酸は汗腺の中にアンモニアを分泌させる為、汗が臭うと言われます。

しっかり良い汗をかく事で、この汗のニオイはかなり軽減されるのです。

アルコールだけでなくタバコのニオイも汗となって排出されるので、加齢臭が気になる場合は要注意ですよね。

ワキガ関連のおすすめ記事

簡単なワキガチェックで自分の臭いレベルを知ろう!

2018.05.21

わきがってどういった治し方があるの?

2018.05.20

女性におすすめのわきが対策クリームランキングを発表!

2018.05.18