女性の薄毛の原因に繋がる様々な要因や対策とは?

この記事は約 6 分で読めます。

近頃は、女性で薄毛に悩む人が増えていると言われています。

女性の薄毛は、生活習慣の影響を受けている場合が多いと言われているのですが、本当なのでしょうか。

そうであれば、日常生活を見直すだけで、改善できる点も多いのではないかということになります。

生活習慣が原因の薄毛って何?

今や女性も社会に進出して忙しく生活を送っている時代になりました。

しかし、その日常生活の中で何気なく行っている行為が、実は薄毛の原因を作っていることがあります。

例えば、間違ったヘアケアもその1つです。

毎日シャンプーをしてきれいにしていると思っていても、方法を間違えていたら薄毛になってしまう可能性があります。

きれいに洗っているつもりでも汚れが毛穴に残っていたり、逆に汚れがしっかりと落ちるようにゴシゴシしすぎて頭皮を傷つけている場合もあります。

また、1日に何回もシャンプーしている人はいませんか❓

これでは頭皮が乾燥して薄毛になってしまいます。

他にも生活習慣と言えば、最近の女性はスタイルの良い細い女性が多いですよね。

このような体型を維持しようと、過度なダイエットをしていると、栄養不足で髪の毛に栄養が届かず、髪の毛が細くなったり薄毛になったりしてしまいます。他にも、喫煙なども原因の1つとなっています。

生活習慣の改善策は薄毛に有効なの?

このような生活習慣の乱れから薄毛になってしまっている人は、あたりまえですが、生活習慣を改善する必要があります。

シャンプーの正しい方法、毎食の栄養管理など、できることから始めていくだけでも、必ず薄毛が改善できるはずです。

女性の場合、女性ホルモンが多く男性ホルモンが少ないため、改善すれば育毛効果がでやすいと言われています。

また、最近の女性は仕事においてもストレスを抱えやすい環境にいます。できるだけストレスを排除し、リフレッシュする時間も必要です。

しかし、一番は睡眠時間を摂ることでしょうか。お肌のゴールデンタイムがあるように、髪の毛や頭皮も睡眠不足の場合はなかなか育ちません。

ですので、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れで薄毛に?

女性の薄毛の原因は、ホルモンバランスの乱れと大きな原因があります。

女性ホルモンのエストロゲンのバランスで、薄毛が進行してしまう可能性があります。

ですので今回は、ホルモンバランスとの関係や対策についてお伝えしていきたいと思います。

ホルモンと薄毛の関係とは?

女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛を発達させ、成長期を持続させるという働きがあります。

髪の毛の成長には、エストロゲンが欠かせません。

ですので、このエストロゲンが減少することで、髪の成長期が短くなってしまい、育たなくなり薄毛や抜け毛が進行してしまうのです。

このホルモンが減少するのは、加齢とともに減少したりホルモンバランスが乱れてくると言われているのですが、加齢だけが原因ではありません。

ストレスや不規則な生活、過労などが続くと、自律神経のバランスが乱れてしまい、ホルモンバランスも乱れると言われています。

その結果、薄毛が進行してしまいます。また、出産後は一時的にバランスが乱れるとも言われており、産後の薄毛に悩む女性がたくさんいます。

ホルモンバランスを整えると何が変わるの?

ホルモンバランスが原因となっている場合、バランスを整えていくことで改善の兆しが見え始めます。

バランスを改善するには、生活習慣の見直しも大切になってきます。

栄養バランスのとれた食事を摂るようにしてください。その際、大豆製品を積極的に摂取すると良いでしょう。

大豆イソフラボンという成分は、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。ですので、おススメなのです。

また、ストレスをためないように適度な運動をしたり、熱中できるものを見つけたり、イライラしないようにリフレッシュすることも大切です。

過労になるまで仕事をせず、疲れたらマッサージやエステに行ったりして出かけてみてくださいね。

女性ホルモンのエストロゲンが減少していかないよう、生活習慣を見直し、睡眠を取り、ストレスをなくすことがないより大切ということですね。

薄毛と加齢は関係があるの?

年を重ねるにつれて、お肌にハリがなくなったり、髪の毛にコシがなくなったりと悩みがたくさん出てきます。

その中でも、薄毛の原因もこの加齢と関係があると言われています。防ぐ方法があれば、実践してみたいですよね。

加齢とホルモン減少が薄毛に?

女性ホルモンのエストロゲンは、40歳を境にガクンと減ってきます。

そして閉経の前後になってくると、さらにエストロゲンの分泌が減ってしまい、この頃から女性に特有の更年期障害を発症してしまう女性が増えています。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、髪の成長と密接に関わっています。

ですので、分泌量が減ってくると、髪の毛が細くなったり、ハリがなくなったり、ボリュームもダウンしてしまいます。

これは、女性特有のエイジング現象で、加齢による女性ホルモンの減少が大きく関係していると言われています。

この加齢によって引き起こされる薄毛は主に、びまん性薄毛と言われ、髪の毛が全体的に薄くなってくるのが特徴です。

加齢とともに、ヘアサイクルが変化し、太くて長い髪を育てる成長期が短くなってしまうのです。

そのため、髪の成長が止まってしまい、薄毛になってしまうのです。

加齢が原因の薄毛に効果的な対策はあるの?

薄毛の原因が加齢であれば、分泌が減少してきたホルモンへのアプローチが重要になってきます。

それを正しい方法で対処していけば、必ず改善するとも言われています。男性に比べて、女性の薄毛は改善しやすいのです。

例えば、薬用育毛剤などを使用して、頭皮にアプローチしていくのも1つの方法です。

また、若いころから使用していたシャンプーを合ったものに変えてみるだけでも全然違います。

頭皮をしっかり保湿し、栄養を与えてあげること、更年期以上の女性の薄毛にはこれが一番大切になってきます。

若い頃の髪の毛のケアから、頭皮のケアへと変えていくようにしましょう。

髪が育つような環境を整えてあげることで、加齢による女性の薄毛は改善していきます。

早い方では2か月程度で変化が表れてくると言われています。

頭皮トラブルで薄毛が進行する?

女性の薄毛の原因の1つに、頭皮トラブルがあります。頭皮トラブルによる薄毛は、フケやかゆみ、炎症、乾燥、ニキビ、ニオイ、過剰な皮脂などが原因となっています。

しかし、薄毛になってもあわてる必要はありません。

それぞれ原因に合った対処法をすることで、改善できるんですよ。

頭皮トラブルと薄毛の関係とは?

かゆみやフケ、乾燥、脂っぽいなどの頭皮のトラブルで薄毛になってしまうことがあります。

頭皮トラブルが原因の薄毛は、頭皮環境を整えてあげることで改善できるとも言われています。

主に、毛穴に詰まった汚れをきれいにしてあげると良いのです。

また、汚れを取ったあとは、頭皮を保湿して潤いを与えてあげることが大切です。

しかし、改善策は上記で挙げたように、頭皮環境整えるという言葉一つで片づけることができますが、実際は簡単ではないと言われています。

汚れを落とすためにシャンプーの回数を増やしてみたり、長い時間をかけて髪を洗ってみたりしても意味がありません。

頭皮の環境を根本的に変えていかないと、いつまでたっても同じことの繰り返しになってしまいます。

また、洗い過ぎは、余計に頭皮を傷つけて環境を悪化してしまうことになりますので、注意してくださいね。

頭皮トラブルにはそれぞれの対処法を!

フケやかゆみ、乾燥、ニキビなど、原因が1つ1つ違いますが、解決策も1つ1つ違います。

ですので、同じ頭皮トラブルだからと言って1つの方法で試していても、いつまでたっても解決しません。例えば、頭皮のかゆみ。

これは、頭皮が炎症を起こしている状態です。ですので、洗い過ぎると余計に頭皮に傷を増やしてしまいます。

乾燥が原因の場合、頭皮の水分量が低下している証拠です。この場合は、刺激を与えすぎるには逆効果で、保湿をしてあげないといけません。

ニキビが原因であれば、過剰な皮脂が原因です。毛穴が汚れでつまっている可能性がありますので、きちんと汚れを落とす必要があります。

このように、頭皮トラブルの種類によって全然ケアの方法が違ってきます。

自分の頭皮トラブルがどの種類なのかを見極め、それぞれの対処を行うことが大切です。

太りすぎと薄毛って関係があるの?

最近町で見かける女性はとっても痩せていた、大丈夫かな?と思う女性もたくさんいます。

過度なダイエットは体によくありませんが、太りすぎも体によくないと言われていますよね。

そして、その影響が出るのは、身体だけではありません。実は髪の毛にも関係があって、太りすぎは薄毛になると言われています。

肥満と薄毛の関係とは?

体脂肪が過剰に蓄積されている状態を肥満といいます。しかし、体重が重くても、筋肉で体重が増えている人は肥満ではありません。

そして、見た目は痩せていて体重が軽くても、体脂肪の多い人は肥満だと言われています。

太りすぎの場合、様々な病気にかかりやすくなってしまいます。糖尿病や動脈硬化、ガンなどです。

では、この太りすぎが薄毛にどう関係してくるのでしょうか。

薄毛の原因としてよく言われるのは、ホルモンバランスの乱れや、間違ったケア、偏食などです。

髪の毛や頭皮に必要な栄養は食事から摂取します。ですので、食事の内容で薄毛や抜け毛が進行します。

同じように、太りすぎな人は、食生活が異常になってしまっている場合が多いのです。

普段から脂っぽい食事を食べていないでしょうか。ジャンクフードばかりを好んで食べていると、太ってしまい、薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

健康な頭皮や髪の毛のためには、栄養バランスが非常に大切なのです。

また、肥満になると血行不良になりやすいと言われています。血流が悪くなってしまうと、必要な栄養が髪には届きません。

さらに、太っている場合、皮脂が過剰に分泌されてしまう傾向にあります。

皮脂が過剰に分泌されてしまうと、脂漏性皮膚炎や脱毛症を引き起こす可能性が高くなります。

いずれにしても、太りすぎはよくありません。薄毛や抜け毛の原因となって、栄養バランスに偏りが出てしまいます。

きちんと栄養をバランスよく摂取し、適度な運動をしながら生活できるように心がけましょう。

肥満を改善していくことで、薄毛や抜け毛も改善するとなると、ダイエットにも励みやすくなるのではないでしょうか。

過度なダイエットが薄毛に・・・?

今回は、無理なダイエットと薄毛の関係について調べてみました。

無理な食事制限がどうして薄毛になってしまうのか、今ダイエットをしている方も知りたいですよね。

そこで、改善策も含めてお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

薄毛とダイエットの関係性とは?

太りすぎると薄毛になるとも言われていますが、過度なダイエットの薄毛になると言われています。

しかし、女性であればきれいに痩せてスタイル良くいたいですよね。

しかし、無理にダイエットをしてしまうと、髪の毛にとって悪影響になってしまうと言われています。

しかし私はダイエットそのものは悪いものではないと思っています。皮脂の過剰な分泌を抑えてくれますし、血行不良も改善してくれます。

早く痩せたいと思って、無理にダイエットをしてしまうと、この場合の食事内容が薄毛と関係してくるのです。

まず、食事制限によって栄養が偏ってしまいますよね。

そうなると、人間は生きようと身体にエネルギーをため込んでしまいますので、髪の毛にまで栄養が行き届かなくなってしまいます。

また、食事を制限することによって、代謝不足が考えられます。

代謝が落ちると、髪を作る毛母細胞にも影響が出てしまうのです。

他にも、ホルモンバランスが乱れてしまったり、食べたい欲求が満たされないためにストレスを抱えてしまったりと、悪循環ばかりですよね。

この悪循環が一番頭皮によくありません。

適度なダイエットなら問題ない?

いくら痩せたいと言っても、やはり過度なものはおススメできません。

何事も限度がありますよね。毎日健康でいられることが何より一番の状況なので、栄養バランスをしっかりと考えて、適度な運動をすることが大切です。

精神的な負担を抱えるほどのダイエットはやめて、適度に脂肪をつけ、きちんと栄養が髪の毛や頭皮にまで送られるようにしましょう。

それが、なにより薄毛を改善できる近道だと思います。

今ではインターネットで、健康的な食事で痩せるレシピなども公開されていますから、食べないダイエットから食べるダイエットにシフトしていきましょう。

女性育毛剤関連のおすすめ記事

女性の薄毛治療について知りたい!

2018.04.24

女性薄毛の改善方法にアロマが良いって本当?

2018.04.06

気になる薄毛に効果が期待される食べ物や成分

2018.03.29