自分に合ったシャンプーの選び方

この記事は約 6 分で読めます。

男性の抜け毛と女性の抜け毛や薄毛は、元々の原因が違ってきます。

この原因の違いをちゃんと理解して、薄毛や抜け毛を改善していくためには、シャンプー選びも重要になってきます。

みなさんはドラッグストアや美容院に行くと、沢山の種類のシャンプー剤やリンスを目にしていることと思います。

そこからも感じとれますように、シャンプーひとつとっても、いくつかの種類があるのはご存じですよね。

それぞれの効果や働きを知っていますか❓

きちんと自分にあったシャンプーを選ぶことで、抜け毛を予防することができますので、ご紹介いたしますね。

シャンプーの種類を知ろう!

一般的にシャンプーには、石鹸系、高級アルコール系、アミノ酸系などの種類があります。

石鹸系とは、刺激が弱くて頭皮に優しいのが特徴だと言われています。

しかし、アルカリ性が多く存在するため、弱酸性の髪に使用すると、キューティクルが毛羽立ってしまう場合もあると言われています。

高級アルコール系とは、一番世間に多く出回っているシャンプーです。高級と言われている所以は、炭素が含まれているためだと言われています。

炭素の数が多いほど洗浄力が高くなり、泡立ちもいいと言われているんですよ。皮脂をきれいにしてくれるという点でも評価が高いです。

しかし、洗浄力の強さが弱点でもあります。頭皮を保護するためには、皮脂を洗い流してしまっては逆効果です。

また、刺激も強いため乾燥肌や敏感肌の方が使用するには注意が必要です。

アミノ酸系シャンプーとは、刺激が少なく頭皮を守ってくれます。

必要な皮脂をしっかりと残しながら、頭皮の汚れを落としてくれると言われています。

洗浄力は他のシャンプーに比べて弱いですが、抜け毛予防に適しています。

それではシャンプーの種類で、身近な販売店に最も多く並んでいる「アミノ酸系シャンプー」「高級アルコール系シャンプー」「石鹸系シャンプー」それぞれの特徴や洗浄力、そして頭皮や髪への刺激等、詳しくご紹介いたします。

シャンプーの種類 髪の状態との適正 どんな方向け?

女性の薄毛、抜け毛対策は男性のAGAの場合とは違って、ホルモンバランスの崩れや生活習慣の乱れ、ストレスが要因となってしまう事が多いんです。

加えてシャンプー時の刺激などによって、抜け毛が増えちゃう事も充分ありえるのです。

デリケートな女性にとってシャンプー選びって本当に大切なんですよ。

シャンプーの役割として、頭皮と髪の毛の汚れを落とす事、頭皮の環境を整える事、髪と頭皮の健康維持と大きく3つに分かれるんです。

汚れを落とす事で雑菌の増殖を抑えたり、皮脂の詰まりを抑えて頭皮環境を整える事が出来ます。

また地肌の保湿を適度に保つ事、頭皮の健康を維持して髪の毛のコシやハリ、ツヤを与える事ができるのです。

まずは一番数の多いとも言われている、高級アルコール系シャンプーの特徴や 相性の良い方をチェックしていきましょう。

高級アルコール系シャンプー

市販品で比較的価格が抑えめのシャンプー・いち髪・LUXなど。

スーパーやドラッグストアなどで取り扱っている一般的なシャンプーの殆どが、高級アルコール系のシャンプー。

「高級」と言っても「高価」なのではなく科学的な性質である、炭素原子が多いということで、泡立ちが高く、洗浄力も強い分頭皮への刺激も強いのです。

オイリー肌で髪のベタつきなどが気になっている人や、頭皮の皮脂詰まりが気になっているような場合は、洗いあがりもさっぱりしてオススメでしょう。

価格も手頃なものが多いのでコスパも良いとされていますね。

高級アルコール系シャンプーのデメリットとしては、乾燥肌や敏感肌の人が使用すると、刺激が強いので乾燥を促進させてしまったり、必要な皮脂まで洗い流してしまって、乾燥から痒みを伴ってしまったり‥というダメージが考えられますね。

特にシャンプーの成分のなかに入っている「ラウリル硫酸Na」と言われる界面活性剤は、頭皮に浸透しやすい性質があるのですが、その反面、頭皮にダメージを与えやすいと言われています。

すぐにダメージが出るわけでは在りませんが、長年使う事で、頭皮に必要な皮脂を洗い流し、水分も失われる事で頭皮の弾力も弱り、毛根もやせ細っていき抜け毛に繋がってしまう事も考えられるんです。

ヘアケア用品が要因となって抜け毛や薄毛に繋がる事があるので痒みや乾燥を感じたらシャンプーを変えるべきでしょう。

最近では石鹸系のシャンプーや、アミノ酸系のシャンプーなど頭皮環境のことを考えられたヘアケア用品も多く販売されていますよね。

ただアミノ酸系のシャンプーは、まだまだドラッグストアなどでの取り扱いも少なく、高価なものになるとネット通販でしか扱っていないシャンプーも沢山あります。

それぞれの薄毛の要因とあわせてシャンプーも選ばなければいけません。

あわせて食生活なども見直して、内側から改善する事も忘れないようにしましょうね。

石鹸系シャンプー

昔から良く使われていた石鹸系のシャンプー。

ちょっとイメージしづらいかもしれませんが、天然由来の脂肪酸に、アルカリを反応させて作られている、陰イオン活性剤を使用しています。

(※陰イオン活性剤=マイナスイオン 石鹸によく使われていて、肌にも優しめ、洗浄力も優しめの成分です。)

洗浄力は、高級アルコール系と比較をすると多少は落ちますが、それでも十分洗浄力はあると言えるのでスッキリした洗い上がりが実感できるようです。

また頭皮への刺激も、赤ちゃん用のシャンプーに使用される事もあるので、肌への刺激も気になるほど強くはありません。

敏感肌でも使えるものが多いようです。

普通からオイリー向きのシャンプーです。

ただしアルカリ性の性質なので洗い上がりがきしんだり、パサパサヘアが気になったりするのでトリートメントで保護する事が大事。

また石鹸カスが残らないようにしっかりすすぎで洗い流す事も重要になってきます。

比較的皮脂分泌が多い方には適していますが、洗いすぎると必要な皮脂まで洗い流してしまうので、却って抜け毛の原因をつくってしまう可能性もありますので髪の長い人には不向きかもしれませんね。

石鹸系のシャンプーは天然原料で無添加のものが多く、環境面にも配慮されているので安心して使えるというメリットはありますから自然派志向の人にはオススメです。

シャボン玉石鹸シャンプー・TAMANOHADAシャンプー・M mark アミノ酸せっけんシャンプーなど。

石鹸系のシャンプーには、固形のものと液体のものがあるのですが、一般的には液体系のものが多いでしょう。

どちらも価格的には、比較的購入し易い価格が多いようですが、オーガニックシャンプー等を含めて、価格帯はピンキリなので配合されている成分をしっかりチェックする事です。

使いやすさはやはり、固形よりも液体のほうが泡立てやすいので使いやすいでしょう。

ただしアミノ酸系シャンプーと比較すると、洗浄力は強いので頭皮トラブルを持っている場合は、アミノ酸系のシャンプーを考えたほうが良さそうですね。

抜け毛には原因となるストレスや、食生活を含めた生活の乱れなども関係してきますし、特に女性はホルモンバランスの変化でも抜け毛が増えることから、女性の抜け毛は男性の抜け毛のタイプとは一緒にならないんです。

シャンプーを変えたり、様々試みても抜け毛の進行に改善がなく薄毛で悩むようであれば、専門のクリニックへ相談する事も、視野に入れておきましょう。

アミノ酸系シャンプー

抜け毛や薄毛対策で人気の高いアミノ酸系のシャンプーは、泡立ちも弱く、洗浄力はあまり高くないのが特徴。その為丁寧に洗う必要がありますが、髪や頭皮と同じ弱酸性で刺激が少ないので、頭皮に一番優しいシャンプーと言われています。

育毛やエイジングケア向けのシャンプーにもこのタイプは多いようですね。

天然成分を原材料として合成界面活性剤が配合されていて美容室などでも使われている事が多いのです。

乾燥気味、髪のトラブルがある人向きのシャンプーです。

このアミノ酸系のシャンプーに配合される洗浄成分である、界面活性剤にも更に種類があリます。

ダメージへアに適したグルタミン酸系・グルタミン酸系よりも、泡立ちがよく洗浄力が強くさっぱり感がある、アラニン系やグリシン系、泡立ちがよく、清菌性がありダメージヘアに適したサルコシン系、カラーやパーマのもちを良くしたい場合に効果的なタウリン系は、髪のダメージにも効果的です。

シャンプー選びの際は、内容成分をチェックしてみるのも良いでしょう。

haru・Herb Garden・CA101・uruotte・オレンジシャンプー・守り髪など。

他にも保湿成分の一種である、陽イオンと陰イオン両方の性質を持つベタイン系は、赤ちゃん用のシャンプーに使われる事も多いのですが、洗浄力が弱いので、他の界面活性剤と配合されて利用される事が多いのだとか。

スルホコハク酸系は洗浄力が強めで、泡立ちも良いのですが、その分刺激もあるので敏感肌には合わないとされています。

PPT系はポリペプチドを原料としており、保湿性に優れて毛髪補修効果が期待でき、お肌の弱い方にも優しい成分です。

本気で薄毛・抜け毛対策を考えているのであれば、やっぱりこれらのアミノ酸系シャンプーが最適ですが、成分をしっかり確認する事も重要。

アミノシャンプーと記載されていても、石油系界面活性剤も配合されている場合もあるので、成分チェックは忘れない事です。

アミノ酸系シャンプーを使う場合は、全般的に泡立ちも弱く、洗浄力もマイルドになっているので、汚れを落としきれない場合もあります。

シャンプーの手順をきっちり抑えておきたいものです。

まずは丁寧にブラッシングして頭皮の汚れを落としやすくする。出来れば豚毛や猪毛が、静電気も抑えられるのでベストでしょう。

次にシャワーだけで予洗いをして髪だけではなく頭皮の汚れを落とすつもりで丁寧に洗い流します。

その後シャンプーを手で泡立てて頭皮をマッサージするように洗って最後にリンスやトリートメントで髪を保護してあげましょう。

また抜け毛や白髪など、年齢による髪の悩みが気になってきた方には、育毛効果の高い「育毛シャンプー」がやはりおすすめです。

一昔前に比べると、種類も何倍にも増えて、人気の高さは言うまでもありませんね。

30歳、アラサーを過ぎたら、育毛シャンプーでしっかりケアしてあげるのも良いでしょう。

育毛効果のあるシャンプー

マイナチュレシャンプー・グローイングショット・髪美力育毛シャンプーなど

ご紹介いたしました様にシャンプーには、いくつもの種類があり、商品の数も今では数えきれないほどになってきています。

この他にも、オーガニックシャンプーや、無添加シャンプー、ノンシリコンシャンプーなどと呼ばれる洗髪剤も、話題に上ります。

特に薄毛が気になる年代の女性に関して言えば、女性用シャンプーや女性用育毛剤の人気が高く、種類は増え続けているほどです。

抜け毛予防には、頭皮のケアを目的としているシャンプーをおススメします。

頭皮の環境を整えることで、抜け毛予防できますので育毛効果も期待できます。

また保湿や血行促進、毛髪や頭皮の保護など、目的に合わせたシャンプー成分の配合されたものを選ぶと良いです。

自分の悩みに合わせた育毛成分を使用し、ずっと美しい髪を保っていきたいですね。

★ 女性用育毛シャンプーはこれがおすすめ!【無添加・ノンシリコン】【アミノ酸系弱酸性】【頭皮ケア・育毛成分配合】 ⇒ マイナチュレ・シャンプー

女性育毛剤関連のおすすめ記事

出産後女性の薄毛対策のタイプ別シャンプー使い方や特徴とは?

2018.03.30

女性の抜け毛対策のシャンプーの種類や特徴とは?

2018.03.28

頭皮に効くシャンプーや育毛剤の有効成分の効果とは?

2018.03.22