女性の薄毛治療とは?おすすめ方法や副作用、費用や保険適用は?

薄毛や抜け毛で悩む女性は年々増え続けています。

そのためか、ドラッグストアなどでも、女性用の育毛剤などをよく目にするようになりました。

薄毛になる原因は様々ですが、どんな理由であれ、改善したいですよね。では、治療方法にはどのような種類があるのでしょうか。

薄毛は病院で治る?おすすめの方法とは?

実はあまり知られていないものの、薄毛専門の外来があります。

何科に行けばいいのか迷う所なのですが、実際は皮膚科に行けば治療をすることができます👍

特に、大学病院頭髪専門のクリニックでは、脱毛症や頭髪治療などを積極的に受診することができます。

病院にいくメリットは、専門の人からしっかりと治療を受けられるということです。

今まで自分が判断していたものが、実は勘違いだということもたくさんあります‼

薄毛や抜け毛の原因をはっきりできるため、改善の可能性が高いのです💡

症状がひどくなってからだと、当初は治るものだったとしても、なかなか治りづらいということもあり得ます。

ですので、専門家の意見を聞くということも、重要な治療方法の1つです✨✨

頭髪治療の種類について!

女性の頭髪治療には、様々な種類があります。一般的な方法は、飲み薬です。

この飲み薬に多く使用されている成分はミノキシジルで、ステロイドや血行促進剤なども合わせて使用していく場合があります。

また、飲み薬以外には、おすすめとしてサプリメントを使用する方法もあります。

ビタミンや鉄、亜鉛など、髪の毛の成長に欠かせない成分を摂取していく方法です。

市販のものではなく、お医者様から処方されるサプリメントは栄養が豊富で、成分濃度も高いと言われています。

さらに、飲んで治す以外にも、塗り薬もあります。

頭皮環境がよく無い場合は、ステロイドやミノキシジル配合の塗り薬を使用して、直接頭皮に添付していくのです。

他にも治療方法は様々で、ホルモン補充治療方法や、点滴という種類もあります。

どの種類で治療をしていくのかは、専門医と相談して決めましょう😎

治療方法や処方される薬が強すぎたり合わなかったりすると、頭皮の環境も悪化してしまう可能性もありますので、お医者様と相談しながら無理のないようにしていきましょう💕

薄毛治療のみ薬のパントガールやロニテンの効果!注意点や副作用とは?

女性にとって、髪が薄くなってきたり抜け毛が増えてくるのは非常にショックですよね。できれずっとふんわりハリのある髪でいたいものです。

しかし、原因は様々ですが、加齢も重なって女性の薄毛はどうしてもおこりえることなのです。

そこで今回は、薄毛治療に特化した飲み薬をご紹介していきたいと思います🤚

パントガールの治療方法や効果とは?

この治療薬よりも、ネットのクチコミなどで有名な育毛剤を選ぶ方が多く、あまり知られていないのが実情です。

しかし、びまん性脱毛症の治療に効果のあるのみ薬だと言われています。

パントガールには、チアミンやパントテン酸カルシウムなど、髪の毛や頭皮に良いと言われている成分がたくさん配合されています。

髪の毛は、毛乳頭から毛母細胞に栄養が運ばれていくことによって成長していきます。

しかし、女性に多いびまん性脱毛症の場合は、頭皮がダメージを受けているため、ターンオーバーが正常にできない可能性が高いのです。

また、女性の場合特に多いのが、ホルモンのバランスが崩れて栄養が行き届かないという場合もあります。これでは、発毛につながりませんよね。

パントガールは、毛乳頭にしっかりと栄養を与えてくれ、頭皮のターンオーバーを最適化してくれる効果があると言われています。

すぐに効果を期待するのはなかなか難しいですが、だいたい3ヶ月~6ヶ月使用すると発毛の効果が期待できると言われています。

パントガールには、ケラチンという成分が豊富に含まれています。これは髪の毛にとって必要な成分であり、発毛には欠かせません。

また、どうしても髪の毛が傷んでしまったり、加齢とともに老化が起きてきます。

その場合に必要なパラアミノ安息香酸という成分も含まれています。

また、心配なのが副作用ですが、今のところ副作用の報告などは調べた限りではありませんでした。

ですので、安全な薬だと言えると思います😊

しかし、あくまで薬ですので、やはり飲み過ぎがないように、飲む際はきちんと説明書を読んで服用するようにしましょう👍

パントスチンの治療内容や効果とは?

副作用が報告されていないとなると安心ですよね。

また、継続して使用することで発毛の効果が期待できるのであれば、試してみたい気持ちになります。

では、このような薬はパントガールだけなのでしょうか。他にも効果のある薬はないのでしょうか。

先程は、パントガールについてご紹介させて頂きましたが、今回はパントスチンについてご案内させて頂きます。こののみ薬も、女性用の薄毛治療薬です。

パントスチンは、女性のAGAや部分的に薄毛が気になる方に広く愛されています。主な効果としては、抜け毛を抑制してくれる役割があります。

間違えやすいのが、育毛剤だと思っている人が多いのですが、実は飲み薬なのです。女性の場合は、女性ホルモンの影響で体に変化が現れてきます。

しかし、この女性ホルモンの分泌は、年齢とともに減少していき、髪の毛に必要な成分も影響を受けやすくなっております。

そのため、ヘアサイクルが乱れてしまい、抜け毛が発生してしまうのです。

薄毛の原因となるものは、ジヒドロテストステロンと呼ばれるものなのですが、この原因の発生を抑制してくれると言われています。

抜け毛や薄毛が初期の段階でパントスチンを使用した場合、また髪の毛が元気になって発毛に結びつく可能性があります。

ですので、自己診断で放っておくのではなく、早期発見、早期治療が大切になってきます。

おすすめの使い方は、パントスチンとパントガールを組み合わせて使用することがおすすめです。

パントスチンは加齢によるものに、パントガールはびまん性脱毛症に効果があるため、症状に合わせてバランスよく使用するようにしてください。

専門医の場合、併用して使用することが多いと言われていますので、より短期間で頭皮環境を整え、改善へと導くことができるようになります。

ミノキシジルの注意点をご紹介します!

パントスチンにパントガール、どちらも似たような名前ですが、頭皮の症状によって効果は異なってきます。

パントガールの説明でもあったように、頭皮の環境をよくするためには、ミノキシジルが必要です。

効果が期待できる成分ではあるものの、女性が使用する場合は特に気をつける必要があります。

ミノキシジルを使用するにあたって注意したいのは、副作用です。

まず注意点として気をつけたいのは、内臓に疾患を持っている人は使用を控えた方が良いということです。

この成分には、心拍数が上昇したりするなど、循環器系の副作用がある場合があると確認されております。

そもそものみ薬は、飲んだ後肝臓で代謝されます。

ですので、肝臓の調子が悪い人も要注意です。また、なんとかして薄毛を改善したいという思いは強くなるものですが、実際に服用するのは成人に限られます。

もともと、ミノキシジルが成人用に作られたものです。未成年の人が使用してしまうと、安全性の保証ができなくなってしまいます。

成人と言っても、高齢者は控えた方がよいでしょう。

このようなことばかりを言っていると、服用しない方がよいと思ってしまいがちですが、女性でも使用できる薬なのです。

しかし、体調面によっては副作用を起こしてしまいがちなので、注意してください。

また、ミノキシジル配合のものを使用する時は、急激に脱毛症状が見られる方よりも、徐々に薄毛が進行するタイプの人により効果が期待できます。

塗付するタイプも効果が見られますが、最近注目されてタブレットタイプの飲むタイプです。

輸入品なので個人で輸入して頂く様な形になりますが、5mgと10mgの量を使い分けて負担にならないようにしてください。

当然、10mgの方が副作用の可能性が高くなります。

しかし、タブレットを使用する際は、成人の男性が使用することをおすすめします。

それだけ女性にとっては負担が大きいということでしょうか。

このように、頭髪治療に使用されるのみ薬はいろいろな種類があります。きちんと専門医の指導を受けて、無理のないようにしてくださいね。

抜け毛の専門外来ってどのくらい通う?治療期間は?費用や保険は適用される?

女性には出産や妊娠など、様々な人生のイベントがあります。

とてもうれしいイベントですが、その裏でたくさんの悩みを抱えている女性もいます。

薄毛や抜け毛もその1つです。女性は、女性ホルモンの影響を受けます。その中で、大量の薄毛や抜け毛に悩んでいる女性がたくさんいます。

自分でなんとかしようと頑張ってみたもののどうにもならず、病院での診察を受ける人が増えてきていると言われています。

女性の頭髪治療の治療期間などのくらい?

そもそも病院で頭髪治療を受ける場合、どのような診察をするのでしょうか。一般的には病気を治してくれる場所が病院です。

ですので、薄毛の原因が病気によるものであればよいのですが、加齢によるものやストレス、産後の抜け毛などはなかなか病院で診察を受けさせてもらえないと言われています。

このような原因は、治療の必要がないと判断されてしまうのかもしれません。頭髪治療で通院する際は、皮膚科が主となります。

通院して治療する場合は、頭皮の炎症であったり、かぶれやかゆみの場合に治療をしてもらえます。

皮膚科によっては、ホルモンのバランスなども鑑みて処方してくれる所もあるので、まずは専門医に相談してみましょう。

また、皮膚科以外にも頭髪外来がありますので、そのような専門病院で話をするのもいいかもしれません。

だいたい月に1回での通院で、個人差はありますが、3ヶ月~6ヶ月くらいで発毛の兆が見え始める場合が多いと言われています。

治療をすれば必ず治るとも言い難いのですが、これはどの状態をゴールにするかによって変わってきますよね。

頭髪専門外来であれば、その人個人個人の状態に合った治療を行ってくれますので、発毛の可能性は充分にあります。

また、今では技術の進歩もあり、いろいろな薬や機械が開発されてきています。ですので、期待を持って前向きに頑張りましょう。

その前向きな気持ちこそ、発毛のきっかけとなるかもしれませんよ。

頭髪治療に保険はきくの?

病院や頭髪外来など、様々な方法で治療してもらうことが可能になってきました。

症状によって、専門外来に行くのか、皮膚科での治療で大丈夫なのか判断して先生に相談してみましょう。

では、実際に病院や専門外来に行くとなると、どのくらいのお金がかかるのか心配ですよね。また、保険は適用されるのでしょうか。

病院で診療をしてもらう場合、病気が原因ではない薄毛などの治療は、保険が適用外になってしまいます。

これは、厚生労働省で決められていることです。ですので、自費診療になる場合は非常に多いと言われています。

しかし、こればかりは診てもらわないと自費になるかどうかは分かりません。

生活習慣の乱れが原因なのか、病気が原因なのかはお医者さんに検査してもらわないと分かりませんよね。

一度診察を受けてみることをおすすめします。

また、薄毛専門外来で診察してもらう場合は自費診療となります。

この専門外来では、ホルモン療法などを試みて治療をしていきます。

最初はカウンセリングから始まりますが、このカウンセリングは無料の場合が多いです。

カウンセリング時にしっかりと自分の状況をお伝えして、治療内容や費用などを相談するようにしましょう。

ただし、円形脱毛症は保険が使える場合があります。ある日突然髪が抜けてします症状が、円形脱毛症です。

円形脱毛症がなぜ起こるのかと言うと、リンパ球の働きに異常が起きることが原因です。

ストレスやアレルギー疾患が一番の原因となります。このような円形脱毛症の場合は、保険が適用されます。

ですので、気づいたらすぐに病院に行く様にしましょう。

女性の場合は、髪の毛が長いので、なかなか円形脱毛症と気付きにくい場合が多いと言われています。なかなか気付きづらいのも事実です。

1人で悩まず、できだけ専門外来などに出向いて相談してみましょう。

そうすれば、早めに治療ができ、早期発見、早期治療で少しでも早く発毛の兆しが出てくるかもしれませんよ。

女性育毛剤関連のおすすめ記事

女性薄毛で髪に良い食べ物(大豆、ワカメ、青汁、にんにくなど)とは?

2018.04.20

女性の薄毛の原因(肥満、ダイエットなど)に繋がる要因や対策とは?

2018.04.11

女性薄毛をアロマ(ラベンダー、ジュニパーなど)で改善する方法とは?

2018.04.06