頭皮や髪の構造(皮膚、毛根、成分など)をちゃんと知ってケア!

髪の毛の美しさ、健やかさは女性にとっては、他人からの見た目の印象を決める、大切な要素だと思います。

そこでこちらでは基礎知識として頭皮や、髪の毛の構造についてご紹介したいと思います。

知っておくと、抜け毛の予防や改善、ヘアケアなどにもとっても役立つと思いますよ🎵

髪の毛の構造とは?

そもそも髪の毛とは、毛包と呼ばれる部分で作られています。

毛包のさらに深いところには、毛球と呼ばれる組織があり、毛母細胞と毛乳頭とで成っています。

毛母細胞は非常に需要で、毛細血管から運ばれてきた酸素や栄養素を、エネルギーにして伸びていく役割を担っています。

よくキューティクル(毛小皮細胞)という言葉を耳にすると思います。

これは、毛の汚れや紫外線から守ってくれ、ハリやコシを与え美しさを表現してくれます。

このキューティクルが破損してしまうと、髪の毛に光沢感がなくなってしまいツヤもなくなってしまいます。

この状態が一般的にダメージ髪と呼ばれるものなのです。

髪の毛は3層からなっており、キューティクルの他にもコルテックスと呼ばれる毛皮質細胞や、メデュラと呼ばれる毛髄質細胞があります。

どの層もとっても重要であることは言うまでもありません。私たちの髪のハリやコシを出してくれたりしてくれています

毛乳頭とは?いわば髪の毛の司令塔!

毛乳頭とは私たちの皮膚で言う、真皮のような存在です。

薄毛が気になりだした際、育毛剤の働きや成分などをチェックしていると、この「毛乳頭」や「毛母」などの言葉を目にすることと思います。

毛は表皮と似ているとも言われています。

毛細血管の役割として健康的な表皮が育成されるように、毛乳頭の中にある毛細血管をつうじて、栄養素を受け取っていると言われています。

毛乳頭は栄養の宝箱と言ってもいいかもしれないですね。

どんなに髪が長くなっても、髪の根から栄養を摂りいれていることに変わりはありません。

毛乳頭は頭皮にありますので、すなわち頭皮が元気でなければ髪の毛は育たないということになります。

頭皮を健やかに保つことが明日のキレイに繋がる‥

髪が健康であるためには、頭皮が健康でなければならないということですね。毛乳頭は司令塔の役割も果たしています。

様々な物質を分泌して、毛母細胞の分泌をコントロールしています。

通常は、1つの毛穴から2~3本の毛が生えるんですよ。

育毛のことを考えると、毛根は深いほどいいと言われています。

浅いと元気な髪が育ちにくく、髪の毛が抜けてしまう脱毛を起こしやすいと言われています。

髪の構造を理解すると、育毛ケアにも役立ちますので、ぜひ続けてチェックしてみてくださいね。

頭皮のメカニズムを知って抜け毛対策に役立てましょ!

最近では女性でも、抜け毛や薄毛に悩む人が非常に増えてきました。

その理由は女性の社会進出や、食の欧米化など様々な要因があるとされています。

そもそも、男性と女性とでは抜け毛の原因が異なる場合も多いと言われています。

特に女性の場合は、上記の他にも誤ったヘアケアや、過度なダイエットによるものも大きいと言われているんですよ。

なぜ頭皮はトラブルが多いの?

まず私たちの皮膚というのは、表皮真皮皮下組織の3層からできています。

これらはターンオーバーと呼ばれるサイクルで働いています。頭皮も同じような構造をしています。

そして、注意しなければいけないのが、頭皮にも皮脂腺や汗腺があるということです。

たくさんあるため、他の部位に比べて皮脂や汗で汚れやすいとも言われています。これがフケやかゆみにつながると言われているんですよ。

また、ちゃんとケアに気を配っていなければ、お顔などと違い頭皮に潤いを与えたりすることも少ないですよね。

その為保湿効果も低いため、トラブルも起こりやすいと言われています。

女性の抜け毛の特徴は?

女性の場合は、びまん性脱毛症という抜け毛の症状が一般的です。

この脱毛症状の原因には、シャンプーのやりすぎであったり、ブラッシング、整髪料の頭皮へのダメージなどが考えられます。

間接的に影響することも多く、ダイエットや出産、ストレスなどでも発症します。

女性は全体的に薄くなり、頭皮が透けて見えてしまうのが特徴だと言われています。

頭皮と毛根の基礎知識を知っておこう!

上記のような抜け毛(全体的に透けるように薄い)などで悩んでいる人の場合、間違ったケアが多くの要因なのであれば、そもそもの頭皮の性質を理解できていないからだと言えます。

頭皮とは最初に述べましたが、毛根とどのような構造になっているのか知っていますか?

しっかりと仕組みを理解することで、栄養分を補う育毛剤などのケアも、どこに散布すればよいのかがお分かりになりますよね?

毛髪は、頭皮の毛根にある毛球部で細胞分裂が行われて成長していきます。毛髪の成長には頭皮が大きく関わっているのです。

ですので、頭皮そのものが健康な状態でなければ、綺麗な髪を育む為の必要は栄養が行き届かず育たない、また脱毛の改善にもならないということになります。

それだけ重要な土台とも言える部分ですから、普段から気を付けて優しく扱ってあげなければいけませんね。

しかし、汚れやかゆみからの理由で、案外乱暴に扱われてしまっているのが頭皮です。

それらが原因でさらに薄毛を悪化させてしまいますので、いつも大事に扱っているフェイスケアやデリケートゾーンのケアと同じ、体の他の部分と同じように優しく接してあげてくださいね🎵

毛根・毛球・毛髪とは?自分の頭皮でチェックしてみよう

自分の髪の毛や頭皮の状態について、あまり深く考えたことはないですよね。

毛根がどうなっていて、髪の毛とはどういうものか、また髪が傷んだり抜けたりする際に、なにか特徴があるのかなんて、あまり突き詰めることもありませんよね‥。

しかし、これらの悩みの原因や、健康な毛根や頭皮、毛球とはどういうものかを知っておくだけで、何か地肌トラブルあったときにすぐに対処がしやすくなります。

ですので、今回は健やかな毛の要とも言える毛根部分や毛球についてお伝えしますね。

毛根は命!

みなさんは髪が何から、どのようにできているか知っていますか⁉

答えは毛根です。毛根の下には毛球があり、その中には毛乳頭と呼ばれるものがあります。

自分の頭皮をチェックしてみて下さい。一つの穴のような部分から、毛がフサっとでてきていますよね。

健康な状態であれば、数本の髪の毛がでてきているはずです。

この毛根部が、髪の毛を成長させたりやめさせたりする指令を出しています。

ですので、髪の毛を作っている場所と言っても過言ではありません。

そして髪の毛を大量生産しているのが毛母細胞です。これは、育毛休止の指令が出るまで髪の毛を成長させ続けます。

土台が毛根にあるなら、毛根の状態を見れば、髪の毛が健康かどうかも分かるということになりますね。

普段普通に生活をしているだけで、髪の毛は自然と抜けていきます。

その抜け毛の毛根部を見ると、髪の状態をチェックすることができると言われています。

美容室や毛髪のクリニックなどでも、マイクロスコープなどを用いて、よく見せてもらえることも。

薄毛が気になるかたは、一度チェックしてみてもいいかもしれませんね。

毛根と髪の生え方を知って正しいケアをしましょう!

先ほど毛根は命だと言いましたが、私たちが大切に思う髪の毛の構造には、毛根、毛球、毛髪の3つの組織を知ることが重要です。

毛根や毛球については先ほど述べました。毛髪は、皮膚の外側に伸びる部分のことで、別名、毛幹とも呼ばれています。

髪の毛だけに注目をするのではなく、目に見える部分よりもむしろ毛根に注目した方が、育毛対策を効率よく進めていけると言われています。

育毛剤を購入する時にも役立つんですよ。毛髪には、毛髄質毛皮質毛小皮の3つからなります。

栄養を吸収する役割や、髪の内部を保護する役割など、働きは多岐にわたります。この毛髪は毛根がないと成長しません。

抜け毛や薄毛が気になる人は、毛根部をしっかりとケアしてあげるようにしてください。

頭皮や毛根にしっかりと栄養が行き渡ってこそ、初めて髪の毛も成長できるのです。

構造を知れば、どう対処していくかも分かりますので、良いですよね。

メカニズムが分かれば、発毛や育毛を目指すにはどのようにすれば一番効果的かも分かります。

魅力ある毛髪を手に入れるためにも、毛根と髪の毛の構造を理解しておきましょう‼

髪が生える周期サイクルや髪の毛の成分に注目して!

髪の毛が伸びたり抜けるのには周期があり、一定のサイクルで成長して定着していきます。

ずっと繰り返していて、休止状態を経て自然に抜け落ちるという繰り返しになります。この周期のことをヘア サイクルと呼んでいます。

ヘアサイクルについて

毛周期(ヘアサイクル)は、一般的に3つのサイクルに分かれています。

まずは成長期です。成長期とは、毛母細胞が分裂を繰り返して新しい髪の毛を生成し、成長していく過程のことを言います。

この成長に伴って、髪の毛は太くたくましく育っていくと言われています。

一般的には3年から7年ほど成長期は続くそうです。

次のサイクルは退行期です。退行期とは、毛母細胞での髪の生成が弱まり止まってしまう時期を言います。

この時期に、毛母細胞は生成した髪の毛から分離して抜けていきます。この期間は2週間ほどと言われていて、非常に短い間となっています。

退行期は、毛母細胞が成長しきった髪の毛から、次の髪を生成するための変動準備をしていると考えると、分かりやすいと思いますよ。

最後のサイクルは休止期です。休止期とは、髪の成長が完全に止まってしまい、毛母細胞から完全に分離してしまっている状態を指します。

この時期の髪の毛は抜けるのを待っている状態で、毛母細胞は次に新しい髪の毛を作る準備に入っていきます。

休止期は髪の毛が健康であるほど長いと言われており、女性の場合数年の間もこの時期のある人がいます。

このようにヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期の3つの行程を経ています。

抜け毛と髪の生える周期との関係

髪はヘアサイクルによって、どんどん生まれ変わっていくことは分かっていただけたと思います。

その中でも、退行期と休止期の間に抜ける髪は、数万本にのぼると言われています。

髪の毛が多くても少なくても、1日50本~100本は自然と抜けると言われていますので、必要以上に抜け毛を気にする必要はありません。

抜け毛の状態が気になるかたは、抜けた本数ではなく毛根の状態を確認するのが一番です。

毛根が丸みを帯びておらず、細い状態であれば脱毛症の可能性があります。

薄毛治療をしていくには、ヘアサイクルを正常にしていくことが先決です。

今の髪を大切にするのはもちろん、次に生えてくる髪を太くて健康的なものにできるよう、頭皮の健康状態を改善していき、健康な髪が育つように整えていきましょう!

髪の毛の成分とは?

薄毛や抜け毛に悩んでいて、育毛に力を入れている人は髪の毛の成分を知っておくと良いのではないでしょうか。

いざ必要な成分が分かれば、それを摂取することで頭皮に必要な栄養分が伝わっていきますよね。

ではいったい、髪の毛は何でできているのでしょうか。

髪の毛はタンパク質でできている

髪の毛の成分は、お肌の成分とほとんど同じだと言われています。主な成分は、ケラチンというたんぱく質になります。

ケラチンとは、18種類のアミノ酸から合成されるたんぱく質で、毛髪の90%を構成していると言われています。

たんぱく質は、肉や魚、大豆製品や野菜などに多く含まれています。これらから摂取すると、体内でアミノ酸に分解されます。

そしてそのあとに、ケラチンというたんぱく質に合成されます。これこそが、髪やお肌を作っていくうえで欠かせない成分なんです。

硬いケラチンが髪の毛になり、柔らかいものはお肌になると言われています。

髪の毛の主成分はケラチンですが、18種類のアミノ酸の中でも髪の毛に最も多く含まれているものがシスチンと呼ばれるものです。

シスチンは、髪の毛には欠かせないもので、多ければ多いほど太くて健康な髪が育つと言われています。

また、髪の色と関係しているアミノ酸はチロシンと言います。黒髪を作りだすメラニン色素は、チロシンから作られているんですよ。

健康でつややかな黒い髪には、シスチンとチロシンが大きな効果を発揮してくれます。

健康な髪の毛を作ってくれる食材を食べましょう!

これらのアミノ酸が多く含まれているのは、青魚、お豆腐などの大豆、牛肉などです。卵にも含まれています。

アミノ酸には合成成分が必要になります。それが、亜鉛やビタミンなどです。緑黄色野菜などを一緒に摂取すると効果倍増というわけですね。

これらの成分を血液中に取り込み、血液は頭皮まで運んでくれます。

ですので、栄養状態が豊かであればあるほど美しい髪の毛が維持できるということになります。

髪の毛は毎日成長していきますから、血行を促進してあげるとさらに効果が期待できますよ。

しっかりと必要な成分を摂取して、さらにその栄養分がきちんと頭皮まで運ばれるように日ごろから血液循環を整えておくようにしましょう。

白髪が生える原因って?

女性は、ある時期が来ると急に髪の毛に白髪ができてしまってショックな感じを受けるときがあると思います。

私は大丈夫と思っていても、急に見つけてしまったりしますよね。1つ見つけると、次々と見つかってしまうケースもあります。

では、どうして白髪が生えるのでしょうか。

白髪のメカニズム

日本人はとっても勤労だと言いますよね。それが原因で寝不足が続いたり、体に疲れが溜まってしまったりしていませんか?

こんな状態では、白髪だけではなく抜け毛も増えてしまう可能性があります。

白髪と抜け毛には非常に密接な関係があり、どちらも毛乳頭の活動が低下して起こることだと言えます。

ではなぜ髪の毛が黒いのかというと、日本人は特に黒髪が多いですよね。

これは、毛髪の細胞に含まれているメラニン色素によるものだと言われています。

人種の違いによって色素の遺伝子が異なるため、髪の色も違ってくると言われています。

本来、皮膚や髪の毛を守る役割をしてくれるメラニンですが、ダメージを与えてしまうイメージが先行していますよね。

しかし、実は紫外線を吸収しダメージを軽減してくれるものでもあります。白髪になる原因はいくつかあります。加齢とともに増えてきますよね。

これは、メラノサイトの機能も低下してしまうからです。また、栄養不足も白髪の原因になります。

頭皮や毛根に必要な栄養が行き届かなくなると、髪の毛も育ちません。これもやはり白髪になる原因と言えます。

他にも、睡眠不足や生活習慣の乱れなど原因はたくさんあるのですよ。

白髪を予防したい!

ではどうすれば白髪を減らすことができるのでしょうか。

やはり一番は栄養バランスではないかと思います。毛乳頭にしっかりと栄養分を行き渡らせ、頭皮が活動できる環境を整えてあげることが大切です。

また、難しいかもしれませんが十分は睡眠を確保できるように努力しましょう。

ゴールデンタイムと言われる時間帯は髪の毛が成長する時間帯でもあります。

髪の健康と白髪の予防にとっても効果があると言われている時間帯なんですよ。

白髪染めを使ってもいい?

白髪をなくす方法で一番簡単なのは、白髪染めを使うことですよね。

たくさんの製品が販売されていますが、いったいどれがいいものなのか見分けるのは非常に難しいですよね。

これから試してみようと思われる人は、お肌に優しいタイプから使ってみてください。

せっかく改善するのにきつめのものを最初から使って地肌にトラブルを起こしてしまってはもったいないですよね。

ですので、少しずつ試していくようにしてみてください。

ヘアサイクルとは? 成長期・退行期・休止期のステージ等

私たちは普段、何も考えず髪を洗ったりセットしたりしていますが、この髪の毛も実は成長をしています。

単に伸びるというわけではなく、髪の毛にはサイクルがあり、生えたら伸びっぱなしではないのです。

そこで今日は、このヘアサイクルについて詳しくご紹介していきたいと思います。

私たちのヘアサイクルは大きく分けて3つあります。それは成長期、退行期、休止期です。

この3つを繰り返し、私たちの髪の毛は成長をしているのです。

成長期
成長期は、髪の毛が作られている状態のことをいいます。

毛細血管から栄養を取りいれて、毛母細胞が分裂を繰り返しながら髪の毛へと変化していきます。

髪の毛全体の90%がこの成長期にあたり、伸びてきたなどと実感している期間がこの成長期なのです。

退行期
退行期とは主に、髪の毛が伸びなくなってきたと感じる時期です。毛髪の内部でメラニン色素が作られ、髪の毛が黒くなっていきます。

しかし、退行期はこの黒い髪にしてくれるメラニン色素の活動も弱まってしまいます。

髪の毛全体の5~10%がこの退行期にあたると言われています。

休止期
休止期は名前の通り、髪の毛がまったく伸びなくなる状態です。休止期に突入した毛は一切伸びなくなります。

そして、舌から新しい髪の毛は成長期を迎えて生えてくると、古い毛を押し上げて抜けていきます。

退行期と同じく、全体の5~10%がこの休止期に当たります。

このようにヘアサイクルで常につながっています。

休止期を迎えると新しい毛が伸びてきて、古い毛を押し上げ、また新しいヘアサイクルが始まっていくという流れになっています。

このヘアサイクルは、人間の一生のうち15回ほど行われると言われています。

なんだか少ない感じもしますが・・・。

ですので、このサイクルが順調であれば、髪の毛はいつまでも生き生きとしているということになりますね。

ヘアサイクルは知っておいて損はありませんので、ぜひ頭の隅にでも置いておいてくださいね。

髪の主成分ケラチンとは? システン等の18種類のアミノ酸について!

私たちの髪の毛にはたくさんの栄養が詰まっています。

血液に乗って頭皮にまで栄養が運ばれ、髪の毛は成長していくのです。

そんな髪の毛には、ケラチンという主成分が含まれています。

いったいこのケラチンとはどのようなものなのでしょうか。

ケラチンって何?

私たちのカラダは、水とたんぱく質でできています。髪の毛ももちろん、たんぱく質でできています。

髪の毛は、18種類のアミノ酸が結合してできたたんぱく質で、このことをケラチンと呼んでいます。

ケラチンは、爪や皮膚などにもあり角質層を形成してくれる成分でもあるのです。

この18種類のアミノ酸どれか一つでも不足してしまうと、髪の毛は成長できなくなってしまいます。

ケラチンの中でも特に上位のアミノ酸をご紹介します!

まずはシスチンです。このシスチンは、毛髪の中でももっとも多い成分です。

体内で合成することができる成分なので、不足することはありませんが、まれにアルコールやタバコを大量に好んでいる人などは、シスチン不足になってしまう場合があると言われています。

グルタミン酸も上位にあるアミノ酸ですが、うま味成分として有名です。

魚介類や昆布、シイタケなどに豊富に含まれていて、保湿効果も期待できます。ですので、頭皮を乾燥から守ってくれる役割があるのです。

ロイシンもまた、上位にあるアミノ酸ですが、健康な髪の毛を作るためには欠かせない成分だと言えます。

普段の食生活がきちんとしていれば不足することはまれですが、不足してしまうと肝機能が低下してしまうとも言われています。

他にも、アルギニン酸というアミノ酸もあります。

これは、成長ホルモンの分泌を促してくれたり、血管を拡張してくれる働きがあります。

準必須アミノ酸だと言われており、体内で合成できる量も限られているため、食品などから積極的に摂取していかなければいけません。

他にも、セリン、アスパラ銀酸、スレオニン酸などがあります。ケラチンは本当の髪の毛にとって大切だということが良く分かりますね。

18種類どれは1つでも欠けると健康な髪が生えてきませんので、不足しがちなものは自主的に取りいれていくようにしましょう。

女性育毛剤関連のおすすめ記事

髪の毛を生やすヘアケア方法(食べ物、シャンプー、育毛剤など)とは?

2018.04.13

自分に合った頭皮ケア方法(サプリ、育毛剤、ツボ、漢方など)とは?

2018.03.26

女性の頭皮の臭い対策方法(頭皮ケア、頭皮マッサージなど)について!

2018.03.23