男性育毛剤の養毛剤や発毛剤の効果の違いとは?

この記事は約 4 分で読めます。

最近では男性ばかりか女のかたが、自分の薄毛を気にする方は年々増えてきています。

その関係もあって、女性用育毛剤の販売数も種類も、増えてきていますよね。

女性用に特化した商品は、センシティブな頭皮を気にして成分にも気を使う女性にとっても人気があり、今では男性用育毛剤よりも、女性用の方が種類が多いドラッグストアなどもあるようです。

では、一般的に女性用と男性用育毛剤にはどのような違いがあるのでしょうか。詳しくチェックしていきましょう。

髪のボリュームアップに育毛剤を加えよう

「頭がハゲる」と言うと、過去には男性の悩みと思われてきましたが、近年では女性も悩んでいる人が、増加していると言われています。

特に髪が細くなったり、本数が減りボリュームがなくなってきてしまった‥と、感じている女性が多いようです。

しかし、どうしていいか分からずそのまま放っている人も少なくありません。

全体的に薄くなってしまうと、「もう老化には逆らえないのかしら‥」と、落ち込んでしまう方が多いようですね。

しかしながら、原因や効果的な女性の育毛対策が分かれば、薄毛の改善や予防に努めることができますよね。

こちらでは女性の抜け毛対策や育毛剤についてを、中心にご紹介いたします。

抜け毛の脱毛症の種類を知ろう!

そもそも、髪のボリュームがなくなってくるということは、頭皮の老化現象が進行している証拠です。

その抜け毛はいろいろなことが原因で起こります。

その中には病気が原因の症状もあります。一口に「抜け毛」とは言っても、たくさんの種類がありますので、少しご紹介しますね。

例えば、びまん性脱毛症、ひこう性脱毛症、脂漏性脱毛症、円形脱毛症、分娩後脱毛症などが主な種類です。

聞いたことのあるものも多いのではないでしょうか。

特にびまん性脱毛症に関しては、女性の抜け毛や薄毛で一番多い症状だと言われています。

頭皮全体に抜け毛があり、ボリュームがなくなってくるのが特徴です。

全体的に髪が薄くなってしまうケース

全体的に髪のボリュームが減ってしまうケース。女性がなりやすいこの症状はストレスや生活習慣の乱れなどが主な原因だと言われています。

また、歳を重ねられた女性の場合は、ホルモンバランスの影響によっても抜け毛の量は左右されます。

50代以上になって、閉経の時期が近くなってくると、ホルモンの分泌量が低下し、軽かったり重かったりはありますが、更年期障害の症状を引き起こすことがよくありますよね。

この更年期の症状の一つにも、抜け毛や薄毛が挙げられます。女性ホルモンなどのバランスの乱れによるものが原因です。

自分の髪のボリュームダウンは、何が原因なのか(髪が細い・抜け毛が多い・ハリコシがなくなった等々‥)を分析して、症状に合った対策が必要だと言えます。

自分に合った育毛剤でボリュームアップ!

髪の毛のボリュームをアップさせたいなら、悩んでしまって自信をなくしてしまう前に、女性用育毛剤を使用することもおすすめです。

基本的な対策とも言えますが、毎日のヘアケアに一つ加えれば良いので手軽ですし、コンプレックスの症状に合わせて選べるのもポイントです。

土台となる頭皮環境を整えて、髪の毛を増やしていくのが理想です。

本数だけでなく、髪一本一本が健康でハリがしっかりと増していけば、自然とボリュームもアップしてきますよね。

このような症状におすすめの女性用 育毛剤などもご紹介していきます。

こちらでおすすめしているヘアケアは、無添加処方のものが中心なので、敏感肌の方でも安心して使用していただけますし、返金保証もついているもの等もあります。

また、女性の薄毛であれば、やはり女性用として開発されているという点もうれしいですよね。

もちろん、普段の食生活や生活習慣に気を付けたうえで、効率よく育毛剤を使用していくことをおススメします。

体の中と外両方からたっぷりと栄養を与え、理想のボリュームアップを目指しましょう。

女性育毛剤は栄養分が豊富!

女性の薄毛や脱毛症の特徴と言えば、女性ホルモンの影響を受けることと、栄養不足によって起こることが一般的です。

女性ホルモンは非常に重要で、髪の毛の成長を促してくれる役割があります。

しかし、いったんホルモンバランスが崩れてしまうと、髪の毛の成長が止まってしまうことも考えられます。

女性の場合、産後に薄毛で悩む方は非常に多いと言われています。妊娠中は抜け毛が減少しますが、出産後は抜け毛が増えると言われています。

閉経すると薄毛になってしまうという悩みが多いのも事実です。

これは女性ホルモンが減少することが原因ですし、更年期以降が加齢もあって、髪の毛の寿命が縮まってしまうことも考えられます。

また、パーマやヘアカラーといった影響を受けて、頭皮が損傷してしまうことも原因の一つとなっています。

ですので、一般的には女性用の育毛剤は栄養成分は保湿成分を重点的に配合されているケースがほとんどです。では男性用の場合はどうなのでしょうか。

男性用育毛剤は、皮脂を分解してくれる成分や抗菌成分、血行促進剤などが主に配合されています。

男性の場合は、遺伝が原因のことも多いですが、女性と比べて皮脂分泌量が多く、フケや痒みの原因にもなるためさっぱりとしたタイプが多いのが一般的です。

実は男女兼用ケア商品もある?

このように女性用と男性用では成分に違いはあるものの、実は男女兼用の育毛剤もあります。

男性の髪や頭皮に必要な成分、また女性にとっても育毛に必要な栄養成分を、バランス良く調合した育毛剤も販売されています。

男性ホルモンを抑制し、血行促進効果を発揮してくれる成分を配合しているほか、女性ホルモンに似た働きをしてくれる生薬を用いたものまで含まれており、男女問わず効果を発揮できると言われています。

基本的には男女で使用する成分は異なるものの、男女兼用のものであれば性別を気にせず使えますので良いですよね。

夫婦で使用したい方にもおすすめのケア商品になります。

成分の違いを知っておくだけでも、損はありませんのでぜひ覚えておいてくださいね。

育毛剤と発毛剤の違いとは?

髪の毛の悩みは絶えないですよね。

なんとかして薄毛や抜け毛を防ごうと、育毛剤や発毛剤を使用している人も多いと思います。

しかし、みなさんは育毛剤や養毛剤と発毛剤の違いをご存じでしょうか❓

発毛促進剤と発毛剤の効果を知ろう!

発毛促進剤とは、毛母細胞の働きを活性化し、育毛効果を発揮させる薬のことを指します。

また発毛剤とは、同じように毛母細胞の働きを活性化することで、直接発毛効果を狙う薬のことを言います。

同じようでも微妙に働きが違いますので、注意していくださいね。

毛髪を新しく増やす目的で使用するものが発毛剤で、主に医薬品でありお医者さんからの処方が必要になります。

しかし、頭皮が弱いセンシティブな女性の場合は、お肌の炎症を起こしてしまったり、頭皮のただれなどが発生する可能性がありますので、副作用の心配もあります。

ですので、一方では女性には発毛促進剤より育毛剤の方が人気がある場合もあります。

発毛剤や養毛剤の効果で育毛剤とどっちがおすすめ?

薄毛対策として利用されているのが発毛剤、育毛剤、養毛剤です。

発毛剤で期待できる効果と言えば、男性型脱毛症を改善させる効果であったり、血行不良を改善してくれたりする働きがあります。

発毛には医薬成分を含んでいますので、医学的にも発毛効果が認められているものと言えます。

育毛剤で期待できる効果と言えば、頭皮の血行促進力を高めてくれ、髪の毛に栄養を送り届けやすくしてくれる効果があります。

また、頭皮の環境を改善してくれたりしてくれる効果もあります。

そして育毛剤のほとんどは血行不良を改善してくれる働きがあります。

女性の場合血行不良に悩んでいる人が多いため、まずは血行を改善していくことで薄毛を改善していくことに繋がってきます。

ですので、育毛剤は多くの方におすすめしやすい薄毛対策だと言えます。

では養毛剤で期待できる成分は何でしょうか。これは、脱毛を抑制してくれたり、髪の毛を保護してくれる役割があります。

頭皮に影響を与える保湿成分や栄養成分を含んでいるものになります。

使用上の注意点とは?

わたしは薄毛予防として使用するならば、養毛剤や育毛剤をおすすめいたします。

副作用も心配ありませんし、産後の女性であっても安心して使用していただけます。

薄毛の進行を抑えたい方には、育毛剤や発毛剤も選択権に入れても良いかもしれませんね。

初期の段階で使用すれば、かなり早い段階で回復できる可能性があるのではないでしょうか。

薄毛の進行が進んでしまっている人にとっても同じように、育毛剤と発毛剤の使用がおすすめです。

「発毛」商品を選ぶ際は、気になることは医師に相談してみたり、体調や経過を見ながら続けていくことが大切です。

女性育毛剤関連のおすすめ記事

女性用育毛剤の使用感や頭皮への影響は?

2018.04.12

女性用育毛剤はここをチェック!おすすめの選び方

2018.04.10

20代女性の薄毛対策の仕方や商品選び方のポイント!

2018.03.25